<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 人権擁護法案に首相意欲?
2005年09月30日 (金) | 編集 |
昨日の参議院本会議で、民主党の神本美恵子議員の質問に対して小泉首相が人権擁護法案の早期の成立と答弁しました。

神本美恵子さん>そ~らきたきた。

あまり知られていないのですが、神本さんはたびたびフェミナチを監視する掲示板で紹介してきた。日教組中執出身のフェミ議員です。

有事3法のとき党議拘束を無視して退席して処分されたこともあります。

参考:大橋巨泉ホームページ

夫婦別姓ジェンダーフリー教育の熱烈な推進者でもあり、福岡県教組の一組合員時代は日の丸君が代問題で管理職をつるし上げてきた組合の闘士。>福岡の皆さん、地元の方ですよw

どういう質問をされたのだろうか・・・

幸いTBをいただいたのでやりとりをご紹介します。




●神本「21世紀は人権の世紀と言われ、あらゆる差別の撤廃と全ての人の、人権確立の努力が続けられています。 

しかし、わが国では、刑務所や、入国管理施設における公権力の濫用、同和問題を初めとする差別や、子供虐待、女性への暴力等の人権侵害が、後を絶ちません。

しかも、人権侵害被害者が、迅速に安心して救済を受けられる制度が確立していない為、多くの被害者が泣き寝入りを余儀なくされています。 例えば、セクシャルハラスメントの被害者は、強姦、強制わいせつといった、犯罪の被害者であるのにも関わらず、訴える事が出来ず、退職に追い込まれています。DV被害者は、警察の統計によれば、三日に一人の女性が、夫によって殺害されているという状況にあります。

 夫によってです。(議場爆笑)こうした実態は女性に対する暴力が、人権侵害であることすら認められていないからではないでしょうか。 

 人権侵害救済機関の設置は、喫緊の課題であります。  これについて日本は、七年も前の1998年に、国連国際人権自由規約委員会から、独立性を確保した人権侵害救済機関を設置するよう、勧告を、受けているのです。にもかかわらず。先の通常国会も、自民党内の反対意見により、小泉総理は指導力を発揮しないまま、法案提出が見送られてしまいました。

自民党のマニフェストでも、本気さは全く感じられません。  
 
人の命と、人間の尊厳がふみに、踏みにじられているのです。 民主党はかねてより国内人権侵害救済機関の設置について、積極的に取り組んでおり。先の通常国会に、人権侵害による被害の救済、および予防法、予防等に関する法律案を提出しました。 

法案は、実効性と独立性を確保した、救済機関の設置等を定めるものです。早急に、この法案を成立させなければなりません。政府与党は、いつまでに、どのような人権侵害救済機関を作る考えなのか、小泉総理の見解を伺います。」

★小泉「人権侵害救済制度でございますが、自民党は今回の総選挙に際し、政権公約に置いて、簡易・迅速・柔軟な救済を行う、人権侵害救済制度の確立を、公約しております。 
 政府与党内で、更に検討を進めまして、人権侵害被害者の実効的な救済を図る事を目的とする人権擁護法案を、出来るだけ早期に、提出出来るように努めて参ります。





国連の勧告を受けているのに政府は何をぐずぐずしてるんだと詰め寄っているわけですが、そのなかで「実効性と独立性を確保した」というところに本音があると思います。

男女共同参画のときに実効性ある苦情処理機関ということで埼玉県の高校の共学問題と同じように、議会その他の干渉を受けない「独立」した機関というのは暴走する危険性を孕んでいます。

★参考
『正論』平成15年10月号:内閣府男女共同参画会議の恐るべき戦略
『日本時事評論』〈天録時評〉男女共同参画 市民団体の条例ランクとモデル案「実効性」とは「住民規制」の言い換え!?

