<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 朝鮮総連本部が整理回収機構に仮差し押さえになる
2011年02月25日 (金) | 編集 |
2月20日に佐賀県鳥栖市で大嶋かずまささんたちが主催した講演会は予想を上回り、100名近い方がお見えでした。

佐賀で保守系文化人を講師に講演会を主催している土曜セミナーの方など佐賀県の方を中心にお見えでした。頑張れ日本の方は司会をされた若い女性ははるばる香川県からお見えでした。

尖閣問題の署名を受付でさせていただき、30名ほどご署名いただきました。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan

講師のイリハムさんの講演内容は明日の日本の姿かと戦慄を覚えるもので、ウイグル民族の民族絶滅を狙っているとしか思えない中国共産党の圧政に怒りを感じました。

自治政府とは名ばかりで実権は漢民族が握っており、正当な抗議行動を武力で弾圧する姿はかつての天安門事件と同じです。

教育も民族の言葉を奪い、歴史教育も中共の都合のいいように教えられています。

核実験の実験場近くでは多くの被爆被害が起きていながらなんら対策を取ろうとしていません。

しかし、こうした東トルキスタンの状況が国際社会に伝わるのは稀です。なぜなら、近隣の同じトルコ系、イスラム諸民族の国家であるカザフスタンやウズベキスタンなどが中国との経済関係に縛られてしまっているからです。

イリハムさんは日本がもっと親日国に関心をもってほしいと訴えられました。これは多くの発展途上の親日国家の思いだと受け止めています。

講演会でいただいた資料も精読させていただきましたが、それによると、被爆により大脳未発達の赤ちゃんばかり生まれる村があるとのこと。もっと日本はこの現実に目を向ける必要があるのではないでしょうか。

このままでは間違いなく日本はこれから10年以内に中共に飲み込まれます。

当日はニコニコ生放送も行われ、300名を超える方がご覧になられています。

大嶋さんは、昨年、在特会佐賀支部長を辞任後も、福岡での各団体の活動に熱心に参加されていらっしゃいます。今後も連携して、切磋琢磨し、共に日本の再生のため頑張ってまいりたいと思います。

さて、本題の朝鮮学校の整理回収機構による差し押さえの件ですが、今朝の読売新聞で報道されています。

これは全国にある朝鮮総連関連施設、朝鮮学校にも波及するのではないでしょうか。

最高裁に朝鮮総連側は上告していますが、彼らは焦っていることはたしかだと思います。

かつての朝銀(朝鮮銀行)への公的資金投入。これまでも報道はたびたびされてきました。

私の手元に別冊宝島の「北朝鮮対日潜入工作」というムックがあります。

北朝鮮対日潜入工作


執筆者の一人、野村旗守氏によると、朝鮮総連の財政基盤を担う全国の朝銀信用組合を統括するのは総連中央本部の経済局であったが、人事権を握っていたのは財政局で、当時の財政局幹部の許宗萬は、朝鮮総連内の非公然組織であり、朝鮮労働党の日本支部でもある「学習組」のトップであった。

※学習組については「北朝鮮対日潜入工作」の野村旗守氏の「最大の在日非公然組織学習組の正体」をお読みいただきたい。

学習組の正体


朝銀は中央財政局のいいなりに「担保価値をはるかに上回る過剰融資、無担保融資を繰り返し、乱脈経営の限りを尽くした揚句、全国の朝銀信組が、次々に経営危機に追い込まれていった」のです。

そのつけを日本国民が支払うというのは絶対におかしい。
それを推進したのがいまだに政界のご意見番のごとくふるまい続ける野中広務です。

また、福岡県は二重詐取分は返還させるとはいうものの、今後も補助金を朝鮮学校に出すというのですから怒りがこみあげます。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110225-OYT1T00170.htm

朝鮮総連本部、整理回収機構が仮差し押さえ

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部(東京都千代田区)の土地・建物について、東京地裁が18日付で整理回収機構(東京)による仮差し押さえを認める決定を出し、同機構が21日に仮差し押さえを行っていたことがわかった。


 同地裁は2007年6月、同機構が旧朝銀東京信組などから買い取った債権のうち、約627億円分を事実上の朝鮮総連への融資と認定し、朝鮮総連に全額の返還を命じる判決を言い渡した。この判決に基づき、同機構は同本部の土地・建物を差し押さえようとしたが、登記上の所有者が朝鮮総連の関連会社名義になっていたため、名義を朝鮮総連の代表者に書き換えるよう求める別の訴訟を起こし、1、2審で請求が認められた。

 朝鮮総連側は現在、最高裁に上告中で、判決が確定すれば強制執行が可能となる。仮差し押さえは、強制執行に備えて債務者の財産を保全する手続きで、同機構は「念のための保全措置として、仮差し押さえを行った」としている。

【朝鮮学校への補助金について福岡県私学振興課へご意見を】

皆様、朝鮮学校への補助金は廃止すべきだなど、厳しいご意見をお願いします。
電話、あるいはファックスをよろしくお願い致します。

福岡県私学振興局私学振興課私学第2係

朝鮮学校担当 桂木、小野

092-643-3130(直通)
092-643-3135(ファックス)


**

【情報提供や活動ご支援のお願い】

☆私どもの正常化運動にご参加、あるいは活動をご支援いただけますと幸いです。
また電場番号も公開しており、情報のご提供、また、ご意見をお聞かせ下さい。

090-4588-5280(近藤)

国家解体の3法案はいまのところ、止まったかのように見えますが、そうではありません。

推進派は時の政権と緊密な関係にあります。管政権は極左市民運動家が乗っとった政権です。

旧社会党系の「平和フォーラム」(国労も含めた旧総評系労組と部落解放同盟が構成団体)の運動方針、やばい内容だらけです。
http://www.peace-forum.com/kadai/2010.htm

民主党の正体は即ち、この方針に基づく政策の事です。この運動方針にある「取り組みの基本的スタンス」の項で注目なのが、「3.従来の抵抗・対決型から政策実現型へ運動の組み立て方を転換すること」です。まさに政権内部からの革命を目指しています。


内閣改造でも旧社会党系の閣僚はおり、その政治的影響力は強まるばかりです。

昨年も1月末、3月中旬、8月下旬と三度にわたり、政府・国会陳情と国民集会に参加してまいりました。

また、地元福岡県においては、朝鮮学校補助金撤廃に向けた取り組み、外国人参政権、夫婦別姓、人権侵害救済法案阻止の運動、日教組系組織の影響の強い義務制、一部高校教育の正常化、子供の権利条例などを利用しての一部運動体の行政介入を是正させる取り組みを継続しています。

