FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 交渉は非公開ではと考えていない--部落解放同盟筑後地協委員長が表明
2007年10月01日 (月) | 編集 |
 本日、午前11時半に野田国義八女市長と応接室で面会し、すでにお送りしました緊急の申し入れ書を提出し、田中博文課長・橋爪係長も同席の上で、交渉の公開を求めました。

 野田国義市長は「公開したいと考えているが、労使交渉でも組合が認めない相手があることだから」と弱気な発言をされたので「行政の主体性」を強く求め、「八女市としては公開したい」との発言を引き出し、田中課長は「いまから申し入れがあったことを地協に伝える」と表明されました。

その後、堤人事課長、馬場係長と面会し、田中課長の「解放同盟も出してほしい」という発言は不適切だとして調査を求めました。
その際、「大阪の根屋さまからお電話がありました」と人事課長から伺いました。

午後1時半に再び市役所に行き、福岡市から来られた馬場よしひさ氏と合流し交渉会場の写真を撮影し、次々交渉会場である103号会議室にやってきた同盟のメンバーたちをチェックしていました。女性が多かったです。若い女性もいました。

交渉開催直前の103号会議室
八女市103号会議室


 会議室の前で待っていると人権・同和対策課の職員から「いま地協(部落解放同盟筑後地区協議会)と市長の協議をしているので3階の会議室で待機してください」と伝えられ、3階の301号会議室で15分ほど待っていました。

 定刻の午後2時を過ぎても連絡が来ないので、2階の市長室前に行くと副市長や教育長、なんとあの処分された係長が入っていきました。

 急いで上へあがり、馬場さんに「市長室で話し合いが行われています」と伝え、2人で隣の人権・同和対策課へ行き「いつまで待たせるのか」というと、今しばらくお待ちくださいとのことでした。

ようやく田中課長と橋爪係長が301会議室へ来て市長と地協の協議の結果を伝えてきました。

「近藤さんから提出された申し入れは解放同盟にもお見せしました」
「結論からいいますと、今回まではプライバシーなどありご遠慮いただきたい」
「しかし、森下地協委員長も、交渉を非公開でと考えておらず、公開はしていきたいと仰ってました。」
「西日本新聞からも入りたいとの要望があったので、終了後、市長と地協側で記者会見を開いてよいと考えている」
「今日の交渉内容は、公文書として公開できるようにしたい」
と伝えてきました。

部落解放同盟に「公開していきたい」といわせたのは大きな成果です。
これまでは、完全な密室協議で、要求し放題でした。

しかし、馬場氏も私もその回答に納得せず「今回まではというが、なぜできないのか」と一歩も引きませんでした。

私は「地協の森下委員長、組坂書記長から直接聞きたいからここに出てきてほしい」と求め、田中課長は「必ず伝える」といいましたが、結局出てはこられませんでした。

そのやり取りは一部録音しましたので、起こしてご紹介したいと考えています。

馬場氏と私と課長とのやり取りが長引いいたため何度も内線電話がかかってきました。
その際に「人事課長や社会教育課長を呼べ」とのやり取りがあったことを付言しておきます。

交渉は4時半ごろ終了しましたが、幹部の顔もしっかり見ました。
会場に入ろうとすると、例の係長が「入ったらいかん!、まだ書類があるけん」とまたもや声を張り上げていました。

私は無視していましたが、入室せず、様子を伺うにとどめました。

今回の成果は市民が初めて部落解放同盟との行政交渉を傍聴させろと申し入れを行い、組坂繁之本部委員長を出しており、福岡県連の有力な拠点地区である筑後地区協議会が「交渉を公開していきたい」と表明したことです。

同和は怖いというタブーを打ち破り、正常化を進める一歩になると思います。

前代未聞のことですが、この動きは他市町村へも波及させるべく、行政との力関係なども調査し、地元の方々と連携しながら推進してまいりたいと考えております。

なお、明日にはオンブズパーソンへの苦情の申し出を行い、あくまで不適切な言動だとして追及は進めたいと思っています。

**

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーサイト

 未提出の部落解放同盟への申し入れ書
2007年10月01日 (月) | 編集 |
 本日提出するかもしれないと考えていた解放同盟への申し入れ書です。運動体に出すということは、筋違いだという多くのご意見を受けて幻の文書となりました。

