FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 福岡県人権同和対策局、質問状への回答を拒否--八女市長の前向きな姿勢を評価する
2007年02月09日 (金) | 編集 |
 本日、午後3時に八女市役所を訪れ、市長部局・教育委員会に対し公開質問状を提出して参りました。

 助役室で人事課長、学校教育課長、秘書係の課長と話をして、質問状の趣旨とその回答を今月中に出してほしいという要請を行いました。

 八女市は周辺自治体に比べると、市長が同和行政についてかなり踏み込んだ議会での答弁をしておられます。

 近隣の久留米市や小郡市のように不透明乱脈行政が公然と罷り通り、市民の批判を力で封じ込めている自治体に比べると、正常化が進んでおり、団体の圧力を毅然と跳ね返しているところは高く評価できます。

 記者会見で20年も同じ部署にいるのは異常とまで断言する市長は、福岡県ではほとんど皆無です。

 この前向きな姿勢を高く評価し、さらに後押しをしていきたいです。

 それにひきかえ、福岡県の人権・同和対策局は全く誠意のかけらもない対応でした。

 今日、質問状に対して「八女市のことであり回答しない」といってきました。理由を問い質すと逆ギレしていました。

 「Uは係長ではなく補佐です。そこは正確にいっていただきたい」と語気を強めていっていましたが、ハア?あんた何様でした。

 5日の質問状提出の際もその課長補佐とやらは、新聞記者を前にしながら適当な受け取り方をするなどいい加減な応対をし、またもや文書による回答を拒否しておいて一切謝罪も納得のいく説明もなし。

 これまで部落解放同盟福岡県連との交渉議事録を公開せよと何度請求を出しても、不開示決定でした。

■解放同盟福岡県連のビル
福岡県部落解放センタービル


 県は福岡市や筑紫野市よりも遅れています。両市は交渉内容も要点筆記ですがちゃんと開示しています。

 情報公開に一番不熱心なところが同対なのですが、県民に一番干渉するのは同対です。内心の自由にまで踏み込んで啓発と称するマインドコントロールをしているところです。

 来週、県教委の開示のとき、同対局にも出てきてもらいますか。説明を伺い、うちのブログで公表しましょう。
 
 いずれにせよ部落解放同盟の腰巾着であると自ら表明したのですから、500万の県民がその実態を知れば窮地に陥るのは、お先棒を担いでいる人たちだと思うのですがね・・・

 都合が悪くなると逆ギレするってなんだか大人気ない人たちだなとつくずく思いました。

 知事部局の県民軽視の姿勢は、断固糾弾されなければなりません。

 麻生知事さんは選挙で頭がいっぱいいっぱいです。

 北九州市長選・福岡市長選で民主系候補が勝利し
現在はまだ知事与党で民主党の支持母体の連合や解放同盟に懇願し
次もお願いしますというところに、保守系の若造からトンでもない文書がきた わけだから、こんなもん無視するに限るってとこでしょうか。

 民主党福岡県連は、10日までに独自候補を出せなければ自主投票だそうです。

 そういうタイミングなので、大方、同対のレベルで握りつぶしているのでしょう。
 鳥取の人権擁護条例に関連して、次は福岡だと黄色信号がついたとき全国から条例反対のメールなどが続々、同対局に届いて、大混乱しました。 彼らはそのことに相当、頭にきてるといいます。

 じつは北朝鮮人権週間のとき、県の内部で、同対局が実務を担うか、国保・援護課が担うかで相当揉めた経緯があります。

 結局、傷痍軍人の問題等に取り組んできた国保・援護課が担当することになったのですが、
日本人拉致を行った非人権国家「北朝鮮」のスパイ組織といってよい部落解放同盟には服従しても、拉致問題には取り組まない似非人権局には怒りの声を伝え、国民・県民の意思を明らかにしてまいりたいと思います。

 対照的に、一連の県同教裁判で敗訴した県教委の対応が注目されるところです。聞くところによると加配の件で解放同盟の超有名なお偉いさん(誰?)が反対するとかで是正が進められないというのですから、行政の主体性はどうなっているのでしょうか。

 筑紫野市で行われている派遣職員とかいうヤミ制度が問題であるとの情報を得て、情報公開で派遣職員に関する業務実績報告書を入手しましたが、隣保館や解放センターに加配教諭を出向させているのです。

■全国地域人権運動連合会新聞より
地域と人権


 じつはうちのブログにコメントをいただき、調べたところ、事実であると判明しました。12月市議会で共産党の市議が取り上げていることも分かりました。(上の新聞を御参照下さい)

