FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 家族破壊を警察力を利用して進める東京・墨田児童相談所に抗議を
2008年09月03日 (水) | 編集 |
先ほど知友のジャーナリスト、NPO法人家族の絆を守る会事務局長の岡本明子さんからメールが届きました。

すでにいくつかのブログなどで紹介されている男子児童を墨田児童相談所が隔離施設に拉致したうえ、脱出を図った児童を警察が見成年者略取誘拐として保護を図ったのです。

墨田児童相談所に対して抗議
クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ


この墨田児童相談所に対して抗議をお願いします。

***野牧先生からのメール***

原(上谷)少年のことについて、抗議やご心配していただき、大変ありがとうござい
ました。

原君は、また、警察につかまってしまいました。
墨田児相は母親に連絡して、母親とともに志村警察に、捜索願を出しました。
父親を見成年者略取誘拐として訴えているのです。

それにしても、墨田児相はめちゃくちゃです。子供110番の弁護士は原君の件につい
て、「母親による虐待」として児相に通報したのです。

親は子供の居所を隠していたのですが子供の様子が心配で、(原君は嘔吐を繰り返し
ています)ちょっと様子を見に行ってしまったのです。

そこを尾行していた警察官につかまってしまい、少年と父親は、また、連行されまし
た。

墨田児童相談所に対して抗議
クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

父親だけはたぶん、帰されると思います。誘拐罪にはならないでしょう。実に父親で
すから。それに、少年が逃げ帰ったのですし。少年が早く逃げることを祈るばかりで
す。

私が危惧するのは、少年が逃げられないくらい遠くに送られることです。八丈島に施
設があるかどうか分りませんが、島だったら、戻れません。

仕切り直しです。
本当にありがとうございました。

少年が自殺しないことを祈ります。彼は母親に親権が移り、父親と離れ離れになると
知らされたとき、自殺未遂をしたのです。そして、人身保護請求で裁判所から母親へ
の引渡しが言い渡されても、父親のもとを離れませんでした。今、嘔吐を繰り返して
います。精神的に不安定で、消耗しているのです。

しかし、病院へ連れて行くとそのまま児相送りになるケースがたくさんあり、それは
危険です。少年の健康が蝕まれて、逃げる力さえなくなってしまうのでは、と心配で
す。

私のところに、メールで3件ほど相談が新しく来ています。以前からの方がさっき、
お電話くださいました。

私はもう一度、気を取り直して、気を取り直して、頑張ります。児相問題については私より先に、色々な方が記者クラブなどで報告しています。マスコミの記者の中に、
実態を知っている人がけっこういるようです。しかし、取上げられません。女権の圧
力が押さえているのです。

私達が実績を積み重ね、小さい戦闘で少しずつ勝ちを積み上げていけば、女権の圧力
に風穴を開けられると思います。その時まで、私は努力をするでしょう。

そのときまで、どうぞ、皆様、私を助けてください。
私をどうぞ、助けてください。

**小菅氏からのメール**

二回目のお願いです。
既に抗議された方はもう一度、まだの方はぜひ抗議を送って下さい。この子供は次の拉致を恐れて心身不安定です。一刻も早く助けて下さい。 お願い致します。
なお、以下の文書は近隣の家々に配布します。                                                                    

墨田児童相談所による 子供の心情破壊と家族破壊 を止めさせる為に
近隣の皆様にご理解とご協力をお願い致します
 
 原君(11歳・小6、男)は本人にも父・姉にも何ら正確な理由が告げられないまま、児相によって突然に誘拐され、児相の隔離施設に入れられてしまいました。
 どうも子育てに関して、実母と実父の間で不和・分離が有る事に付いて、児相側の言い分である(父・母の争いを子供に見せるのは、子供への「虐待」である)とかを用いた様です。

 元より原君の父母は当初から別居しており、子育ては途切れる事無く、信頼する父と母の様に慕っている姉によって行なわれて来ました。従い、原君は母を哀れと思っても、共に暮らす気持ちを全く持っていません。
(親権が母に有り、引き取られそうだと聞いた時は自殺未遂も起こしています)

児相はこの母の同意を名目として、父子には一時預かり(5~10日位)だと言って、本年3月末に数人で原君を誘拐しました。以後、父が何を聞いてもまともな答えが得られないまま、隔離施設に無期限の「入所」を続けられました。
原君はだまされた思いながら日々を過ごして居ましたが、この間児相職員は「お父さんからの虐待が有ったはずだ」と何回もしつこく問い質しています(言質を取りたかったのでしょう)。