平成19年10月1日

部落解放同盟筑後地区協議会委員長
森下拓生 殿
同協議会書記長
組坂幸喜 殿
部落解放同盟八女市連絡協議会議長 殿

人権擁護法案に反対する福岡県南ネット

代  表 
代表幹事  

部落解放同盟筑後地協と八女市との行政交渉公開を求める申し入れ

謹啓
初秋の候、貴下におかれましてはますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
 私どもは真の人権擁護とは何か考え、国会に上程されようとしている人権擁護法案、人権侵害救済法案に反対の意思を表明している市民団体でございます。
さて、本日10月1日午後2時より八女市役所103号会議室で開催されます部落解放同盟福岡県連合会筑後地区協議会および八女市連絡協議会との行政交渉について、以前より人権・同和対策課に対して口頭で市民・報道機関への公開を申し入れていました。
 このたび正式に貴協議会、貴連絡協議会に対して久留米市解放会館への負担金を含め行政から交付されている多額の補助金で政治運動を含めた活動をされておられる現状を踏まえ、市民・報道機関にいかなる交渉なのか広く公開されることを申し入れたく存じます。
謹具

**

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


 解放同盟との交渉公開を求める八女市長への申し入れ書
2007年10月01日 (月) | 編集 |
 本日午前11時半に八女市長に緊急に申し入れた要望書です。


平成19年10月1日
八女市長 野田国義様

人権擁護法案に反対する福岡県南ネット 代  表   
代表幹事 


部落解放同盟筑後地協・八女市連協との行政交渉公開を求める要望

謹啓
初秋の候、貴下におかれましてはますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、本日10月1日午後2時より八女市役所103号会議室で開催されます部落解放同盟福岡県連合会筑後地区協議会および八女市連絡協議会との行政交渉につきまして、以前より口頭で市民・報道機関への公開を申し入れておりました。
ところが、9月28日夕方に再度、田中博文人権・同和対策課長と面会をし、公開を求めましたが、課長は「相手が、地協が同意しないからできない」として市民に対して「地協(解放同盟筑後地区協議会)と連協(同八女市連絡協議会)にお願い文を出してくれ」という前代未聞の発言を行いました。なぜ運動体にお願いしなければできないのでしょうか。行政にはともかく、市民が民間運動団体にまでお願いするなど聞いたことがありません。
今年1月23日に起きた人権・同和教育課所属の男性係長の不適切対応問題で、明らかとなった一部の人間による行政の私物化状況が多くの市民の知るところとなり、批判や不信感が広がりました。窓口に情報公開に出向いた市民に対して「なんで解放同盟を批判するのか」「人権に取り組んできた活動を中傷するな」「出直してこい」などと個人の思想信条にまで土足で踏み入る言動は許されるものではなく、記者会見で「(20年も異動がないことは)異常なこと」と語り、毅然と処分・配置転換を行われたことを大変評価しておりますが、この課長はなんら反省がないものといわざるを得ません。
去る9月4日に北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会(救う会福岡)として事務局長など3名で市長と面会した際にも、予定時間を超過しましたが、その大半が同和行政をめぐるものとなりました。そのなかで、八女市においても嘗て旧社会党市議会議員や部落解放同盟による過激な行政交渉によって市長が軟禁状態におかれることもあったなど驚くべきお話を貴職よりお伺いし、我々一同唖然としました。
貴職は職員組合との交渉も運動団体との交渉も市民に入ってほしいとの思いを吐露されておられましたが、その思いをぜひ実現させていただきたく存じます。
つきましては連名で以下申し入れますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

① 本日午後2時からの部落解放同盟筑後地区協議会および八女市連絡協議会との交渉について行政の主体性を発揮し、広く市民、報道機関に公開を行われたい
② 部落解放同盟側の出席者はどのような立場の者かを明らかにして、交渉について市民の代表として付託を受けている市議会へも報告を行われたい
③ 課長の対応に見られる主体性の欠如は市民に対する裏切りそのものであり、行政の中立性・主体性を確立し、運動団体いいなりの同和行政を是正されたい
④ 部落解放同盟との交渉内容を全面公開し、透明性のある行政を推進されたい
⑤ 一民間団体に過ぎない部落解放同盟筑後地区協議会の事務所となっている久留米市解放会館への負担金支出を停止し、市長選挙マニフェストで掲げた公約どおり、地対財特法(地域改善対策特定事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律)失効以降も続いている“逆差別”同和行政を終結されたい

**

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


なめ猫