<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 部落解放同盟にお願い文を出せ--八女市同和対策課長の不適切言動
2007年09月29日 (土) | 編集 |
 今年の1月23日に部落解放同盟に所属する福岡県八女市の人権・同和教育課長の不適切言動が上司と共に処分されたニュースはこのブログで詳細を報告させていただきました。

 ところが、なんとその上司が今度は「地協(部落解放同盟筑後地区協議会)と連協(八女市連絡協議会)に申し入れをしてほしい」といってきました。

 ことの顛末は次のとおりです。

 毎年、八女市では秋ごろ、9月末から10月上旬にかけて部落解放同盟と行政の交渉が行われるのですが、今年は10月1日に開催されるということで、以前から口頭で申し入れていた行政交渉の公開を昨日夕方、改めて申し入れました。

八女市週間行事予定
http://www.city.yame.fukuoka.jp/sityou/yoteihyou.html

 ところが、部落解放同盟筑後地区協議会などが同意しないからできない、ついには解放同盟にお願い文を出せとまでいってきました。

 これは前代未聞のことです。

 来週、早々に再び八女市の苦情処理「オンブズパーソン」に申し出を行うことにしました。

八女市人権同和対策・教育課は
八女市役所庁舎図


 それから、有志で筑後地方一帯にチラシを配布する準備を進めています。
 教育への介入、不当な言論弾圧を許さない

 対応した田中課長と係長とのやり取りです。

 ○解放同盟との行政交渉について労使交渉も含め市長は常々公開すべきといっておられますが、今回、ぜひ公開してほしい

 ▲市長は公開といっていますが、相手があるので・・・
  私の判断ではできない
 
 ○相手がとおっしゃいますけど、行政の主体性ではないのですか?
  行政から補助金を受けている公共性のある団体であれば公開は当然

 ▲相手(解同)には伝えてあるが、返答がない

 ○相手とは誰ですか?

 ▲地協(部落解放同盟筑後地区協議会)と連協(部落解放同盟八女市連絡協議会)です。

 ○じゃ、どうすればいいんですか?
 
 ▲そしたらですね、市長と解放同盟にお願い書を出してください。

 ○は?なぜ解放同盟にですか?

 ▲話し合いだから相手の同意なしにはできない
 
 ○市長だけで十分じゃないのですか?

 ▲いや、両方に出されてください

 ○普通ありえないですよ。行政ならともかく市民が民間団体に申し入れるなんて。しかも今日はもう金曜、来週月曜じゃ時間ないじゃないですか!

 ▲そういうことをいわれても知りませんよ

 ○じゃ、市長と運動体に出せばいいのですね。もちろん運動体に出すとき立ち会われますよね?

 ▲はい。我々も立ち会います。

 


 ということで、市長との面会は人事秘書課を通じて月曜の午前11時半に予約を取りました。

 しかし、市民が、民間団体である部落解放同盟に要望せよなどこの課長の感覚はどうかしています。

 立ち会えばいいってものではありません。

 行政の主体性を放棄したこの発言は断固、容認できません。


 

戸井田先生が西川先生とオフ会を企画されています。
http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/e/c75203a4ab12d734ad403d286352bcd0

**

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーサイト

 福岡県議会に提出された支援加配教員是正の陳情
2007年09月28日 (金) | 編集 |
 昨日、福岡県議会では代表質問が行われていましたが、知人と共にそれぞれ県議会に陳情を提出しました。これは知人が出したものです。

 なお、来週月曜日、10月1日午後2時から八女市役所103号会議室で部落解放同盟筑後地区協議会、八女市連絡協議会との交渉が開催されます。

 野田国義市長は原則公開をいっておられますが、解同が同意しないということで、田中博文人権・同和対策課長が私に解放同盟へ交渉公開の申し入れ書を出してくれといってきました。

 こんなことは前代未聞の発言です。
 つまり行政には主体性もないということです。

 さらに解放同盟からの要求書も部分公開の可能性があるとか担当課職員がいっており、いまだに特定団体に屈した姿勢だということがわかります。

 小郡市のPTA会長のブログを見つけました。
 法律も制度もないのに、どこに同推とかいるのでしょうか?
http://kaityo.nozomipta.littlestar.jp/?eid=463736

小郡市 人権・同和教育関係定数署名活動(2)

本日13日(金)19時~ 人権・同和教育関係定数要求署名活動のための全体学習会を開催。 【10月20日より活動開始】
三国中学校の体育館に、たくさんの保護者(小6・中2の保護者、PTA地区委員さん、PTA役員、先生)の皆様がお集まりになって頂きました。 

学習の内容として、小郡市人権啓発センターの「古賀 淳二 先生」より講演形式で「部落差別~市民の意識調査」「これまでの要求活動の経緯や成果」などを柱にご説明を頂きました。

また、各小中学校より、同推の先生、振興加配の先生の活動内容と子ども達のかかわりについて、詳しくお話し頂きました。

このように配置された先生のことを初めて聞く保護者の方も少なくはなかったと思います。

そして、子ども達のために、毎年署名活動をして県教委などに対し、陳情していくこともご理解頂いたことと思います。

子ども達の学力保障、進路保障を親として切に願い、定数の確保のために、ご活動ならびにご協力をよろしくお願い致します。


**

文部科学省財務課指導を受けての児童・生徒支援加配教員の目的外使用是正に関する陳情


1 要旨

① 平成19年5月11日の福岡県公報第2675号に登載された住民監査請求で明らかにされた児童・生徒支援加配教員が同和教育研究団体等の事務局業務等に従事し「同和ヤミ」専従としての目的外使用になっている実態について、現在も継続されている文部科学省財務課定数企画係による指導および、今年3月28日に県教育長名で派出された指導文書に基づき、厳格に服務を監督し、勤務時間中の政治・社会運動を厳禁するよう一層の趣旨徹底を図られたい

② 一部自治体、たとえば小郡市は今年度も人権「同和」教育関係定数要望という名称で、地対財特法失効以前の旧来の同和加配(同和教育推進教員)と同じ認識で、義務教育費国庫負担金で追加配置される支援加配教員の要望を、部落解放同盟小郡市連絡協議会、福岡県教職員組合浮羽三井支部、小郡市同和教育研究協議会と小郡市教育委員会、小郡市PTA連合会、学校当局が共同して署名活動などに取り組んでいることが情報公開請求で明らかになった。我々に福岡県教育委員会教職員課市町村立学校係長および北筑後教育事務所総務課長は、公務出張扱いで児童生徒支援加配教員が「国・県の認識と明らかに異なる民間団体・組合と一体化した会合に出ることは容認できない」「出張旅費支給を行わない」と言明したが、小郡市以外にも同様の動きを続けている市町村が見られるので全県調査を行うよう文教委員会として要望されたい

③ 産経新聞社のオピニオン雑誌『正論』8月号に県内在住の男性が「福岡の教育現場を歪める同和支配」と題した論文を発表し、衝撃が全国に広がった。その媒体の性格から国会議員などはもとより読者である全国の保守層に影響を及ぼしたと思われるが、同論文を通じて従来の共産党と部落解放同盟との組織間対立抗争と括れない厳然たる事実が次々明らかにされた。同論文でも指摘されている「民間運動団体に過ぎない部落解放同盟福岡県連合会による不当な支配」を断固排除し、“教育の中立性”を確保するよう県議会として決議、意見書等を行われたい

④ 部落解放同盟(全九州集会)や福岡県人権・同和教育研究協議会総会・会議等への出張が今年度も頻繁に繰り返されている実態が、市町村教委・学校の出張命令書・出張依頼文書の情報開示によって判明した。児童生徒への教育にそれらの出張が還元されているのかどうか詳細な復命書、研修報告書を公表し、県民が学校教育活動を判断する材料として情報公開を行われたい

2 理由

 再三にわたり是正を求めてきた福岡県における児童・生徒支援加配教員の「同和ヤミ」専従としての目的外の活用は、県教委が配置している高校における修学支援加配教員と連携し、部落解放運動の一翼を担う実働部隊にされてきました。児童・生徒支援加配教員について本来の趣旨である特別な「進路指導」「学習指導」「生徒指導」と明らかに異なる嘗ての同和教育推進教員(同和加配)と同一の運用が見られます。「目的外使用」を文部科学省は平成14年4月1日の財務課長通知で厳に諌めていますが、部落解放同盟は前出の『正論』論文が発表された直後7月に機関紙「解放新聞」の論説で「同和加配と変わらない」と国の指導を頭から無視する主張を展開しています。福岡県内では、今なお児童生徒支援加配や県立高校の修学支援加配教員の配置要望にあたり、部落解放同盟の地協、支部長公印決裁や県連・地協への要請活動が慣習化している地域が、9月現在確認されただけでも小郡市や八女地区など義務制・県立高校どちらにも見られます。

 県民から負託を受けた県議会の所管委員会として、国民・県民の税金で配置された教職員を特定団体の運動に活用する行為を厳正に是正するよう県教育委員会に求めていただきたく存じます。

平成19年9月27日

福岡県議会議長              貞 末 利 光 殿


 

戸井田先生が西川先生とオフ会を企画されています。
http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/e/c75203a4ab12d734ad403d286352bcd0

**

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 後藤田正純議員のサヨク発言「右から左まで耐えられない」
2007年09月24日 (月) | 編集 |
 昨日の自民党本部前の「麻生コール」すごかったですね。現地からのネトラジ中継を聴きましたが、島村先生や戸井田先生もお見えになられてその声が聞こえた時、全国で聞いていた人も感動していたと思います。

 ところで先日の日本テレビ「ZERO」出演のキャスターは該当記事ごと削除して証拠隠滅まで図っています。

 さらにとんでもないのが、ある番組に出演した自民党徳島選挙区の後藤田正純議員が、自らのサヨク思想を剥き出しにして麻生氏を批判していました。

 麻生氏支援は国家主義だの政治の素人だのいいたい放題。

 自民党は立党の精神は改憲なんだから、それが耐えられないなら自民党から、例えば社民党にでも出て行ってください。

 動画をご覧ください。つっこみ文字がいっぱいです。

 http://www.nicovideo.jp/watch/sm1127368

 と、まあそういう自民党内サヨクリベラルは放置するとして、今朝のサンケイスポーツが好意的に伝えていました。

**

http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200709/sha2007092402.html

敗れても超ゴキゲン!麻生氏が異例のフィーバーに「感激」

党本部前には多くの人が集まり「麻生コール」。

 自民党総裁選が23日投開票され、福田康夫元官房長官(71)が麻生太郎幹事長(67)を破り第22代総裁に選出された。ただ票数は福田氏330票、麻生氏197票と、麻生氏が予想を上回る大健闘だった。





 敗者ながら大善戦した麻生太郎氏は、開票結果の発表にホッとした表情を浮かべ、その後の会見でも超ゴキゲン。党本部前に麻生ファン約300人が集まるという異例のフィーバーに「過去に例がないだろう。一番感激した」と大喜びだった。

 若者を中心としたファンは、インターネットの掲示板を見るなどして両院議員総会前の正午前後から集まり始め、午後1時ごろから「麻生」「麻生」の大合唱。3時間もノンストップで声をからし、開票結果に一瞬静まり返り、泣き出す女性ファンもいた。総会後に麻生氏がファンの近くまで駆け寄り手を振りながら「ありがとう」と叫ぶと、大歓声が起きた。

 その後、都内で行われた選対本部の打ち上げでは、拍手や笑い声が響き渡り「負けはしたが、なぜか酒がおいしい」(選対本部長の鳩山邦夫法相)と祝勝会のような雰囲気に。麻生氏は「福田新総裁を支える」としながらも、「197票は大事な財産だ」「期待に応えないと」と今後の挑戦に前向きな姿勢を見せ、「ビールがおいしいかって? そうですね」とニンマリしていた。


★丸山氏「麻生ファンは社会現象」

 新人の丸山和也参院議員(61)は投票後、党本部前で麻生氏と偶然会い握手。その後、目の前の麻生ファンを見て「麻生さんは元気をもらったんじゃないの。これは社会現象。バカにできない」と驚いた。

 総裁選でどちらに投票したかは明かさなかったが、「票はいい割れ方をしたのでは。2人とも話をしたけど、麻生さんは(会話の)反応がよく、福田さんは理念、哲学的と感じた」。22日の麻生氏の街頭演説で、日本テレビ系「行列のできる法律相談所」で共演した北村晴男弁護士(51)が応援演説したことに、「あいつ次(選挙に)出るんやないかな」と話していた。


★太蔵衆院議員は麻生氏に投票

 平成17年の郵政総選挙で初当選した杉村太蔵衆院議員(28)は23日の総裁選で、麻生氏に投票したことを明かした。太蔵氏は投開票後、麻生氏支持の理由を「両者の政策の差はほとんど感じなかったが、闘う政治家の姿勢に共感した。誰にも相談せず、1人で決めた」と説明した。

 同期の小泉チルドレンらが多く所属し、武部勤元幹事長(66)が会長の勉強会「新しい風」のメンバーの多くが福田氏を支持していることについて「私が当選したときより、古い風が吹いている」と批判。今後について「『新しい風』には出席しない」とした上で「どのグループにも属さず、完全無派閥でいく」と宣言した。

**

昨日のテレビ朝日特番でのでのコメントです。
この田原氏発言はよかった

田原
「内な福田だけど外では麻生さん」
キャスター
「それが先ほどの麻生コールに繋がっているんですね。これを受けて議員の投票行動も
変わってくるかもしれません」

 本日放送のテレビタックルに西川京子先生がご出演されます。
 こちらも大注目です。

 ■西川事務所からのメール転載

 23日(日)14:00には、いよいよ自民党総裁選挙の投票となっておりますが、投票が済んだ後の24日(月)テレビ朝日のTVタックルの出演が決まりました。

 番組テーマは、「2007’自民党総裁選スペシャル」
17:30~18:30収録。
21:00~21:54放送(テレビ朝日:東京10ch.)

 戸井田先生が西川先生とオフ会を企画されています。
http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/e/c75203a4ab12d734ad403d286352bcd0

**

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 麻生氏、大健闘197票--麻生コールに国会議員も影響
2007年09月23日 (日) | 編集 |
 ネットラジオ生中継です。

 西川京子先生、投げキッスだそうで

投げキッスをする西川先生


西川京子先生


http://203.131.199.131:8080/deltamouth.m3u

 現地組の皆さん、お疲れ様でした~

 鳩山大臣ご登場です。

 島村先生が激励にお見えになられました。

 呼びかけ人、戸井田先生きました。

麻生コール


自民党本部前、麻生コール


自民党本部を出て麻生コールに手を振る麻生氏


自民党本部に入る鳩山法務大臣


http://tamtam.livedoor.biz/archives/50740103.html

■戸井田議員「丸坊主日記」
http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/e/51cef275495772ecdc75ebfe9c8c0e5b

■【総裁選】9/23自民党本部決起集会【麻生氏応援】
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1190419765/

■【総裁選】9/23自民党本部決起集会 part2
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1190512886/

 ぜひお時間のある方は、まだ間に合いますので自民党本部前に結集し、麻生太郎候補への応援を行いましょう。

 テレビ朝日でのコメントです。

田原
「内な福田だけど外では麻生さん」
キャスター
「それが先ほどの麻生コールに繋がっているんですね。これを受けて議員の投票行動も
変わってくるかもしれません」

 明日放送のテレビタックルに西川京子先生がご出演されます。
 こちらも大注目です。

 23日(日)14:00には、いよいよ自民党総裁選挙の投票となっておりますが、投票が済んだ後の24日(月)テレビ朝日のTVタックルの出演が決まりました。

 番組テーマは、「2007’自民党総裁選スペシャル」
17:30~18:30収録。
21:00~21:54放送(テレビ朝日:東京10ch.)

**

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 自民党本部前、200名以上が結集
2007年09月23日 (日) | 編集 |
 午後2時から投票です。自民党前の写真がきたのでご紹介します。 

自民党本部前、麻生コール


自民党本部に入る鳩山法務大臣


http://tamtam.livedoor.biz/archives/50740103.html

 本日、午後1時前に自民党本部前に集まり、衆参両院の同党議員の先生方に声かけをして、麻生候補を応援しようとの呼びかけがなされています。まだ間に合います。

 各派閥の決起集会のあと、徒歩や車で議員の先生方は続々自民党本部に入ります。

■戸井田議員「丸坊主日記」
http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/e/51cef275495772ecdc75ebfe9c8c0e5b

■【総裁選】9/23自民党本部決起集会【麻生氏応援】
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1190419765/

■【総裁選】9/23自民党本部決起集会 part2
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1190512886/

 ぜひお時間のある方は、まだ間に合いますので自民党本部前に結集し、麻生太郎候補への応援を行いましょう。

 テレビ朝日でのコメントです。

田原
「内な福田だけど外では麻生さん」
キャスター
「それが先ほどの麻生コールに繋がっているんですね。これを受けて議員の投票行動も
変わってくるかもしれません」

 明日放送のテレビタックルに西川京子先生がご出演されます。
 こちらも大注目です。

 23日(日)14:00には、いよいよ自民党総裁選挙の投票となっておりますが、投票が済んだ後の24日(月)テレビ朝日のTVタックルの出演が決まりました。

 番組テーマは、「2007’自民党総裁選スペシャル」
17:30~18:30収録。
21:00~21:54放送(テレビ朝日:東京10ch.)