 筑紫野市は先日の市長選で自民党が初めて公認候補で元大川市長の中村氏を擁立し、年間6億円の同和対策行政予算の見直しを公約に掲げましたが、民主・社民系の現職、平原氏に惜敗しました。

 中村氏とは2度ほど大川市や福岡市でお会いしたことがありますが、思想信条はしっかりされていた方だったので残念です。

 まだまだある不公正乱脈同和行政、明らかにしていかなければいけません。

 2ちゃんねるにまた面白い人がきてたので御紹介しておきます。
 あすこでは荒らしになるそうですから。
 福岡県教組のお仲間ですか?
 回答しなければしないで、それは行政のご自由ですから。

 文章は原案を書いてもらい自己流に手直ししたものだから、あれで結構。民間人が法律家みたいな文章かいてもしょうがないでしょ?
 
 一民間団体に過ぎない解放同盟に従う義務もないんだよ。
 教育行政に介入するなどもってのほか。

  
日出づる処の名無し :2007/02/10(土) 12:11:38 ID:QqUINy/J
>>462
っていうか、笑われてるのは君の幼稚な思考じゃないの?
自分のことを社会的な影響力のある「特別な」人間だと勘違いしてるけど 社会の認知は、「将来の展望がないネットウヨ」だよ。
情報開示は、先人(少なくとも君がいうところの保守派ではないけど)の 苦労で制度化された、市民の「権利」だから、行政も君を「市民」として丁寧に応対するけど公開質問状なんてものに回答する義務も必要もないんだよ。 しかも、小学生以下の作文を添削もしてもらわず出したような幼稚な内容だし。
本気で,回答があると思い込んで
418:なめ猫♪◆VK/rn2T3s2 02/07(水) 18:00 y57bhWpL [sage]
くく。 笑えるぅ
県は回答出すとちゃんと約束しましたよ。
名言はわざとだしww
知事を評価してるのです

なんてことまで「全国」に発信してしまったのだから,恥ずかしいでしょう? 今さら知事の悪口書き込んでるけど
自分の恥ずかしい行為は永遠にネットの笑いものとして記憶されるよ。

自分のこと「勇者」だと信じ込むのはネットウヨの特質なんだろうね。
美しい日本人はだったら「切腹」に値する恥ずかしい行為なんだけどね。
スレのみなさんに迷惑だからもう書き込まないでね
君には、まち板でコテハン消して書き込んでるほうが似合ってるよ。

・・・・・・・・・

本日、八女市長に提出した公開質問状を、以下御紹介します。

---------------------------------------------------

平成19年2月9日
八女 市長
野田 国義殿

****

八女市人権・同和教育係長による情報公開請求拒否事件についての公開質問

 貴下、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 私は現在、福岡市内の大学に在籍する学生で、北朝鮮による拉致被害者救出運動など保守系の市民運動にも関わっております。昨年12月に貴市役所内ロビーにて拉致被害者パネル写真展示を開催させていただきまして、本当に有り難うございました。 

 貴殿は同和対策事業の特別対策を終結させることを選挙マニフェストで公約されておられますが、昨年関西圏で発覚した部落解放同盟の支部幹部らによる不祥事、利権問題以降、大阪市をはじめ京都市や鳥取市など全国で同和対策事業の見直しが進められようとしています。
しかし福岡県においてはなかなか見直しが進まず現在に至ります。そこで市民の目線から、裁判でも争われた県同教への補助金など同和教育行政も含めた同和対策事業の検証を行いたいと考え、福岡県・福岡県教育委員会をはじめ福岡市など県内市町村に情報開示請求を出して調べております。そのなかで福岡市のように部落解放同盟という一運動団体にのみ4千万円近く補助し、筑紫野市や久留米市は市の所有地内に無償で解放同盟地協事務所を貸しているなど、不公正な同和行政を地対財特法失効後も継続し続けている自治体がいくつか判明しました。
 
 さて、1日の定例会見で八女市の人権・同和教育課の係長が1月23日に情報公開請求に訪れた私に対して感情的になり暴言を吐き、情報開示請求の用紙を渡すことなく、部屋から退出させた事件がNHKや朝日新聞はじめ複数の報道によって明らかになりました。各社の取材に対し、問題の係長は、問題のすり替えをしていますが、NHK放送直後の「謝罪」なる電話も含め発言内容について私は多くの疑問を抱き、矛盾を感じております。