福岡の問題は4年前から追いかけておりますが、地元マスコミの提灯持ち報道や保守系議員の取り組みの弱さもあって部落解放同盟は、地域主権を掲げる民主党政権下で息を吹き返しつつあります。

昨年10月に筑紫野市で開催された解放同盟と筑紫野市のいわゆる学習会は、まさにつるし上げであり、運動体と行政の不透明な関係の疑義がより強まりました。

私(ども)は、まず第一にいわゆる国家解体法案、ヤミ法案の阻止運動を行います。街頭活動や勉強会、会議の開催を行い、全国的なネットワークの構築を進めております。

また福岡の課題として同和行政の負の遺産もあり、

保守系議員の奮起を促して正常化へ向けて取り組んでいます。


最近では朝鮮学校の公的補助金廃止に向けた取り組み、筑紫野市等において部落解放同盟などと行政の癒着関係を是正させるべく戦っております。

産経新聞 福岡県が645万円返還請求へ



http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110217/crm11021721180029-n1.htm

朝鮮学校の補助金二重取り問題、福岡県が645万円返還請求へ

 福岡県内で朝鮮学校を運営する学校法人「福岡朝鮮学園」(北九州市)が平成17年度から21年度にかけ、県と市から補助金を二重取りした問題で、福岡県は17日、学園に交付した補助金のうち計645万円が二重申請による不適切な補助金だったとして返還を求める方針を明らかにした。学園は「県から補助金を受け取っていない」として北九州市からも補助金を受けており、同市も補助金の返還を検討している。

 同学園への県の補助金は、学園から申請のあった文化交流などの事業費の2分の1以内を、年間の上限800万円で交付する制度。17年度からの5年間は毎年、学園から約1605万~1909万円の事業で申請があり、毎年限度額いっぱい、計4千万円が支給された。

 県によると、県と北九州市に二重に申請された事業は年間約201万~588万円分あり、5年間の総額は約1693万円分。

 事業費総額から二重申請分を差し引いて算出した本来の補助金は、17年度約799万円▽18年度約640万円▽19年度約537万円▽20年度702万円▽21年度約678万円(千円以下四捨五入)で、県はすでに交付した年間800万円との差額計645万円の返還を求める。

 県によると、学園側は多く受け取っていた補助金については返還する意向を示しているという。


〈2月7日の街頭活動での写真〉

朝鮮学校補助金反対ビラ

補助金反対街頭活動1

補助金反対での街頭活動2

補助金反対街頭活動3

補助金反対街頭活動4

補助金反対街頭活動5

補助金反対街頭活動6

交通費や情報公開請求の文書費、資料代、ビラの印刷代等備品など活動の推進にあたり出費が嵩んでおります。

大変申し訳ありませんが、状況をご理解いただき、
皆さまから暖かいご支援を賜りますことが 出来れば誠に幸いです。


何卒、よろしくお願いいたします m(__)m

■カンパのお振込先


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


スポンサーサイト

 本日、佐賀県鳥栖市で支那中共政権の少数民族弾圧を糾弾する講演会
2011年02月20日 (日) | 編集 |
本日は佐賀県鳥栖市で元在特会佐賀支部長の大嶋かずまささんが主催する講演会が佐賀県鳥栖市で開催されます。

チラシの内容がその後修正されています。

お近くの皆様はぜひご参加くださいますようお願いいたします。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan


ウイグルビラ


・日時:2月20日(日) 14:00~
・場所:サンメッセ鳥栖 4・5階ホール
    http://www.tosu-zaidan.or.jp/archives/183.html
    JR鹿児島本線東口
・講師:イリハム・マハムティ氏
   【略歴】
   1969年、ウイグルのコムル(ハミ)生まれ
   1998年、新疆大学卒業(人文学)
   2001年、来日、日本語学校、コン ピュータ専門学校を経て2005年日本のIT企業に就職
   2008年、世界ウイグル会議の日本支部である「日本ウイグル協会」が設立され、その代表に就任
   世界ウイグル会議、日本全権代表。
   米国在住のウイグル人活動家ラビア・カーディル女史(ノーベル平和賞ノミネート)らとともに ウイグルの人権問題解決のために日夜奮闘している
   著書に『7.5ウイグル虐殺の真実 ウルムチで起こったことは、日本でも起きる』
   共著に『中国の狙いは民族絶滅―チベット・ウイグル・モンゴル・台湾、自由への戦い』等
・演題:「これからの日本~ウイグルの歴史と現状を踏まえて~(仮)」
・参加費:一般 1,000円 学生 500円
    (会場費その他諸々の経費が必要となりますので、ご協力をお願いいたします。)
・主催:ウイグルを支援する佐賀県有志の会
・共催:頑張れ日本を応援する九州有志の会
・協賛:SNS-FreeJapan
    http://sns-freejapan.jp/
・連絡先:ウイグルを支援する佐賀県有志の会 大島
    uyghur.saga@gmail.com


【朝鮮学校への補助金について福岡県私学振興課へご意見を】

皆様、朝鮮学校への補助金は廃止すべきだなど、厳しいご意見をお願いします。
電話、あるいはファックスをよろしくお願い致します。

福岡県私学振興局私学振興課私学第2係

朝鮮学校担当 桂木、小野

092-643-3130(直通)
092-643-3135(ファックス)


 本日の福岡修学院では電通九州の方を講師に博多駅前再開発をテーマに勉強会
2011年02月19日 (土) | 編集 |
私が理事をさせていただいております修学院は勉強会の位置付けで政治に偏重しない、社会・政治運動とは距離を置く形で進めています。

今回、福岡修学院は、3月の九州新幹線全線開業を控え、JR博多駅前の再開発に注目が集まる中、電通九州の方を講師をお迎えして勉強会を開催いたします。

福岡、九州の都市計画、今後の方向性を考える機会にしていただければと思います。

すでにはじまっておりますが、ぜひご来場くださいますようお願いいたします。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

■福岡修学院2月定例会

【入場無料です!!】

日時:2月19日(土) 13時20分より 

場所:福岡市文学館・2階会議室にて

ゲスト・宮永英樹氏(株式会社電通九州クリエイティブディレクション局長)

内容・博多駅再開発で福岡はどう変わるか

HP・http://shugakuin.sakura.ne.jp/


 ついに朝鮮学校の補助金二重取り問題、福岡県が645万円返還請求へと動く
2011年02月18日 (金) | 編集 |
昨日、勉強会から帰る途中、携帯で産経ニュースを見ていると「朝鮮学校の補助金二重取り問題、福岡県が645万円返還請求へ」との記事が・・・

今朝の産経新聞社会面でも大きく扱われていました。

これは大きな前進です。さまざまな取り組みを水面下でも行ってきた甲斐がありました。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan


産経新聞 福岡県が645万円返還請求へ



http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110217/crm11021721180029-n1.htm

朝鮮学校の補助金二重取り問題、福岡県が645万円返還請求へ

 福岡県内で朝鮮学校を運営する学校法人「福岡朝鮮学園」(北九州市)が平成17年度から21年度にかけ、県と市から補助金を二重取りした問題で、福岡県は17日、学園に交付した補助金のうち計645万円が二重申請による不適切な補助金だったとして返還を求める方針を明らかにした。学園は「県から補助金を受け取っていない」として北九州市からも補助金を受けており、同市も補助金の返還を検討している。

 同学園への県の補助金は、学園から申請のあった文化交流などの事業費の2分の1以内を、年間の上限800万円で交付する制度。17年度からの5年間は毎年、学園から約1605万~1909万円の事業で申請があり、毎年限度額いっぱい、計4千万円が支給された。

 県によると、県と北九州市に二重に申請された事業は年間約201万~588万円分あり、5年間の総額は約1693万円分。

 事業費総額から二重申請分を差し引いて算出した本来の補助金は、17年度約799万円▽18年度約640万円▽19年度約537万円▽20年度702万円▽21年度約678万円(千円以下四捨五入)で、県はすでに交付した年間800万円との差額計645万円の返還を求める。

 県によると、学園側は多く受け取っていた補助金については返還する意向を示しているという。


読売新聞では掲載は同じ社会面ですが、見出しなど扱いは産経に比べると小さい扱い。記事の見出しの大きさはその新聞社が重要性の判断をどう見ているかということです。

読売新聞西部版 平成23年2月18日




http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20110218-OYS1T00610.htm

福岡朝鮮学園 645万円返還へ、補助金二重取りで


 福岡県内で朝鮮学校を運営する学校法人「福岡朝鮮学園」(北九州市八幡西区)が県と北九州市から補助金を二重取りしていた問題で、県は17日、過剰に交付していた補助金645万円を返還請求すると発表した。学園は返還に応じる方針。

 県の発表によると、2009年度までの5年分について、県と同市の資料を照合した結果、スポーツ大会や公演鑑賞などの74事業で重複が確認された。重複がなかった場合、県の補助金は3355万円だったが、4000万円を交付していたという。

 県は再発防止策として、学園に改善計画書の提出を求めた上で、補助対象事業を明確にし、同市との連絡も密にして二重支給がないかどうか確認する。

 福岡朝鮮学園は「二重受領は故意ではなく事務的なミス。県の指導に従って返還したい」としている。



朝日、毎日、西日本はまだ読んでいないのですが、図書館で探してみることとします。

しかし、この詐取分の返還への動きはいいのですが、そこに目を奪われて本来の補助金廃止はなしということでは意味がありません。

あくまで朝鮮総連の援助に他ならない補助金を廃止させることです。

救う会の方針としては事務局長がブログで書いているように、住民監査請求→行政訴訟を視野に入れています。

一昨日の県議会での質問は補助金問題に触れてはいないのものの、高校の授業料無償化の朝鮮学校適用に言及していただきました。また質問日は朝鮮総連が金正日の誕生日を祝うその日であり、態度があいまいな知事はじめ行政当局や親朝鮮派の議員、諸勢力をけん制する意味があります。

補助金廃止は朝鮮総連幹部がいっているように、総連にも北朝鮮本国にとっても大きな痛手になります。この動きは北朝鮮への揺さぶりになり、拉致被害者救出につながるものと考えています。

従って絶対に手を緩めてはなりません。中途半端で終わることがないよう戦い続けてまいります。

以下に昨日配信の救う会全国協議会ニュースを転載します。

【参考】

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2011.02.17-2)「福岡朝鮮学園」に対する公的補助金支出中止を−救う会福岡が要請

昨日、救う会福岡(北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会、青木英実 代表)は、麻生渡・福岡県知事、北橋健治北九州市長、高島宗一郎・福岡市長に 対し、「福岡朝鮮学園」に対する公的補助金支出中止を求める要請を行った。要請文は以下の通り。

■「福岡朝鮮学園」に対する公的補助金支出中止を−救う会福岡が要請

◆要請文
麻生渡・福岡県知事 宛

「福岡朝鮮学園」に対する公的補助金支出中止を求める要請書

平素より本会への取り組みにご理解とご協力を賜わり、心より御礼申し上げます。

さて、拉致問題につきましてはご存知の通り、北朝鮮の不誠実極まりない対応により対話も侭ならない状態が続いております。それ以外の核開発やミサイル問 題においても我国はじめ国際社会から非難を受けております。その様な中で昨年 法制化された「高校授業料無償化」を朝鮮学校に適用するか否かで文部科学省内で議論されました。拉致被害者の「家族会」や支援組織である「救う会」は断固反対の姿勢を取っており、再三適用除外の申し入れを行ったにも関わらず、残念ながら適用される事となりました。

その後、日本政府は拉致問題を理由としてではなく、延坪島砲撃を受けて北朝鮮が国際社会から非難された事を重要視し、無償化申請の審査を中止されておりますが何時、再開されてもおかしくない状態にあります。私達は、朝鮮学校が朝鮮総連の指導の下、過去様々な工作活動に関与してきた事や民族教育という名の下で、拉致などの人権侵害を繰り返してきた独裁者を礼賛し反日を煽り続けている現状を看過することが出来ません。朝鮮学校への無償化適用は、拉致問題解決を目指している日本の立場と相反する行為であり大変遺憾に思いますし、北朝鮮や国際社会に誤ったメッセージを送りかねないと危惧しております。

同様に福岡県内におきましても無償化とは別に「福岡朝鮮学園」に対して福岡県・北九州市・福岡市が様々な名目で補助金を支出している現状も見過ごす事が出来ません。因みに福岡県内では昨年度合計1390万円(福岡県800万円・北九州市400万円・福岡市190万円)もの血税が支出されましたが、全国では8億円以上もの私達の血税が、安易に朝鮮学校に支出されております。

昨年12月に「福岡朝鮮学園」が補助金を二重請求していた事が報じられた事もあり、さすがに此処に来て補助金自体を見直す自治体が出てきだし、東京都・千葉県・大阪府においては来年度予算計上見送りとなりました。今後このような自治体が増えてくるものと思われます。その他、別紙添付の参考資料のように朝鮮学校への公的補助金支出は、文部省通達違反であり憲法違反の疑いまでかけられております。併せて朝銀破綻を受けて「福岡朝鮮学園」の土地・建物がRCC(整理回収機構)に仮差し押さえになっている状況は、債権(税金)回収の為に税金を投入する行為に他なりません。