**

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 本日午後1時、自民党本部前にお集まりください
2007年09月23日 (日) | 編集 |
 昨日の新宿アルタ前は、なんと2万人もの人々が集まったそうです。それだけ麻生氏に期待する声が多いということです。

 北村弁護士も仰っておられましたが、マスコミの偏向報道にもかかわらずネットによる伝播でかなり広がってきています。

北村弁護士と西川京子代議士


http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200709/sha2007092304.html

 今回の自民党総裁選は、今後のわが国を大きく左右しかねないものなのです。安倍政権下で封印されていた国益を害する法案が再浮上し成立する可能性が強まります。

 今朝の産経新聞に次のような記事が載っています。

http://www.sankei.co.jp/seiji/seikyoku/070922/skk070922004.htm

**

「保守」めぐり自民二分も

 安倍晋三首相の退陣を契機に、構造改革路線をめぐる政策転換の是非にとどまらず、保守勢力としての基本的立場を問われるような自民党内の路線対立が先鋭化する可能性が出てきた。

 新総裁、次期首相選出が確実視される福田康夫元官房長官は、安倍首相が掲げた「戦後レジームからの脱却」路線には否定的で、憲法改正にも慎重な姿勢を見せる。保守として推進すべき政策、路線が後退する代わりに、夫婦別姓や人権擁護法案、定住外国人への地方参政権付与といったリベラル色の強い政策や法案の実現を求める勢力が勢いづきそうな情勢にあるためだ。

 福田氏は憲法改正は党是と認めながらも「自民、公明両党だけで決めていいものか考えないといけない」との立場をとる。安倍首相が検討していた集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈の変更についても「憲法に抵触するかどうかを慎重に考えたほうがいい」と否定的な見解を示している。

 福田氏は安倍首相が力を入れていた教育再生にも言及せず、教育再生会議は12月の最終報告を前に頓挫しかねない。

 また、次期幹事長への就任が有力視される古賀誠元幹事長は、人権擁護法案の旗振り役で、福田氏支持派には夫婦別姓論者も多い。

 連立内で独自色を強めたい公明党は、離婚後300日以内に生まれた子が前夫の子とみなされる問題で民法改正を強く求めている。定住外国人の地方参政権付与についても「福田政権」の期間に一気に進めたい考えだ。

 これらのリベラル色の強い政策、法案は安倍首相自身が封印してきたわけだが、中川昭一前政調会長や島村宜伸元農水相ら同じスタンスをとってきた勢力の多くが、今回の総裁選では麻生太郎幹事長の支持に回った。新体制下で発言力が低下することは否めない。

 ただ、思想信条に直結しており、「足して二で割る」妥協案がとりにくいテーマだけに、リベラル色の強い政策に否定的な議員らの多くは「保守政党の看板を降ろすわけにはいかない」(中堅)と徹底して反対する構えを見せる。福田氏が独自色を示そうとこれらに着手すれば、自民党を二分する路線対立につながる可能性は高い。

**

 このような大変な事態を黙って見過ごしてよいはずありません。

 とくに最悪の思想・言論弾圧法案であり、拉致問題解決の障害になりかねない人権擁護法案が、噂される人事で推進派の古賀誠が幹事長などになれば一気に成立まで持っていかれかねません。

 喜ぶのは一体誰でしょうか?

 福田政権の次は民主党政権が実現する可能性は大なのです。

 昨日のアルタ前の演説で西川京子先生が仰っておられましたが、今回の福田擁立は、かつてマスコミが批判した森内閣を決めた「5人組」による密室談合そのものです。

 これは古い自民党体質に回帰しようということです。

 今回も古賀誠や引退したはずの野中までしゃしゃり出ています。

 なぜかマスコミはそのことを批判しようとはしません。
 昨日のTBSブロードキャスターはとくに偏向した報道でした。

 本日、午後1時前に自民党本部前に集まり、衆参両院の同党議員の先生方に声かけをして、麻生候補を応援しようとの呼びかけがなされています。

 各派閥の決起集会のあと、徒歩や車で議員の先生方は続々自民党本部に入ります。

■戸井田議員「丸坊主日記」
http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/e/51cef275495772ecdc75ebfe9c8c0e5b

■【総裁選】9/23自民党本部決起集会【麻生氏応援】
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1190419765/

■【総裁選】9/23自民党本部決起集会 part2
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1190512886/

 ぜひお時間のある方は、午後1時前に自民党本部前に結集し、麻生太郎候補への応援を行いましょう。

 明日放送のテレビタックルに西川京子先生がご出演されます。
 こちらも大注目です。

 23日(日)14:00には、いよいよ自民党総裁選挙の投票となっておりますが、投票が済んだ後の24日(月)テレビ朝日のTVタックルの出演が決まりました。

 番組テーマは、「2007’自民党総裁選スペシャル」
17:30~18:30収録。
21:00~21:54放送(テレビ朝日:東京10ch.)

**

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 北村弁護士、麻生氏応援演説--法律相談所のクールさと違う
2007年09月22日 (土) | 編集 |
 MP3で録音された麻生幹事長への応援演説です。直リンしていますので、アクセスして聴いてください。

http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/44414.mp3

 アルタ前での応援演説の写真です。北村弁護士と西川京子先生です。

北村弁護士と西川京子代議士


 録音起こしです。

こんにちはー! 私は自民党員でもなければ政治家でもありません。だから、この自民党がどうなろうが私は関係ない(聴衆笑い)。
しかしながら、麻生太郎が大好きで日本の国が大好きです。 今、この自民党の総裁というのはイコール日本の首相です。
だからこの総裁選は捨て置けない。捨てて置けません。 私から見ると、部外者の私から見ると、この長老の、
はやる派閥の領袖と言われる人たちが この麻生太郎に抱いている感情が手に取るようにわかる。
『あの少数派閥の麻生めが、あの麻生がなぜ国民に人気があるんだ。なぜなんだ。 あんな奴に首相になって欲しくない』
というジェラシーですよ、これは。あきらかに!(聴衆からの拍手) なぜかわかりますか?
麻生太郎の話を少しでも聞いたことのある人、たとえば10分以上聞いたことのある人は、
あの具体的で、説得力のあって、熱意があって、この人には力があると、みんな思うんです。
ところがどうだ、今の派閥の領袖といわれる人たち、あの人たちの話を聞いてそう思えますか。 全く僕には思えない。
だから今回の持つ総裁選で、この派閥の領袖といわれる人たちのこの推す候補がこのままエスカレータ式に首相、
総裁になって、そのまま首相になるようであれば私は今後、自民党を批判を続けるつもりだ!自民党はもうなくなった方がいい! (拍手)
こんなやり方で首相が決まって、長老たちのジェラシーで首相が決まるような国であれば、これはあの民主党、
私から見て、この民主党の政策というのは私から見ればですよ、素人の私から見れば、この自民党政権が
かつておかした過ちをそのままやろうとしている。たとえば農業政策。最も悪政といわれた農家にお金を
ばら撒くような政策をこれからやろうとしている。 いいですか?日本が国際貢献をしようとしているこのインド洋上の給油についても
これを国益、日本の国益を考えずに中断しようとしている。


いいですか、僕はね、この総裁選で、もう一度言いますよ。 この総裁選で麻生太郎が簡単に負けるようであれば、
明日から自民党の悪口を言い続けるんだ! こんな国会議員はみんなやめちまえ! マスコミの人間は、
いかに麻生太郎が力があっても、説得力があっても、 一切報道しないよう、しないよう、しないようにしてるよ。これは本当のことだ。
マスコミを信用してはいかん! (大拍手)マスコミに出てくる弁護士が優秀だと思ったら大間違いだ。(観衆笑い)
中には優秀な奴もおるけど。

 中川昭一先生の応援演説です。
http://www.nakagawa-shoichi.jp/speech/detail/20070922_234.html

 それから日本テレビのキャスターのブログ、私のコメントの証拠を保存されておられた方がいらっしゃいました。感謝します。

http://www.hsjp.net/upload/src/up3749.jpg




 先日の交渉に参加された方からのご提供です。
 有難うございました。

 メールを転載します。

麻生先生はすごい人気でした。
女性人気がないなんてウソ。
黄色い声が飛び交う状況でした。

あまりの混雑に驚きました。
福田と2人の時の街頭演説よりも
大盛況でしたよ。

北村弁護士も物凄い熱弁をふるっておられました。

 こちらは岡本明子さんからです。

**

本日、新宿の麻生太郎自民党総裁候補の最後の演説会に行ってまいりました。

すごい人だかりでした。

ネットでは90%以上が麻生氏を支持、福田氏は10%にも満たないような状況なのに、マスコミは福田政権ありきのミスリードしている中、鳩山、甘利という現役大臣、中川昭一議員、西川京子議員、戸井田とおる議員などが応援演説を行いました。

派閥からプレッシャーをかけられているにも関わらず、麻生さんを応援している議員さんたちも集まりました(総勢40名ほどだったそうです)。

これらの議員さんたちの名前は覚えておいたほうが良さそうです。



演説が終わり、麻生代議士がラッシュアワーの電車並みの混雑の中を、握手をして回っていた時、西川議員が、東京の3票が全て麻生さんに入ったと、速報を知らせました。



自民党議員も段々、福田氏では民意から外れていると感じ始めているらしいということで、



明日、2時からの自民党本部での投票の前に、本部に集まる議員さんたちに声をかけてください、と西川先生も仰っていました。

口コミで? それなら自民党本部前で麻生支持の姿勢を示そうということが伝わってきて、自民党本部前、午後1時に集まり、議員さんたちに声かけをすることになったようです。



私は、群馬で行われるシンポジウムでパネリストとして参加しますので、残念ながら行けないのですが、

お時間のある方は、是非、自民党本部前午後1時に集合して、福田支持票をひっくり返すお手伝いをしてください!

**

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

 一方的なコメント削除は非民主的--日テレ番組キャスターブログの特定候補擁護発言について
2007年09月22日 (土) | 編集 |
 日本テレビ深夜帯の報道番組で「ZERO」というのがあります。星野監督以外は司会者も含め安倍政権叩きの発言が目立っていましたが、この番組にフリーのキャスターとして出演している七尾藍佳氏のブログで次のような記事を見つけました。

http://ameblo.jp/nanao-aika/entry-10048052699.html

 随分、福田氏の肩を持つキャスターさんです。
 一見中立に見せかけていますが、後半でその正体が現れてきます。

 噂になっている日本テレビの大株主会長のご意向があるのでしょうか?

 内容に疑問があるので私はコメントしました。
ところが今見たら削除されました。
 いまかなり怒っています。まるで北朝鮮ではないでしょうか。

 主義主張が違うからこそ対話が必要と福田氏もおっしゃっておられますが、ましてやコミュニケーションが云々書いていながら、これでいいのでしょうか?

 来週にでも日本テレビに対して中立性・公平性の観点について確認をとらねばなりませんね。

今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

 麻生氏、新宿東口アルタ前で最後の街頭演説です
2007年09月22日 (土) | 編集 |
 西川代議士のメールが転送されてきましたのでお知らせします。本日22日(土)15:30から、西川京子代議士等が新宿東口アルタ前で自民党総裁選挙麻生太郎候補の応援演説をする事となりましたとのことです。

 麻生候補は、16:00~16:20街頭演説を致しますので、是非聴きに行っていただければと思います。

23日(日)14:00には、いよいよ自民党総裁選挙の投票となっておりますが、投票が済んだ後の24日(月)テレビ朝日のTVタックルの出演が決まりました。

 番組テーマは、「2007’自民党総裁選スペシャル」
17:30~18:30収録。
21:00~21:54放送(テレビ朝日:東京10ch.)





在日特権を許さない会の講演会があります

http://www.zaitokukai.com/modules/piCal/index.php?smode=Daily&action=View&event_id=0000000001&caldate=2007-9-22


今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

 北朝鮮に返すべきでブチ切れ気味--日本記者クラブ公開討論会
2007年09月21日 (金) | 編集 |
 北朝鮮に融和的でなければ返そうという必要がないんではないでしょうか?

 福田氏が首相になった場合、人権擁護法案の成立も約束しているというし、最悪なのは靖国神社に代わる国立追悼施設や女系天皇など最悪なものが実現しかねません。

 追悼施設反対のデモや人権法反対運動をやらなければならなくなると思います。派閥の決定とはいえ、良識派の議員は麻生氏に結集してほしいものです。

**

http://www.zakzak.co.jp/top/2007_09/t2007092124_all.html
 

福田、公開討論会で安倍批判「辞めどき間違った」
拉致問題指摘されブチ切れ

 自民党総裁選に立候補している福田康夫元官房長官と麻生太郎幹事長による公開討論会が21日、東京・内幸町の日本プレスセンター(主催・日本記者クラブ)で行われた。福田氏は、安倍晋三首相の辞任表明について「決断の時期を間違えられたと思う。参院選で敗退したときが決断の時期だった」と批判し、安倍首相の続投を支持した麻生氏を激しく牽制した。

 この日の福田氏はいつもと違いややブチ切れ気味。質問者から首相辞任のタイミングについて質問されると、「自民党が参院で力を失ったことは辞任に値する問題だ」とヒートアップさせた。

 これに対し、麻生氏は「参院選は前政権の負の遺産を引きずってきた。その責任を1人で背負われるのもいかがなものかと今でも思っている」と首相を擁護した。

 これまでの討論は、互いに遠慮がちだったが、この日は福田氏が色をなして反論する場面がたびたび見られ、拉致問題についてもそうだった。

 拉致被害者の帰国をめぐっても、麻生氏は「福田氏は官房長官のときに(拉致被害者を北朝鮮に)帰すべきと主張された」と口撃。さらに、福田氏が被害者家族に対して、他の拉致被害者はすでに死亡しているとの見解を伝えたのではないかとの疑問をぶつけた。

 これに福田氏は顔をムッとさせ、「帰すべきでないとは申し上げなかった。(帰すという北朝鮮との)約束をやぶって大丈夫かと外務省にたずねたのだ」と切り返した。

 福田氏はまた、民主党の小沢一郎代表について「初当選したときに幹事長だった。私よりは若いが、権威があった。偉い人なんだなあという印象だった」と褒め殺した。

 また、「幹事長は古賀(誠)さんですか」との質問には、「白紙です」と答えた。

**

http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/seiron/070921/srn070921000.htm

【正論】安倍首相辞任 日本大学教授・百地章 女系天皇と追悼施設どうなる


 ■伝統破壊の「仕掛け人」福田氏に問う

 ≪不可解な出馬と支持の理由≫ 

 安倍晋三総理の突然の辞任表明によって、思わぬ事態の展開となった。しかも、安倍総理の後継者と目されていた麻生太郎自民党幹事長は、自派閥を除く自民党全派閥の包囲網の中で、劣勢に立たされている。

 それにしても福田康夫元官房長官の突然の立候補と、瞬く間に作られた派閥の包囲網には驚くほかない。福田氏は「平時でないから、私がやらなければならないと思った。まさに緊急事態だ」という。しかし、昨年の総裁選では「年も年だし…この年になってやれるのか?」と立候補を取りやめたはず。「国の緊急事態だから」というのであれば、麻生氏が言う「もっと気迫とか情熱をもった者」が必要とされるのではなかろうか。

 派閥の領袖たちが福田氏支持でまとまった理由も、国民には納得がいかない。福田氏が立候補を決めた翌日には、自民党本部で丹羽・古賀、山崎、谷垣各派の領袖と会談しているが、政策について立ち入った話し合いがなされた様子はうかがわれない。報道によれば、古賀誠氏は「麻生太郎幹事長は安倍政権に対する政治責任がある」、谷垣禎一氏も「福田さんの発言には親近感がある」などと言っているだけである。福田氏は「政策を中心とした話をしてきている。別に談合をしているわけではないし、低い次元の話はしない方がいい」と反論しているが、どうみても派閥政治、談合政治そのものではなかろうか。

 ≪追悼施設調査費を計上か≫

 福田氏が当選した場合、拉致問題の後退、媚中外交、改憲への取り組みの中断などは目に見えており、国益という点から考えてきわめて危うい事態が生ずると思われる。それとどうしても訊いておきたいのが、靖国神社に替わる国立追悼施設と女性天皇・女系天皇の問題である。というのは「追悼・平和祈念のための記念碑等施設の在り方を考える懇談会(略称・追悼懇)」も「皇室典範に関する有識者懇談会」も、設置者は福田官房長官(当時)その人だったからである。しかも前者の懇談会では、追悼施設の建設に反対した委員は坂本多加雄氏のみ、後者の懇談会では女性天皇・女系天皇の容認に反対した委員が一人もいないという異例なものであった。

 つまり、追悼施設と女系天皇の両者とも「仕掛け人」は福田官房長官であったといってよい。現に福田氏は今回の出馬会見でも「戦争のすべての犠牲者を追悼できる施設がいつかはできてほしい。戦後60年(以上)たっているので、これから考えていく必要のある時期だ」と語っており、これはまだ終わった話ではない。それに氏は超党派の「国立追悼施設を考える会」の発起人を務めている。しかも福田氏は、靖国神社参拝についても「相手が嫌がることをあえてする必要はない」とまで言い切っている。総理就任早々、追悼施設建設のための調査費を計上し、既成事実化を図ったりすることはないであろうか。