さて原君は父に宛てた手紙が一つも届いていなかったと知って、逃げる決意をしました。

墨田児童相談所に対して抗議
クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ


8月27日、必死の思いで施設を飛び出して、懐かしい父・姉の元へたどり着きました。


しかし児相はまた母を用いて、父が強制的に連れ去ったとの被害届を警察に出させました。

やがて31日に、警察から出頭を求められたため父子で行った所、原君は間も無く児相が来ると聞かされて、警察から一人で飛び出しました(一時間後に見つかって連れ戻される)
やがて数名の児相職員が原君を取り囲んで、施設へ戻る様にと強要しましたが、原君は完全に拒否しました。
すると彼らは父が制止するのも無視して、警官が目を背けている中、泣き叫ぶ原君を強引に押さえ付けながら拉致して行きました。

さて9月1日、一っ時もこんな施設に居たくない思いの原君は、同じくすきを見て飛び出して、父・姉の元に保護されました(小菅はこの夜、三人と会い、喜び合う姿を直に見ています)

しかるに児相は(警官もあきれ返る中)母を用いて・同じ届を再度警察へ出して、子供を確保して引き渡す様にと要請しています。(この件が以後どうなるかは未だ予測を許しません)

私たちはこの子供と家族を守りたいと思います。守れないと原君は本当に自殺しかねません。既にこれまでの心労から摂食障害を起こしています。

墨田児童相談所に対して抗議
クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

信じ難いかも知れませんが、既に各地の児相は「親よりも社会的な子育ての方が良い」「現状の家族は破壊した方が良い」と偏向して信じ込んだ人々により主導されています。そしてこの様な理不尽な事柄もあちこちの児相で起こっています。

原君には元の小学校への復帰(転校)が必要です。今は児相の妨害(再度の拉致が見込まれる)で通えません。近隣の皆様、この子供が一日も早く正常な生活に戻れる様に、ご理解とご協力をお願い致します。

(注)児相は知っていても言いません。しかし裁判の判例でも、子供が10歳位になると、親権者から子供が自分の意思で離れて、異なる親族と生活する事が認められています。親権による強制は有害だからです。


墨田児童相談所 ・・130-0012 墨田区江東橋1の16の10
所長 江角義男  所員 久野・増井・松崎 殿
電話 03-3632-4613  FAX 03-3635-6741
メイル S0000213@section.metro.tokyo.jp

【若手研究者サイト人形町サロンに拙稿が掲載されました】

若手研究者による研究発表の場を提供するサイト「人形町サロン」<今月の識者>に大分県の教員採用不正問題での論考が掲載されました。

私のタイトルは「大分県教員採用不正事件は教育の地方分権の産物だ」です。

教育の地方分権は教育の正常化に弊害をもたらすことを指摘させていただきました。

http://www.japancm.com/sekitei/sikisha/2008/sikisha38.html

このサイトはテーマは政治や教育、社会科学などと幅広く、私も拝見させていただいております。

過日、「人形町サロン」編集部の方から連絡をいただき、締切りを延長してい
ただきましたがなんとか仕上げ、本日より掲載していただいております。

これまでの主な執筆者は

百地章 氏(日本大学教授)
桜林美佐 氏(ジャーナリスト)
遠藤 浩一氏(拓殖大学教授)
西村幸祐氏(ジャーナリスト)
城内 実 氏(元衆議院議員)
上島嘉郎氏(産経新聞『正論』編集長)

など多彩な顔ぶれです。

マイミクの伊藤純子伊勢崎市議会議員、いかるが卓徳大野城市議会議員も当該サイトにご論考を寄せておられます。

過去掲載文もあわせてお読みください。

【人権擁護法案阻止(同和利権)・教育正常化活動のカンパ支援をお願いします】

以前から、ブログ「なめ猫♪」でカンパを募集しており、いただいたカンパは福岡~八女間をはじめとする交通費や図書購入や情報公開請求などの調査研究費など活動費に充ててきました。

いま人権擁護法案などの運動はいろいろな団体などのお力も借りて展開していますが、教育をめぐる問題の続出に、私が事務局長をつとめる「教育正常化推進ネットワーク」を本格的な組織にしていきたいという思いが強くなってきたのと、福岡県同和教育研究協議会(県同教)の補助金支出を違法であるとして住民監査そして訴訟へ持っていきたいと考えています。