福岡県に於かれましては、二重請求された補助金に関する徹底調査と回収はもちろんの事、今後の補助金支出自体を中止して頂きます様、強く要望致します。


<本文同じ、最後の2行のみ下記>
北橋健治北九州市長 宛

北九州市に於かれましては、報じられた二重取り請求分回収は無論の事、今後の補助金支出自体を中止して頂きます様、強く要望致します。

<本文同じ、最後の2行のみ下記>
高島宗一郎・福岡市長 宛

福岡市に於かれましては、今まで支出してきた補助金の使途を調査した上で、今後の補助金支出自体を中止して頂きます様、強く要望致します。

以上

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■菅首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]https://www.kantei.go.jp/k/iken/im/goiken_ssl.html?guid=ON

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 菅 直人殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)


【朝鮮学校への補助金について福岡県私学振興課へご意見を】

皆様、朝鮮学校への補助金は廃止すべきだなど、厳しいご意見をお願いします。
電話、あるいはファックスをよろしくお願い致します。

福岡県私学振興局私学振興課私学第2係

朝鮮学校担当 桂木、小野

092-643-3130(直通)
092-643-3135(ファックス)


**

【情報提供や活動ご支援のお願い】

☆私どもの正常化運動にご参加、あるいは活動をご支援いただけますと幸いです。
また電場番号も公開しており、情報のご提供、また、ご意見をお聞かせ下さい。

090-4588-5280(近藤)

国家解体の3法案はいまのところ、止まったかのように見えますが、そうではありません。

推進派は時の政権と緊密な関係にあります。管政権は極左市民運動家が乗っとった政権です。

旧社会党系の「平和フォーラム」(国労も含めた旧総評系労組と部落解放同盟が構成団体)の運動方針、やばい内容だらけです。
http://www.peace-forum.com/kadai/2010.htm

民主党の正体は即ち、この方針に基づく政策の事です。この運動方針にある「取り組みの基本的スタンス」の項で注目なのが、「3.従来の抵抗・対決型から政策実現型へ運動の組み立て方を転換すること」です。まさに政権内部からの革命を目指しています。


内閣改造でも旧社会党系の閣僚はおり、その政治的影響力は強まるばかりです。

昨年も1月末、3月中旬、8月下旬と三度にわたり、政府・国会陳情と国民集会に参加してまいりました。

また、地元福岡県においては、朝鮮学校補助金撤廃に向けた取り組み、外国人参政権、夫婦別姓、人権侵害救済法案阻止の運動、日教組系組織の影響の強い義務制、一部高校教育の正常化、子供の権利条例などを利用しての一部運動体の行政介入を是正させる取り組みを継続しています。

福岡の問題は4年前から追いかけておりますが、地元マスコミの提灯持ち報道や保守系議員の取り組みの弱さもあって部落解放同盟は、地域主権を掲げる民主党政権下で息を吹き返しつつあります。

昨年10月に筑紫野市で開催された解放同盟と筑紫野市のいわゆる学習会は、まさにつるし上げであり、運動体と行政の不透明な関係の疑義がより強まりました。

私(ども)は、まず第一にいわゆる国家解体法案、ヤミ法案の阻止運動を行います。街頭活動や勉強会、会議の開催を行い、全国的なネットワークの構築を進めております。

また福岡の課題として同和行政の負の遺産もあり、

保守系議員の奮起を促して正常化へ向けて取り組んでいます。


最近では朝鮮学校の公的補助金廃止に向けた取り組み、筑紫野市等において部落解放同盟などと行政の癒着関係を是正させるべく戦っております。

〈2月7日の街頭活動での写真〉

朝鮮学校補助金反対ビラ

補助金反対街頭活動1

補助金反対での街頭活動2

補助金反対街頭活動3

補助金反対街頭活動4

補助金反対街頭活動5

補助金反対街頭活動6

交通費や情報公開請求の文書費、資料代、ビラの印刷代等備品など活動の推進にあたり出費が嵩んでおります。

大変申し訳ありませんが、状況をご理解いただき、
皆さまから暖かいご支援を賜りますことが 出来れば誠に幸いです。


何卒、よろしくお願いいたします m(__)m

■カンパのお振込先


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ



 昨日の福岡県議会一般質問で拉致問題が取り上げられる
2011年02月17日 (木) | 編集 |
昨日、北朝鮮拉致問題とTPP問題が取り上げられると言う事で救う会福岡の事務局長と私とで福岡県議会を傍聴して来ました。

以下、私見としての傍聴記でございます。

会としてはブログで事務局長が報告を書いておられます。
http://sukuukai.jugem.jp/?eid=285

到着は2時過ぎで、ちょうど鬼木誠先生(自民党)の一般質問が始まっていました。

知事の次期知事選への対応についての質問が非常に鋭かったです。連合幹部や民主党との関係をずばずば追及されていました。

TPPは農業の崩壊につながりかねないとして、食の安全保障の観点を強調されていました。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan


また経済界と農業の対立の構図ではないと国益を守るかの問題だと仰られました。

「奪われる日本」という本を紹介され、アメリカの年次改革要望書を取り上げられ、アメリカの要求通りに従う日本でいいのかと。明治期に先人が苦労して取り戻した関税自主権を奪われるものであり、アメリカに依存した防衛体制と同じだという本質的な指摘をされました。ここが保守の中でもまだ理解されていない。また外国人労働者の受け容れは国益にならず、TPPは一部の輸出産業の利益の為だけだと追及されました。麻生知事は、まだ是非を判断出来る状況にはないと言う答弁で、好影響も考えるべきといっていました。

こういう質問をできる、される議員が福岡県にいらっしゃるとは本当に目を見張る思いでした。

まさに保守らしい質問でした。

また知事選についての質問では知事が怒り出す場面も有り、なかなかエキサイトしたやり取りでした。知事は「県民党」とかいっていますが、データマックスの報道でもあったように、経済産業省からの働きかけやいわゆる7社会(九州電力や西鉄など地場大手7社)の財界や公明党、連合の支持で選出されると言うのはおかしい。鬼木先生のご指摘の「福岡県知事のポストは経産省官僚の天下りの場ではない」とはそのとおりです。

さて、一般質問の最後を飾ったのが、同じく自民党県議団の高岡新先生の拉致問題への取り組みについての質問でした。

福岡県議会での質問は、平成15年に民主県政クラブの岩元議員(旧民社党)が加藤久美子さんの問題で質問されて以来になります。

民主党政権が進める朝鮮学校への無償化適用にも言及され、北朝鮮や国際社会に誤ったメッセージを送る事になると従来の福岡県議会では観られなかった踏み込んだ内容(朝鮮学校問題は半ばタブーだった)でした。日朝友好議員連盟の活動をしている民主党、社民党系の議員達はどう感じたでしょうか。

