<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 政策・理念に基づいた政界再編の動きとなるや?
2005年08月21日 (日) | 編集 |
 先日の綿貫・亀井両氏の国民新党に引き続いて、新たに田中康夫長野県知事を代表に造反した小林興起議員らと記者会見し「新党日本」が発足しました。

新党日本には田中、小林両氏のほか、郵政法案反対派から前衆院議員の滝実、青山丘両氏と荒井広幸参院議員が参加しています。公職選挙法に定められている現職国会議員(衆院解散時は前職も含む)5人以上という政党要件を満たしていないため、引き続き反対派の前職や参院議員に参加を呼びかけて、国民新党とも連携していくことを視野に入れているようです。

なるほど、国民新党に小林・荒井議員らが参加しなかったのはこういうことだったのですね。しかし、国家観がまるで違うお騒がせ知事、田中康男を代表にもってくるとはどういう意図があるのかと訝ってしまいます。

自民党もホリエモンを亀井議員への対抗馬として擁立を決めたり、猪口邦子やリベラル派官僚の片山さつきを担ぎ出したりどこに理念があるのでしょうか?

今回の郵政解散は、小泉首相の強権発動とそこまで読みきれなかった亀井静香議員の判断ミスが重なったものですが、いろいろな諸問題があるなかで郵政が唯一の争点という小泉首相のやり方は下手をすると日本の針路を誤った方向へと導きかねません。

公表されている民主党のマニフェストをみてみると、去年発表された『民主党政策INDEX2004』をそのままに、かつての社会党の政策を実現させようという内容になっています。


●2005年民主党マニフェスト重点項目
●草莽崛起 ーこんな民主党に政権は任せられないーその実態は第2社会党だ  

国民新党に元自衛官で旧自由党系の田村秀昭参議院議員が参加したのも民主党の安全保障政策があまりにも非現実で、中国韓国などの近隣諸国に阿るものだったからですが、その他も問題点だらけで国立追悼施設の建設や法務省から独立した人権委員会を盛り込んだ人権擁護法案(人権侵害救済法案)、夫婦を一個の独立した存在と位置づけた税制=ジェンダーフリー税制、最悪なのは国際機関に対し個人が直接、人権侵害の救済を求める個人通報制度の確立を訴えていることです。

社民党・共産党の議席は選挙のたびに減少し、もはや社民党は小選挙区では議席は得られないといわれていますが、それが即イデオロギー対立の解消とみるのは危険です。

かつての社会党の最左派である社会主義協会のメンバーが民主党の党本部事務局にスタッフとして潜り込んでいることはよく知られた話で、そのイデオロギーはしっかりと民主党マニフェストのなかに生きているのです。
 
今度の選挙では日本の将来が決まってしまうといっても過言ではありません。
相次いで発足した新党がうわべだけでない政策・理念に基づいた政界再編の動きにつながるかどうかは有権者の意識次第だと思います。

ところで今朝、友人から郵政民営化について電話がありました。

郵政民営化が選挙の争点というのでいろいろ調べてみたら、やっぱり民営化がもたらす弊害を指摘する主張に理解を示したといっていました。

数多くの保守系ブログがあるなかで古賀や推進団体の脅しに屈せず最後まで人権擁護法案に反対をしてくださった議員さんの多くが郵政民営化に反対したのは、本当に利権の温存のためなのかという疑問に正面から答えているものは少数です。

法案に反対票を投じた議員さんにはしっかりした国家観をもっている議員さんが少なくありません。(もちろんギリギリまで悩んで解散を避けるため賛成した議員さんもおられます)

マスコミが面白おかしく刺客などといって衆愚政治を煽っていますが、本当に天下国家のことを考えて政治をしてくれる議員さんを落選させるわけにはいきません。

そこで西尾幹二先生が人権擁護法案の国会提出を阻止した議員の中で、とくに中心的にご尽力いただいた若手の衛藤晟一議員、城内 実議員、古川禎久議員を応援したいと講演会を開催されることとなりました。


西尾幹二のインターネット日録 小泉政変への友人たちへの見解(一)
草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN ー造反議員激励西尾幹二氏講演会開催のご案内

下記の通り、講演会を開催されます。

■衛藤晟一前厚生労働大臣激励講演会
日程:平成17年8月28日(日)
時間:13:30~15:30
会場:市町村会館2階ホール
   (※大分県庁のとなり)

■古川禎久議員激励講演会
日程:平成17年8月28日(日)
時間:20:00~21:30
会場:宮崎県都城市・小松原地区体育館

■城内 実議員激励講演会
日程:平成17年8月29日(月)
時間:18:00~20:00(予定)
会場:静岡県浜松市・浜北市商工会館3階会議室
★ぜひ近隣の皆さま、ご参加いただきますようお願いいたします。
 
↓理念に基づいた政界再編を望む人はクリックを↓

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