その前哨戦として、8月7日のアクロス福岡での県同教講座、14日と2週連続で道路使用許可をとり人権擁護法案反対の街頭宣伝活動を行いました。

街頭活動

演説する女子学生

<8・14活動の動画>


女子学生さんの演説^-^



高校生や大学生、主婦の方など特定団体に属しない若い世代を中心に取り組んでいます。

福岡の教育を左傾化させ、子供たちを歪めているのは、県同教と日教組です。
その県同教に県教委・市町村が補助金を出しています。行政まる抱えで偏向思想教育が行われているのです。

質の悪い政治家が福岡ばかり出るのは人を育てる教育がおかしいからです。

同和・人権の看板に逆らえない現場の先生たちを守るのは、私たち民間レベルの運動だと思っています。

それは共産党でなく、我々保守が本来やるべきことです。

福岡県同和教育研究協議会への県からの760万円もの補助金、市町村からの市町村支部からの補助金の上納金によって、同和教育運動は機能しています。

つまり行政からのカネの流れを断ち切ると運動がしぼむ訳です。

解放同盟の影響力を消滅させるにはそれしかありません。


同時に国に対する働きかけを強化し ます。

スピーカーはおかげさまで購入することができ

ました。

この場におきましてご支援を賜りました皆様に

お礼申し上げます。

福岡をはじめ教育正常化を

重点目標に掲げて活動していきます。


情報公開請求の文書費や外部との渉外も多く、出て行くお金のほうが多いのが現状です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     



<人権問題調査会長、ポスト空席になる>

今朝の中日新聞にこういう記事が載っていました。(産経新聞にも同趣旨記事あり)

これまでの調査会長といえば今をときめく太田誠一農林水産大臣・・・

太田大臣の秘書への要請中の写真です。一番、左端が私です。
太田誠一秘書との写真

人権調査会そのものを廃止すべきと思う方は
クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

皆様、ご記憶のように太田誠一は部落解放同盟の集会で「罵詈雑言の嵐だが必ず成立させる」などといって解同に媚を売ったり、このポストに就任するとそういう仕事もする必要があるわけで、解散が近いといわれるこの時期、誰もそんな役回りは引き受けたがらないでしょう。

http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2008082702000056.html

希望者なしで会長空席 自民・人権問題調査会
 
 26日の自民党総務会に報告された党政務調査会役員人事で、人権問題等調査会長が「希望者不在」(党幹部)で決まらず、異例の空席状態となっていることが分かった。

 同調査会の前会長は太田誠一農相で、先の内閣改造で閣僚就任に伴って会長が不在となっていた。

 同調査会は今年2月、人権侵害への救済措置を定める人権擁護法案の通常国会提出を目指し、議論を本格的に再開した。ところが会合のたびに、同法制定慎重派議員から「人権侵害の定義があいまいだ」などと反対意見が続出して紛糾。前会長だった太田氏が救済対象となる人権侵害を絞った私案を示しても、反対派とは折り合えず、同法案の国会提出は見送られた経緯がある。

**

■反日マスコミの真実2ぜひお読みください


クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ                                
スポンサーサイト




 正論10月号買いました
2008年09月03日 (水) | 編集 |
いま読んでいる最中ですが、格差についての論考は秀逸でした。政治家や財界人はもちろんですが、ごく普通の方に読んでいただきたい。

共産党や部落解放同盟は保守主義と新自由主義を結びつけて「タカ」派だのいうわけですが、それは違うぞ、真の保守派は構造改革や規制緩和は日本の文化を壊すと考えているのだという姿勢を示すことができたと思います。

リックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

左翼連中には困ったことになりますね。なにしろ右派の代表雑誌が格差を真正面から取り上げているわけですから。

こういう企画を待っていた人は多いと思います。

とくに最近、家庭内の事件が多いですが、フリーターやそういう子供をもつ親御さんなどもこれで何か解決するものでもないけれど、客観的に社会問題と自分の問題をつなげて考えるうえで材料になることは間違いないと思います。

京都大学の佐伯教授の論考は

「新自由主義と保守主義は異なっている」
「保守主義が本質を見失ってしまった。社会主義という左翼との対決を保守の本分であるとみなしていたからである」
「構造改革とは、当初から格差を作り出し、長期雇用を破壊することを目的とするものであったのである」