すでに救う会福岡のブログでも事務局長が報告をされていますが、高岡先生の質問の中で、加藤久美子さん(北九州市)や三浦和彦さん・波多野幸子さん等の福岡県内の特定失踪者の事や特定失踪者問題調査会に現在約470名がリストアップされている事の他に福岡県警が対象者として約1000名調査しているとのお話をされたのが注目されました。

拉致問題は警察が全力あげて捜査に取り組んでおられます。1000名の対象者と言う数字は初めてで、私たちも県警の捜査に大変期待している所です。

県、市町村の取り組みをどうしていくかとの知事の答弁は、市町村への啓発もさらに促して行くという答弁でしたので、まだ拉致問題に関する人権教育啓発事業に取り組んでいない自治体に対して働きかけを進めて行く事が必要だと思っております。

http://sukuukai.jugem.jp/?eid=285

なお、救う会福岡として朝鮮学校補助金問題について要望書を福岡県、北九州市、福岡市に対して送付しております。
救う会福岡要望書

福岡朝鮮学園」に対する公的補助金支出中止を求める要請書


 平素より本会への取り組みにご理解とご協力を賜わり、心より御礼申し上げます。
さて、拉致問題につきましてはご存知の通り、北朝鮮の不誠実極まりない対応により対話も侭ならない状態が続いております。それ以外の核開発やミサイル問題においても我国はじめ国際社会から非難を受けております。その様な中で昨年法制化された「高校授業料無償化」を朝鮮学校に適用するか否かで文部科学省内で議論されました。拉致被害者の「家族会」や支援組織である「救う会」は断固反対の姿勢を取っており、再三適用除外の申し入れを行ったにも関わらず、残念ながら適用される事となりました。

 その後、日本政府は拉致問題を理由としてではなく、延坪島砲撃を受けて北朝鮮が国際社会から非難された事を重要視し、無償化申請の審査を中止されておりますが何時、再開されてもおかしくない状態にあります。私達は、朝鮮学校が朝鮮総連の指導の下、過去様々な工作活動に関与してきた事や民族教育という名の下で、拉致などの人権侵害を繰り返してきた独裁者を礼賛し反日を煽り続けている現状を看過することが出来ません。朝鮮学校への無償化適用は、拉致問題解決を目指している日本の立場と相反する行為であり大変遺憾に思いますし、北朝鮮や国際社会に誤ったメッセージを送りかねないと危惧しております。
 
 同様に福岡県内におきましても無償化とは別に「福岡朝鮮学園」に対して福岡県・北九州市・福岡市が様々な名目で補助金を支出している現状も見過ごす事が出来ません。因みに福岡県内では昨年度合計1390万円(福岡県800万円・北九州市400万円・福岡市190万円)もの血税が支出されましたが、全国では8億円以上もの私達の血税が、安易に朝鮮学校に支出されております。昨年12月に「福岡朝鮮学園」が補助金を二重請求していた事が報じられた事もあり、さすがに此処に来て補助金自体を見直す自治体が出てきだし、東京都・千葉県・大阪府においては来年度予算計上見送りとなりました。

 今後このような自治体が増えてくるものと思われます。その他、別紙添付の参考資料のように朝鮮学校への公的補助金支出は、文部省通達違反であり憲法違反の疑いまでかけられております。併せて朝銀破綻を受けて「福岡朝鮮学園」の土地・建物がRCC(整理回収機構)に仮差し押さえになっている状況は、債権(税金)回収の為に税金を投入する行為に他なりません。
 北九州市に置かれましては、報じられた二重取り請求分回収は無論の事、今後の補助金支出自体を中止して頂きます様、強く要望致します。


 保守だサヨクだを超えての個人的な感想
2011年02月17日 (木) | 編集 |
これから書く事は個人的な感想、それもほんの一部です。なぜ在特会が誕生したのか、なぜインターネットでの情報、それを通じての活動への参加が増えたのか、既存の保守団体に若者が少ないのか、真剣に考えるべきと思います。

もちろんネットからの人も信用の重みを考える必要があると思います。これはこれまでもちょくちょく書いてきましたが。

いろいろなところに関わって来たから僕だからこそ、いえることがあります。

それから田舎のわけわからん話とかどうでもいいんですよ。真面目な話。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan


善意の押しつけは嫌いです。もう少し正確に言うなら、人権を謳う部落解放同盟の不正は見逃すのに、隣人のあら探しはする。そういう話ばかり田舎は。全然前向きじゃない。それだから左翼が根をはる。温床になりやすい。

田舎でのエリートは公務員です

いまは民主党の県連代表の野田国義氏が八女市長時代一生懸命変えようと努力してました。
保守も旧社会党も野田は悪いの大合唱。でも市民は期待していた。だから自治労出身の対立候補は惨敗でした。

でもまた元に戻り、、、、

僕のいる八女市のぐだぐだぶり。知的レベルの低いDQNの若造と老人しかいなくなるのではないでしょうか。

僕は一度、都会的な、近代的な価値観を知ってしまったらもう、田舎の面倒なぐだぐだとは関係もちたくありません。高校時代に福岡市やその周辺の都市圏の同世代と比較して自分を含めた田舎人のものの知らなさ、世間の狭さを知りました。政治の話とか高校時代ディベートの大会に出るまで聴いた事がなかったし。大学で政治活動や経済問題を議論したり行動する人をみました。

新鮮に感じました。カッコいいなあと。ああ。政治を考える社会問題考えるのは全然おかしくないんだと。

田舎の閉鎖的な体質だから自治労や左翼が跋扈するのです。なれ合い体質。阿久根と同じですよ。

竹原氏の行動はなれ合いの議会制民主主義の欺瞞を天下に晒した功績があります。そこらへんの保守よりずっと話があう。問題意識を共有している。

それから思うのですが、無差別殺人事件などを起こした若者について。彼らも政治に目覚めていたら殺傷事件とかそういう方向に行かなかったと思います。思想の左右は問わず社会構造や政治状況と自分の置かれた状況の関係を自覚できれば、行動が変わります。絶対に無差別殺人とかそんなことはしないはず。

日本人としての自覚。公を考える。悲しいかな悲惨な事件にはいずれも公がない。子が親を殺し、親が子を殺す。老人介護や引きこもりなどを背景にした家庭内殺人を食い止めるのは最後は公の意識。

でも、世間体とかそういうものではない。むしろ世間の同調圧力、視線に耐えきれず自らそういう道を選ぶケースが多い。だからここでいう公は地域社会よりもナショナルなものを意味します。