「実効性」というのは勧告・家宅捜索・公表といった警察・裁判所の機能をもたせているということです。

前原民主党に期待する向きもあるようですが、こういう考えをもった議員が代表質問に立つということはかつての社会党と変わらないと思います。

★神本議員はホームページで昨日の所感を書いていました。
皆さんの激励で勇気がわいてきました ~本会議質問を終えて~

しかし、問題なのは国会で3分の2を占める与党の動きです。

今朝の産経新聞に自民党の動きを伝えていましたが、有力な反対派議員が郵政で野党に追いやられ、落選されたため推進派が勢いづいていることです。

自民党・首相官邸に反対意見を伝えましょう!!

[自民党本部]
 電話 03-3581-6211
 FAX  03-5511-8855
メール送り先:自民党に物申す

[首相官邸]
意見送り先:首相官邸

<追加>
民主党の神本美恵子議員にも送りましょう!!

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

 世界一小さな政治クイズ
2005年09月28日 (水) | 編集 |
リベラル


いろんなところで話題になっているMeine Sache ~マイネ・ザッヘ~さんで紹介されていた「世界一小さな政治クイズ」をやってみました。

以前、日本版ポリティカルコンパスをやったとき判定は“保守左派”でした。普段は保守派的な言動をしてて、意外なくらい個人の思想はリベラルに寄っていたのである種の感動を覚えました。



The political description that fits you best is...

LIBERTARIANS support maximum liberty in both personal and
economic matters. They advocate a much smaller government; one
that is limited to protecting individuals from coercion and violence.
Libertarians tend to embrace individual responsibility, oppose
government bureaucracy and taxes, promote private charity, tolerate

diverse lifestyles, support the free market, and defend civil liberties.

Your PERSONAL issues Score is 80%.
Your ECONOMIC issues Score is 90%.




今回はどうかというと「Libertarian」。

麻薬の自由化以外は肯定的でした笑

Libertarian「リバータリアン派」は・・・

個人と経済の問題について最大限の自由を求めます。彼らはきわめて小さな政府を望み、政府の権限は、個人を暴力や強要から守ることに限定されるべきと考えます。リバータリアンは自己責任を大事にし、政府の官僚システムや税金に反対し、民間のチャリティを促進し、多様なライフスタイルを容認し、自由市場と市民の自由をサポートする傾向。。。

郵政民営化には慎重な考えをもっていても、伝統的な家族のあり方を重視し、夫婦別姓や中絶の自由に反対しててもこういう結果です。

正直言って多様なライフスタイルといういまの状況は肯定できない部分はあるけれど、かといってみんなおんなじというのもつまらないと思うし、管理社会につながるIDカードとか国民総背番号制には猛反対です。既にテロ防止を理由にアメリカやイギリスでは導入され始めていて超微細なマイクロチップを体内に入れる技術まであるようです。

マイノリティーの問題で男女共同参画条例に同性愛者への差別の禁止規定が盛り込まれようとしたとき政策的見地から反対したけれど、そういう少数派の人たちの生き方を否定していたわけでもありません。

お付き合いのあった新聞記者さんから「個人の自由を大事にされるんですね」といわれていたくらいです。

いつでしたか愛知万博の観覧車でAV撮影をしたという事件がありましたね。

AV撮影というのは極端にしても、解放的な環境でというのは道徳を超越して誰しも心密かに思う嗜好(・∀・)なのではないでしょうか。

ともかく個人の生活の自由を最大限認める社会になったからこそ、こうやってネットというツールを活かして発信もできるようになったのですから感謝しています。

なのに人権擁護法案なんてトンでもない話です!!!