 ≪「女系容認」派を集め懇談会≫

 次に女系天皇の問題であるが、皇室典範に関する有識者懇談会が「女系天皇の容認」と「長子優先主義」を骨子とする報告書を提出したのは平成17年11月のことである。

 しかし、この答申に対しては多数国民の強い反対があり、昨年9月の秋篠宮悠仁親王のご生誕と安倍内閣の誕生により、報告書は事実上棚上げにされた。しかしながら、もし福田内閣の誕生ということにでもなれば、女系天皇容認派の巻き返しも考えられよう。

 この報告書の問題点については、別稿で詳細な批判を加えたことがあるが、新憲法制定以来の政府見解が「憲法第2条の『世襲』とは、本来、男系を意味する」というものであったのに対して、「男系でも女系でも構わない」との政府答弁を初めて行ったのが、福田官房長官であった(拙稿「『皇位の世襲』の意味と『女系天皇』への疑問」『阿部照哉先生喜寿記念論文集 現代社会における国家と法』)。つまり、従来の政府見解と矛盾した答弁を自ら行ったうえ、女系天皇容認派の「有識者」を集めて、都合の良い答申を出させたのが福田官房長官であった。

 追悼施設の建設に反対する国会議員は当時、自民党議員の過半数を占めていたし、「皇室の伝統を守る国会議員の会」会員約200人の大部分は自民党所属の方々である。派閥や選挙区事情等さまざまな理由がおありだろうが、ことは国柄や国家の精神的基礎にかかわる重大問題であり、一歩間違えば取り返しがつかないことになる。そのことをよくよく念頭に置かれ、総裁選びを行って頂きたいと思う。(ももち あきら)




今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

 在日特権を許さない会桜井会長、福岡の同和教育を批判
2007年09月20日 (木) | 編集 |
 動画サイトYoutubeにチャンネル桜の対談番組で、在日特権を許さない会の桜井誠会長がご出身の福岡の同和教育を批判されていました。

 桜井氏が学生の頃は、今以上に日教組は勢力が強く、部落解放同盟による介入がひどかった頃です。

 水平社以来の差別解消という目的が利権獲得にすり替わっているとの指摘は同感です。

 今週末、福岡市で在日特権を許さない会の勉強会がありますが、これも話題になるでしょう。

 ぜひ動画をご覧ください。

 





福岡の方のようです。

自分の意に沿わなければ
何でも自民党、安倍政権、保守派の
せいにする。
そんなの関係ない♪~
そんなの関係ない♪


意に沿わないからと決め付けたい
のでしょうが、私らも情報網を持っています。
太宰府市の総務課職員が勤務中にこのブログを
読んでいたとのことで・・・
市議に見つけられました。
残念

筑前町の事件について犯人探しはしていませんが
教育委員会は最後までいじめと思わないとか
いっていました。
教育の中立性を守らない解放教育は駄目だと指摘しましたが。

http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-318.html#comment1513

自分の意に沿わなければ
なんでも日教組、自治労のせいにする
これは、ナチズムの扇動とよく似ていますね。
筑前の事件で、遺族の感情をさかなでするように
しつこくしつこく、偏見によって犯人さがしをする君は・・・
自分の意見を聞いた人だけが君の尊敬する人・・・

2007/09/20(木) 18:44:36 | URL | 通りすがり #-[ 編集]

今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

 国連からバチカンを締め出そうと画策--国連通信42・43号
2007年09月20日 (木) | 編集 |
 毎度おなじみ岡本さんから発信されている「国連通信」です。後半の43号は衝撃的なレポートです。

**

●今回の通信は、欧州で堕胎を自由に認めないカトリックの国々への攻撃が始まっているという話題です。

国際家族計画連盟が開始した欧州での新たな堕胎キャンペーン

C-FAM は、国連や世界中で堕胎を推進する勢力の大きな存在の1つが、欧州連合の中の幾つかの政府であると確信しています。C-FAMは、ヨーロッパ機関に、これから更に注意を傾けることを決めました。今日は、欧州連合で家族計画的堕胎について報告します。



国際家族計画連盟(IPPF)ヨーロッパ支部は、最近、"Why We Need to Talk about Abortion"(我々が何故堕胎について話さなければならないか)というタイトルの、欧州連合(EU)で堕胎の合法化を要求する、反宗教的な言葉で綴られた文書を出しました。IPPF-ヨーロッパは、EU委員会やヨーロッパ議会の議員達に、(堕胎の合法化)を政治的アジェンダとして高位に置くように促しました。



IPPF文書は、近年、2つの堕胎支持文書(拘束力はありませんが)を出したヨーロッパ議会の議員と欧州委員会を賞賛しています。この文書は、ヨーロッパでの無制限の妊娠中絶の権利を要求している、欧州議会の「Van Lancker報告書」と呼ばれているものを引用しています。またIPPFは、EU委員会が、1994年のカイロ国際人口と開発会議(ICPD)での結論を支持していると述べています。このカイロ文書は堕胎に言及していないのに、堕胎賛成論者は、カイロでの「reproductive health(性と生殖に関する健康)」は堕胎と同義であると主張しています。


IPPFテキストは全般を通して、スロヴァキア、マルタ、アイルランド、ポルトガル、ポーランドというカトリックの国々における、堕胎しなければ生命に関わるというような特殊な例を取り上げて、これを標的にしています。



スロヴァキアは、医者が宗教的理由で堕胎手術を拒否できる「良心的拒否(権)」を与えたことで非難されています。IPPF文書は、“Every abortion has a story”(あらゆる堕胎には物語がある)というセクションにおいて、上記の6カ国で「計画になかった、或いは望まれない妊娠」に直面した女性の話を掲載しています。その中の或る物語は、女性が堕胎したために、日曜のミサのときにカトリックの聖職者によって、彼女が恐らく懲罰されるという確証の無い話です。



欧州連合のほとんどの国々が、アメリカよりも堕胎に対して多くの制限を行っていることに注目するべきでしょう。ほとんどのヨーロッパの国では、堕胎について、かなり保守的です。また、いくつかのEUの国では、堕胎が完全に禁止されています。この最近のIPPFキャンペーンは、堕胎支持組織がEUのアジェンダに「堕胎の権利」を置くために、EU機関を積極的なロビー活動を展開する標的と見なしていることを示すものです。

**

国連通信43号


今回の通信は、皆様、ちょっと興味を持つことの出来る話題かもしれません。

国連事務総長に潘基文氏が就任しましたが、その側近で、かつて国連人口基金のトップだった、ナフィス・サディックという女性・・・行動を見ると100%フェミニストなのだろうと思いますが、それだけでなく、なんらかの工作員なのかもしれません。この人物に関する話題です。



国連のトップの官僚が、国連からバチカンを締め出そうという計画を支持


今日は、国連からバチカンを締め出そうとする"Catholics" for a Free Choiceという団体の企てを支持している、国連トップの職員が公表した記事を紹介します。このトップの国連職員は、かつて国連人口基金のトップだった、ナフィス・サディックです。現職の国連職員がそんなものを書くとは、非常に困ったことです。

国連事務総長 潘基文(パン・ギムンまたはバン・ギムン)のトップアドバイザーは、最近掲載された記事の中で、外交上の大失敗と見なされることを書きました。記事の中で、国連事務総長HIV/AIDS特使であるナフィス・サディックは、バチカンから国連オブザーバー資格をはぎ取り、かつ国連総会からも追い出すというキャンペーンを賞賛しました。このコメントは、恐らくサディックにとって重大な影響を引き起こすでしょう。

この記事は、"Catholics" for a Free Choice (CFFC) という中絶支持で、カトリック教会を「倒す」ために献身するグループの発刊している「Conscience Magazine」に書かれたものです。サディックは、このグループの元トップであるフランシス・キスリングを、サディックの「性・性と生殖に関する健康と権利に対する情熱」を共有する「同志」と賞賛しています。


またサディックは、国連から法王庁を放り出すことが目的の、CFFCの"See Change"キャンペーンを賞賛しました。数年にわたって、キスリングは、法王庁の持つオブザーバー地位(バチカンが国連文書について協議することを可能にする地位)の剥奪することを支持する堕胎支持のNGOを数百集めてきました。サディックは、このキャンペーンは「大胆さ、知恵、組織力、機知で知られるフランシス・キスリングのすべてを表すものだ」と述べました。

キャンペーンは、結果的に、国連における法王庁支援の世界的な波を誘発しました。法王庁を支持するキャンペーンが始められました。世界中から4200のグループが、国連において法王庁を支持しました。(このキャンペーンは、このフライデイ・ファクスを送っているC-FAMが行いました)。米国議会は、国連での教皇庁を賞賛する決議を可決しました。国連加盟国で、国連からカトリック教会を追い出すことを支持する国はありません。そしてついに、数年前、国連総会は法王庁の地位を上げました。そうした中でサディックが、こんな最近になって、"See Change"キャンペーンを賞賛するとは奇妙な話です。


サディックは、国連人口基金(UNFPA)が、UNFPAが中国の一人っ子政策に関与していると英国と米国の捜査官によって告発され、そのために米国がUNFPAへの援助をやめたとき(未だに援助していない)の、UNFPAの最高責任者でした。さらに、ペルーでの強制的不妊にもUNFPAが共謀していると分かったのも、彼女がこの地位にいたときでした。サディックは以前、抑圧的な中国の政策担当者にUNFPAの最高の賞を与えたりなどという政策音痴ぶりを、長いこと晒しています。また、1999年のカイロ+5会議の間に、キリスト教NGOとの緊密な関係のために、彼女はイスラム教の大使達を怒らせました。

事務総長が、どういう処置を講ずるかは知られていません。フライデイ・ファクスは、事務総長のコメントを求めて、何度もオフィスに電話をしました。また、UNFPAの現在のトップが、サディックに賛同するかどうか確かめるためにUNPFAの広報課に電話しました。答えは得られないままです。




福岡の方のようです。

自分の意に沿わなければ
何でも自民党、安倍政権、保守派の
せいにする。
そんなの関係ない♪~
そんなの関係ない♪


意に沿わないからと決め付けたい
のでしょうが、私らも情報網を持っています。
太宰府市の総務課職員が勤務中にこのブログを
読んでいたとのことで・・・
市議に見つけられました。
残念

筑前町の事件について犯人探しはしていませんが
教育委員会は最後までいじめと思わないとか
いっていました。
教育の中立性を守らない解放教育は駄目だと指摘しましたが。

http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-318.html#comment1513

自分の意に沿わなければ
なんでも日教組、自治労のせいにする
これは、ナチズムの扇動とよく似ていますね。
筑前の事件で、遺族の感情をさかなでするように
しつこくしつこく、偏見によって犯人さがしをする君は・・・
自分の意見を聞いた人だけが君の尊敬する人・・・

2007/09/20(木) 18:44:36 | URL | 通りすがり #-[ 編集]

今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

 もう古賀の選挙はやらん--古賀・山拓の思惑に県議団ノー
2007年09月19日 (水) | 編集 |
 今朝の新聞でも福岡の自民党が予備選を見送ったことについて報道されています。
 
 福岡県の自民党がこのように毅然と解同と癒着したり北朝鮮に行ったりわけのわからん国益を損ね続ける利権国会議員に反旗を翻すことは、県民、国民にしてみるとよいことだと思います。

 おまけに山崎は北朝鮮核実験についてよかったなどと大失言をして波紋を呼んでいます。

 福岡の自民党県連も山崎拓や古賀誠の派閥抗争に利用されることに辟易している県議会議員は少なくないようです。また、現実、左にウイングを伸ばすべきという両名のありようは、地域で日教組・自治労の支援を受ける民主党と選挙で争う県議会議員にすれば票を減らすものでしかありません。

 見送り発表の会見直前に新宮会長とお会いしていた日本会議の役員の方からお伺いしましたが、県連執行部は一部を除いて「断固、山崎の圧力には屈しない」と仰ったそうです。これは愉快なことです。

 新宮会長は、教育正常化推進の立場に立つ方で、文教委員会で、私の出した筑前町のいじめ自殺問題での陳情を、事前の根回しもなかったにもかかわらず取り上げてくださいました。

 麻生知事がゆとり教育の見直しを公言したのは、新宮議員が一貫して文教委員会で取り上げてきていたことが大きいといわれます。

 古賀・山拓に左右されてきた福岡県の自民党も少しづつ変わりつつあるようです。この流れを後押しするのは私たちの世論です。

 産経新聞系のタブロイド紙「夕刊フジ」に次のような記事が載っていますのでご紹介します。

http://www.zakzak.co.jp/top/2007_09/t2007091924_all.html




 古賀・山拓“福岡の乱”…自民党総裁選の対応巡り

 自民党総裁選の対応をめぐり、麻生太郎幹事長の地元・福岡県連で内紛が勃発(ぼっぱつ)した。県議など地方議員サイドが、県連に与えられた全3票を麻生氏に投票すると決めたことに対し、福田康夫元官房長官を支持する同県選出の古賀誠元幹事長、山崎拓元副総裁ら衆院議員6人が、予備選実施を求め反発したのだ。最終的に麻生氏に3票を投じることで県連側が押し切ったが、今後も対立は続きそうだ。

 県連は当初、3票の扱いについて、予備選を実施して決める方針だった。これは麻生氏に加え、地元選出の山崎氏が総裁選出馬に意欲を示していたため。山崎氏の出馬辞退を受け、県連は16日、予備選を中止して麻生氏に一本化することを決めた。「地元から総裁(首相)候補が出たら、一致団結して支えていくのが筋。今のまま予備選を行えば党員が混乱する」(県連関係者)というのがその理由だが、これに「待った」をかけたのが古賀、山崎両氏ら6人。

 17日に会長の新宮松比古県議に対し「国会議員を排除した一部の県連幹部による密室での協議は許されない」などとする申し入れ書を連名で提出し、予備選実施を求めたのだ。

 これに地方議員たちは猛反発、先の県連関係者はこう話す。

 「県議や市議などはもとより、県内の党員にも『地元から首相を出そう』という空気が強い。にもかかわず、国会議員らは自らの利害だけでチャチャを入れており、そんなものは認められないということだ」

 こうした地方議員の態度に、古賀氏も「国会議員を何と思っているのか」と怒りを爆発させたというが、県連は18日に「既定方針通り」(新宮会長)として3票すべてを麻生氏に投票することを正式決定した。

 県連実力者の1人は「だいたい、県連会長の新宮氏は山崎氏の選対本部長を務めてきた人。その新宮氏が麻生氏でまとめようとしていただけに、山崎氏の対応には怒り心頭だ。別の有力県議も『もう古賀氏の選挙はやらん』と反発するなど、逆に地方議員側は麻生氏支持で一枚岩になった」という。

 ちなみに、福田氏の地元・群馬県連は、3票すべてを福田氏に投票することを決めており、予備選を実施しないことに対し、異論は出ていない。

 “福岡の乱”は、次期衆院選にも影を落とすことになりそうだ。




 今朝の読売新聞(九州版)もご参照ください。

http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_07091903.htm
自民福岡、総裁予備選拒否…国会議員と執行部の対立決定的
 
 自民党総裁選を巡り、党福岡県連(会長・新宮松比古県議)は18日の執行部会と役員会で、山崎拓・前副総裁(衆院福岡2区)ら県内の衆院議員6人が出した予備選としての党員投票実施の要求を拒否することを決めた。新宮会長らが20日に衆院議員らに釈明し、今回の「抗争」は決着する見通しだが、県議主導の県連と、山崎氏らの対立は決定的となった。

 「国会議員の承認を得る努力をすべきだ」

 約60人が出席した県連役員会。県連の3票を麻生太郎幹事長(同8区)に投じる方針を了承した後、山崎氏に近いベテラン県議が強い口調で県連執行部に要望した。

 執行部と国会議員の確執の背景には、6月の会長人事がある。

 県連会長ポストは国会議員による互選が慣例だったが、新宮氏を推す県議団が「県連の活性化のため地方議員から会長を」と主張。原田義昭議員(同5区)の再任を求める国会議員側と対立し、選考委員会で多数派だった県議団が押し切った。

 国会議員に不満がくすぶる中、安倍首相の辞意表明の翌13日、県議らによる執行部会が国会議員に相談しないまま、総裁選への対応を「会長一任」と決定。さらに、山崎氏らの意向を受けていったん決めた予備選を取りやめたことが山崎氏や古賀誠・元幹事長(同7区)らの怒りに火を付けた。

「国会議員を排除した一部県連幹部による密室での決定は許されない」として予備選実施を要求した衆院議員の一人は18日、こう漏らした。「あいつら(県連執行部)は麻生とのっぴきならない関係になっとる」




今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 婚外子差別問題活動家が、政府に公開質問
2007年09月19日 (水) | 編集 |
 ある方面からの情報で届きました。 

 少し前まで差別糾弾の嵐で、広島県のように自殺者まで出してきたところはずいぶんありました。それによってタブー化し、国の審議会答申にあるように人権問題への関心を遠ざけてきた面があります。