誤解を恐れずに言えば僕はサヨクでもいいと思う。無思想というか無関心が一番怖い。

それに気付きさえすれば自暴自棄ではなく自分を変え社会を変えていく方向にエネルギーを向けるだろうから。

しかし、治安維持強化を考える権力や情報操作を得意とするマスコミにとってはなくてはならない存在なのです。
スケープゴートとして。
社会不安要素を作り、視察線上におく。
体感治安なんていう概念自体がある種の社会操作です。

一般国民も「自分と違う」と安心する。若者が極度に人と違う事を嫌がると言う世論調査は日本社会の同調圧力の強さをよく表していると思います。

戦前の隣組、江戸時代の五人組でしたか、同調圧力を加える装置として機能していました。また公を意識させるものでもあった。

しかし、いまはグローバリゼーションの流れの中で国家意識は溶解して地域社会すら怪しくなって来た。

そこに危機管理を名目にした公安的な考え方が普通に受容されつつあることは怖い事です。

アメリカでも911以降治安維持名目の監視が強化されています。

もちろん犯罪行為は絶対に許されない。

日本の悪いところは、議論をさせない。意見を聞かない。無視する。それでもいえばあの人は変な人だという。
中学生のいじめの構造とよく似ている。

のらりくらり。とくに田舎は酷い。

権力者、権力構造の奴隷でいいのか!

僕の仲間も福岡都市圏の人が殆どなので、ずっと筑後にいる人間よりも新しい考え方だから、僕と合うんでしょう。ある人は久留米での同和教育、平和教育の酷さを語ってくれましたが、驚きました。

地域におかしいといえない空気がある。これが問題なんですよ。

だからこそ、僕らはあえて言揚げしていくのです。政治とか関係ないという蔓延した空気に挑戦する。
あえてKyになる。
保守側にも旧態依然とした体質があります(だから保守なのでしょう)から、若者の切なる訴えを受け止めるようなあり方を追及していきたいですね。

これは僕の私的な感想です。無縁社会など他にもありますが、その理論的な整理はもう少しきちんとしたいと考えています。

 救う会での街頭活動で朝鮮学校補助金廃止を訴える
2011年02月14日 (月) | 編集 |
2月12日に北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会(救う会福岡)の定例の街頭活動に参加して来ました。

当日は福岡市内は吹雪で、街頭活動中も雪でビラが濡れる中での活動で大変でした。

10名の参加者でしたが、拉致被害者救出の署名活動と補助金廃止を求めるビラを配布し、市民に訴えました。

救う会署名活動での馬場代表

救う会での元佐賀支部長

私も街頭演説を行い、全国の朝鮮学校補助金8億円をすぐ廃止すべき。福岡県では県、福岡市、北九州市合わせて1390万円も支出しており、それは北朝鮮の工作機関の一部である朝鮮総連の活動資金にされており、問題である。また学校教育法でいう1条校ではない、各種学校扱いの朝鮮学校に補助金を出すのは不当だと訴えました。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan

街頭活動には松尾事務局長以下、新風福岡の馬場代表、4月の福岡市議選に立候補している本山たかはる氏、元在特会佐賀支部長の大嶋かずまさ氏なども参加されていました。皆様お疲れさまでした。

大嶋氏は夜、2名で車に乗り、山口経由で愛媛へ向かい、愛媛県松山市で開催された頑張れ日本のデモに参加されています。

今後も拉致被害者奪還、朝鮮学校への公的補助金、高校無償化適用反対で行動して参ります。

〈2月7日の街頭活動での写真〉

補助金反対街頭活動1

補助金反対での街頭活動2

補助金反対街頭活動3

補助金反対街頭活動4

補助金反対街頭活動5

補助金反対街頭活動6

【朝鮮学校への補助金について福岡県私学振興課へご意見を】

皆様、朝鮮学校への補助金は廃止すべきだなど、厳しいご意見をお願いします。
電話、あるいはファックスをよろしくお願い致します。

福岡県私学振興局私学振興課私学第2係

朝鮮学校担当 桂木、小野

092-643-3130(直通)
092-643-3135(ファックス)


**
【情報提供や活動ご支援のお願い】

☆私どもの正常化運動にご参加、あるいは活動をご支援いただけますと幸いです。
また電場番号も公開しており、情報のご提供、また、ご意見をお聞かせ下さい。

090-4588-5280(近藤)

国家解体の3法案はいまのところ、止まったかのように見えますが、そうではありません。

推進派は時の政権と緊密な関係にあります。管政権は極左市民運動家が乗っとった政権です。

旧社会党系の「平和フォーラム」(国労も含めた旧総評系労組と部落解放同盟が構成団体)の運動方針、やばい内容だらけです。
http://www.peace-forum.com/kadai/2010.htm

民主党の正体は即ち、この方針に基づく政策の事です。この運動方針にある「取り組みの基本的スタンス」の項で注目なのが、「3.従来の抵抗・対決型から政策実現型へ運動の組み立て方を転換すること」です。まさに政権内部からの革命を目指しています。


内閣改造でも旧社会党系の閣僚はおり、その政治的影響力は強まるばかりです。

昨年も1月末、3月中旬、8月下旬と三度にわたり、政府・国会陳情と国民集会に参加してまいりました。

また、地元福岡県においては、朝鮮学校補助金撤廃に向けた取り組み、外国人参政権、夫婦別姓、人権侵害救済法案阻止の運動、日教組系組織の影響の強い義務制、一部高校教育の正常化、子供の権利条例などを利用しての一部運動体の行政介入を是正させる取り組みを継続しています。

福岡の問題は4年前から追いかけておりますが、地元マスコミの提灯持ち報道や保守系議員の取り組みの弱さもあって部落解放同盟は、地域主権を掲げる民主党政権下で息を吹き返しつつあります。

昨年10月に筑紫野市で開催された解放同盟と筑紫野市のいわゆる学習会は、まさにつるし上げであり、運動体と行政の不透明な関係の疑義がより強まりました。

私(ども)は、まず第一にいわゆる国家解体法案、ヤミ法案の阻止運動を行います。街頭活動や勉強会、会議の開催を行い、全国的なネットワークの構築を進めております。

また福岡の課題として同和行政の負の遺産もあり、

保守系議員の奮起を促して正常化へ向けて取り組んでいます。


最近では朝鮮学校の公的補助金廃止に向けた取り組み、筑紫野市等において部落解放同盟などと行政の癒着関係を是正させるべく戦っております。

交通費や講演会への参加費、情報公開請求の文書費、資料代、ビラの印刷代等備品など活動の推進にあたり出費が嵩んでおります。

大変申し訳ありませんが、状況をご理解いただき、
皆さまから暖かいご支援を賜りますことが 出来れば誠に幸いです。


何卒、よろしくお願いいたします m(__)m

■カンパのお振込先


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ



 昨日、朝鮮学校補助金支出に反対する街頭活動を実施しました
2011年02月08日 (火) | 編集 |
昨日は夕方4時半から6時半まで2時間、教育正常化推進ネットワークの有志5名で朝鮮学校に対する補助金支出に反対する街頭活動を実施しました。