経済にしても政府があれやこれや規制をかけるのは自由を束縛するもので好ましくありません。もちろんライブドア問題で明らかになったように規制するところもあるとは思いますが・・・

マイネ・ザッヘ~さんのブログのコメントを読んでも殆どの人が中道・リベラル傾向にあって、それもいまの日本においては右寄り、タカ派と考えられる思想を持っている人ばかりです。

産経新聞を読んでいて、自衛隊を軍隊と認め、改憲すべきと考えている人がリベラルというこの結果は面白いと思います。

まだやっておられない皆さま、話のネタにもなると思うので一度やってみられてはいかがでしょうか♪

世界一小さな政治クイズ
日本版ポリティカルコンパス

↓自分の政治的位置を知りたいと思った方は↓
人気blogランキングへ

 NANA
2005年09月24日 (土) | 編集 |
NANA


昨日夜、福岡のシネコンAMCキャナルシティ13で「NANA」観てきました。連休初日の夜なのに意外にお客さん少なかったです。

矢沢あいの原作読んでないのでわりと素直に観れたのですが、続編も決定してて、5巻までの内容だったからか、ラストが中途半端でちょっと物足りない感じ。

中島美嘉が演じるナナは男受けを狙ってるという雰囲気ではなくて、言葉遣いは乱暴で、突っ張ってるんだけれどもじつはすごく女の子らしいということがそのギャップが引き立てていると思いました。

一方、もう一人のナナ「小松奈々」(ハチ)は可愛い系の子なのだけどあまえんぼさんで自分をみてみて、相手してよという感じだったので、とうとう彼氏が愛想つかしてバイト先の同じ美大生と関係をもってしまったところはなんか同情してしまった(;´Д`)

ただ、恋愛だけではないと思うけれど、恋愛の場合とくに二人のなかで思いや夢や価値観の共有がなければ続いていかないわけで、一方的な思いだけではいつか破綻してしまうことがしっかり描かれていた。ここらへんはリアルに感じられて心にとまりました。

キャラクター的にまったく対照的な2人が出会ったのは上の写真にある東京に向かう新幹線の中。偶然にも探していた部屋が一緒で共同生活を始めるときの共同生活なんて面倒ですよという不動産屋へのナナの一言は効いた。

「おめえはさびしい奴だな」

ライヴシーンは鳥肌モノ!!凄い迫力あった。ナナが携帯をマイクがわりに歌うシーンもよかった。

主題歌でもあるGRAMOROUS SKYはHYDE作曲なだけあって、やっぱりラルクっぽい。

そうそう。バンドのドラマーやってる弁護士のヤスがキャラ立ってて、スーツにグラサン、スキンヘッド姿は強烈(笑)なのに、すごく寡黙で渋かった。

でも、地元のバンド仲間だったレンに「ナナは俺がもらう」と告げたとき口に出さない思いを心のうちに秘めているんだなと気がついて、切なくなりましたです。

ハチの彼氏章司を好きになった幸子が階段でこけて終電に乗り遅れたとき、わざとやったのといっていたけど、男だったらそれをどう受け止めるか考えるだろう。たとえ相手に彼、彼女がいても好きになるのは自由だし、それを止めることはできないんだから、一度は逡巡しても最終的には選ぶことになってしまう。

幸子はぶりっ子してるような声してて、ハチと比較したら化粧っ気もない地味な感じ。なめ猫的に好みではなかったけど、そのいじらしさに男として観ててぐっとくるものはやっぱりありました。理性とかなんとかいったってとめられないんですよね。人を好きになることは。

でも、章司は女の子にはすごく悪者というか嫌な奴という捉えられ方をしているようで、なんか気の毒になってしまいます。

ついでに書くと道徳的なことでいったら不倫とか二股かけるというのはよくないこととされるのですが、反面そのことを通して人生における複雑さを身をもって知るという部分もあるように思うのです。混濁のなかに美を見出すというか・・・

さて、ナナが地元で活動していたときつきあっていたギタリストのレンとの再会はすごくドラマティックでした。

ライブ会場で最前列の席でハチと観ていたナナにレンが気がつくそぶりを見せなかったのはやっぱりどうしたらよいか迷ってしまったからで、携帯に連絡を入れて、再会したシーンは思わず息をのんでしまいました。それまでひそひそ話したり食べたりしてた周りの人たちも見入ってしまっていました。

