<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 私の中の二十五年
2005年08月17日 (水) | 編集 |
8月15日の産経新聞3面に三島由紀夫が昭和45年7月7日にサンケイ新聞に寄せた「私の中の二十五年」(『蘭陵王』新潮社<絶版>に収録)が再掲載されていた。今年は三島義挙35周年でもある。

改めて三島さんの言葉に耳を傾けたいと思った。

今まで三島由紀夫、福田恒存や岡潔、エドマンドバークなどのご文章を紹介しようと思いながら、ぐずぐず自分に言い訳してやらなかった。

時代の問題を考えるうえで歴史や先人の言葉、文章に学ぶことは非常に重要なことである。

その第一回として「果たしえてゐない約束―私の中の二十五年」を紹介しよう。産経では、現代表記に変えてあるが、三島さんの文章はもともと旧かな使いなので、原文を紹介することとする。

三島は反全学連の学生組織で講演したときもいっていることだが、みずからが日本を背負っているといった自負を持っていた。

この文章をじっくり読んでみると、いまの日本の姿をある意味預言したといえることがお分かりになられると思う。自分自身を問うことにもつながり、おそらく私もそうだったがじっとしてはおれないだろう。
 
「果たしえてゐない約束―私の中の二十五年」より

 私の中の二十五年間を考えると、その空虚にいまさらびつくりする。私はほとんど「生きた」とはいへない。鼻をつまみながら通りすぎたのだ。 

 二十五年前に私が憎んだものは、多少形を変へはしたが、今もあひかはらずしぶとく生き永らへてゐる。生き永らへてゐるどころか。おどろくべき繁殖力で日本中に完全に浸透してしまつた。それは戦後民主主義とそこから生ずる生きた偽善といふおそるべきバチルスである。

 こんな偽善と詐術は、アメリカの占領と共に終わるだらうと考えてゐた私はずいぶん甘かつた。おどろくべきことには、日本人は自ら進んで、それを自分の体質とすることを選んだのである。政治も、経済も、社会も、文化ですら。

 私は昭和二十年から三十二年ごろまで、大人しい芸術至上主義者だと思はれてゐた。私はただ冷笑してゐたのだ。或る種のひよわな青年は、抵抗の方法として冷笑しか知らないのである。そのうちに私は、自分の冷笑・自分のシニシズムに対してこそ戦はなければならない、と感じるやうになつた。


 この二十五年間、認識は私に不幸しかもたらさなかつた。私の幸福はすべて別の源泉から汲まれたものである。なるほど私は小説を書き続けてきた。戯曲もたくさん書いた。しかし作品をいくら積み重ねても、作品にとつては、排泄物を積み重ねたのと同じである。その結果賢明になることは断じてない。さうかと云って、美しいほど愚かになれるわけではない。
<中略>
 それより気にかかるのは、私が果たして「約束」を果たして来たか、といふことである。否定により、批判により、私は何事かを約束してきた筈だ。
 
 政治家ではないから実際的利益を与えて約束を果たすわけではないが、政治家に与えうるよりも、もつともつと大きな、もつともつと重要な約束を、私はまだ果たしてゐないといふ思ひに、日夜責められるのである。その約束を果たすためなら文学なんかどうでもいい、といふ考えが時折頭をかすめる。これも「男の意地」であらうが、それほど否定してきた戦後民主主義の時代二十五年間を否定しながらそこから利益を得、のうのうと暮らしてきたといふことは、私の久しい心の傷になつてゐる。


 個人的な問題に戻ると、この二十五年間、私のやつてきたことは、ずいぶん奇矯な企てであつた。まだそれはほとんど十分に理解されてゐない。もともと理解を求めてはじめたことではないから、それはそれでいいが、私は何とか、私の肉体と精神を等価のものとすることによつて、その実践によつて文学に対する近代主義的妄信を根底から破壊してやらうと思つて来たのである。

<中略>
 二十五年間に希望を一つ一つ失つて、もはや行き着く先が見えてしまったやうな今日では、その幾多の希望がいかに空疎で、いかに俗悪で、しかも希望に要したエネルギーがいかに膨大であつたかに唖然とする。これだけのエネルギーを絶望に使つてゐたら、もう少しどうにかなつてゐたのではないか。
 
 私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。このまま行つたら「日本」はなくなつてしまふのではないかといふ感を日ましに深くする。日本はなくなつて、その代わりに、無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであらう。それでもいいと思つてゐる人たちと私は口をきく気にもなれなくなつてゐるのである。
 

長く引用したが、三島さんが指摘しているように日本を内部から溶解させてきたのは戦後体制、戦後民主主義である。冷笑主義に覆われてしまい行動することを嘲笑う風潮もそこからきている。まさに「からつぽな、ニュートラルな、中間色の」極東の或る経済的大国の姿はホリエモンの言動そのものではないか。

改めて終戦60年、三島義挙35年にあたりその時代に居合わせた自らを問い直す機会としたい。
スポンサーサイト

 靖国神社に20万人が参拝
2005年08月17日 (水) | 編集 |
一昨日、終戦60年目の8月15日、靖国神社で「終戦六十年国民の集い」が開かれました。過去最高の20万5千人が参加したそうです。

靖国の境内はひっきりなしに参拝に向かう老若男女の姿であふれ、石原慎太郎都知事の参拝の際は遊就館前の沿道に参拝に集まった人たちが列をなして見送りをしていました。例年になく若い人の姿が目立ったようです。

午前10時から開かれた集会では、与野党の国会議員も登壇し、平沼赳夫経産相は「小泉首相は郵政で衆院を解散したが、八月十五日に靖国神社に参拝するというのが一番の公約ではなかったか」各界から登壇した小野田自然塾理事長の小野田寛郎さんも「小泉首相は殺されてもいいと郵政解散を行ったが、なぜ靖国参拝には命をかけないのか」と激しく批判されました。