ビラにも書いております朝鮮学校の教育内容、人事、財政が朝鮮総連に支配されている事や各種学校扱いに過ぎない法的位置づけ、福岡県で明らかとなった補助金二重取りについて私の方から演説で訴えました。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan

昨日の街頭活動は反応はいろいろで、極右と呼ばれたり、頑張れと激励されたりありました。残念だったのはスピーカーの音が割れてしまったことです。聞き取りづらいと言う声がありました。

チラシは500枚印刷し、300枚ほど配布出来ました。
朝鮮学校補助金反対ビラ

嬉しかったのは一昨年まで活動で共に行動してその後疎遠になった方が私の発信したメールが転送で届いたそうでわざわざ車に乗って差し入れを持って来て下さった事です。リポビタンD有り難うございました!

活動中の写真は東京から休暇で戻って来た笹原君が撮影してくれています。近日、掲載します。

写真は福岡市某所で撮影しました。左側が教育正常化推進ネットワークの首都圏担当幹事をしている笹原君です。
笹ちゃんと近藤

終了後、残ったメンバーで総括をしました。課題もありますが、今後も朝鮮学校補助金反対のビラを配布し、行政に働きかけ補助金を停止、廃止させていくべく活動を継続していきます。

関連して今朝の産經新聞にありますが、千葉県も東京大阪に引き続いて補助金の計上見送りが決まった様です。

これはいいタイミングでの動きです。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110208/edc11020801300000-n1.htm

千葉県で検討した結果、すでに計上されていた今年度分は昨年末に支給に踏み切ったが、来年度は予算計上そのものの見送りを決定。破綻した朝銀信用組合の不良債権を引き継ぎ回収を進めている整理回収機構(RCC)から21年9月、千葉朝鮮初中級学校の基本財産である校地校舎が仮差し押さえの保全措置を受けるなど、同校の財政状況が健全とはいえず、補助金の支給対象として好ましくないと判断した。

 さらに、朝鮮学校の教育内容や補助金支給に批判が高まるなかで、予算計上について「県民の理解が得られない」と判断。国の「無償化」策の推移や、他県の動向を見て「今後は総合的に判断したい」としている。

 RCCによる朝鮮学校への仮差し押さえは愛知(豊明市)と北九州の2中高級学校と東北(仙台市)、埼玉、長野、北陸(福井市)の初中級学校4校と名古屋、東春(愛知県春日井市)、豊橋、愛知第7(瀬戸市)、奈良(休校中)、福岡の6初級学校に実施されている。

**

記事の中で福岡県の朝鮮学校も整理回収機構、通称RCCの差し押さえになっていることが明記されています。このことは以前、法務局で入手した登記簿を拙ブログでもご紹介したのでご記憶の方はいらっしゃると思います。

朝鮮学校 登記簿1

1月19日に福岡県と北九州市合同の朝鮮学校に対する立ち入り調査が実施されています。

福岡県は7日に始まった定例県議会では暫定予算で、統一地方選挙後の6月議会に朝鮮学校補助金を含む予算審議が行われます。福岡県の動向がまさに鍵を握っています。

債権回収の為に公金を支出する愚策は直ちに止めるべきです。

なお、2月12日午後2時からに北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会(救う会福岡)が定例の街頭活動を行われます。公的補助金問題も訴えて行くことになるかと思います。

【本日、外山恒一氏をゲストにニコニコ生放送を行います】

現在、私達はニコニコ生放送を通じて運動に対する考え方等を発信しておりますが、本日、特別ゲストとして、元左翼活動家で東京都知事選に出馬した外山恒一氏をお迎えし、対談を行います。

放送は夜10時半からです。皆様、ぜひご試聴下さい。

http://live.nicovideo.jp/watch/lv39215295

【朝鮮学校への補助金について福岡県私学振興課へご意見を】

皆様、朝鮮学校への補助金は廃止すべきだなど、厳しいご意見をお願いします。
電話、あるいはファックスをよろしくお願い致します。

福岡県私学振興局私学振興課私学第2係

朝鮮学校担当 桂木、小野

092-643-3130(直通)
092-643-3135(ファックス)


**
【情報提供や活動ご支援のお願い】

☆私どもの正常化運動にご参加、あるいは活動をご支援いただけますと幸いです。
また電場番号も公開しており、情報のご提供、また、ご意見をお聞かせ下さい。

090-4588-5280(近藤)

国家解体の3法案はいまのところ、止まったかのように見えますが、そうではありません。

推進派は時の政権と緊密な関係にあります。管政権は極左市民運動家が乗っとった政権です。

旧社会党系の「平和フォーラム」(国労も含めた旧総評系労組と部落解放同盟が構成団体)の運動方針、やばい内容だらけです。
http://www.peace-forum.com/kadai/2010.htm

民主党の正体は即ち、この方針に基づく政策の事です。この運動方針にある「取り組みの基本的スタンス」の項で注目なのが、「3.従来の抵抗・対決型から政策実現型へ運動の組み立て方を転換すること」です。まさに政権内部からの革命を目指しています。


内閣改造でも旧社会党系の閣僚はおり、その政治的影響力は強まるばかりです。

昨年も1月末、3月中旬、8月下旬と三度にわたり、政府・国会陳情と国民集会に参加してまいりました。

また、地元福岡県においては、朝鮮学校補助金撤廃に向けた取り組み、外国人参政権、夫婦別姓、人権侵害救済法案阻止の運動、日教組系組織の影響の強い義務制、一部高校教育の正常化、子供の権利条例などを利用しての一部運動体の行政介入を是正させる取り組みを継続しています。

福岡の問題は4年前から追いかけておりますが、地元マスコミの提灯持ち報道や保守系議員の取り組みの弱さもあって部落解放同盟は、地域主権を掲げる民主党政権下で息を吹き返しつつあります。