エレベーターホールで抱き合う姿には思わず涙が出てしまった。

2人でバラの花びらを入れたお風呂に入りながらいつもつっぱってるナナが氷が解けたように素直になってました。

誰も入ることのできない2人だけの世界。

ここが一番感動的でしたねえ。

中島美嘉というと「雪の華」や「桜色舞うころ」の印象が強かったのでナナのキャラクターである男っぽさにたじろいでしまったのですが、じつはそのことが後半見られた女性らしさを引き立てている。

ファッションもチェック柄のミニのタイトスカートだったりフェミニンなカッコでした。

ナナが演じている強い女、カッコいい女というのは椎名林檎や倖田來未にも共通するところだと思います。男ウケするのを求めていない、媚びないところが同性の共感を得ているのかもしれませんね。

肩に力入れないで楽しめる作品でした。

次は何を観に行こうかな(llllll´▽`llllll)

人気blogランキングへ

 『家庭教育の再生』
2005年09月21日 (水) | 編集 |
家庭教育の再生


今月初旬に民間教育臨調(『日本の教育改革』有識者懇談会)の家庭教育部会の研究報告をまとめたシリーズ本として出版されました。

一昨日の産経新聞(東京本社版)に母性や社会の在り方考える『家庭教育の再生』出版という短い紹介記事が載っていました。

▼▼▼引用▼▼▼

 日本の伝統・文化を尊重した教育改革に取り組む「民間教育臨調」(会長・西澤潤一首都大学東京学長)家庭教育部会の提言が『家庭教育の再生』(学事出版)として刊行された。
 林道義・元東京女子大教授が編著者となり、精神科医の和田秀樹氏▽性教育や家庭科教科書の偏向に詳しい高橋史朗明星大教授▽母性を重視した育児に取り組む長田安司共励保育園理事長、菅原久子江戸川双葉幼稚園園長▽ジェンダーフリーの問題点を追及するジャーナリストの岡本明子さん-らが執筆している。
 母性に関する記述が充実しているほか、家庭教育を支える国や社会の在り方についても詳述している。

▲▲▲終了▲▲▲

親学や感性教育の第一人者、高橋史朗先生や魂のジャーナリスト、岡本明子さんも執筆者の一人にお名前が。

内容は難い専門用語も多いのですが、最後まで読んでみると家庭における教育をいろんな角度から具体的に取り上げていて面白かったです。

たとえばいま流行の食育。
あのゆかりタンもいってるアレです。

日本の伝統的な食事はじつは世界の中でも理想的な食事なのです。

ごはんや味噌汁、お漬物という日本食はヘルシーな食事ということで海外でも注目されてますよね。

1977年にアメリカ上院の特別委員会が出したレポートは現代病の原因はバランスの崩れた「食」によるもので、不登校や家庭内・校内暴力を生み出していると指摘しています。

そういえば最近、シュワルツェネッガーカリフォルニア州知事が州内の高校で炭酸飲料を売ることを禁止するとかいっていましたね。

アメリカでは学食はカフェテリア形式が殆どで、コカコーラとかスナック菓子といったジャンクフードが好まれる傾向にあるようで、それは日本も同じで、化学的につくられた甘味料などを多く含んだジャンクフードやファーストフードなど外食は肥満の原因だけでなく、味覚音痴の子どもを生み出し、脳の未発達につながります。

人間は世界や環境を、大脳新皮質での思考よりも先に感覚で捉えるそうです。口は世界を認知する入り口なんですよ。

知ってました?

食べる=咀嚼するという行為は脳をフルに使う作業で、そのことによって脳の発達を促し、心の安定にもつながっているということです。

それから「咀嚼する」ことによって分泌される唾液には、心身を健康にさせる効能がいっぱいあるそうです。

お米を日本人が食べなくなったのは、戦後アメリカから小麦がどどーと輸入されてパン食が広まったためですが、それによって日本人の心までが変えられてしまったとしたら??