 係長の対応は冷静さを失しており、全国での見直しの動きが本市において加速することを恐れ、情報公開によって同和行政に関する公文書を市民が得ることを隠蔽しようとしていたと思わざるを得ません。新聞報道にもありましたが当該係長は20数年も異動がなかったとのことで、貴殿は「異常なことだ」とまでいわれておられます。前市長時代から20年も同部署にいれば、周囲も一目置く存在となり、その言動について市長も見聞きすることはゼロではなかったはずです。
 そこで、今回の事件の経緯から、数々の問題点を、公開質問状の形で一つ一つ具体的にお聞きします。それぞれの設問に根拠となる理由を付して、具体的に文書にて御回答をいただきますことをお願いいたします。貴殿が以下の質問に誠実に答え、市民に対する説明責任を果たされ、多くの市民から批判の声が強い、行き過ぎた同和対策事業の全面的見直しを推進されますことを、重ねて強く要求します。また、御回答に際し書面は勿論ですが、定例の記者会見で今回の事件についてご見解の表明を果たされるよう求めます。

 なお、この質問状および御回答は各政党、国会・地方議員、全国の報道機関などに送付し、公開いたしますので、その旨御理解ください。

●八女市人権・同和教育係長の対応、情報公開拒否をめぐって(本市の同和対策事業も含む)
(1)行政機関に対する情報公開請求は市民の権利であるとお考えになられますか?

(2)係長という立場にある職員が、「お前の意図はなんか」「同和会とも、全解連(地域人権連)とも交渉はしよるとに、なんで解放同盟だけか!」「人権を破壊する活動は許さんぞ」などと請求意図を「差別の助長」につながるものと一方的に決め付けることは、一昨年の人権擁護法案再提出の動きの際も自民党・共産党、民主党の一部などの国会議員や広範な国民から反対論が噴出しましたこととも関連しますが、憲法に保障された思想・良心、表現の自由を否定する行為にあたると思われますか。 人権問題について様々な立場・考え方があることを許容すべきと思われますか。

(3) 当該係長は、市庁舎内において公然と市民に威圧を加え、周囲にいた課長以下、職員は注意もしなかったが、公務員として公正・公平な職務遂行だったといえますか。

(4) 当該係長は、担当課と極めて強い利害関係にある部落解放同盟のメンバーでもあったという。運動団体の一員である職員を、20年も課に配置し続けてきた八女市の人事は、適切とお考えか。

(5)情報公開請求は、国の「行政機関の保有する情報の公開に関する法律」及び八女市情報公開条例(平成14年12月19日条例第23号)第五条に「何人も、実施機関に対し、公文書の開示を請求することができる」と明記されているが、正当な理由もなく窓口で開示請求を門前払いすることは、請求権の侵害ではないのか。

(6)当該係長の行動は公務員としての立場も弁えず、地方公務員法30条にある“全体の奉仕者”としての服務に忠実とは言い難いが、このような職員は処分を行うべきと考えますか。

(7)上司である人権・同和教育課長(対策課長兼務)は部下職員である係長を注意もせずそのまま放置し続けたが、上司としての指導・監督権の放棄にあたると考えますか。

(8)人権・同和対策課など人権・同和行政所管の部署は、本市に限らず自由に人権問題について意見を出せない雰囲気に覆われた自治体が多いと聞くが、そのことが一つのイデオロギーや主張に縛られた状況は、市民に行政の中立性を守らない一部団体の擁護者として映る。市の人権・同和教育も含め人事の大幅刷新や施策根拠となる市の指針、通知の見直しの検討は如何でしょうか。

(9) 今回の請求内容でもあった部落解放同盟との交渉、セクション交渉について、大阪市などでは報道機関も含めた公開が進められていますが、本市においてはどのようにお考えですか。

(10)今回の問題を、本市市民に対して市広報などで謝罪文を公表・表明するお考えはありますか。

(11) 本市の同和対策事業は、市民に対してのものだけでなく、強調文久留米市櫛原町にある部落解放同盟筑後地区協議会の会館、筑後地区解放会館運営費負担金が113万円も支出されています。解放会館は昭和47年4月12日に当時の近見敏之久留米市長と解放同盟筑後地協委員長との間で交わした契約書にあるように建物の維持管理は久留米市が行っています。
 
 八女市からの利用回数は数回と人権・同和対策課長が答弁していますが、貴殿は平成18年3月定例会で「私もこういうのに出すのがよく認められてきたなという気もする」と答弁しておられます。部落解放同盟筑後地区協議会という市外の一民間団体への公費支出見直しを今後どのように進められますか。


※以上の質問に対し、率直かつ誠意あるご回答をよろしくお願いします。

〔回答および連絡先〕省略



↓ぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

竹島プロジェクト参加しました
竹島プロジェクト

スポンサーサイト

なめ猫