と指摘しておられます。

それから、タイムリーな政治についてジャーナリストの山村明義氏の論考は私の見方とほぼ一致します。

構造改革、グローバル化は、それは日本人としての思想信条、伝統文化といった価値観と矛盾が生じることを指摘されています。

そうすると、中川秀直自民党国家戦略本部長代理が進める1000万人の移民政策などは明らかに矛盾するものです。

勿論、公明党の道具に麻生氏がなる危険性も指摘されています。このほか小林よしのり氏のパール判決文に対する論争の論文など内容盛りだくさんです。ぜひご一読いただきたい。

【若手研究者サイト人形町サロンに拙稿が掲載されました】

若手研究者による研究発表の場を提供するサイト「人形町サロン」<今月の識者>に大分県の教員採用不正問題での論考が掲載されました。

私のタイトルは「大分県教員採用不正事件は教育の地方分権の産物だ」です。

教育の地方分権は教育の正常化に弊害をもたらすことを指摘させていただきました。

http://www.japancm.com/sekitei/sikisha/2008/sikisha38.html

このサイトはテーマは政治や教育、社会科学などと幅広く、私も拝見させていただいております。

過日、「人形町サロン」編集部の方から連絡をいただき、締切りを延長してい
ただきましたがなんとか仕上げ、本日より掲載していただいております。

これまでの主な執筆者は

百地章 氏(日本大学教授)
桜林美佐 氏(ジャーナリスト)
遠藤 浩一氏(拓殖大学教授)
西村幸祐氏(ジャーナリスト)
城内 実 氏(元衆議院議員)
上島嘉郎氏(産経新聞『正論』編集長)

など多彩な顔ぶれです。

マイミクの伊藤純子伊勢崎市議会議員、いかるが卓徳大野城市議会議員も当該サイトにご論考を寄せておられます。

過去掲載文もあわせてお読みください。

【人権擁護法案阻止(同和利権)・教育正常化活動のカンパ支援をお願いします】

以前から、ブログ「なめ猫♪」でカンパを募集しており、いただいたカンパは福岡~八女間をはじめとする交通費や図書購入や情報公開請求などの調査研究費など活動費に充ててきました。

いま人権擁護法案などの運動はいろいろな団体などのお力も借りて展開していますが、教育をめぐる問題の続出に、私が事務局長をつとめる「教育正常化推進ネットワーク」を本格的な組織にしていきたいという思いが強くなってきたのと、福岡県同和教育研究協議会(県同教)の補助金支出を違法であるとして住民監査そして訴訟へ持っていきたいと考えています。

その前哨戦として、8月7日のアクロス福岡での県同教講座、14日と2週連続で道路使用許可をとり人権擁護法案反対の街頭宣伝活動を行いました。

街頭活動

演説する女子学生

<8・14活動の動画>


女子学生さんの演説^-^



高校生や大学生、主婦の方など特定団体に属しない若い世代を中心に取り組んでいます。

福岡の教育を左傾化させ、子供たちを歪めているのは、県同教と日教組です。
その県同教に県教委・市町村が補助金を出しています。行政まる抱えで偏向思想教育が行われているのです。

質の悪い政治家が福岡ばかり出るのは人を育てる教育がおかしいからです。

同和・人権の看板に逆らえない現場の先生たちを守るのは、私たち民間レベルの運動だと思っています。

それは共産党でなく、我々保守が本来やるべきことです。

福岡県同和教育研究協議会への県からの760万円もの補助金、市町村からの市町村支部からの補助金の上納金によって、同和教育運動は機能しています。

つまり行政からのカネの流れを断ち切ると運動がしぼむ訳です。

解放同盟の影響力を消滅させるにはそれしかありません。


同時に国に対する働きかけを強化し ます。

スピーカーはおかげさまで購入することができ

ました。

この場におきましてご支援を賜りました皆様に

お礼申し上げます。

福岡をはじめ教育正常化を

重点目標に掲げて活動していきます。


情報公開請求の文書費や外部との渉外も多く、出て行くお金のほうが多いのが現状です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     



<人権問題調査会長、ポスト空席になる>

今朝の中日新聞にこういう記事が載っていました。(産経新聞にも同趣旨記事あり)