幼い頃からインスタントラーメンやらマクドナルドのハンバーガーを食べていると、それは本能的なものに訴えるものだから、記憶に残らず、「母親の味」を知らないまま育ってしまいます。それは大変不幸なことではないでしょうか。

孤食の問題も深刻だと思います。一人部屋で食べてたらどんなに豪華な食事でもやっぱりおいしく感じられません。

なめ猫は学生でお金がないから、学食やパンなどで手軽に済ませることが多いので、無関係ではないと思います。お弁当をつくったにしても、朝忙しいので冷凍食品をチンしておべんと箱にいそいそとつめて終わりです。それも味気なく思うことがあるんですよね。

食事って人間の心を豊かにしてくれる大切なものです。

数年前からスローフードが注目されるようになったのは、お金さえ出せばなんでも食べられるようになった反面、じつはもっとも貧しい食の現実に対する見直しが起こっていると思います。

毎日でなくとも週に一回、家族みんなでいろいろ話しながら一緒に食事をとることを習慣づけてみたら随分違うと思います。

もう一度自分の食事を見直してみてはどうでしょうか?

また、食だけでなく言語習得においても母親の果たす役割は大です。

お母さんの言葉がけによって言語中枢を形成していきます。

周囲の言葉かけが社会性を身につけることにつながるわけですが、なかでもお母さんが赤ちゃんと目をあわせながら、わが子に言葉をかけることによって記号の伝達ではなく、心のつながりを確認していくのです。

街を歩いているとお母さんとまだ幼い子どもが連れ立って歩いている姿をよく見かけますね。

親子の楽しげな会話のなかにじつは心の発達にとって大事なメッセージが含まれているのです。

食育とも関連するのですが、赤ちゃんは、お母さんのおっばいを口全体に含んで、絞り出すように力いっぱい吸うそうです。この赤ちゃんの吸啜運動によって、お母さんには愛情ホルモンが分泌され、赤ちゃんはもっと愛されるようになるのです。

山口県の光市が「おっぱい都市宣言」をしていますが、母乳育児の推進を進めていくことが重要だと思います。

やっぱりお母さんの存在って大きいんですよ。

母性はないとか言う人がいますが、子どもはお母さんのお腹の中にいるときからずっとつながってるんです。母性神話とか言う人は親と子の絆を分断したい革命家だとなめ猫は断言します。

最近、目をあわせない赤ちゃんが多いとかいうのはそういう外的な要因も影響しているような気がします。コンビニ保育なんてトンでもありません。

『家庭教育の再生』には、ジェンダーフリーの問題や性教育、さらには家庭育児を重視した労働政策の提言など家庭教育に関わる諸問題を網羅しています。お子さんのいらっしゃる方や教師志望の学生はもちろん、家庭教育やフェミニズム問題を考えたい皆さんにご一読をおススメします♪

オンライン書店ビーケーワンで紹介しました。

オンライン書店ビーケーワン:家庭教育の再生

ところで、桜日和さんところで「まれじゃないバカ女たち」(笑)というのが取り上げられていました。

そのなかで別冊宝島Realの『まれに見るバカ女』の続編、『まれに見るバカ女との戦い』を紹介しておられました。

『まれに見るバカ女との戦い』はフェミニズム問題を中心に、先ほど紹介した岡本明子さんと埼玉大学教授の長谷川三千子先生の特別対談や堂本千葉県知事のジェンダーフリー行政のことや朝日・NHK問題で一躍有名?になったバウネット・ジャパンの抗議文などが収録されてます。

『まれに見るバカ女との戦い』は既に文庫本になっています。

まれに見るバカ女


少々値がはっていたRealに比べ、お小遣いで買える金額となり、内容的にジェンダーフリーやフェミニストの矛盾をついています。

読み応え十分なので、まだご覧になられてない皆さま、書店へGO!