 糾弾や行政交渉を受けた経験のある複数の方からその状況をお聞きする機会がありましたが、相当激しいものだったと一様に仰います。

 なので保守陣営が国の公聴会などに積極的に出て行くようになったことはそのタブーが少しづつ解けつつあるということだと思います。

 私は人権擁護法案浮上以降、一貫して解同問題を取り上げてきたのですが、常に相手方のことは意識しながらものはいってきました。

 それでも今年1月23日の福岡県八女市庁舎内で人権・同和教育係長から情報公開に際して「お前の大好きなインターネットで書いてみろ」など威圧を伴う発言を受けるなどトラブルが何度かありました。

 解放同盟などが言う「差別、被差別」の階級対立論はおかしいと主張する以上、これは私の個人的意見としてですが、感受性の豊かな日本人にとっては、センシティブでデリケートな問題である人権問題だからこそ慎重な発言や行動が求められていると思います。

***

 
以下、「婚外子」差別に謝罪と賠償を求める裁判を支援する会のブログからの引用です。

http://hansabetsu.blog7.fc2.com/blog-date-20070918.html

 2007年8月31日に外務省本省内で行われた 「『あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約』 政府報告に関する市民・NGOとの意見交換会(第2回目)」が、 いわゆる「保守派」の差別的不規則発言により、 予定よりはやく1時間30分で打ち切りになりました。

 8月7日に外務省本省内で行われたで行われた 「『経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約(社会権規約)』 第3回政府報告作成に関する市民・NGOとの意見交換会に出席した「家族の絆を守る会」等が 自分たちと意見を同じくする立場の参加者をHPなどで募り、 多数が参加しました。

 意見交換会の主催者である外務省と人権擁護を司る法務省(職員が出席)によって 適切な対応がなされなかったことについて、
公開質問状を送付しました。

    「婚外子」差別に謝罪と賠償を求める裁判を支援する会
   Association for the Support of Children out of Wedlock

…………………………………………………………………………………………………
外務大臣 町村信孝 様
法務大臣 鳩山邦夫 様
外務省総合外交政策局 人権人道課長 木村徹也 様
法務省 人権擁護局長 富田善範 様

「人種差別撤廃条約・政府報告に関する市民・NGOとの意見交換会」
(2007年8月31日)
における名誉毀損・人権侵害事件に関する公開質問状

 2007年8月31日、外務省本省・会議室にて「『あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約』政府報告に関する市民・NGOとの意見交換会(第2回目)」が開催されました。
 この「意見交換会」は、人種差別撤廃条約(以下、条約)を締結した日本政府がその遵守に関する政府報告の作成のため、外務省人権人道課が主催し、法務省をはじめとする他の省庁からも条約遵守に関する担当者が出席しました。こうした一般公開の「意見交換会」に際し、国際人権水準の国内における実施を目指そうとする会合において、人権NGOの関係者からは、こうした場で、条約に反する差別発言が起きないよう司会の責任ある態度が要望されておりましたが、議場ではとくに差別撤廃を求める発言者に対する誹謗中傷、差別発言、名誉毀損発言が飛び交い、条約に期待して参加した発言者が深く傷つくという事態が起きたと私たちは考えています。
また、こうした事態が発生したにもかかわらず、日本政府、とくに国内人権擁護行政に責任をもつ法務省の担当者がまったく対応せず、主催者である外務省の担当者も「個人を対象にした発言をしないように」と注意するばかりで、差別者を抑止し、被差別者を擁護あるいは保護する対策が何ら講じられずに意見交換会が継続されようとしました。このような事態が起きたこと、さらにその後「意見交換会」が中断されたことに、差別行為を受けた発言者や出席していた私たちは大きな衝撃を受けました。同時に、こうした行為が行政担当者の目の前で、人権に関する会合で起きたことに対し、非常に残念かつ遺憾に思っています。
 この点、意見交換会を主催された外務省および国内人権擁護行政の要ともいえる法務省に対し、この事態をどう考え、今後どのような対策を取られるのか、以下質問させて頂きます。ご多忙のところ大変恐縮ですが、9月26日(水)までに、ご回答頂けますようお願い申し上げます。
 なお、ご回答につきましては、お答え頂けなかった場合も含め、マスメディアおよび関係媒体などを通じて公開させて頂き、またしかるべき法曹関係者と対応を協議したいと考えております。

1. 在日コリアンに対する差別について
(1) 発言者Aさんが、実例として今春、娘が経験した就職差別について述べました。Aさんは、二社の例をあげ、面接時に「国籍は仕事をする上で支障をきたさないか」、「日本名も名乗れるはず」などと言われたこと、また結果採用されなかったこと、つまり、民族的出身を判断材料にするような差別がいまだに日本では起きているということを発言しました。

(2) Aさんの発言に対して、同意見交換会に参加していた人物Bが「日本国籍でなければ『区別』されるのはあたりまえ。差別ではなく区別。あなたの娘さんが採用されなかったのは民族差別ではなくあなたの娘さんの能力がないから」と発言しました。この発言は、発言者Aさんやその娘さんの名誉を棄損し、民族的出身に基づく差別を肯定するものです。

(3) 外務省人権人道課および法務省人権擁護局は、Bの発言をAさんに対する名誉毀損に相当する発言だと認めますか。あるいは、さらに、人種差別撤廃条約に違反する差別発言だと認めますか。もし、認めない場合、その理由を明確にしてください。

2. 婚外子差別について
(1) 発言者Cさんは、婚外子差別が法制度上の差別を根拠に社会的差別についても容認する風潮があること、にもかかわらず婚外子についての人権啓発が全く行なわれていないことなどを発言しました。

(2) Cさんの発言に対し、上記の発言者Bは、「婚外子は不倫の子じゃないか。不倫の子は世界中どこでも差別されて当たり前だ」と発言し、謝罪を求める声に対し、「謝罪などしないぞ。私生子じゃないか。何度でもいってやる。私生子、不倫の子は差別されて当たり前だ」と繰り返しました。この発言は、発言者Cさんの名誉を毀損し、婚外子に対する差別を肯定するものです。

(3) 外務省人権人道課および法務省人権擁護局は、Bの発言をCさんに対する名誉毀損に相当する発言だと認めますか。日本政府は、あるゆる形態の婚外子差別の撤廃等を複数回にわたり国連から勧告されています。政府が締結している国際人権条約に違反する差別発言だと認めますか。もし、認めない場合、その理由を明確にしてください。
3. 運営責任・人権保護の責任について
(1) 私たちは、これらの発言をまさに会合そのものが議題としている明確な差別発言であると考え、この会合の続行には、少なくともAさんやCさんへのBからの謝罪が前提であると要請しました。しかし、法務省は沈黙を守り、外務省の司会者は謝罪よりも会合の続行を優先しました。法務省が沈黙を守った理由、外務省が謝罪よりも会議の続行が優先であると判断した理由を明らかにしてください。

(2) 会合が流会になった後、AさんやCさんに関しては主催者である外務省から何らの説明も対応もなされていません。そうした対応が必要ないと考えているのであれば、その根拠をお聞かせください。また、何か予定がある場合には、それを教えてください。

(3) 人種差別撤廃条約やそれに関わる問題について一般公開で意見交換を行なう場合、今後もこうした事態の発生が懸念されます。たとえば前述のBは、これまでにもいわゆる「従軍慰安婦問題」についての市民集会を妨害した事実(威力業務妨害で2001年に懲役1年6カ月、執行猶予5年)があり、その後も市民集会などで妨害行為を行なっています。今後、条約に反する発言や行為が発生したとき、主催者である外務省と人権行政担当である法務省はどのように対処することをお考えですか。具体的にお聞かせください。

(4) 日本は国連人権理事会の理事国として、人権の最高レベルでの保障を国際的にも約束し、国際人権条約の遵守にも大きな責任を負っています。少なくとも、この事態は具体的に婚外子や外国人を含め広く人権教育、人権政策の失敗を示していると考えられますが、これに関して外務省と人権行政担当である法務省は、どのような対策をお考えでしょうか。

以上、質問いたします。回答をよろしくお願い申し上げます。

2007年9月14日

「人種差別撤廃条約・政府報告に関する市民・NGOとの意見交換会(第2回目)」出席者;以下署名省略




今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

 自民党総裁選の一部マスコミによる世論誘導--ジャーナリスト水間政憲氏のスクープ!
2007年09月18日 (火) | 編集 |
 衆議院議員の戸井田とおる先生のブログで、戸井田先生と共に中国の遺棄化学兵器の処理問題について追及されてこられた水間政憲氏が自民党総裁選の福田氏誘導キャンペーンを行っている一部マスコミの世論誘導報道についてコメント欄で書いておられます。

 読売新聞が保守に見せながらじつは外国情報機関の工作に浸透されていること、これは知らない方も多いと思いますが、これを機会にぜひ知っていただきたいです。

 全文掲載を条件に著作権フリーとのことでしたので、衆議院議員戸井田とおる氏のブログ「丸坊主日記」のエントリー
一ヶ月足らずの政務官・・・コメントから全文転載します。

http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/e/f00bc6600d3a4d49e024cd353a98ee0f

クーデターの主犯はメディア (水間政憲)

私は、現在ジャーナリストとして論文を発表しているものです。
今、自民党総裁選を取材していて、戦後の日本の闇が明らかになった。
時系列に取材結果を報告します。 昨日の自民党本部での麻生氏、
福田氏の所見発表演説会は、圧倒的説得力で麻生の圧勝であった。
帰りのエレベェターの中で、福田側に動員されて来た年配の男女が、
「麻生さんに負けていたね」とか「「あれじゃ、とても福田さんじゃ無理だよ」などと、感想を述べていた。

その後、午後4時から渋谷ハチ公前の両者の演説、6時45分からの秋葉原での麻生氏単独演説を取材した。
渋谷は、一万以上の聴衆で溢れていた。
NHKは「年配者は福田」「若者は麻生」との趣旨で報道していたが、実態は全然違うのです。
拍手も掛け声も8割方麻生氏支持で圧倒していたのです。
この状況をテレビで見ると、福田氏へ世論が動くように操作されているのです。

この世論操作を可能にしたのは、街頭演説を土日だけとし、NHKなどのメディアは両者揃ったところ以外報道しないことで、聴衆がどちらを支持しているかを隠すことが出来るのです。
メディアの中で反麻生氏の急先鋒は、日テレと読売新聞で朝日グループではないことなのです。

この件に関しての報道では、朝日グループがまともに見えることが、いかに異常か理解でるでしょう。
秋葉原での麻生氏単独演説会は、一万人以上が押し掛けていたが、メディアが報道するようなオタクだけではなく、突然決まった演説会だったことで、9割以上は買い物客が足を止めて聞き入っていたのだ。
会場には、その日の午前中にテレビに出演して、福田氏を支持するような発言をしていた平沢勝栄議員も来ていた。
メディアが如何に異常かは、会場を取材していたNHKテレビクルーと会話を再現することで理解できる。

筆者「すごいよね、今撮っているの今日報道するの」
カメラマン「わからないです、上がどう判断するか」
筆者「麻生さんを隠そう隠そうとしているのおかしいよね」
カメラマン「そうですよね」
と、メディアの現場もこの異常な状況を実感している。

クーデターの主犯をメディアと判断したことを、明らかにする。
今日、テレビ朝日のスーパーモーニングを見て確信したことを披瀝する。
それは、鳩山邦夫氏の発言からすべてが明らかになった。
そもそも、雪崩を打って自民党の派閥が福田氏支持に回るきっかけとなったのは、10日夜都内のホテルで開催された「太郎会」終了後の映像が各テレビ局が、繰り返し報道したことによる。
それは、テレビカメラに向かって鳩山氏が「太郎会は、みんなで麻生さんに総理大臣になってもらうため集まっている会」です。
それが、鳩山氏は安倍首相が退陣する意向を麻生氏から聞いた上での発言として、ネガティブキャンペーンに利用されたのです。

ところが、スーパーモーニングで鳩山邦夫氏は
「太郎会は昨年10月に発足して毎月第二月曜日に会合をもって、今まで10回になる。」
また、「麻生さんに、総理大臣になってもらいと思っているものが集まった会」との趣旨を説明したとのこと。
また、「麻生さんから、一切安倍首相が辞意を漏らしたことを聞いていない」と断言した。
仮に、鳩山氏が聞かされていたのなら、カメラの前で一点の曇りなく、
あれほど堂々と「麻生さんに総理なってもらいたいと…」などと発言することは、あり得ない。
一連の報道は、あまりにもできすぎなのです。

太郎会は、いままで、10回開催されていたにもかかわらず、何故、10日夜のニースで報道されたのか。
報道各社はどう説明するのか。
安倍首相が辞意を漏らしたことを知っていたのは、麻生氏だけだったことになっているが、取材したテレビ局も知っていたことになる。そうでなければ、太郎会を取材する意味など一切ないのです。
その映像で、麻生太郎氏と西川京子氏の笑いながらホテルから出て来る姿の同じ映像が使用されているか、その映像を撮ったテレビ局が、このクーデターの首謀者なのです。

筆者は、GHQ占領下言論検閲を専門に近現代史を研究しているが、
公開情報を分析するだけで9割以上の真相が明らかにすることができるのです。
今回の一連の報道で一番酷いのは、日テレと読売新聞です。17日読売朝刊一面トップは、「福田氏圧勝の勢い 本紙調査 衆参213議員支持 世論も福田氏58%」と、見出しを打っているのだ。
読売新聞は、何か相当焦っているようだ。この世論操作は、まるで人民日報と同じではないか。
今回の世論操作を見ると、朝日よりも読売が突出しなくてはならない理由を分析すると、戦後史の闇がある。

現在、安倍首相と麻生首相誕生を望んでいないのは、中国より米国なのは歴然としているのだ。
それは、米国と同盟国であって北朝鮮問題では、日本の国益と一致しない。これは、専門家にとって周知のことだが、元読売新聞社主正力松太郎は、CIAのスパイだったことが米国の公文書で明らかになっている。今、日本で進行していることは、GHQ占領下の言論統制と同じなのです。筆者は、ITのことは、よくわかりません。
論文として発表する時間がありません。この書き込みを著作権フリーとします。使用するときは、全文掲載することだけを条件とします。

簡単に説明すると、太郎会を利用することができた人物は、
麻生太郎氏が安倍首相から辞意を申し入れされたことを知っている人物だけが、太郎会を利用できたのだ。
それは、官邸で麻生氏を安倍首相に言われて呼び止めて会談の内容を聞いた人物であろう。
メディアに連絡をとった人物が同一人物かは、判らないが、連携した人物がいる可能性がある。
いずれにしても太郎会は利用され、鳩山邦夫氏は、嵌められたのです。




今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 麻生氏、支持一本化の福岡県自民党県連
2007年09月17日 (月) | 編集 |
 自民党総裁選は福田元官房長官優勢という派閥推薦や報道の煽りもあって麻生幹事長は厳しい戦いのようですが、秋葉原では麻生幹事長は大人気だったようです。

 ある放送局のインタビューに答えていたクラブ(部活ではありませんよ笑)通いしてそうな若者は「麻生さんのほうがマンガとか読んでて身近に感じる」「福田さんはただのオッサン」とバッサリ

 正直、もう70過ぎた爺さんが出る幕かと思うのですが、永田町の論理とやらは国民の意識からはかなりずれているように思います。

 あまり報道されていませんが、麻生氏は、規制緩和や金融資本至上主義の弊害をよく認識されていて街頭演説でもそれをちゃんと訴えておられました。

 一方の福田氏はというと格差是正は行うとしながらも小泉路線は継承すると出身派閥に阿った態度でした。

 格差問題は根本は、金融ビックバン以降、外圧にわが国政府が屈したところに原因があり、地方経済はガタガタにされてしまったのですが、国民もあまりそれに気がつかない、要はテレビで面白おかしく報道されないことは知らないのです。

 全国の都道府県連では党員・党友による予備選が実施されるなかで、麻生氏の、わが地元でもある福岡県は持ち票の3票は麻生氏に投じるとの決定がなされました。

 予備選は行うべきとの立場の議員でも原田義昭先生は、麻生氏支持だそうです。理由は同県人もあるが、政策が近いという理由だそうです。

 山崎派ながら靖国問題や北朝鮮問題、ジェンダーフリーなどしっかりしたご見識をお持ちです。

 衆議院議員 原田義昭 Blog
 http://www.election.ne.jp/10375/23998.html

 福岡県連については朝日新聞の記事が詳しかったので以下、ご紹介します。

 http://www.asahi.com/politics/update/0917/SEB200709160014.html?ref=rss

派閥力学に「ノー」、予備選なしで麻生氏 自民福岡県連

 派閥が主導する自民党総裁選への反発が、麻生太郎氏の地元・福岡で噴き出した。党員・党友が対象の予備選の実施を決めていた党県連が方針を転じ、持ち分の3票を予備選なしで麻生氏に投じることを決めた。福田康夫氏の支持を掲げる県選出の派閥の長、山崎拓氏と古賀誠氏らの動きをにらみ、次の総選挙への影響を避けた形だが、ドタバタ劇を批判する声も出ている。

 16日夕、福岡市の自民党県連3階会議室。幹部の県議、同市議ら計10人が記者会見に臨んだ。「県連執行部は一丸となって麻生氏を応援する」。新宮松比古会長は「一枚岩」を強調した。