これまでの調査会長といえば今をときめく太田誠一農林水産大臣・・・

太田大臣の秘書への要請中の写真です。一番、左端が私です。
太田誠一秘書との写真

人権調査会そのものを廃止すべきと思う方は
クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

皆様、ご記憶のように太田誠一は部落解放同盟の集会で「罵詈雑言の嵐だが必ず成立させる」などといって解同に媚を売ったり、このポストに就任するとそういう仕事もする必要があるわけで、解散が近いといわれるこの時期、誰もそんな役回りは引き受けたがらないでしょう。

http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2008082702000056.html

希望者なしで会長空席 自民・人権問題調査会
 
 26日の自民党総務会に報告された党政務調査会役員人事で、人権問題等調査会長が「希望者不在」(党幹部)で決まらず、異例の空席状態となっていることが分かった。

 同調査会の前会長は太田誠一農相で、先の内閣改造で閣僚就任に伴って会長が不在となっていた。

 同調査会は今年2月、人権侵害への救済措置を定める人権擁護法案の通常国会提出を目指し、議論を本格的に再開した。ところが会合のたびに、同法制定慎重派議員から「人権侵害の定義があいまいだ」などと反対意見が続出して紛糾。前会長だった太田氏が救済対象となる人権侵害を絞った私案を示しても、反対派とは折り合えず、同法案の国会提出は見送られた経緯がある。

**

■反日マスコミの真実2ぜひお読みください


クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ                                

 25の自民党県連は態度保留で総裁選模様眺め 
2008年09月03日 (水) | 編集 |
福田首相辞任の会見が行われた一昨日夜からブログのアクセスが急上昇しています。ネットユーザーに多く見られた麻生キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!でなく、客観的にどう展開するかを書かせていただきました。

麻生幹事長にぜひ首相に
なっていただきたい方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

動あれば反動ありといいます。 ぬか喜びになることはよくあります。

反麻生の対抗勢力の動きもあると、具体的に古賀たち新YKKの派閥の動き、構造改革派の中川秀直が小池百合子を担ぐと書きました。

実際、そういう動きになっていて、通常の読者さんだけでなく検索などで来訪された方がかなりいらっしゃるようです。

私は政治家ではありませんので、あくまで評論ですが、メディア報道に出ない側面や情報もご紹介していきたいと思っています。

共同通信が自民党47都道府県連に総裁選についてアンケートを行っています。約半分の県連は麻生支持と回答しているようです。

しかし逆に言えば25の県連はどうなるか様子見しているということです。勝ち馬に乗ろうという狡さも感じます。政治の世界はそういうものでしょうが。

福岡の自民党は昨年の総裁選でも山拓・古賀誠が圧力をかけたにもかかわらず持ち票3票、麻生氏に入れています。

麻生幹事長にぜひ首相に
なっていただきたい方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

問題はこれからで、地元福岡はともかく、他の県連は今の段階で麻生支持といっていても、他の有力な候補が出てくれば鞍替えすることはおおいにありえます。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080902/plc0809022129026-n1.htm

【福田退陣】麻生氏支持が22府県 自民の全国47都道府県連アンケート
 共同通信社は2日、自民党総裁選について全国47都道府県連幹部に緊急アンケートを実施。福岡など22府県の幹事長らが、福田康夫首相(党総裁)の後継として麻生太郎幹事長を支持すると回答した。一方「まだ、顔触れが出そろっていない」(三重)などと、全体の半数を超える25都道県が、未定か無回答と、模様眺めの構えをとっている。

 現役幹事長という党要職を務め、平成19年9月の総裁選でも健闘した麻生氏の知名度が、地方組織にも広く浸透していることが示された。ただ、麻生氏を一番手に挙げながらも「衆院選を考えれば、小池百合子元防衛相、野田聖子消費者行政担当相の両女性議員もいい」(滋賀)と、別の候補に言及するケースも複数あった。麻生氏支持の理由については「経済問題をずっと論議し続けている」(茨城)などが挙がった。

【人権擁護法案阻止(同和利権)・教育正常化活動のカンパ支援をお願いします】

以前から、ブログ「なめ猫♪」でカンパを募集しており、いただいたカンパは福岡~八女間をはじめとする交通費や図書購入や情報公開請求などの調査研究費など活動費に充ててきました。

いま人権擁護法案などの運動はいろいろな団体などのお力も借りて展開していますが、教育をめぐる問題の続出に、私が事務局長をつとめる「教育正常化推進ネットワーク」を本格的な組織にしていきたいという思いが強くなってきたのと、福岡県同和教育研究協議会(県同教)の補助金支出を違法であるとして住民監査そして訴訟へ持っていきたいと考えています。