『祖国と青年』10月号に書評が掲載されています。

↓子育て・家庭教育の重要性に賛同いただける方は↓
人気blogランキングへ

姫ウラ板の桜子さま、ご紹介いただいてありがとうございます(^^)

★★神奈川支援板の呆-管理人様、ご紹介有難うございます♪

〃∩∧_∧ ♪
⊂⌒( ・ω・)  
 `ヽ_っ⌒/⌒c     
     ⌒⌒

 拒否できない日本
2005年09月19日 (月) | 編集 |
拒否できない日本


以前取り上げた関岡英之氏の『拒否できない日本』(文春新書)がアマゾンで売り切れ状態として中古でしか買えない状態だった。

グーグルで検索すると、アマゾンの中古を扱うユーズドが出てくる。見てみると新品は出品されていないとの断り書きとともに、定価の4倍以上(3300円)もの中古本の案内が出ていた。

セブンアンドワイやら、楽天ブックス、紀伊国屋書店等では新刊在庫が定価で買えたのだから明らかにおかしい。

「だった」というのは、いまみてみたら新刊で買えるようになっていたからである。

 ZAKZAKによると、この本は日本政府としてはあまり国民に知られてほしくない代物らしい。

実際、竹中平蔵郵政民営化担当相は平成16年10月19日の衆院予算委で「存じ上げております」と答弁しながら、郵政法案の審議が大詰めを迎えた8月2日の参院郵政特別委員会では「見たこともありません」と一転させている。

アメリカの圧力を背景に郵政民営化が進められようとしているということを意図的にマスコミも隠蔽しているから、新刊で購入できるようになったのは、夕刊フジなどで取り上げられ注文が相次いだので慌てての対応だろう。

日本は本当に独立国なのだろうか。

日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく日本国政府への米国政府要望書(翻訳文)

Amazon:本:拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる

アマゾンの秘密 -世界最大のネット書店はいかに日本で成功したか

↓アメリカからの真の独立を願う方は↓
人気blogランキングへ

 女王の教室
2005年09月17日 (土) | 編集 |
今日は「女王の教室」が最終回だった。

久々学園モノで過激だけど面白いドラマと思いながらいつも観ていた。

主人公の教師、阿久津真矢(天海祐希)は熱血教師やスパルタ教師でもない独特の厳しさがある。

成績のよい子どもばかりひいきしているところは引いてしまったが、よく観てみると、それは社会の現実を荒っぽいやり方であるけれど伝えようとしているように感じられた。

前回の三者面談のときなどは、なるほどそうだと納得してしまった。

和美ちゃんがお母さんから私立に行くことを望まれてて、本人は公立でいいと親子で分かれていた。

先生から、子どもは親の保護がないと生きていけない「家を出て自立するか、ご両親を説得して、自分の考えを理解してもらうしかないの」といってたとこは小学六年生に少しきついかもしれないとは感じたが、中学生になれば高校まではあっという間。

早いうちから進路、人生選択に対する意識を持たせるという意味においては間違ってはいない。

たしかに自分の担任が阿久津先生みたいな先生だったらやっぱり反発するかもしれない。

けれど、子どもたちを守るために不良たちを追い払ったことで、教育委員会から教育センターでの研修が決められてしまった先生を、卒業式を終えて「仰げば尊し」を歌って感謝の思いを表したのはやっぱり思いが伝わっていたんだろう。

「いつまで感傷にひたってるの」と冷たく言い放つけれど、きっと胸のなかにこみあげる思いはあったのではないだろうか。

なめ猫♪が先生だったとして、卒業していく生徒からそうやって「ありがとうございました」といわれたらやっぱり嬉しい。

最後の中学生になった久子ちゃんと道ですれ違ったときの嬉しそうな表情が先生の気持ちを一番表してた。

金曜に終わったドラゴン桜(桜木は弁護士で先生ではないが)にも共通するけれど、既存の価値観や教師像からみて異端で乱暴だけどじつは愛情をもっている先生を尊敬し、慕う気持ちは分かる気がする。