ほかにも金美齢さんや世界イスラム連盟のイドリスノ・マジッドさんのスピーチには大きな拍手が起こっていました。

ミュージシャンのつのだひろはなかなか男らしいどっしりした人で、世の中が左すぎるといっておられました。歌も渋かったです。

第十九回戦歿者追悼中央国民集会の声明

アジアで初めて近代国家の建設に成功した我が国は、自主独立の確保と東アジアの安定を目指して日清・日露戦争から大東亜戦争に至るまで苦難の道を歩んできた。想い起せば、六十年前のこの日、玉音による「終戦の詔書」が放送された。

昭和天皇がその御心境を次の御製に示されたことは遍く知られている 
 身はいかになるともいくさとどめけりただたふれゆく民を思ひて
 国がらをただ守らんといばら道すすみゆくともいくさとめけり

 
 一身を擲(なげう)って国民を救おうとされた昭和天皇の大御心を祖国再建の拠り所とし、国の存亡の危機に際会して尊い一命を捧げられ、ここ靖国神社に鎮まる二百万柱に及ぶ英霊のご加護のもと、焦土の中から懸命に立ち上がった国民の努力により、わが国は不死鳥の如く甦った。今日、我々が享受している平和と繁栄の基(もとい)には、こうした貴い歴史があることを寸毫も忘れてはならない。
 
 翻って今日の日本の現状はどうであろうか。中国の軍事的脅威への対応や東シナ海の海洋資源の確保、そして北朝鮮の核開発・拉致問題などへの対策は決して十分ではなく、深刻な教育荒廃を根本から克服するために検討されてきた、「国を愛する心」や「伝統の尊重」を謳う教育基本法の改正案の今国会提出は見送られた。我が国固有の国柄にのっとった新憲法の制定も遅々として進んでいない。
 
 とりわけ遺憾なことは、我が国における戦歿者追悼の中心的施設である靖国神社への首相の参拝に対して中韓両国が執拗に反対し続ける一方、国内にはこれに迎合して靖国神社に代わる「国立戦歿者追悼施設」建設を促す発言や、いわゆる「A級戦犯」分祀を求める見解が政治家や経済人などから繰り返されていることである。
 
 このように、我が国を取り巻く内外の状況は極めて深刻かつ危機的様相を示しているにもかかわらず、郵政民営化をめぐって政界は混迷の極に達し、重要な政治課題はすっかり置き去りにされてしまった。
 
 我々は、六十回目の「終戦の日」を迎えたこの日、出来るだけ多くの人が靖国神社に参拝することによって、日本人の真の姿を国の内外に示すことこそ現在の危機を乗り越える道だと信じ、「靖国神社二十万人参拝運動」を提唱した。
 本日、この趣旨に賛同されて靖国神社に結集された皆様方とともに以下のことを誓いたい。
 
 ここ靖国神社に集いし我々こそが有志国民の中核となって、憲法、防衛、教育など国家の根幹にかかわるあらゆる歪みを是正する国民運動を一層強力に推進し、首相が堂々と靖国神社に参拝できるような「誇りある日本」を必ずや再建することを。そして一日も早く天皇陛下の御親拝を仰ぐ日を迎えることできるように尽力することを。
 右、声明する。
 平成十七年八月十五日
                第十九回戦歿者追悼中央国民集会
                          英霊にこたえる会
                          日本会議
             みんなで靖国神社に参拝する国民の会


山谷えり子参議院議員が日本人の美徳についてお話されていましたが、靖国にお祀りされている英霊が後世に遺したかったものは、高い道義心ではなかったかと思います。

同日、日本武道館で開かれた全国戦没者追悼式において小泉首相は式辞のなかで「アジアの諸国民に対して、多大の損害と苦痛を与えました」と哀悼の意を表明していますが、今回の首相談話も酷いものでした。不愉快なので載せません。

村山談話に拘束され政権が変わってもこの基本姿勢を変えることもできない日本の状況をみて英霊の方々はいかに思われるだろうかと思わずにおれませんでした。
 
『正論』9月号に救う会幹事の島田洋一福井県立大学助教授の「アメリカにおける東京裁判史観見直しの好機と障害」という興味深い論文があります。5月7日にブッシュ大統領が対独戦争60周年記念式典でスピーチした際に第二次世界大戦末期のヤルタ合意を批判したことについて歴史的経緯からさかのぼってまとめており、アメリカのフェミナチと戦い続けてきたフィリス・シェラフリーのことにも触れています。アメリカでも日本と同じくジェンダーフリーの猛毒に苦しんでいるのですが、国連・アメリカ政府中枢に入り込んだマルクス主義者を徹底して批判し続けておられる女性です。

ここからリンクしてるブリュンヒルデからの贈り物にいっぱい論文があります。

同様の論文が『月刊日本』7月号に論説委員の山浦嘉久氏が「波紋ひろがるブッシュのヤルタ合意批判」、『日本の息吹』(日本会議発行)7月号に事務総局、江崎道朗氏が「ヤルタ合意を批判したブッシュ大統領」という論文をそれぞれ掲載しています。あわせてご覧なられたらA級戦犯の分祀云々といちゃもんをつける中国の根拠が英米ソの戦後支配体制を決定したヤルタ協定にあり、教科書問題はじめ戦後体制そのものに行き着くことが理解されると思います。

いずれにせよ政府の公式見解となっている歴史観を根底からくつがえすことは間違いありません。
 

ブッシュのスピーチ内容はホワイトハウスのホームページから→President Discusses Freedom and Democracy in Latvia


なめ猫