その前哨戦として、8月7日のアクロス福岡での県同教講座、14日と2週連続で道路使用許可をとり人権擁護法案反対の街頭宣伝活動を行いました。

街頭活動

演説する女子学生

<8・14活動の動画>


女子学生さんの演説^-^



高校生や大学生、主婦の方など特定団体に属しない若い世代を中心に取り組んでいます。

福岡の教育を左傾化させ、子供たちを歪めているのは、県同教と日教組です。
その県同教に県教委・市町村が補助金を出しています。行政まる抱えで偏向思想教育が行われているのです。

質の悪い政治家が福岡ばかり出るのは人を育てる教育がおかしいからです。

同和・人権の看板に逆らえない現場の先生たちを守るのは、私たち民間レベルの運動だと思っています。

それは共産党でなく、我々保守が本来やるべきことです。

福岡県同和教育研究協議会への県からの760万円もの補助金、市町村からの市町村支部からの補助金の上納金によって、同和教育運動は機能しています。

つまり行政からのカネの流れを断ち切ると運動がしぼむ訳です。

解放同盟の影響力を消滅させるにはそれしかありません。


同時に国に対する働きかけを強化し ます。

スピーカーはおかげさまで購入することができ

ました。

この場におきましてご支援を賜りました皆様に

お礼申し上げます。

福岡をはじめ教育正常化を

重点目標に掲げて活動していきます。


情報公開請求の文書費や外部との渉外も多く、出て行くお金のほうが多いのが現状です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     


【若手研究者サイト人形町サロンに拙稿が掲載されました】

若手研究者による研究発表の場を提供するサイト「人形町サロン」<今月の識者>に大分県の教員採用不正問題での論考が掲載されました。

私のタイトルは「大分県教員採用不正事件は教育の地方分権の産物だ」です。

教育の地方分権は教育の正常化に弊害をもたらすことを指摘させていただきました。

http://www.japancm.com/sekitei/sikisha/2008/sikisha38.html

このサイトはテーマは政治や教育、社会科学などと幅広く、私も拝見させていただいております。

過日、「人形町サロン」編集部の方から連絡をいただき、締切りを延長してい
ただきましたがなんとか仕上げ、本日より掲載していただいております。

これまでの主な執筆者は

百地章 氏(日本大学教授)
桜林美佐 氏(ジャーナリスト)
遠藤 浩一氏(拓殖大学教授)
西村幸祐氏(ジャーナリスト)
城内 実 氏(元衆議院議員)
上島嘉郎氏(産経新聞『正論』編集長)

など多彩な顔ぶれです。

マイミクの伊藤純子伊勢崎市議会議員、いかるが卓徳大野城市議会議員も当該サイトにご論考を寄せておられます。

過去掲載文もあわせてお読みください。

<人権問題調査会長、ポスト空席になる>

今朝の中日新聞にこういう記事が載っていました。(産経新聞にも同趣旨記事あり)

これまでの調査会長といえば今をときめく太田誠一農林水産大臣・・・

太田大臣の秘書への要請中の写真です。一番、左端が私です。
太田誠一秘書との写真

人権調査会そのものを廃止すべきと思う方は
クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

皆様、ご記憶のように太田誠一は部落解放同盟の集会で「罵詈雑言の嵐だが必ず成立させる」などといって解同に媚を売ったり、このポストに就任するとそういう仕事もする必要があるわけで、解散が近いといわれるこの時期、誰もそんな役回りは引き受けたがらないでしょう。

http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2008082702000056.html

希望者なしで会長空席 自民・人権問題調査会
 
 26日の自民党総務会に報告された党政務調査会役員人事で、人権問題等調査会長が「希望者不在」(党幹部)で決まらず、異例の空席状態となっていることが分かった。

 同調査会の前会長は太田誠一農相で、先の内閣改造で閣僚就任に伴って会長が不在となっていた。

 同調査会は今年2月、人権侵害への救済措置を定める人権擁護法案の通常国会提出を目指し、議論を本格的に再開した。ところが会合のたびに、同法制定慎重派議員から「人権侵害の定義があいまいだ」などと反対意見が続出して紛糾。前会長だった太田氏が救済対象となる人権侵害を絞った私案を示しても、反対派とは折り合えず、同法案の国会提出は見送られた経緯がある。

**

■反日マスコミの真実2ぜひお読みください


クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ
                                

なめ猫