 背景には、派閥の力学で動く国会議員への牽制(けんせい)がにじむ。山崎氏と古賀氏が14日に福田氏支持を表明した後、新宮会長に両氏に近い県議らから「他県では予備選をする。会長一任は『密室で決めた』と思われる」との声が届いた。県連は予備選実施を決めた。

 だが、最多得票者が3票を総取りする方式ではなく、得票数に比例させて分けるよう、麻生氏の総取りを警戒する山崎氏側から注文をつけられた。

 新宮会長は会見で、福田氏支持を党員に呼びかけている国会議員として山崎氏、古賀氏、太田誠一氏の名前を挙げ、「他県で頑張ってもらうのはかまわない。我々も頑張る」と話した。

   ■

 予備選の実施決定後、県連幹部には党員からの異論が相次いだ。「福田氏の地元の群馬は予備選をせずに一本化しているのに」「ゴタゴタしている場合じゃない。県外で麻生氏への支援を頼むのが大事だ」

 戦後だけで3人、計8人の首相が輩出する隣県の山口と比べ、広田弘毅以来、約70年間も2人目が生まれていない福岡では麻生氏への期待が大きい――。この思いは県連幹部にも共通している。自民のベテラン県議は「国会議員の派閥の争いにいちいち付き合いたくない」と言った。

   ■

 麻生氏の筑豊事務所(福岡県飯塚市)の猿渡修一所長にとって、予備選中止は寝耳に水だった。「一本化はありがたいが、予備選で精いっぱいやろうと思っていた」

 新宮会長は会見で、「国会議員と地方議員の間にしこりを残したまま総選挙に突入したくない」と語った。しかし、もう波紋は広がっている。

 関係者によると、16日に麻生氏への一本化の方針を決めた直後、県連幹部に山崎氏から「なぜだ」と抗議の電話がかかってきた。山崎氏に近い党関係者は、県連が総選挙への影響を予備選中止の理由の一つに挙げていることに憤りをぶちまけた。「総選挙で戦う相手は民主。『麻生対山崎・古賀』じゃない。予備選をしないことで、有権者に『開かれた党じゃない』ととられるのではないか」

**

 都合が悪いことは密室で談合するくせに“開かれた党でないととられる”ってご都合主義な言い草ですな。

 福岡県の自民党は必ずしも国会議員に県議がべったりではありません。今年の会長選挙でも国会議員団と県議団が会長職は、慣例である国会議員かそれとも県議かで真っ向から争いました。

 おまけに日本会議のブログ「草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN」http://prideofjapan.blog10.fc2.com/で指摘されているように、県庁所在地の福岡1区はあの部落解放同盟特別執行委員、福岡県連会長の松本龍の地盤で、自民党支持層ですら、選挙区は「松本」と書いていたほどの地域でした。

 最近の記事で、部落解放基本法制定要求福岡県実行委員会に九州電力や西鉄などが協賛していたことをご紹介しましたが、政財官界がぐるになっていました。

 他県の方には理解されにくいと思いますが、何かといえば福岡県では「部落解放の父である松本治一郎先生・・」などといわれると、水戸黄門の印籠のように、思考が停止し、逆らえないようになります。

■部落解放同盟福岡県連ビル
福岡県部落解放センタービル


 だから自民党も1区だけは手が出せませんでした。

 選挙の際に解同が持つ票欲しさで人権擁護法などという戦後最悪の違憲法案を国会に上程しようとまでしたのも、野中の意を汲んだ古賀誠と復活当選を望んだ山崎拓、の2人だったことは忘れてはいけません。

 一方、麻生氏支持は西川京子先生や鳩山邦夫先生といった思想・政策が近い議員が派閥の論理を超えて集まっています。

 福岡県の自民党は現在、守旧派と政策的に保守理念にたつグループが拮抗しています。

 麻生氏が創氏改名や慰安婦などで毅然とした態度を貫いてきたことはご承知のとおりです。追悼施設ではややぶれもあるものの靖国神社に対する思いは強いものがあります。

 左翼勢力の強い飯塚市など筑豊を地盤としながら、堂々と自らの主張を掲げてきた姿勢には敬意を持つ県民は少なくありません。

 先の郵政選挙の際、1区から出馬した遠藤宣彦先生も“チルドレン”ながら麻生氏支持です。しっかりした国家観をお持ちの方で、8月の日本会議福岡の英霊顕彰の集いでもご挨拶をされてました。

 遠藤先生は部落解放同盟の圧力で選挙中、当選後も苦労されながらがんばっておられますので、麻生氏とこれら良識派議員へ皆様からもご支援のほどお願いいたします。

拉致問題について

「家族」光文社
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会 著 P318
ハツイはそのとき福田康夫官房長官に食ってかかった。
「こんな紙切れ一枚じゃなくて、ちゃんと全員のいるところで発表したらどうなんですか」
そのときの福田長官の言葉。いまも忘れられない。
「うるさい!黙りなさい!あんたのところは生きているんでしょう」
いったいこの人は何を考えているんだ。人の命をこんなにも軽く考えているのか。
そう思ったら、悔しくて悔しくてハツイは声を上げて泣いた。あの日以来、
「テレビに出てくるあの顔を見るのもいやになった」

「奪還」新潮社 
蓮池透 著 P174
「黙って聞きなさい。あなた方の家族は生きているのだから」 
福田官房長官はそう言って、両腕でわれわれを押さえつけるような仕草をしました。
まるで、なぜ自分たちに感謝しないのか、とでも言いたげな口ぶりでした。





今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓解放同盟許せないという方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 福田氏は人権擁護法案推進派
2007年09月15日 (土) | 編集 |
 自民党総裁選については成り行きを見たいと思っていますが、有力視されている方について懸念材料は多いと思います。

 ひとつそれをあげるならば、福岡の某代議士先生が推進した人権擁護法案ですが、これについて閣僚の立場で推進するとの国会答弁をなさっておられます。

 ご参考まで紹介いたします。

**
 

 ○国務大臣(遠山敦子君) 福山議員にお答えを申し上げます。
人権擁護法案の目的と人権教育との関係についてのお尋ねでございますが、人権教育につきましては、平成十二年に人権教育及び人権啓発の推進に関する法律が 制定されておりまして、我が省では、これに基づいて人権尊重の意識を高める教育の推進に努めているところであります。

このたびの人権擁護法案は、こうした人権教育に関する法律や取組を前提とした上で、 人権委員会の設置及び人権救済制度の創設を趣旨とするものでありまして、 これらの施策が相まって人権の擁護が図られるものと考えております。

もとより、人権の擁護を目指す上で人権教育の果たす役割は極めて重要でございます。
文部科学省といたしましては、本年三月に閣議決定いたしました人権教育・啓発に関する基本計画に基づき、学校教育及び社会教育を通じた取組を推進して、 人権教育の一層の充実を図ってまいりたいと考えております。(拍手)

〔国務大臣福田康夫君登壇、拍手〕

○国務大臣(福田康夫君)

福山議員にお答えをいたします。まず、人権委員会の設置場所についてのお尋ねでございますが、 このたび新たに設置される人権委員会については、人権擁護をその所掌業務とする法務省に 人材やノウハウの蓄積があるということを考慮しまして、委員会運営の独立性にも配慮した形で、 法務省の外局として設置するということとされたものと承知しております。

次に、労働分野の人権救済に関する特例についてのお尋ねでございますが、御指摘の特例は、 厚生労働省及び国土交通省が労働分野の人権救済について人材やノウハウの蓄積を有することを考慮して、 行政組織間における適正な役割分担を定めたものであると承知をいたしております。(拍手)

○福田国務大臣 まず、人権擁護法でございますけれども、ここに新たに整備されます人権救済制度におきまして、 公権力による人権侵害や報道機関による人権侵害を特別の救済手続の対象としております。
これを所掌する人権委員会については、高度の独立性を確保する必要があることから、 いわゆる三条委員会として設置する必要があると考えております。

平成14年05月22日 内閣委員会

***

 ジェンダーフリーの問題や北朝鮮拉致でもこの方の認識は、コアな保守層とは違うものでした。

 出身の清和会の議員の方々もこの方の思想信条はリベラル傾向にあることはよくご存知と思うのですが・・・

 さて、文部科学省と折衝を行いましたが、再交渉に向けて、別の課の官僚は「我々中央から見ると福岡は北海道などに比べ教組は弱体化しているように見える」としながらも「正論も読ませていただきましたが、同和加配など解同について問題があると考えている」ともいっておられます。

 福岡県教組と解同県連の関係についても尋ねられたので、どちらも県選出の出身国会議員がおり、結びつきはきわめて強いと説明しました。

 秋には全国の教育委員会幹部を招集しての会合があるとのことで、福岡県側にも文科省は説明を求めていくようです。

 何もしなければこういう展開にはならないわけです。

 参加人数が少ないとか陰口を叩く輩がいるようですが、提出した賛同者名簿には、活動家だけでなく、現職地方議員や現役の教育公務員、管理職OBなども連ねており、正常化を熱望する声は少なくありません。

 10月には八女市役所で解放同盟と行政が交渉を行うようですね。

 このあいだの面会で、市長は組合交渉も運動体交渉も市民に公開したいが本音ともいわれてました。

 よほど市民の常識を超えた激しい要求が出されるんでしょう。




今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
岡本さんの論文あります


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓解放同盟許せないという方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
 

 文科省への要望書--伊吹大臣は支援加配問題を知らされていない
2007年09月13日 (木) | 編集 |
 10日に提出した教育正常化についての要望書です。この問題、担当係長に聞くところには、初等中等教育局長にまでしかあがっていないそうです。

 大臣・副大臣・政務官クラスはこの問題をご存じないのです。

 共産党しか当初は問題視していなかったので闇に葬られるところでした。

 安倍首相退陣で新たな陣容となりますが、いかなる方がポストに就くのか注目されるところです。

 上に報告しないというのは、官僚の保身がやっぱりあるんでしょうか。

** 


平成19年9月10日

文部科学大臣
伊吹 文明 殿

教育正常化を推進する全国ネットワーク
代  表 
事務局長



文部科学省に対する教育正常化についての要望

謹啓
 
 初秋の候、文部科学大臣閣下におかれましては益々御健勝のこととお喜び申し上げます。日頃よりわが国の教育振興に御尽力いただきまして厚くお礼申し上げます。
 私共は、教育正常化運動を行っております保守系の各種団体の枠を超えて活動している市民団体で、全国に蔓延する人権・平和・男女平等に名を借りた偏向教育や義務教育費国庫負担金で追加配置された児童・生徒支援加配教員の「目的外」使用、教職員組合などと教育委員会との間に締結された違法・不適切な確認書などの是正に取り組んでおります。
 昨年の教育基本法改正、今年6月の教育3法成立によって教育理念もこれまでのような「伝統」「国家」否定から、「伝統継承」と「公共の精神尊重」へと大きく変わりました。家庭教育も新設され、教育の第一義的責任は親にあることが明確化されました。教育の質の向上を図るための研修の充実も義務付けられ、法律違反や学習指導要領無視の偏向教育などは厳しく処分することができるようになりました。
とくに地方教育行政法の改正によって、文部科学省が、教育再生会議に提出した「教育三法案の持つ意義」と題した文書に次のような記述があることは興味深いです。「地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正」(地方教育行政法)という章には、「教育委員会を立て直します」「不適切な教育委員会や学校には国が責任を持って対応します」 とあります。つまり地方公務員法に違反し勤務評定を実施していなかった北海道・福岡県・沖縄県教委や山梨県教組のカンパ問題を放置した山梨県教委のような教育委員会に国が一定の是正指導を行うことができるようなったことを表わしています。
 念願の法改正によって長く教育現場で繰り広げられてきた日教組・全教といった左翼系教職員団体やそれを支援する部落解放同盟や各種左翼団体の介入によって教育が歪められることも防止することができるようになりました。
 しかし、現実にはまだまだ教育現場を見ると、法的拘束力を持った統一的基準である学習指導要領を反故にした教育内容や文部科学省の指導を換骨奪胎する地教委は各地に存在しています。
 たとえばこれまで再三にわたり是正を求めてきた福岡県における児童・生徒支援加配教員の「同和ヤミ」専従としての目的外の活用は、県教委が配置している修学支援加配教員と連携し、部落解放運動の一翼を担う実働部隊にされています。支援加配教員については福岡県だけでなく、滋賀県・大分県・鹿児島県など各地で本来の趣旨である特別な「進路指導」「学習指導」「生徒指導」と明らかに異なる嘗ての同和教育推進教員(同和加配)と同一の運用が見られます。目的外使用を文部科学省は平成14年4月1日の財務課長通知で厳に諌めていますが、今年7月の部落解放同盟の機関紙「解放新聞」の論説で「これまで、部落の子どもたちの学力保障や進路保障、部落の教育条件や教育環境の整備に大きく寄与してきたのは「同和加配」とよばれた教師たちであった。 今日、「児童生徒支援加配」とよび名を変えてはいるが、「特別な学習指導」「特別な生徒指導」「特別な進路指導」を必要とする学校にたいして措置される。そうした課題の解決のために資するという観点からすれば、その役割は従来と大きく変わるものではない。」と国の指導を頭から無視する主張を展開しています。
 その影響を受けているのか依然、福岡県内は、小郡市をはじめ支援加配教員を「同和教育定数」と位置づけ、福岡県教職員組合や部落解放同盟と共に署名活動や会合を行い、今なお同和団体に頻繁に出張を繰り返しています。これは明らかな目的外使用です。北九州市においても支援加配の位置づけが人権教育担当者と重複し、本来業務よりも優先される実態が見られます。
 支援加配の活用だけでなく各都道府県・市町村教育委員会が組合の方針や団体の威圧に押され、教育内容などが不当に歪められる事例は少なくありません。人権・同和教育と称して裁判で判示された事案を「差別裁判」「警察・裁判所は差別者」などと批判したり、平和教育を児童生徒の発達段階を考えない残虐場面を強調し、沖縄戦などを題材に日本軍や体制批判のためのイデオロギー教育としたり、男女共同参画を男らしさ・女らしさの否定や家族の軽視を促進するようなジェンダーフリー教育に悪用する等各地で行われています。
 また、職員団体などと教育委員会が違法あるいは不適切な」「確認書」を締結することは平成15年に初等中等教育局初等中等企画課長であった辰野裕一氏が「教職員組合との不適切な内容を含む確認に対する対応について」と題した指導文書を全国の都道府県・政令市教育委員会に通知し、是正を指導しました。
ところが、福岡県および福岡市においては、平成10年9月30日に現在、県教育長を務める森山良一教育企画部長と福岡県教職員組合の中村元気書記長(現、委員長)とのあいだで取り交わされた「主任制に関する確認書」、翌平成11年4月6日には福岡市教育委員会学務部長の陣川桂三氏(現、教育委員長職務代理)と吹福岡県教職員組合福岡支部書記長の中村仁志氏との間にも県と同様の確認書が締結され、今なお破棄されず効力を持ち続けています。
運動団体と教委の間に交わされた確認書については平沼赳夫議員が政府に提出した質問趣意書への回答で次のように政府からの回答がなされています。
(問)地方教育行政当局と民間運動団体の間に結ばれた「協定書」「確認書」「覚書」などは、国民全体の意思に基づかないものである以上、「不当な支配」に該当する。これらは、直ちに無効とすべきものであり、かつ今後一切締結すべきものではないと考えるが、その点政府は地方教育行政当局に周知徹底する考えはあるか。
(答)地方公共団体と各種団体との間で結ばれたいわゆる「確認書」等については、違法なもの又は不適切なものは直ちに是正する等適切に対応するよう指導してまいりたい。
このように閣議で了承され回答されているのですから、福岡県・福岡市の主任制についての確認書などは直ちに破棄するよう両教育委員会を指導すべきと考えます。
最後に8月27日の産経新聞によると、4月に文部科学省が実施した43年ぶりの全国学力テストの結果公表をめぐり今月にも結果が全国へ通知されるのを前に、文部科学省は各教委に「序列化につながる」とし、市町村別や学校別の結果を公表しないよう求めたとのことですが、学力低下が問題になり、全国的な実態調査が必要だと判断したからこそ、全国学力テストを復活させたのではありませんか。大義名分としては、子供が傷つくと言うことなのかもしれませんが、それでは子供たちや保護者は客観的に見てどのレベルにあるのかさえ知ることができません。
英国の教育改革では、徹底した情報公開と第三者機関による監査によって荒廃した教育現場が立ち直ってきました。テストの結果も情報開示しないのでは先生自身も向上しようと努力の姿勢も出てこないと思います。一部の団体などが、差別、選別、序列化につながると反対していますが、そのことが悪平等を招き、教育現場が停滞してきたのではないでしょうか。正々堂々と国民や親の前に、市町村単位、学校単位、クラス単位などの学力テスト結果を公開すべきと考えます。

以上のように教育基本法、教育再生関連法の改正を受けて、その理念を具現化するべく、全国の教育現場に蔓延している法規違反、不適切な実態にメスを入れ、教育の正常化を実現されるよう強く申し入れます。
 
