FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 民主党の国会質問の次元の低さ--健全野党、民社党が懐かしい
2006年10月14日 (土) | 編集 |
 民主党の国会での質疑は先日の田中真紀子はじめ全く低次元のものばかりですね。

 森ゆうこ議員も左翼リベラルの強い民主ではまともな議員の一人と思っていましたが、はあという感じです。

民主の森ゆうこ氏の懲罰動議を提出・自民と公明(日本経済新聞)
 
 自民、公明両党は13日、民主党の森ゆうこ参院議員の懲罰動議を参院に提出した。森氏は11日の参院予算委員会で、週刊誌記事を引用しながら「安倍首相は拉致問題を食いものにしている」などと発言。両党は「あたかも事実のような印象を国民に与えかねない」と反発している。取り扱いは17日の議院運営委員会理事会で協議する。

 スポーツ報知で次のように報じられています。

安倍首相初ギレ…民主・森ゆうこ氏が週刊誌ネタ攻撃
 
 安倍晋三首相(52)が国会質問で“初ギレ”した。11日の参院予算委員会で民主党の森ゆうこ参院議員(50)が、安倍首相の北朝鮮の拉致問題の対応を批判した週刊誌報道の真偽を問いただしたところ、普段は温厚な首相が「その程度の話にコメントするつもりはない」と突然“大噴火”。首相就任以来、公の場で初めて激怒。核実験問題の対応に追われる中で、安倍人気の源泉でもある拉致問題を批判され、怒りが沸点に達したようだ。

 午前中の審議終了まであと5分。質問者の森氏は、かつて強行採決をめぐり、スカート姿で太ももをあらわにしながらプロレスラーの大仁田厚参院議員につかみかかった猛者だ。

 だが、この日はなぜか、ためらいがちに質問をぶつけた。森氏は「非常に私は不愉快な記事を見たんですけども…。それは『週刊現代』です。そこに『安倍は拉致問題を食い物にしてる』と書いてありますが…」と、4年前の日本人拉致被害者の帰国の内幕を描いた週刊誌報道に触れた。

 おどおどした様子で記事の一部を引用して読み上げ、「私もさっき記事を見たばかりでよく分からないんですけど…」と前置き。おっかなびっくりという感じで記事の事実関係を問いただした。

 公の場では温厚、冷静で話し方や身なりなど細かく気づかう安倍首相だが、虫の居所が悪かったのか。「よく分かっていない事を質問しないでいただきたい。いちいち、そうした記事は読んでおりません」と顔を真っ赤にし、森氏を厳しくにらみつけた。

 さらに「この雑誌は以前(拉致被害者の)有本(恵子)さんの両親が言ってもいない私に対するコメントを載せたことがある。その程度の話なんですよ。だからいちいちコメントをするつもりは全くありません。『食い物にしてきた』と、この委員会で言うのは失礼じゃありませんか」と一気にまくし立てた。

 わずか39秒だったが、激情家の一面をのぞかせた首相の鬼気迫る迫力に森氏も言葉を失った。委員会終了後「面食らいましたね。『事実無根』と言えば簡単に終わる話だと思うけど…」と、ぼう然とした表情だった。

 週刊誌の情報はこの日、同僚議員から寄せられ、周囲と相談したうえで質問することを決めたという。森氏は「私も拉致問題をやってきた。意地悪な質問をした覚えはなかったけど、首相は『攻撃された』と勘違いした。なぜ、あんなに怒るのか。逆に気になる」と弁解した。


 で、その問題のやり取りです。

森ゆうこ、週刊現代にふりまわされる


安倍首相、怒る


動揺し、言い訳する森


 現在の民主党は、自民党への対決色ばかりに走り、国家の大局を見据えているのか疑問に思うことが多い。

 かつては民社党という健全な野党が存在し、国防政策など自民党よりタカ派といわれたものです。

 その民社党の第二代委員長は吉田茂から罵倒された西村栄一氏ですが、皆さん御存知の西村真悟先生のお父さんで、連合内にあって堂々と左派官公労路線を批判し続けている富士社会教育センターの創立者も西村栄一氏でした。

 最近、西村真悟先生のメルマガで次のようなことが書いてありました。森ゆうこ議員にはかつての同僚のこの思いを自らの諌言と受け止めてほしいものです。

 そもそも、野党であれば、昔の社会党のように自分のことを棚に上げて何でも相手をなじってよいと思いこむのは次元が低いことである。与党であっても野党であっても、いずれの立場に身を置こうとも、議員の精神に一貫して流れているのは、国家への忠誠、祖国への愛でなければならない。
 昨日の、小泉内閣の外務大臣であった議員の質問を聴いていて特にそう思った。
 
 思い返せば、この十数年、与党が野党になれば、その翌日に完全な「社会党」になった。野党から与党になれば、その翌日に完全な「自民党」になった。そして、誰も、不思議とも思わずに自民党と社会党の一人二役の間を行ったり来たりしていた。この切り替え現象は、自民党出身議員に顕著であった。歌舞伎の衣装の着せ替えである。要するに政界に、「節操」、「廉恥」がないのである。このようにして、いわゆる五十五年体制は存続している。

 この中にあって、私は正直言って、違和感にとらわれ続けた。
何故か。私が、五十五年体制下にあって是々非々を貫こうとした「民社党」の議員だからである。
 民社党は、社会党や共産党とは厳しい一線を画して是々非々路線をとったのであるから、自民党と社会党の両翼から非難された。しかし、民社党の打ち出した福祉国家の路線と明確な国防方針は、自民党と社会党の両者から非難されたが今や我が国の大道である。このことを、誇りをもって此処に記しておく。
 
 この民社党は、平成七年に解党された。それ以後、政界には五十五年体制的与野党が主流である。
 しかし、現在私は、この主流から離れ、いわば昔の「民社党的立場」に立っている。「名誉ある立場」と思い定めて、歩ませていただきたい。先日、未だ民主党にいる変わり者の友人の議員が、自らのことを「名誉ある孤立だわー」と私に言ったが、
 私は「孤立」とは言わない。既に五十五年体制の馬鹿馬鹿しい「手品」を見抜いている「祖国を愛する国民の共感」とともに歩みたい。


 こういう理念で動く議員がいまあまりにも少ないように思います。

↓民主党はくだらない質問をやる議員は首にしろと思う方は
↓最近ランク下がりすぎ泣、ぜひクリック♪してね
blog

↓にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログへ

↓国民主権を守り、憲法違反の外国人参政権に反対しよう
参政権反対


★番外編★

 2ちゃんねる大規模オフ板の福岡スレに毎日毎日やってくるアホが
います。ここに紹介して晒しておきたいと思います。

 福岡県筑前町の事件が全国報道される中で、こういう人権を騙る奴の
偽善者ぶりは明らかにされるべきですね。

 もし、お暇で、且つ奇特な方は本スレのほうも覗いて見てください。

 http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1155391110/

489 名前:エージェント・774 :2006/10/14(土) 18:42:09 ID:6/HWjs2U
>>484
オマエが、恥をさらすのが楽しみですが、なにか?
まともに反論できずに、いつも関係ない話題を持ち出し
恥の上塗りをしているのをみるのは、楽しいよ
おまえの恥は。「みなさんご承知の通り」だよ

時間があれば、不登校になった件について語ろうぜ いじめられッ子クン

スポンサーサイト

なめ猫