FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 福岡県議会で採択された高校教科書の検定に関する意見書
2007年10月10日 (水) | 編集 |
 本日、沖縄戦の検定撤回の意見書が可決されました。12時10分開会で30分に閉会しています。

 誰が賛成とかまだ詳しくわかっていませんが、賛成多数ですので棄権や反対もあったと思います。

 国会では決議は回避されるようですが、地方議会ではどんどん通っていっています。

 すでに京都・奈良が可決しており、今日は高知も可決見通しでしたので通ったと思われます。

 仮にガス抜きだとしても、自分の県で通ってしまう史実が政治に歪められることが県民の意思となります。

 歯がゆいです。

**


高校教科書の検定に関する意見書
   

 去る3月30日、文部科学省は、平成20年度から使用される高等学校教科書の検定結果を公表したが、沖縄戦における「集団自決」の記述について、「沖縄戦の実態について誤解するおそれのある表現である」との検定意見を付し、日本軍による命令・強制・誘導等の表現箇所を削除・修正させている。
 その理由として同省は、「日本軍の命令があったか明らかではない」ことや、「最近の研究成果で軍命はなかったという説がある」ことなどを挙げているが、沖縄戦における「集団自決」が、日本軍による関与なしに起こり得なかったことは紛れもない事実であり、今回の削除・修正は、体験者による数多くの証言を否定しようとするものである。
 また、国内唯一の地上戦を体験し、一般県民を含む多くの尊い生命を失い、筆舌に尽くしがたい犠牲を強いられた沖縄県民にとって、今回の削除・修正は到底容認できるものではないと言える。
 よって、本県議会は、沖縄戦の実相を正しく伝えるとともに、悲惨な戦争を再び起こさないようにするためにも、同記述の見直しが速やかに行われるよう強く要請する。
 以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出する。



  平成19年10月10日

福岡県議会議長 貞 末 利 光

衆議院議長          河 野 洋 平 殿

参議院議長          江 田 五 月 殿

内閣総理大臣         福 田 康 夫 殿

文部科学大臣         渡 海 紀三朗 殿

沖縄及び北方対策担当大臣   岸 田 文 雄 殿

スレッドご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます

 
 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーサイト




なめ猫