口当たりはいいけれど、じつは自己保身で冷淡な教師をいっぱいみてきたなめ猫♪は、じつは厳しい先生ほど真剣に生徒のことを考えている人が多いと経験上感じているからだ。

教育の問題はいろいろあるけれど、体を張って子どもたちと関わろうという先生が少なくなったことに尽きると思う。

★おもちゃさんのブログでも取り上げられていました。
退屈をぶっつぶせ:いい加減目覚めなさい

↓女王の教室の続編を望む方は↓ 
人気blogランキングへ

 焦らずゆっくりとやります
2005年09月15日 (木) | 編集 |
皆さん、ここしばらく大変ご心配おかけしまして申し訳ありません。

いろいろあって揺れ動く心情を吐露したのですが、ご心配いただくコメントを頂戴したプチセレブさん、めふぃ~☆さん、ふみこ@なでしこ通信さん、加納綾一郎さんをはじめ、またROMしていただいている皆さまに何と申し上げたらよいか、言葉がありません。

まだ回復しているという感じではなく、やっぱり精神的にきついものがあります。

時間がかかると思いますが、ゆっくり焦らずにやっていこうと思います。

旧ブログから政治系のエントリーが多く、疲れてしまいました。

それから運動と微妙に距離をおきつつ、私生活の充実を最優先していきますので、ネットとのかかわりもそれにあわせて変化させていくことになると思います。

せっかくカテゴリーにもいろんなジャンルを新たに加えましたから、ざっくばらんに書いていくつもりです。

今度、NANAを見に行きます。

なめ猫♪は中島美嘉が大好き♪なんです。

少女マンガは感情移入が難しくて普段あまり読まないのですが、一見の価値がありそうです。

最後に政治にも触れておきます。

昨日の産経新聞(東京版)にありましたが、今回の選挙で拉致議連とか教科書問題、人権擁護法案反対の有力な議員さんたちが落選あるいは郵政法案反対で無所属で当選されたため、自民党内で安倍さんと思想・政策を共有する方たちがごっそりいなくなりました。

平沼先生、古屋先生、古川先生は無所属で当選されたが、衛藤先生、城内先生、森岡先生は落選されてしまった。

なめ猫♪は、産経新聞に対して憤っています。

産経はかねてから熱烈な郵政民営化賛成路線で「造反」組は改革の敵という扱いをしておきながら、選挙が終わったら「副作用」だの「党内でも日本の歴史や伝統、国益を重視する理念的な「保守派」がガタガタになり」というのはなんだろうかと思うのです。

それならそういうことも配慮して社説や記事を書くべきでしょ!

今年は自民党結党50年。

郵政民営化の是非より、悲願だった自主憲法制定や教育基本法改正など国の根本を問うことのほうが重要ではないんでしょうか。

たしかに選挙の戦い方として単純でわかりやすく改革に「賛成か」「反対か」の二者択一で民意を問うという手法はうまいと思うし、造反した先生方は解散による政治情勢の極端な地殻変動を避ける道をとるべきだったという声もありますが、小泉首相の強権的なやり方に対して忍従できなかった気持ちは理解できます。

「刺客」としておよそ自民党らしくない候補者を立てて当選したことはあとで絶対後悔することになると思います。
[READ MORE...]
 安倍さん選挙で来福
2005年09月09日 (金) | 編集 |
今日は久しぶり人権擁護法案に関するオフをやってきました。

2ちゃん大規模オフの【福岡】人権擁護(言論弾圧)法案反対ビラ配りOFFに安倍晋三幹事長代理の選挙応援の日程が報告されたので、一番近い福岡のとある候補者の応援演説に参加してきました。