申し入れ事項 

1、道徳・徳育の教科化を行い、その際は歴史上の人物の生き方や宗教的感性を育むことに留意し、心のノートの積極的活用を推進されたい
2、家庭・家族の役割を学ぶために「親学」の研修制度を確立し、家庭の教育力を高める家族支援政策を推進されたい
3、都道府県・市町村教育委員会に対する監督・是正指導を強化されたい
4、福岡県をはじめ全国に配置された児童・生徒支援加配教員が同和教育研究団体等の事務局業務等に従事し「同和ヤミ」専従としての目的外使用になっており、厳格に服務を監督し、勤務時間中の政治・社会運動を厳禁するよう一層の趣旨徹底を図られたい
5、大阪府、三重県、福岡県など西日本を中心に部落解放同盟やその関連団体による教育への不当介入が行われている。平成元年8月9日に法務省人権擁護局総務課長名で法務局人権擁護部長、地方法務局長に対して通知された「確認・糾弾についての法務省見解」にもあるように運動団体が行う確認会・糾弾会に公務員である教職員や教育委員会職員が出席する必要はなく、外部団体からの要求に屈せず「主体性」を守るよう指導されたい
6、 支援加配やTT加配などの目的外使用の実態のある都道府県・政令市教育委員会に対しては国庫補助金の返還を求めるなど厳格に是正されたい
7、社会科・家庭科などはもとより、人権(同和)、平和、男女平等(男女共同参画)、総合的な学習の時間などで学習指導要領違反の指導案や教材に基づいた偏向教育が後を絶たない。教育現場で使用されている教材などについて全国的な実態調査を行い、不適切な指導案や教材、副読本については回収を行うなど教育の中立性を守るよう指導されたい
8 教職員団体や運動団体と都道府県・政令市を含む市町村教育委員会との間に締結された違法・あるいは不適切な「確認書」「協定書」「覚書」などについて再度、平成15年の辰野企画課長通達の趣旨を踏まえ、速やかに破棄、無効化を行うよう指導されたい
9、全国学力テストの結果を国の責任で例外なく情報公開し、児童生徒や保護者、地域の信頼に応える学校づくりに国として努力されたい




今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
岡本さんの論文あります


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓解放同盟許せないという方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 文科省折衝のご報告--現地調査と文書回答を求める
2007年09月12日 (水) | 編集 |
 一昨日の文部科学省との折衝について簡単にご報告させていただきます。

 まほきゃすとさんのブログでその模様はすでに出ておりますが、国側は支援加配担当の財務課担当係長が出席し、1時間あまりのやり取りがございました。

http://d.hatena.ne.jp/mahotan/20070910

 私と日本会議福岡の副理事長でもあられます伊藤氏、まほきゃすと様など5名の参加でした。

文科省協議



 予定していた方のご参加がなかったことは残念でした。

 1時間あまりの交渉でとくに3つの点についてやり取りがなされました。

 要望事項で挙げたこれまで私共福岡県の有志で取り組んでおりました
児童生徒支援加配教員の「流用」「目的外使用」について集中しましたが、

第1に運動団体に陳情要望するこち自体がすでに目的外使用ではないのか?
第2に福岡県教育委員会・関係の市町村教育委員会に現地調査に入るべきではないか?
第3に要望事項のなかで明らかに事象が存在している支援加配教員の問題や確認・協定書問題については文書で解答してほしい

 この3つが主要な論点となりました。

 現状として、福岡県を中心に義務教育費国庫負担金で全国に配置された児童・生徒支援加配教員が「同和教育関係定数」つまり、同和教育の運動推進のために利用されており、授業や本来の目的であるい「いじめ」・「不登校」対策、少人数指導、進路指導にはほとんど活用されていないという状況を要望事項を紹介しながら、改めて説明しました。

 要望書と共に提出した公文書を示しながら、部落開放同盟にまで教員の追加配置を要望している小郡市や人権教育担当者と支援加配が兼任している北九州の事例を挙げて、運動体の介入に対して文科省として中立性を守るよう指導すべきと求めました。

 これに対する文科省側の回答は、次々と届いている書類に目を通しているが、そのような事案があれば、指導を行うとの立場を表明しました。しかし、応対した係長が一人で他業務と平行して行っているとのことで、なかなか進んでいないということでした。

 第2点目の現地調査については、下手に調査に入れば、もしそういう拠がでなければ、逆に国はOKだという間違ったサインを送り、お墨付きを与えてしまうと現地調査には慎重な考えを示しました。

 それに対しては、すでに事案として出ている小郡市のようなケースには調査による効果が大きいことを訴え、検討を強く求めました。

 第3点目の文書回答については、対応者が財務課定数企画係長という立場もあり、関係課との協議で判断することになるが、組合などに対してもそうした例はなく、それを行えばこうした協議の必要性はなくなると消極的でした。

 これに対して、私共より文書に残らない内容での口頭による回答には効力が弱く、外務省との人権関係規約条約意見交換会でも文書による回答を求めており、親学や道徳教育といったより政治政策レベルでの論議対象はともかく、実態が確認された支援加配や協定書に対しては回答
を行ってほしいと最後まで譲りませんでした。

 個人的にお会いした云々という官僚独特の逃げ口上があったものの、それなりに誠実な対応とはいえたかと思います。肝心なことは、国庫補助金の返還を含めた教育委員会への指導ができるか、要望内容に対して文書で回答を行うかという点にあります。

 第2回目の再交渉を遅くとも年度内に設定してほしいとの要望もあわせてしております。




今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
岡本さんの論文あります


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓解放同盟許せないという方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 いよいよ文科省交渉です
2007年09月10日 (月) | 編集 |
 東京に来ました。たまに上京するといいですね。福岡も地方都市ではいいほうに入るでしょうが、なんでも整っているのは首都東京です。

 名刺もキンコーズにオンライン注文し、大手町で受け取るように手配しました。

 中央省庁や外資系ビルが立ち並ぶ丸の内周辺は、地方との格差をいやがおうにも感じさせます。

 さて、今日はいろいろな方がお見えになられます、ジャーナリスト西村幸祐氏もお見えの予定です。

 資料の印刷などあるので、とりあえずここまでにして、また結果はご報告いたします。

 八女を守る会さん、こそこそしないで堂々と貴方方もご持論を公の場で訴えればよいのです。先生を奪おうとか言う意図は我々はまったくありませんから。

 もしかしたら何者か来るかもしれませんね・・・ 

 本日午後1時半から3階の応接室で1時間ほど交渉です。

 内容的には同和教育関連に集中すると思います。

■協議内容(案)

福岡県をはじめとする部落解放同盟による
教育介入や教職員組合との違法協定、国旗・国歌の
不適切な取り扱い、沖縄の問題について
学力テスト非開示指導について

要望事項は要望書を出しますので、その際に参加者の方は配布します。

■10日午後1時半から文科省応接室にて。

 ぜひ、皆様もご参加ください。
 といっても大人数は入れません。

 連絡先:ブログにコメントしてください。

※スーツなどふさわしい格好で来てください。
 録音・撮影は合意を得てからでお願いします。
 すでに参加が確定された一部の方は打ち合わせがあるので、12時集合としています。その他の方は1時10分前後に文科省へお越しください。




今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
岡本さんの論文あります


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓解放同盟許せないという方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 文部科学省折衝について
2007年09月09日 (日) | 編集 |
 10日の文科省との協議についてお知らせしておきます。

 午後1時半から3階の応接室で1時間ほど交渉です。

 内容的には同和教育関連に集中すると思います。

■協議内容(案)

福岡県をはじめとする部落解放同盟による
教育介入や教職員組合との違法協定、国旗・国歌の
不適切な取り扱い、沖縄の問題について
学力テスト非開示指導について

要望事項は要望書を出しますので、その際に参加者の方は配布します。

■10日午後1時半から文科省応接室にて。

 ぜひ、皆様もご参加ください。
 といっても大人数は入れません。

 連絡先:nameneko21981@yahoo.co.jp 

※スーツなどふさわしい格好で来てください。
 録音・撮影は合意を得てからでお願いします。
 すでに参加が確定された一部の方は打ち合わせがあるので、12時集合としています。その他の方は1時10分前後に文科省へお越しください。




今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
岡本さんの論文あります


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓解放同盟許せないという方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 企業・大学・農協まで巻き込んだ部落解放基本法制定要求運動
2007年09月08日 (土) | 編集 |
 今朝の産経新聞で人権擁護法案について非常に心配な報道がありました。

*** 

与党、リベラル法案復活?

 参院選での自民党大敗を受け、安倍政権の求心力が低下する中、安倍晋三首相が“封印”していた人権擁護法案や民法改正などリベラル色の強い法案を復活させる動きが与党内でさっそく始まった。これらの法案に難色を示していた中川昭一前政調会長が退任したことも与党内のリベラル派に弾みをつけたようだ。

 「人権問題調査会のポストはなぜ空欄になっているのか」

 新メンバーの初顔合わせとなった7日の党総務会。井上喜一元防災担当相が配布された政務調査会の調査会・特別委員会の役員表を見て、こう問いただすと、石原伸晃政調会長は「これまでの党内の議論の経緯もあるので…」と言葉を濁した。

 平成15年に設置された人権問題調査会は、古賀誠元幹事長が初代会長に就任し、人権擁護法案を強力に推進。17年の郵政国会で首相ら反対派と激しく対立した経緯がある。このため、昨年秋の安倍政権発足と同時に政調会長に就任した中川氏は人権調査会の会長ポストを空席にし、人権擁護法案を封印していた。

 ところが、8月末の党役員人事で、中川氏が退任し、推進派の二階俊博氏が総務会長に就任。二階氏は7日の記者会見で、総務会でのやりとりを紹介し、「一歩前進と言う感じだ」と満足そうに述べた。

 一方、7日の自民、公明両党の政調会長ら政策責任者会議では、公明党側が、離婚後300日以内に生まれた子を前夫の子とみなす民法772条改正に向けた与党プロジェクトチーム(PT)を再び設置するよう求めた。民法改正をめぐっても、先の通常国会中に自民党内で激しい反対論が起き、中川氏が5月に自民党「民法見直し」PTを解散した。

 公明党の申し出に対し、石原氏は回答を留保したが、反対派の後ろ盾となっていた長勢甚遠前法相は退任。鳩山邦夫法相が今後どのような対応をするのか不透明なだけに、「政権がギクシャクする中、自公連立の『信義』を示すツールとしてリベラル法案が次々に動き出す可能性もある」(自民中堅)との声もある。

***

 参院選後、これについて拙ブログでは取り上げましたが、懸念したとおりの動きになってきています。引き続き、動向を警戒していかねばなりません。

 さて、この人権擁護法案の推進主体である部落解放同盟の拠点、福岡県の同和行政がなぜ強固に残っているのかといえば、運動体の力の源泉であるある土建会社と地元政財界との隠然たる関係があることはよく知られています。

 部落解放基本法、現在の人権擁護法案はこの部落解放基本法の対象を人権全般に拡大したものです。

 この基本法は猛烈な推進運動が展開されたにもかかわらず、自民党も差別解消に逆行するという理由から、最終的にお蔵入りするわけですが、全国でもとくに福岡県はこの制定運動が盛んに行われた地域のひとつです。

 昭和60年の西日本新聞に掲載された意見広告ですが、社会党系の左派団体だけでなく、九州電力や西日本鉄道など大手企業がずらり顔そろえ、県P連や商工会議所、農協などまで実行委員会に名前を連ねています。

部落解放基本法意見広告


 知事選挙では現在の麻生知事が誕生するまで、保守対革新の交代劇の繰り返しで、昭和60年はちょうど社共推薦の奥田八次知事のときです。

 財界はいうまでもなく、当時は今以上に自民党支持でしたが、この同和の問題だけは別で、部落解放同盟と非常に密接なつながりがありました。

 したがって反対するのは現在に至るまで共産党だけという状態でした。

 そのため同和教育正常化が、広島県と比べても立ち遅れてしまったのです。

 文部省の是正指導を再三受けながら、まったく改善されませんでした。県同教へ20年以上派遣されっぱなしの教師までいたほどです。

 私たちの運動でもまだ手直し程度で、小郡市のように頭から無視視している自治体があるのですから、根本的に是正させようとすればまず政財界との癒着をきらないと難しいと思います。

**

部落解放同盟のネットワークによる国連を利用した反日運動にも警戒が必要です。NPO法人「家族の絆を守る会」にもご支援を。

草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN:暗躍する人種差別撤廃NGOネットワーク
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-1030.html

家族の絆を守る会
http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/




■協議内容(案)

福岡県をはじめとする部落解放同盟による
教育介入や教職員組合との違法協定、国旗・国歌の
不適切な取り扱い、沖縄の問題について
学力テスト非開示指導について

10日午後1時半から文科省応接室にて

 ぜひ、皆様もご参加ください。
 といっても大人数は入れません。

 連絡先:nameneko21981@yahoo.co.jp 

※スーツなどふさわしい格好で来てください。

見に来てますね
98

Sun 02 Sep 2007 10:44:36 PM JST
■前回訪問:Sun 02 Sep 2007 10:44:39 PM JST■初回訪問:Sat 01 Sep 2007 01:05:57 PM JST■訪問回数:5
▼ ドメイン ▼ OS・ブラウザ・解像度/同時発色数
softbank220055044236.bbtec.net Windows 98
Internet Explorer 6
1024x768 16bits (TrueColor)
▼ リンク元URL
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-en...

久留米市役所からも監視

Tue 04 Sep 2007 02:21:13 PM JST
■前回訪問:Tue 04 Sep 2007 02:20:56 PM JST■初回訪問:Tue 23 Jan 2007 11:04:38 AM JST■訪問回数:42
▼ ドメイン ▼ OS・ブラウザ・解像度/同時発色数
kusu.city.kurume.fukuoka.jp Windows XP
Internet Explorer 6
1024x768 16bits (TrueColor)
▼ リンク元URL
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-en...




今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
岡本さんの論文あります


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓解放同盟許せないという方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 ついに福岡市、朝鮮会館に課税--明日は救う会のデモと集会ご参加を
2007年09月08日 (土) | 編集 |
 昨日の夜から福岡の一部マスコミがこれまで非課税扱いだった福岡市博多区にある朝鮮総連の会館に一部課税を行うと報道しました。

 RKB毎日放送ニュース
http://news.rkb.ne.jp/rkb_news/archives/007368.html




福岡市が「事務所」に課税方針

福岡市博多区の「福岡朝鮮会館」に入っている、朝鮮総連福岡県本部の事務所について、福岡市が、今年度から固定資産税などを課税する方針であることがわかりました。

福岡市博多区の「福岡朝鮮会館」には、朝鮮総連福岡県本部の事務所のほか、文化活動などで利用している部屋などがあります。

福岡市は、これまで「在日朝鮮人の教育活動などに利用されていて公益性が高い」として会館全部に対して、22年間、固定資産税と都市計画税を全額免除してきました。

しかし、朝鮮総連の関連施設をめぐっては福岡高裁が去年2月、熊本市の減免措置を違法とする判決を出すなど、各地で減免を支持しない判決が相次いでいて、総務省も使用実態を把握するよう通達を出していました。

この流れを受け、福岡市でも朝鮮総連福岡県本部の事務所部分については「公益性がない」と判断し、今年度から課税する方針を固めたもので、すでに関係者に打診しています。

朝鮮総連福岡県本部では、「課税は受け入れられず、今後も話合いを続けていきたい」と話しています。




 明日は福岡市主催で拉致問題の集会が開催されますが、このタイミングでの報道なぜなのかわかりませんが、関係議員も知らなかったとのことです。とりあえず一部とはいえ課税するというのは前進です。

 福岡市は、先日取り上げた県庁近くの部落解放センターも非課税扱いにし、県同教などの会合の場所に使われてきました。

 朝鮮総連と部落解放同盟を優遇してきた福岡市が今後、優遇措置を全廃するのか注目されます。

**

部落解放同盟のネットワークによる国連を利用した反日運動にも警戒が必要です。NPO法人「家族の絆を守る会」にもご支援を。

草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN:暗躍する人種差別撤廃NGOネットワーク
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-1030.html

家族の絆を守る会
http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/




■協議内容(案)

福岡県をはじめとする部落解放同盟による
教育介入や教職員組合との違法協定、国旗・国歌の
不適切な取り扱い、沖縄の問題について
学力テスト非開示指導について

 ぜひ、皆様もご参加ください。

 連絡先:nameneko21981@yahoo.co.jp 

※人数多数の場合は、締め切らせていただきます。

見に来てますね
98

Sun 02 Sep 2007 10:44:36 PM JST
■前回訪問:Sun 02 Sep 2007 10:44:39 PM JST■初回訪問:Sat 01 Sep 2007 01:05:57 PM JST■訪問回数:5
▼ ドメイン ▼ OS・ブラウザ・解像度/同時発色数
softbank220055044236.bbtec.net Windows 98
Internet Explorer 6
1024x768 16bits (TrueColor)
▼ リンク元URL
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-en...

久留米市役所からも監視

Tue 04 Sep 2007 02:21:13 PM JST
■前回訪問:Tue 04 Sep 2007 02:20:56 PM JST■初回訪問:Tue 23 Jan 2007 11:04:38 AM JST■訪問回数:42
▼ ドメイン ▼ OS・ブラウザ・解像度/同時発色数
kusu.city.kurume.fukuoka.jp Windows XP
Internet Explorer 6
1024x768 16bits (TrueColor)
▼ リンク元URL
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-en...




