FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 福岡県に対し人権啓発センターの偏向展示撤去を求める
2007年10月31日 (水) | 編集 |
 一昨日の天皇皇后両陛下ご奉迎の提灯行列は忘れられない体験となりました。改めまして関係者の皆様、お疲れ様でした。

 さて、その29日午前に福岡県に対して緊急の申し入れを市民団体「人権擁護法案に反対する福岡県南ネット」として行いました。

 箱モノ行政の歪みの最たる象徴である春日市にある福岡県人権啓発情報センターの偏向展示や職員接遇の問題などを是正するよう取り組みをスタートさせました。

 ここの常設展示のパネルや上映されているビデオは部落解放同盟のプロパガンダそのままです。

 以下、申し入れ内容です。

**

 平成19年10月29日
福岡県保健福祉部人権同和対策局長殿
財団法人福岡県人権啓発情報センター所長殿
同センター資料室担当者殿


人権擁護法案に反対する福岡県南ネット
代表
代表幹事  

人権啓発センターの運営の見直しを求める申し入れ

謹啓
初秋の候、貴下におかれましてはますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
 私どもは真の人権擁護とは何か考え、国会に上程されようとしている人権擁護法案、人権侵害救済法案に反対の意思を表明している保守系の市民団体でございます。
同和行政の情報公開請求や3月には福岡県監査委員会に対する住民監査請求、最近では10月1日午後2時より八女市役所103号会議室で開催されました部落解放同盟福岡県連合会筑後地区協議会および八女市連絡協議会との行政交渉について、以前より人権・同和対策課に対して口頭で市民・報道機関への公開申し入れを行うなど県下各地で取り組んでおります。
 このたび正式に貴センターに対して行政から交付されている多額の補助金、運営費で政治運動を含めた一部運動団体の主張に偏重した活動をされておられる現状を踏まえ、経営改善を含めた申し入れたく存じます。

要望事項
① 資料室の様態を図書館と同一の扱いにされたい
② 部落解放同盟の運動を賞賛する常設展示のビデオやパネルを差し替えていただきたい
③ 北朝鮮拉致問題について講座などの開設を取り組まれたい
④ センター利用状況を明らかにされ、利用者の増加につながる取り組みを推進されたい
⑤ 職員の接遇、電話応対など服務指導を徹底されたい

ご皇室について理解を深められます
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます
 
 
別冊正論これは必読です。
http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーサイト

なめ猫