FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 同和地区出身児童の学力調査を高知県教委は拒否
2007年10月12日 (金) | 編集 |
 久々に同和関係の記事を書きますが、聞くところでは昨日、福岡県田川地区の学校で四半期に一回行われる出張旅費の審査が行われたそうです。

 じつは昨日、この件で県教委本庁の教職員課と出先の筑豊教育事務所に電話で確認しましたが、本庁教職員課は「なぜ知っておられるんですか」と明らかに動揺していました(笑)。

 当方の「書類審査は学校側の出張用務内容に虚偽記載があっても調査できないということだな」と問うと、筑豊教育事務所は「調査できません」と無責任な返事をしています。

 では、審査とは何かというと学校側から出張関係の書類を持参させて、複写もせず即返却、ただ読むだけだそうです。

 こういういい加減な輩が、県民の税金を湯水のごとく使うわけです。これについては調査を行いたいと考えています。

 福岡と違い同和利権を大幅に是正させた高知県、共産党系の「高知民報」が解放同盟高知県連の要求を教育長が蹴ったと報じています。

**

「部落」児童の学力調査要求 教育長は否定 「解同」県連が県教委交渉
高知民報 平成19年9月16日

9月20日、部落解放同盟県連(野島達雄委員長)の県教育委員会交渉が行われ、大崎博澄県教育長をはじめ県教委幹部が対応しました。解放同盟からは野島委員長・山戸庄治書記長など10人、県教委からは大崎教育長、人権教育課・小中学校課・高等学校課・幼保支援課の課長らが参加しました。解同側の要請の要旨は以下。

①差別越境を起こす学校選択制反対、②全国学力調査の公表を都道府県にとどめ、(次回からは)「児童生徒のアンケート」に「家庭の文化指標」を位置づけるよう国へ要望し、自治体独自で学校の「要保護率」別の分析をすること、③高校入学金一時金創設など奨学金の充実、④学校現場で相次ぐ差別発言の根絶にむけた施策、⑤部落児童の学力の把握、⑥同和保育と関連付けた保育士研修の実施などで、今年2月2日に行われた同じ交渉と内容的には大差ないものでした。

解放同盟が重視していたのが、全国学力調査と部落児童の学力把握でした。全国学力調査のデータの「活用」について解同側は「大阪の事例もある」と述べ、府の学力調査結果から「部落」児童を抜き出して集約比較した大阪府教委の事例を念頭に、県教委が独自に集計できるようにするため、アンケート項目の追加と独自分析を求めました。また「部落」児童の学力を把握するための調査実施について解同側は「部落差別と学力の因果関係を把握するため調査すべき」と迫りましたが、大崎教育長は「属地属人の調査はできない」と明確に否定しました。(高知民報)

スレッドご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます

 
 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーサイト

 沖縄戦「集団自決」検定  政治介入に反対する緊急集会に結集を!
2007年10月12日 (金) | 編集 |
 沖縄戦「集団自決」検定問題で政治介入に反対する緊急集会が開催されます。ぜひご参加をお願いします。

**

 10月15日(月)午後2時~ 参議院議員会館第1会議室
 沖縄戦「集団自決」の検定をめぐって、政府・文科省による政治介入問題が表面化しており、「新しい歴史教科書をつくる会」は去る10月4日、渡海紀三朗文科大臣に対して「政治介入に反対する意見書」を提出しました。

この「つくる会」の動きに連動して、有識者が「教科書検定への政治介入に反対する会」を結成し、緊急集会と記者会見を行うことを決定しました。

 この「沖縄戦『集団自決』検定への政治介入」問題は重大な段階を迎えており、出来るだけ多くの会員の参加をお願い致します。

 なお、発起人には、「つくる会」関係者として、藤岡信勝会長、福地惇副会長、高池勝彦副会長、田久保忠衛顧問が名を連ねています。

また、本問題に関して、近日中に産経新聞の「正論」に藤岡会長の意見が掲載される予定です。
 

《緊急集会・記者会見》


沖縄戦「集団自決」―教科書検定への政治介入に断乎反対する

 沖縄戦「集団自決」記述に関する検定意見への不当な政治介入について、これに強く反対する緊急集会と記者会見を開きます。

 日時、会場等は下記の通りです。

 有志諸氏におかれては御出席をよろしくお願い致します。

 平成19年10月11日

教科書検定への政治介入に反対する会

(発起人)大原康男  小田村四郎  高池勝彦  田久保忠衛 中村粲 福地惇  藤岡信勝  屋山太郎 渡部昇一 (あと数名参加予定)
 

        記
 

【日 時】10月15日(月)午後2時

 (午後2時緊急集会 午後2時半 記者会見)


【会 場】参議院議員会館第一会議室(会館入口で会関係者が入館証をお渡しします。また席数には限りがありますので、あらかじめご了承下さい)


【主催者】教科書検定への政治介入に反対する会

  千代田区平河町2丁目16‐5‐302 高池法律事務所気付

スレッドご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます

 
 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


なめ猫