今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
岡本さんの論文あります


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓解放同盟許せないという方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 福岡県教委、小郡市の“同和”目的外使用「容認しがたい」と明言
2007年09月07日 (金) | 編集 |
 昨日は、北朝鮮に拉致され日本人を救出する福岡の会として福岡県庁・県警察本部のあるJR吉塚駅前で9日の福岡市役所である集会のチラシを配布しました。

 会員10名ほどで配布しましたが、かなり反応はよく貰ってくれていました。

 配布していると顔見知りの県職員がたくさん通り過ぎていきます。なかには知らん顔して過ぎ去る人も。全体でいうと県教委の職員の多くは貰っていかれてました。

 たとえば人権・同和教育課の指導主事さんや以前、教職員課にいらした義務教育課の管理係長さん、それから知事部局では人権・同和対策局の係長さんなどです。

 冷淡な人は最初からガードされるんですよね。ここでやったのは、こういう職員をチェックする目的もありましたから笑

 県庁周辺での配布を提案した現場責任者として、天神よりは受け取り率は高いけれどどの程度、参加者につながるのか注目したいところです。

 さて、その教職員課ですが、一昨日あたりから人権同和教育宛にファックスした小郡市の人権「同和」教育関係定数要求云々という文書について、ハッキリと「容認しがたい」といっておられました。

この文書↓
同和教育定数陳情について


 前述の係長さんも「折角、3月28日通達を出したのですから」と仰ってました(その通達を出したときは担当係長)。

 ある方とその夜、お話しましたが、小郡市の場合、部落解放同盟に完全屈服している状態で、国や県の指導を完全に無視しているということです。

 解放同盟小郡市連絡協議会や福教組浮羽三井支部が支援加配と何の関係があるんでしょうか?

 来週の文科省折衝ではこの問題が主要テーマとなります。

**

部落解放同盟のネットワークによる国連を利用した反日運動にも警戒が必要です。NPO法人「家族の絆を守る会」にもご支援を。

草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN:暗躍する人種差別撤廃NGOネットワーク
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-1030.html

家族の絆を守る会
http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/




■協議内容(案)

福岡県をはじめとする部落解放同盟による
教育介入や教職員組合との違法協定、国旗・国歌の
不適切な取り扱い、沖縄の問題について
学力テスト非開示指導について

 ぜひ、皆様もご参加ください。

 連絡先:nameneko21981@yahoo.co.jp 

※人数多数の場合は、締め切らせていただきます。

見に来てますね
98

Sun 02 Sep 2007 10:44:36 PM JST
■前回訪問:Sun 02 Sep 2007 10:44:39 PM JST■初回訪問:Sat 01 Sep 2007 01:05:57 PM JST■訪問回数:5
▼ ドメイン ▼ OS・ブラウザ・解像度/同時発色数
softbank220055044236.bbtec.net Windows 98
Internet Explorer 6
1024x768 16bits (TrueColor)
▼ リンク元URL
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-en...

久留米市役所からも監視

Tue 04 Sep 2007 02:21:13 PM JST
■前回訪問:Tue 04 Sep 2007 02:20:56 PM JST■初回訪問:Tue 23 Jan 2007 11:04:38 AM JST■訪問回数:42
▼ ドメイン ▼ OS・ブラウザ・解像度/同時発色数
kusu.city.kurume.fukuoka.jp Windows XP
Internet Explorer 6
1024x768 16bits (TrueColor)
▼ リンク元URL
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-en...




今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
岡本さんの論文あります


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓解放同盟許せないという方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 部落解放同盟を支援する役所と新聞--林道義先生の寸評で紹介
2007年09月06日 (木) | 編集 |
 昨日、反フェミニズムの大論客として知られる林道義先生のホームページにある「寸評」で部落解放同盟に媚びる東京都荒川区と鹿児島県霧島市の問題が取り上げられました。

 両自治体ともに部落解放同盟に屈服した主体性なき対応をしており、霧島市のほうは南日本新聞という圧倒的部数を誇る地元ローカル新聞がすり替え記事を書き、鹿児島県庁人権対策課までが右往左往する始末です。

 徳田議員とは旧知の関係で、薩摩示顕流の師範という我々県外人がイメージする鹿児島人らしい方です。

** 

平成19年9月5日

http://www007.upp.so-net.ne.jp/rindou/sunpyo.html

部落解放同盟を「支援」する役所と新聞 ─公正と中立はどこへいった

 部落解放同盟に対して多くの自治体が不当に優遇したり、不当な利権を与えてきたことは、よく知られてはいるが、それと真っ正面から戦う人はあまりいなかった。しかし最近、各自治体のレベルで、その横暴と果敢に戦う人が増えてきた。少し前には福岡県八女市の近藤将勝氏が何十年も同じ地位にいた部落解放同盟所属の横暴な八女市役所の係長を更迭させた実績を持つ。

 現在も、東京都荒川区と鹿児島市で、部落解放同盟が問題となっている。それぞれのいきさつはこうである。

 まず東京都荒川区の場合。ある不動産会社の店長が、荒川区役所の窓口(人権推進係)に「どの地区が部落なのか? 物件の所在地が部落なのかを知りたい」と「相談」に来た。役所側はそうした質問には答えず、その店長は名刺を置いて帰った。ところが、その後、その店長は部落解放同盟の荒川支部、江東支部、東京都連が開催した「荒川区土地差別調査事件確認会」に呼びつけられ追求された。「確認会」と中立そうな名前がつけられているが、解放同盟がいつもやっている「つるし上げの会」である。そうした「つるし上げの会」では、逆の人権侵害がなされてきたことも、よく知られている。

 この事件には問題点が二つある。一つはその店長の意識と行動。店長自身に差別意識があったかどうかは分からないが、世間の差別意識を前提にして、物件の価値を知ろうとしている。しかも、のこのこと役所に聞きに行くという脳天気ぶりである。事態の重要さを知らなさすぎる。

 さて、最も重要な問題は、そうした店長の「相談」を受けた役所の態度である。正しい応対は「そうした差別を前提とした質問には答えられない」と拒否することである。それで必要にして十分な応対と言える。公の役所としては、それ以上のことも、それ以下のこともすべきではない。それ以上のことを言うのは越権行為である。ただし、親切心から「そうしたことを調べてまわることは、差別になりかねないですよ」と注意することくらいまでは許されるだろう。

 ところが、区役所は、この店長のことを解放同盟に知らせたのである。今しきりに問題になっている「個人情報の漏洩」である。根屋雅光氏(下記のブログ参照)が電話したところ、区役所の職員は「個人情報ではなく企業情報です」と言ったそうだが、詭弁もいいところだ。店長個人の名前と連絡先というまさに「個人情報」で、この店長は呼び出されたのである。まして、部落解放同盟に知らせれば、店長がつるしあげられることは分かりきっているのである。荒川区役所はこれまでも何かあると解放同盟に知らせてきたそうである。個人情報か企業情報かという以前に、これは公務員が公務中に知った情報を特定の利害関係者に漏洩したという、公務員の倫理規定に抵触する行為と言うべきである。こうした公務員の情報漏洩は絶対にやめさせなければならない。

 

 さて、いま一つ鹿児島県でも、ある市議が「部落解放同盟に対する差別や人権侵害はない」と発言したかのように思わせる記事を新聞が載せたという、重大な人権侵害が起きている。

 問題になっているのは、南日本新聞の「同和とアイヌ 人権でない」という見出しの記事である。霧島市議の徳田拡志氏が「同和とアイヌに対する人権侵害はない」と発言したかのような印象を与える見出しである。この記事をきっかけに、徳田氏が「差別者」であるかのような宣伝や悪口が横行している。徳田氏に対する重大な人権侵害である。(南日本新聞は例の「男女同室着替えはない」という嘘の報道をした新聞、のちに南日本新聞自身が鹿児島県の半数の小学校で同室着替えがなされているという事実を報道した。http://www007.upp.so-net.ne.jp/rindou/arakawa2.htmlの中の「十 フェミニズムのダブルスタンダード」参照)

 たしかに徳田氏の発言は、本人も認めているように舌足らずで、必ずしも明確ではない。しかし、明確でない発言を取り上げて、ある一定の方向に解釈し決めつけて報道したり、曖昧な表現で報道するのは、本人に対する人権侵害である。ジャーナリストならば、まず本人に取材して、その真意を確認すべきである。

 徳田議員は3月議会において同和対策事業について質問し、部落解放同盟に対する優遇措置を問題にした。その中で「最大の人権を侵害されているのは、同和でもアイヌでもなく、(北朝鮮に)拉致された日本人」だと発言した。8月31日の委員会で徳田議員は「同和問題とアイヌ問題だけが人権問題ではないという趣旨だった」と釈明した。その発言のどこが問題なのか。まったく正しいことを言っているのではないのか。部落やアイヌがどんなに差別され人権を侵されているといっても、拉致被害者のように30年にもわたって異国に拘束され、心身ともにボロボロにされ、生命の危険にさらされ(すでに生命を奪われた人もいる)、人生を無茶苦茶にされた、これほどの人権侵害を受けてきた人たちがいるのか。徳田氏の発言は至極正当であり、それを問題視する方がよほど非常識と言うべきである。

 人権を守る会の会長は、「障害者や在日問題など、差別全体について考えるきっかけにしてほしい」と述べたそうだが、人権は差別されている者だけが侵害されるものではない。差別とは関係なく侵害されることもある。人権問題を差別問題に限定することなく、真の「人権」の意味を考えるきっかけにこそすべきであろう。

 「差別」を糾弾するために、公務員の倫理規定も新聞記事の公正・中立性も無視してよいというものではあるまい。そういうことをしていては、ますます逆の差別と人権侵害が増幅されるであろう。「人権」や「差別」を掲げながら、他人の人権を侵害するようなことを絶対に許してはならない。

 (これらの事件の詳細については、この問題を追求している近藤将勝氏のブログhttp://genyosya.blog16.fc2.com/と、根屋雅光氏のブログhttp://masa-n.at.webry.info/を参照されたい。)

部落解放同盟のネットワークによる国連を利用した反日運動にも警戒が必要です。NPO法人「家族の絆を守る会」にもご支援を。

草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN:暗躍する人種差別撤廃NGOネットワーク
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-1030.html

家族の絆を守る会
http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/




■協議内容(案)

福岡県をはじめとする部落解放同盟による
教育介入や教職員組合との違法協定、国旗・国歌の
不適切な取り扱い、沖縄の問題について
学力テスト非開示指導について

 ぜひ、皆様もご参加ください。

 連絡先:nameneko21981@yahoo.co.jp 

※人数多数の場合は、締め切らせていただきます。

見に来てますね
98

Sun 02 Sep 2007 10:44:36 PM JST
■前回訪問:Sun 02 Sep 2007 10:44:39 PM JST■初回訪問:Sat 01 Sep 2007 01:05:57 PM JST■訪問回数:5
▼ ドメイン ▼ OS・ブラウザ・解像度/同時発色数
softbank220055044236.bbtec.net Windows 98
Internet Explorer 6
1024x768 16bits (TrueColor)
▼ リンク元URL
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-en...

久留米市役所からも監視

Tue 04 Sep 2007 02:21:13 PM JST
■前回訪問:Tue 04 Sep 2007 02:20:56 PM JST■初回訪問:Tue 23 Jan 2007 11:04:38 AM JST■訪問回数:42
▼ ドメイン ▼ OS・ブラウザ・解像度/同時発色数
kusu.city.kurume.fukuoka.jp Windows XP
Internet Explorer 6
1024x768 16bits (TrueColor)
▼ リンク元URL
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-en...




今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
岡本さんの論文あります


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓解放同盟許せないという方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 八女市議会に教育改革に関する陳情を出しました
2007年09月05日 (水) | 編集 |
 昨日、北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会として事務局長と先の参院選に出馬された馬場よしひさ氏(八女市出身)と私の3名で八女市長と面会し参りました。

 行政主催での拉致問題の取り組みの要望をメインに、同和行政のあり方についても活発な意見交換ができました。

 基本的にいまの運動や同和行政のあり方に市長は批判的です。

 八女市政の負の部分である同和行政についても逆差別だと言い切り、そのような状況になったのは、歴代市長で現市長の前の市長時代に解放同盟と取引したことが原因といわれました。

 2代3代前の市長さんは、部落解放同盟メンバーでもあった市議会議員や解放同盟との行政交渉で恫喝され、机はひっくり返されるわ、取り囲まれて暴力を振るわれ、市長室の窓から脱出せざるをえなくなり警察沙汰にもなってきたと初めてその内情が明かされました。

 まさに大阪・京都・奈良と変わらなかったわけです。

 勿論、自治労と解放同盟は緊密に連携しているので、当然市長は孤立するわけです。

 30分の予定時間が大幅に伸びて1時間以上になり、気がついたら夕方6時近かったです。

 馬場氏と私とで陳情を八女市議会に出させていただきましたので以下ご紹介いたします。

***

教育基本法・3法改正を受けて教育行政改革に関する陳情

平成19年9月4日


八女市議会議長 武田  忠匡 様


要旨(要望事項)

① 道徳・徳育を推進し、その際は歴史上の人物の生き方や宗教的感性を育むことに留意し、心のノートの積極的活用を推進されたい
② 家庭・家族の役割を学ぶために「親学」の研修制度を確立し、家庭の教育力を高める家族支援政策を推進されたい
③ 児童・生徒支援加配教員が同和教育研究団体等の事務局業務等に従事し「同和ヤミ」専従としての目的外使用になっており、厳格に服務を監督し、勤務時間中の政治・社会運動を厳禁するよう一層の趣旨徹底を図られたい
④ 学習・研修名目で部落解放同盟やその関連団体による教育への不当介入が行われている。平成元年8月9日に法務省人権擁護局総務課長名で法務局人権擁護部長、地方法務局長に対して通知された「確認・糾弾についての法務省見解」にもあるように運動団体が行う集会に公務員である教職員や教育委員会職員、PTAが出席する必要はなく、外部団体からの要求に屈せず「主体性」を守るよう指導されたい
⑤ 支援加配やTT加配などの目的外使用の実態を厳格に是正されたい
⑥ 社会科・家庭科などはもとより、人権(同和)、平和、男女平等(男女共同参画)、総合的な学習の時間などで学習指導要領違反の指導案や教材に基づいた偏向教育が後を絶たない。教育現場で使用されている教材、不適切な指導案や教材、副読本については回収を行うなど教育の中立性を守るよう指導されたい
⑦ 教職員団体や運動団体と本市教育委員会との間に締結された違法・あるいは不適切な「確認書」「協定書」「覚書」などについて再度、平成15年の辰野企画課長通達の趣旨を踏まえ、存在が確認されれば速やかに破棄、無効化されたい
⑧ 全国学力テストの結果を国の責任で例外なく情報公開し、児童生徒や保護者、地域の信頼に応える学校づくりに八女市として努力されたい

