FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 コンドーム着脱はダメ--県教委指導主事研修会で趣旨の徹底
2006年06月11日 (日) | 編集 |
  過激な性教育が問題となるなか、昨年、文部科学省は性教育について全国調査を行いました。

 その結果は大きく各紙が報道しました。

■性教育:過剰な68件、見直し指導--文科省調査
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/archive/news/2005/12/24/20051224ddm012040015000c.html

 おかしな性教育が公然と行われていたことが明らかとなったわけですが、そもそも性教育のあり方が広く問題になったのは平成14年の国会において山谷えり子衆議院議員(民主党・当時)が追及した全国の中学生に配布した「ラブ&ボディBOOK」からだったと思います。

http://popup12.tok2.com/home2/education/data/kokkai/140529-landb.html

http://popup12.tok2.com/home2/education/data/kokkai/141101-landb.html

 厚生労働省の外郭団体である母子衛生研究会が中学校に配布していた「ラブ&ボディBOOK」はコンドームの使用法やピルの効用性を詳しく説明し、中学生の性行為を煽る内容になっていたため、保護者などの反発を招いたわけですが、全国各地で子供をもつお母さんたちが立ち上がり、歯止めがかけられました。

 福岡県においても一部の市町村の学校においてそのまま配布され、大きな混乱がありました。久留米市や大野城市などは市議の働きかけもあり、生徒への配布は見送られ、回収となりましたが、小郡市のようにそのまま配られたところもありました。

 当時の福岡県教育委員会の対応について県教育委員会から情報公開がされましたので、紹介します。

LOVE&BODY県教委通知文


 どこにも国会で指摘されたような問題があることは触れられていません。しかも生徒への配布は止まったものの、教師は持っていて勉強することができるわけです。どういう活用をしたのかまでは現場の教師でなければ分からないということなのです。

 しかし、その後の国の動きなどを受けて今年3月の指導主事研修会で趣旨の徹底が図られることとなりました。

 以下はその際の研修資料です。

県教委スポーツ健康課研修資料①


県教委スポーツ健康課研修資料②


 福岡県内にも少数ながら過激な性教育を推進する性教協のサークルもあり、外部の団体とつながって幼児期から性器の名称などを教えようなどということを進めています。

 国の方針が出たからといって油断せず、しっかり学校現場、教育委員会の動向はみていくべきと思います。

↓性教育は知識ではなく心の育むことが重要と思う方は
blog

↓にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログへ

↓国民主権を守り、憲法違反の外国人参政権に反対しよう
参政権反対
 
スポンサーサイト




なめ猫