FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 不忠の似非愛国者と呼ばれて--これは大学教授としての公言なのか!
2006年10月06日 (金) | 編集 |
 ブログやホームページ、掲示板、最近流行っているmixiも毎日いろいろな方の来訪があると思います。アクセス検索を調べると保守派ブログやフェミニスト・左派系にこちらのリンクがあるところがありますが、いろいろなお考えをお持ちの方がお見えになられていらっしゃるようです。

 以前、フェミナチを監視する掲示板に左翼教育学者と名乗る方が長文のレスをしてきたことがありました。また、当ブログにもハンドルネームでたびたびコメントを寄せてこられました。

■国立市の教育を守る市民連絡会
http://tokyo.cool.ne.jp/kunitachi/kyouiku/seimei2.htm

 これまでIPなどで誰なのかは分かっていましたが、敢えてそれを公にすることはしませんでした。気に入らない意見だからといって排除するような行為はしたくないからです。ネットは社会的な立場などを超えて平等な立場でやり取りできることがメリットでもあります。

 私は日教組やこれまでの同和教育のあり方に超批判的ですので、この先生のブログに限らずいろいろなサイトのチェックをしてきましたし、何度も述べているように教育基本法改正は必要と考えており、政府与党案は不十分と考えています。

 そして、先生の賛同しているアピールは日教組や全教の反日偏向教育を助長し、学校の秩序を崩壊させるものだと考えています。だから、他のどこのブロガーも取り上げていなかったネットワークの存在、背景を拙ブログで紹介しました。また、福岡の正常化過程も当時新聞報道された3つの県立高校の事例をもって紹介しました。
 
 わざわざ「右翼」と呼ばれる方の本の書評に絡めて批判されるのは愉快なことではありません(逆に言えば「左翼」と呼ばれる方にもいえる。)。ちなみにこの書評の一部は福岡県同教の季刊誌「WINDS」にも掲載されています。

 私には私の主張があるように、先生には先生のお考えがあると思います。

 一般的な世間の評価は「右翼」「タカ派」なのでしょうから。

 現実問題、今日の田中真紀子さんと安倍首相の論戦をみても北朝鮮問題の解決にどこかの政党がいうような融和的な姿勢で臨んでも解決などできっこないことは多くの国民の共有する事実でしょう。

 それを「タカ派」と呼ばれるのなら、結構なことです。

 人権派と呼ばれる学者や団体は北朝鮮問題には無力で且つ無関心、それどころかやってもいない日本の「戦争犯罪」と同列視し、相殺しようとする始末ではなかったか。

 テロ行為や麻薬の売買など国家として犯罪に手を染める北朝鮮を擁護してきたのが人権派とよばれる方々です。

 「似非愛国者」「不忠者」とまで書かれていますが、御批判は甘んじて受けましょう。では、人をあれこれいうあなた自身は何なのかと問いたい。

 天皇陛下を利用してまで持論(国旗・国歌の実施否定)を正当化しているが、園遊会の一件も認識の違いから生じたことに過ぎない。

 社会人入学で先生の研究室にいたことのある現職の先生に「実証主義を重視する」と伺っていましたが、残念なことです。

 どこに私の件が出てくるかは以下の文をご覧下さい。

■書評マニア
http://blog.zmapple.com/user/yas007golgo13/yoshikomylove/

鈴木邦男『愛国者は信用できるか』講談社現代新書 七百円+税
2006-10-04
 ワールドカップがやってくるとナショナリズムが高揚する。愛国者にとってはまさに至福の時だろうし、自称左翼の方々には日の丸の旗が観客席を埋め尽くしているさまに眉を顰める御仁もあろう。しかし、いずれにしても私たちはきちんと愛国心について考えることを避けてきたのではないだろうか。その一方で、愛国心に反発を覚えつつ、ぬくぬくと「この国」の慈愛の中で日々の平安を満喫している人もいるのかもしれない。
 
 それはさておき、世の中には自分は愛国者だと言いつつ、実際は不忠者が多々いるようだ。記憶にあるかどうかわからないが、日の丸・君が代を無理強いしようとして「強制しないように」と天皇にたしなめられた某自治体の教育委員なんぞはその典型のようなものだ。ただただ自分の卑小な生育史の呪縛から逃れられないやつ(換言すれば、自分の都合のいいようにしか社会を見てこられなかった人々)であろう。もっともこうした人間は自称左翼の中にも多々いるようだ。
 
 ところで、くだんの教育委員、もとい将棋差しがただその生育史の中において純朴に日の丸・君が代大好き人間であったからということで某知事の覚えめでたく教育委員になり、自分の小さな世界観を一千万の市民に押しつけていくという姿はどう見てもこの国をよくしていこうというふうには見えない。天皇がその愚かさをたしなめたのはまさしくこの国を思う天皇の見識であろう。その点からみてもこの教育委員とそれを雇用し、日の丸・君が代を強要している某知事などはまさしく不忠者ではないのだろうか。
 
 不忠とは愛国者ならば国家に対して背信行為をするということである。もとよりこの国を天皇制国家と信ずる天皇主義者ならば天皇の望むところにそわない奴等である。古より天皇は何より民の平安な暮らしを望んだと言う。ならば国民を戦場に駆り立てる者ども、威嚇的な街宣車で恫喝していく者ども、言論を力で抑えようとする者ども、愛国心を強制する者、君が代斉唱を強要する者は皆不忠者と言ってよいのだろうと思う。
 