理由

私共は、教育正常化運動を行っております保守系市民です。全国に蔓延する人権・平和・男女平等に名を借りた偏向教育や義務教育費国庫負担金で追加配置された児童・生徒支援加配教員の「目的外」使用、教職員組合などと教育委員会との間に締結された違法・不適切な確認書などの是正に取り組んでおります。
 昨年の教育基本法改正、今年6月の教育3法成立によって教育理念もこれまでのような「伝統」「国家」否定から、「伝統継承」と「公共の精神尊重」へと大きく変わりました。家庭教育も新設され、教育の第一義的責任は親にあることが明確化されました。教育の質の向上を図るための研修の充実も義務付けられ、法律違反や学習指導要領無視の偏向教育などは厳しく処分することができるようになりました。
とくに地方教育行政法の改正によって、文部科学省が、教育再生会議に提出した「教育三法案の持つ意義」と題した文書に次のような記述があることは興味深いです。「地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正」(地方教育行政法)という章には、「教育委員会を立て直します」「不適切な教育委員会や学校には国が責任を持って対応します」 とあります。つまり地方公務員法に違反し勤務評定を実施していなかった北海道・福岡県・沖縄県教委や山梨県教組のカンパ問題を放置した山梨県教委のような教育委員会に国が一定の是正指導を行うことができるようなったことを表わしています。
 念願の法改正によって長く教育現場で繰り広げられてきた日教組・全教といった左翼系教職員団体やそれを支援する部落解放同盟や各種左翼団体の介入によって教育が歪められることも防止することができるようになりました。
 しかし、現実にはまだまだ教育現場を見ると、法的拘束力を持った統一的基準である学習指導要領を反故にした教育内容や文部科学省の指導を換骨奪胎する地教委は各地に存在しています。
 たとえばこれまで再三にわたり是正を求めてきた福岡県における児童・生徒支援加配教員の「同和ヤミ」専従としての目的外の活用は、県教委が配置している修学支援加配教員と連携し、部落解放運動の一翼を担う実働部隊にされています。支援加配教員については福岡県だけでなく、滋賀県・大分県・鹿児島県など各地で本来の趣旨である特別な「進路指導」「学習指導」「生徒指導」と明らかに異なる嘗ての同和教育推進教員(同和加配)と同一の運用が見られます。目的外使用を文部科学省は平成14年4月1日の財務課長通知で厳に諌めていますが、今年7月の部落解放同盟の機関紙「解放新聞」の論説で「これまで、部落の子どもたちの学力保障や進路保障、部落の教育条件や教育環境の整備に大きく寄与してきたのは「同和加配」とよばれた教師たちであった。 今日、「児童生徒支援加配」とよび名を変えてはいるが、「特別な学習指導」「特別な生徒指導」「特別な進路指導」を必要とする学校にたいして措置される。そうした課題の解決のために資するという観点からすれば、その役割は従来と大きく変わるものではない。」と国の指導を頭から無視する主張を展開しています。
 支援加配の活用だけでなく各都道府県・市町村教育委員会が組合の方針や団体の威圧に押され、教育内容などが不当に歪められる事例は少なくありません。人権・同和教育と称して裁判で判示された事案を「差別裁判」「警察・裁判所は差別者」などと批判したり、平和教育を児童生徒の発達段階を考えない残虐場面を強調し、沖縄戦などを題材に日本軍や体制批判のためのイデオロギー教育としたり、男女共同参画を男らしさ・女らしさの否定や家族の軽視を促進するようなジェンダーフリー教育に悪用する等各地で行われています。
 また、職員団体などと教育委員会が違法あるいは不適切な」「確認書」を締結することは平成15年に初等中等教育局初等中等企画課長であった辰野裕一氏が「教職員組合との不適切な内容を含む確認に対する対応について」と題した指導文書を全国の都道府県・政令市教育委員会に通知し、是正を指導しました。
ところが、福岡県および福岡市においては、平成10年9月30日に現在、県教育長を務める森山良一教育企画部長と福岡県教職員組合の中村元気書記長(現、委員長)とのあいだで取り交わされた「主任制に関する確認書」、翌平成11年4月6日には福岡市教育委員会学務部長の陣川桂三氏(現、教育委員長職務代理)と福岡県教職員組合福岡支部書記長の中村仁志氏との間にも県と同様の確認書が締結され、今なお破棄されず効力を持ち続けています。
運動団体と教委の間に交わされた確認書については平沼赳夫議員が政府に提出した質問趣意書への回答で次のように閣議了承を経て政府からの回答がなされています。
(問)地方教育行政当局と民間運動団体の間に結ばれた「協定書」「確認書」「覚書」などは、国民全体の意思に基づかないものである以上、「不当な支配」に該当する。これらは、直ちに無効とすべきものであり、かつ今後一切締結すべきものではないと考えるが、その点政府は地方教育行政当局に周知徹底する考えはあるか。
(答)地方公共団体と各種団体との間で結ばれたいわゆる「確認書」等については、違法なもの又は不適切なものは直ちに是正する等適切に対応するよう指導してまいりたい。
このように閣議で了承され回答されているのですから、八女市(教委・学校レベル)においても締結されている確認書などがあれば直ちに破棄すべきです。
最後に8月27日の産経新聞によると、4月に文部科学省が実施した43年ぶりの全国学力テストの結果公表をめぐり今月にも結果が全国へ通知されるのを前に、文部科学省は各教委に「序列化につながる」とし、市町村別や学校別の結果を公表しないよう求めたとのことですが、学力低下が問題になり、全国的な実態調査が必要だと判断したからこそ、全国学力テストを復活させたのではありませんか。大義名分としては、子供が傷つくと言うことなのかもしれませんが、それでは子供たちや保護者は客観的に見てどのレベルにあるのかさえ知ることができません。
英国の教育改革では、徹底した情報公開と第三者機関による監査によって荒廃した教育現場が立ち直ってきました。テストの結果も情報開示しないのでは先生自身も向上しようと努力の姿勢も出てこないと思います。一部の団体などが、差別、選別、序列化につながると反対していますが、そのことが悪平等を招き、教育現場が停滞してきたのではないでしょうか。正々堂々と市町村単位、学校単位、クラス単位などの学力テスト結果を公開すべきと考えます。

以上、市民の負託を受けた市議会として教育基本法・3法改正の趣旨に則り、教育行政改革に取り組むことを求めます。

部落解放同盟のネットワークによる国連を利用した反日運動にも警戒が必要です。NPO法人「家族の絆を守る会」にもご支援を。

草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN:暗躍する人種差別撤廃NGOネットワーク
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-1030.html

家族の絆を守る会
http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/




■協議内容(案)

福岡県をはじめとする部落解放同盟による
教育介入や教職員組合との違法協定、国旗・国歌の
不適切な取り扱い、沖縄の問題について
学力テスト非開示指導について

 ぜひ、皆様もご参加ください。

 連絡先:nameneko21981@yahoo.co.jp 

※人数多数の場合は、締め切らせていただきます。

見に来てますね
98

Sun 02 Sep 2007 10:44:36 PM JST
■前回訪問:Sun 02 Sep 2007 10:44:39 PM JST■初回訪問:Sat 01 Sep 2007 01:05:57 PM JST■訪問回数:5
▼ ドメイン ▼ OS・ブラウザ・解像度/同時発色数
softbank220055044236.bbtec.net Windows 98
Internet Explorer 6
1024x768 16bits (TrueColor)
▼ リンク元URL
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-en...

久留米市役所からも監視

Tue 04 Sep 2007 02:21:13 PM JST
■前回訪問:Tue 04 Sep 2007 02:20:56 PM JST■初回訪問:Tue 23 Jan 2007 11:04:38 AM JST■訪問回数:42
▼ ドメイン ▼ OS・ブラウザ・解像度/同時発色数
kusu.city.kurume.fukuoka.jp Windows XP
Internet Explorer 6
1024x768 16bits (TrueColor)
▼ リンク元URL
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-en...




今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
岡本さんの論文あります


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓解放同盟許せないという方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 支援加配教員の配置陳情に部落解放同盟へお伺いする小郡市
2007年09月04日 (火) | 編集 |
 一昨日から数多くのコメントをいただき、ありがとうございます。ネット上に氏名はともかく住所・電話番号を晒すという悪質な攻撃に対して怯んではならないとの皆様からのご支援に大変励まされました。

 それにしても八女から出て行け、地元はお前を許さないとは何様のつもりでしょうか。

 『正論』やいかるが議員まで批判していましたが、それこそ正々堂々と自分は何者か名乗ってしかるべきなのに、「番犬」だの「右翼から八女を守る会」だの匿名で実体もない会の名称を名乗ることと矛盾します。

 福岡県の某市の解放同盟支部は今年の集会で
「私はなめ猫と4・5年戦ってきた」と絶叫していたとのことを参加された方よりお聞きしました。

 これは決定的な証言です。処分された八女市の人権同和教育係長の「お前の大好きなインターネットで書いてみろ」とつながる話です。

 昨日は小郡市の方の要請を受けて、小郡市役所前で1時間ほど演説してきました。

 終了後、数名話を聞きにこられた方から拍手。私は解放同盟から何度も糾弾されましたと仰る男性も。

 昨日、追加して書きましたが、小郡市は現在の解放同盟委員長が出ており、行政・市民のほとんどは運動体を恐れてものがいえない状態に置かれています。

 一部に骨のある市民の方がおられ、以前からビラを撒いたりされておられました。今回、その方々からのご連絡を頂き小郡で初演説を行い、夕方、公文書の開示を受けてきました。

 問題の小郡小学校・小郡中学校の支援加配教員の出張命令書・出勤簿、出張依頼文書ですが、今年に入っても解放同盟・福教組が関与しており、堂々と違法行為を続けていることが判明しました。

同和教育定数陳情について


 徒歩で部落解放同盟福岡県連まで陳情に向かったそうです。
 県庁とは東公園をまたいですぐですからね。部落解放センターは。

福岡県部落解放センタービル

 
 だいたい、県教委はともかく、運動団体に陳情するとは、これでは福岡県の教員人事は部落解放同盟が握っているとしか思えません。

 あってはならないことがあった、今なおあるのです。

 これは文部科学省も福岡県教委もしっかり是正指導をさせないとならないことです。いま「同和教育」関係定数などないのです。

 9月10日の文科省折衝では、この点が集中的な議題となると思います。

 皆様、文部科学省初等中等教育局財務課、福岡県教育委員会教職員課市町村立学校係、小郡市長、小郡市教育委員会に対してご意見をお願いいたします。

 部落解放同盟のネットワークによる国連を利用した反日運動にも警戒が必要です。NPO法人「家族の絆を守る会」にもご支援を。

草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN:暗躍する人種差別撤廃NGOネットワーク
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-1030.html

家族の絆を守る会
http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/




■協議内容(案)

福岡県をはじめとする部落解放同盟による
教育介入や教職員組合との違法協定、国旗・国歌の
不適切な取り扱い、沖縄の問題について
学力テスト非開示指導について

 ぜひ、皆様もご参加ください。

 連絡先:nameneko21981@yahoo.co.jp 

※人数多数の場合は、締め切らせていただきます。

見に来てますね
98

Sun 02 Sep 2007 10:44:36 PM JST
■前回訪問:Sun 02 Sep 2007 10:44:39 PM JST■初回訪問:Sat 01 Sep 2007 01:05:57 PM JST■訪問回数:5
▼ ドメイン ▼ OS・ブラウザ・解像度/同時発色数
softbank220055044236.bbtec.net Windows 98
Internet Explorer 6
1024x768 16bits (TrueColor)
▼ リンク元URL
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-en...

久留米市役所からも監視

Tue 04 Sep 2007 02:21:13 PM JST
■前回訪問:Tue 04 Sep 2007 02:20:56 PM JST■初回訪問:Tue 23 Jan 2007 11:04:38 AM JST■訪問回数:42
▼ ドメイン ▼ OS・ブラウザ・解像度/同時発色数
kusu.city.kurume.fukuoka.jp Windows XP
Internet Explorer 6
1024x768 16bits (TrueColor)
▼ リンク元URL
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-en...




今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
岡本さんの論文あります


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓解放同盟許せないという方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 ついに正体を現した似非「人権」派--正論編集部まで非難する
2007年09月02日 (日) | 編集 |
 今朝の朝日新聞をご覧になられたでしょうか。人権擁護法案では全国紙唯一、一部団体を擁護し続ける朝日新聞ですが、同和利権については果敢に報道を続けています。

http://www.asahi.com/national/update/0902/OSK200709010060.html

***

同和枠280億円不良債権 21府県実施中小企業資金

 都道府県などが融資する中小企業高度化資金のうち、同和対策の一環として設けられた「地域改善対策枠」による貸し付けについて、21府県で残高の72%に当たる280億円余りの返済が半年以上滞り、不良債権化していることがわかった。高度化資金の延滞率は全体では17%で、同枠の回収率の悪さが突出している。行政側の融資審査の甘さや回収努力の不十分さが原因とみられる。延滞分のうち約125億円は「破綻(はたん)先債権」に分類され、回収が困難視されている。

 朝日新聞が地域改善対策枠での融資実績がある21府県と、共同で融資にあたっている経済産業省所管の独立行政法人「中小企業基盤整備機構」(中小機構)に取材した。群馬、滋賀、京都の3府県は金額を明らかにせず、不良債権額はさらに膨らむ見通しだ。

 06年度末の21府県の高度化資金全体の貸付残高は、約3087億円。うち地域改善対策枠は1割超の約388億3000万円で、返済日から半年以上経過しても未回収の「延滞残高」は約280億6000万円だった。このうち4割を超す約125億8000万円が、貸付先の組合などが休業したか、銀行取引停止処分を受けた破綻先債権だった。

 府県別にみると、愛知、兵庫、福岡など11県の延滞率は100%。うち長野、岡山、高知、大分、宮崎の5県で貸付残高すべてが破綻先債権だった。延滞残高、破綻先債権の金額が最も多かったのはいずれも和歌山県で、延滞残高が約91億9000万円、破綻先債権が約27億6000万円だった。

 一方、貸付残高34億円超の大阪府は延滞がない。府が各市に融資し、市が施設を建設して、組合などに賃貸しする方式をとっているためだ。

 延滞債権とは別に奈良、兵庫、和歌山、福岡の4県には、債権が税法上の時効などで回収不能となった「不納欠損金」があり、計約19億8000万円を簿外処理していた。滋賀、鹿児島両県は議会の議決を経て計約17億4000万円の債権放棄に踏み切った。

***

 福岡県は100%だそうです。県の同対局の課長補佐は先週、言い訳がましいことを延々人の(かけた)電話で喋っていましたが、これはなんなんでしょうね?

 さて、本題ですが、最近、私の元に、正確にはネット上で攻撃が繰り返されています。あまり見なくなった2ちゃんねるには私の個人名のスレッドがたっているとのことで複数の方よりご連絡がありました。

 えげつない内容なのでねらーの方々にお任せして放置プレイしていたのですが、ここ数日悪質なものに先鋭化していました。

 今度はついに拙ブログにまでお見えになられていました。

s170140.ppp.asahi-net.or.jp さん

asahi-netって朝日新聞系列のようですね

 鹿児島の徳田議員は以前からの旧知の関係です。支援するのは仲間として当然のことだ。荒川区の小坂先生もそうだ。教員を減らそうとしている云々をいっていますが、「目的外使用」が駄目だといっているのだ。いろいろな子供たちの問題に取り組む加配は必要なのだ。

 それは文科省もよくわかっているから、定数を増やすと大臣がいってるではないか。解放同盟の運動要員に使われるのがイカンといってるのだ。

 八女の恥?

 聞くところでは、というか、福岡県庁で野田国義市長とばったり出くわしたときに「正論」読みましたと。

 で、定例の教育委員会で市長自ら配布され、教育長は渋ーい顔をしていたようです。

 恥の文章を教育委員会に配布したのかな?

 福岡県内だけでもかなりの配布が進められていると聞きますが・・・

 ある情報では県内のある地区の解放同盟集会で「私はずっとなめ猫と戦ってきた」との話があったそうですが、ご説明いただきたいものです。

 ★追加
 皆様、コメントを次々いただきありがとうございます。
 本日ついに支援加配教員の配置に県教委だけでなく部落解放同盟が関与、いや承認していた事実が公文書として明らかとなりました。

 完全に文科省の指導を無視しています。

 小郡市は組坂解同全国委員長の地元です。

 組合と運動体の教育への介入、教委との癒着です。
 こんなことを認めるわけにはいきません。

 同和のために追加配置されたものではありません。

同和教育定数陳情について



小郡市定数要望について



http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-302.html#comment1386




近藤将勝くんは八女の恥知らずですね。何が楽しいんでしょうね。自分が住んでいる八女の悪口ばかり
書いて。なめ猫とか使わず、自分の名前を出して、正々堂々としろ。でも地元はお前を許さないぞ。こ
れ以上八女の恥をさらすな。親は泣いているぞ。
2007/09/02(日) 14:52:01 | URL | 番犬 #-[ 編集]

近藤将勝は、地元では変わったやつなんですよ。誰も相手をしないお宅なんですよ。各地の教育委員会
に出向いて迷惑ばかりをかけています。学校の教員を減らそうとしているんですよ。ひどいやつなんで
すよ。八女の教師を減らそうとしているんですよ。危険人物です。自分は右翼といって戦争したいとい
っています。早くや目から出て行ってほしいですね
2007/09/02(日) 14:57:59 | URL | 八女を守る会 #-[ 編集]

近藤将勝は、大学も卒業できずに、教育オンズマンとかいいよらしいですよ。恥ずかしいですね。教育
のこともよく知らんで、よく本とか出せたもんですよね。正論の出版社のレベルが疑われますね。八女
の恥ですよね。八女の鵜池10-75-2に住んでいるみたいですね。地元は恥ずかしいですよね。農
業を本当にしているんでしょうね。親のすねをかじっているんでしょうね。0943-23-6695
に皆さん抗議しましょう。八女を右翼から守りましょう。
2007/09/02(日) 16:00:13 | URL | 右翼から八女を守る会 #-[ 編集]

大野城市にも右翼の議員がいます。皆さん気をつけてください。いかる色付きの文字がという議員です
よ大野城市の皆さん戦争したいいかるが議員に気をつけてくださいよ。だまされたらいかんですよ
2007/09/02(日) 16:02:59 | URL | 右翼から大野城市を守る会 #-[ 編集]

9月10日の文部科学省との交渉、参加表明をされる方が増えてきています。保守派による初めての要望交渉です。
 時間や人数の関係がありますのでメールでご連絡ください。
 写真を撮ってくださる方やパソコンを持ってこられる記録担当の方
歓迎です。

■協議内容(案)

福岡県をはじめとする部落解放同盟による
教育介入や教職員組合との違法協定、国旗・国歌の
不適切な取り扱い、沖縄の問題について
学力テスト非開示指導について

 ぜひ、皆様もご参加ください。

 連絡先:nameneko21981@yahoo.co.jp 

※人数多数の場合は、締め切らせていただきます。

見に来てますね
98

Sun 02 Sep 2007 10:44:36 PM JST
■前回訪問:Sun 02 Sep 2007 10:44:39 PM JST■初回訪問:Sat 01 Sep 2007 01:05:57 PM JST■訪問回数:5
▼ ドメイン ▼ OS・ブラウザ・解像度/同時発色数
softbank220055044236.bbtec.net Windows 98
Internet Explorer 6
1024x768 16bits (TrueColor)
▼ リンク元URL
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-en...




今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
岡本さんの論文あります


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓解放同盟許せないという方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