福岡OFFスレで書き込みをいただいたろうずさんと最寄りの駅に午後待ち合わせして、その足で事務所へご挨拶し、会場を下見して、近くで食事をとって、会場へ。

開始前は人影もまばらで、安倍さん来られるのにこんな人数だったらどうしようと焦ってました。事務所の方が候補のパンフと連立相手の某政党wのパンフを配布されてるのを受け取って用意されたパイプいすの最前列へ。

安倍さんに直凸しようと東京のメンバーが製作したギコちゃんの人権擁護法案反対のうちわを片手に最前列に陣取りました。

残暑厳しい炎天下のなかで汗だらけになりました。

集会が始まって後ろを振り返るといつの間にかギッシリでした。

候補は公明をヨイショしてましたが、それは選挙だししょうがないと思って聞き流していたところに安倍さんがご到着。

拍手と黄色い声援が飛んでいました。

安倍さんはもちろん郵政の話もされましたが、候補が党の外交部会長で拉致問題に取り組んできていたことを話され、民主党が拉致被害者5人を一旦 帰すべきといったことを批判されました。

そのとおり!!

気がついたらろうずさんが用意されてこられたカンペを候補も安倍さんもみて笑ってらっしゃるのです。

とくに『朝日にもNO!』が受けていたようです爆笑

カンペの内容は・・
 
『郵政改革にYES!』
『民主党にNO!』
『人権法案にNO!』
『(おまけ)朝日新聞にもNO!』

『ヨッシー頑張れ!』(ヨッシー=候補の愛称)
『造反議員の悪口を言わない そんな・・・』
『安倍さんが好きです(ハートマーク)』
『その通り!』


応援に見えてた連立友党の県議さんはいや~な顔をしてました。

最後シュプレヒコールでカンペとおんなじ「民主党にNO!」と繰り返して終わりました。

壇上から降りられるや群集がだあーーーと押しかけもみくちゃになりました。

なめ猫♪は用意してきたお手紙を渡せなかったけれど、ろうずさんはご当地名物大宰府の梅ヶ枝餅を安倍さんに渡され、「○議員のことをよろしくお願いします」と話をされていました。

ろうずさん>GJです。

安倍さんは慌しく車に乗り込まれ、次の予定地に出発されました。

お手紙渡せなかったのは残念だったけれど、人権擁護法案に反対する国民が福岡の田舎にもいることを知っていただけたのでよかったと思います。ビラ配りOFFが他地区と違って行われていない福岡でしたので、行動したという意味で満たされた気持ちになりました。

明日は午後2時から久留米市で福岡救う会さんのご協力を得て人権擁護法案に反対する街頭活動を行います。お近くの方はご参加いただきたいと思います。

よろしくお願いします!!

人気blogランキングへ

 経済制裁
2005年09月06日 (火) | 編集 |
昨日、家族会と救う会が記者会見を行い、衆院選の候補者に行った北朝鮮への経済制裁に関するアンケート結果は862人が回答したそうだ。(回答率76%)

このうち、経済制裁の早期発動に「賛成」したのは392人(45%)で、「反対」は47人。「その他」が423人。

政党別の賛成率は、自民党74%、公明党45%、民主党66%、共産党と社民党はいずれも0%。国民新党83%、新党日本50%。

救う会の調査結果は
北朝鮮への経済制裁に関するアンケート結果

拉致問題の解決こそ、急がなければならないのではないのか?

地元福岡のある候補者などは反対と回答していた。
小選挙区は全員×だった。

小泉首相は今回の選挙で郵政民営化なくして他の改革もできないと訴えているが、リンクさせていただいているlogさんも仰っているように「今回ほど悩ましい思いをした事がかつてあっただろうかという気分であ」る。

郵政民営化に重要性が感じられないし、むしろ拙速で国益を損ないかねないと思うのだけれど・・・

政治にコミットすることに疲れてしまって深く考える心境になれない。

人気blogランキングへ

なめ猫