 それならば忠なる者とは誰か。おそらくは愛国者であるにちがいない。そしてなんと言っても愛国心といえば右翼だ。それはまっとうな右翼にちがいあるまい。ということで本書は右翼団体一水会の代表鈴木邦男による愛国者と愛国心についての提言だ。この人は元日本赤軍の連中と友誼を交わし、日教組委員長と対談したことで物議を醸すということで耳目を集めてきた人だ。愛国心についてもその立場での見識を持っているであろう。ということで、本書は世の腐敗した右翼もどき・似非愛国者たちのみならず、愛国心について考えたこともなく愛国心通信表を見過ごした左翼もどきにも是非読んでもらいたい本だ。
 
 鈴木邦男は暴走した愛国心や強圧的に押しつけてくる愛国心を嫌う。他人と他国を愛さない、自己愛と自国愛でしかない凶器としての愛国心をまずは嫌うのである。そしてどうしたら愛国心を暴走させない、凶器にさせないかを本書を通じて考えようとしている。
 
 例えば鈴木氏は拷問死したプロレタリア作家小林多喜二が仁徳天皇と同じように民の幸福を願っていたということを指摘する。そして彼を国家の名において虐殺した特高こそが自己愛と自国愛しか持たない似非愛国者であり、不忠者だったかもしれぬというのだ。
 
 本書のキーワードは「愛国と憂国」に尽きる。憂国ってわかるかなぁ。その辺を読み解いていくと愛国心を押しつけたり、愛国者であると傍若無人の振る舞いをするやつらが不忠者であることがよくわかる。そういうふうに考えれば御上の真意を理解しない中間管理職って多いだろう(中間管理職っていうのは天皇と下々の中間にいる管理職ってことだから、総理大臣から教務主任までを含む)。

 また、愛国者気取りで恩師が左翼だからといって非難してまわっているコンドーくん(誰?)やらも不忠者だし、組合嫌いの自称体制派教師も不忠者だろうね。何しろ陛下はそんなことをお望みではないだろうから。
 
 そんなわけで鈴木邦男は憂国を主張する。この国がもっとよき国であるように現状を憂える。腐敗した似非愛国者の横行を憂うのだ。
 もっともあちきが忠義者だとは言わないが、列挙した不忠者よりはまっとうな生き方をしているとは思う。何しろこの国を不忠者が跋扈している時勢を憂いているのだから(憂国だ!)。

☆☆☆☆ 不忠者必読のわかりやすい愛国心入門書だ。その稚拙な自己チュー的愛国心を洗い直せ!なんとなくあちきも右翼になったみたいな気がしてきた。そのくらいこの人は真面目に愛国心について考えているのだ。似非右翼よりも、似非左翼よりも、そして似非人権主義者よりも。(嗚呼!憂国的になってきたわい!)

↓全国の大学教育学部の左傾化を是正すべきと思う方は
blog

↓にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログへ

↓国民主権を守り、憲法違反の外国人参政権に反対しよう
参政権反対
 
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
いつも拝見させていただいてます。

私は九大生なのですが、こんな教員がいると思うと…自分の主義主張のために天皇陛下を利用していることは不愉快ですね。
できれば実名を挙げてもらいたいです。こんな教員の授業は受けたくないので。

大学の左傾化是正と同時に、教員に左寄りが多いことの周知徹底も必要だと思います。
2006/10/06(金) 23:22:49 | URL | 名月 #-[ 編集]
御来訪有り難うございます
名月さん こんばんは。
御来訪有り難うございます。

>私は九大生なのですが、こんな教員がいると思うと…自分の主義主張のために天皇陛下を利用していることは不愉快ですね。

 九大の学生さんですか。嬉しいです。持論の補強材料に陛下はなどと使うことがそれ自体、不忠だと思います。

>できれば実名を挙げてもらいたいです。こんな教員の授業は受けたくないので。

 この記事で御紹介しているリンク先に名前は出てきます。九大は何人もいませんので。敢えて氏名は載せませんでした。御理解いただけたらと思います。
2006/10/06(金) 23:30:18 | URL | なめ猫♪ #TAZSivxg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/06(金) 23:53:20 | | #[ 編集]
国の税金を給与にして国の悪口を言う・。
国立法人なんてわけのわからん大学でも、99%は国からのお墨付きの九大の先生にして、とても、言えた義理じゃない・。辞めてから言え・。民間ならくびやろ・・。
2006/10/07(土) 01:46:01 | URL | kane55 #-[ 編集]
このような輩に
払う税金はねぇ!ていうところでしょうか。国からありがたく給料をもらっておきながら国に対する批判は公然と行うとはホントに嘆かわしいと言うよりも怒りではらわたが煮えくり返ります。国への批判をするなら公職を辞めてから文句言え、ホント。教育に良くないですよ、まったく・・・。
2006/10/07(土) 11:32:48 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
TVではここまで言えないと思う。「諸君7月号 平成17年度」 ≪道義なき中国とは対決せよ≫ ≪なぜ反日暴力デモの謝罪を要求しないのか≫ ≪繰返された「謝罪」と「位負け」≫ ≪中国政府が最も恐れる「農民の
2006/10/06(金) 23:54:38 | The planet earth
つれづれなるままに ひぐらし硯にむかひて 心にうつりゆくよしなしごとに そこはかとなく書きつくれば あやしうこそ 物ぐるほしけれ。ご存じ吉田兼好の「徒然草」の冒頭部分です。学校でもよく暗記しました。私の
2006/10/07(土) 11:33:27 | 新・平成徒然草
なめ猫