昨年10月に筑紫野市で開催された解放同盟と筑紫野市のいわゆる学習会は、まさにつるし上げであり、運動体と行政の不透明な関係の疑義がより強まりました。

私(ども)は、まず第一にいわゆる国家解体法案、ヤミ法案の阻止運動を行います。街頭活動や勉強会、会議の開催を行い、全国的なネットワークの構築を進めております。

また福岡の課題として同和行政の負の遺産もあり、

保守系議員の奮起を促して正常化へ向けて取り組んでいます。


最近では朝鮮学校の公的補助金廃止に向けた取り組み、筑紫野市等において部落解放同盟などと行政の癒着関係を是正させるべく戦っております。

交通費や講演会への参加費、情報公開請求の文書費、資料代、ビラの印刷代等備品など活動の推進にあたり出費が嵩んでおります。

大変申し訳ありませんが、状況をご理解いただき、
皆さまから暖かいご支援を賜りますことが 出来れば誠に幸いです。


何卒、よろしくお願いいたします m(__)m

■カンパのお振込先


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ



 久々の更新になりました
2011年02月04日 (金) | 編集 |
しばらくぶりの更新になります。この間、筑紫野市長選挙などもありましたが、現在、4月の統一地方選挙に出馬する同志のお手伝いもあり、動いております。

2月は現職新人の事務所開きが続きます。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan


また、朝鮮学校補助金問題も知事選以降開かれる6月議会で審議は行われる様です。3月議会は暫定予算となります。

水面下で動いている事案がいくつかありますが、その一つ朝鮮学校問題は近いうちに動きが出てくると思います。

活動ですが、定例の勉強会の他、2月7日は北方領土の日ですが、私ども主催で朝鮮学校補助金廃止を求める街頭活動を福岡市天神で実施いたします。東京で活動している同志が参加して下さることになっております。

また、2月20日に佐賀県鳥栖市で開催される中共の少数民族弾圧を糾弾する講演会 講師は日本ウイグル協会のイリハムマハムティさんですが、協力体制で臨みます。

現在、私達はニコニコ生放送を通じて運動に対する考え方等を発信しておりますが、2月8日に特別ゲストとして、元左翼活動家で東京都知事選に出馬した外山恒一氏をお迎えし、対談を行います。

放送は8日の夜10時半からです。皆様、ぜひご試聴下さい。

http://live.nicovideo.jp/watch/lv39215295

以上、簡単な報告でしたが、mixiと違い更新がとまっておりました。今後はできるだけ更新してまいりたいと考えております。

【部落解放同盟に電凸しました~人権擁護法案について専従職員はこう考えている】

部落解放同盟福岡県連合会に電話しました。

土曜日もあいてると聞いたのでかけてみました。

たぶんこういう質問は初めてだろうと思います。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan

あえて議論はしませんでした。議論より運動体側の話を引き出すことが大事だからです。 丁寧な話をしていただいています。

解放同盟はこう考えている。

人権侵害救済法案反対の際に参考にしていただければ幸いです。


()内は僕のつっこみです。

○呼び出し音 ぷるるーぷるるー

●解放同盟 はい。解放センターです。

○近藤  もしもし、部落解放同盟福岡県連さんでしょうか。

●解放同盟 はい。そうです。

○私、北朝鮮拉致問題に取り組んでおる者ですが・・・少しご質問宜しいでしょうか。

●解放同盟 はい。どうそ。

○1月12日の西日本新聞に掲載されていた、、、

●解放同盟 新年旗びらきの件ですね。

部落解放同盟

○はい。組坂委員長のご挨拶の中で「北朝鮮の拉致問題にしても人権問題として意見を言うため、1日も早く人権委員会をつくる必要がある」とありましたが、拉致問題の解決になるのでしょうか。救う会や拉致議連は反対を表明していますが。

●解放同盟 アジアの中で人権委員会がないのは中国と北朝鮮と日本だけで、世界の流れとしては人権委員会を作る方向にあります。委員会を作ったから即拉致問題の解決とはいかないでしょうが(ほーらやっぱり法律さえ作ればいい。そのための口実に使うのか?拉致を。)、時間をかけて何らかの形で突破口を開くことになるかもしれない。アメリカは拉致問題をあまり関わりたくないようですね・・・

○近藤 なるほど・・・
勉強不足ですが、パリ原則とかありますから、そうした機関が必要だとお考えなのですね。保守系は平成17年の再提出から反対してきました。自民党時代だから旧人権擁護法案といったほうが正しいかもしれませんが・・・

●解放同盟 旧法案ではないですよ。10年前から私達は法律を求めていました。


○近藤 インターネット上には差別表現が多いということについてはどうでしょうか。

●解放同盟 差別につながる部落の地名を出すとか、グーグルで検索したら出てくる、、

○近藤 ストリートビューのことですね。

●解放同盟 そうです、そうです。(嬉々としていた)

●ほかにも差別ハガキとか、書き込みとかいろいろあります。

○差別ハガキといえば立花町の事件がありましたが・・・週刊ポストの連載も読んでいますが。

●解放同盟 高山文彦さんのですね。私たちも慎重に扱ってはいましたが、芝居がうまかったというか、ご批判は甘んじて受けないといかんと思っています。(解放新聞の一部の団体がどうのこうのとか、「糾弾闘争も行政交渉は続ける」とかいった、あの対決姿勢は何?)

○近藤 私は罰を与えるより差別の解消には教育が必要だろうと思いますが・・・(もちろん差別は解消されつつあるという前向きな方向で)

●私達もそう考えています。(だったら、罰則と同様の制裁を加える勧告や公表はいらないのでは?)ただ、差別を訴える窓口がないのです。

○人権教育・啓発推進法がありますが、それはどうですか?

●解放同盟 ずいぶんお詳しいですね。

○近藤 啓発法は拉致問題への取り組みがないから入れてほしいと福田内閣のときに初めて要望をしましたが、自治体の動きがまだ弱いです。

●もともと人権教育啓発推進法は、特別法廃止後、部落差別の解決をどうするかできたもので、その生い立ちが違うので、拉致問題には即ならないと思いますよ。(ほら出た!これが本音。)

○そうですか・・・(生い立ちねえ。じゃ人権委員会つくっても無駄では?)

○まだ部落問題について認識不足、勉強不足ですが筆坂さんと宮崎学さんの「日本共産党VS部落解放同盟」を読みましたが(解放同盟 よくご存じで・・・)、全解連との対立はそうでもないのですか?

●(なぜか質問の趣旨と違う答えが・・・)部落差別は昔ほど露骨ではないですが、まだまだありますから。福岡県は被差別部落が一番多いのですよ。

○福岡は松本冶一郎先生がいらっしゃいましたから、左右に人脈交友が広かったそうですね。

●解放同盟 いまは負け組、勝ち組の世の中になっていますが、昔は保守系の人も差別はいかんという人が多くいました。こういう世の中だと下をいじめる、一番弱い立場の部落に(差別の矛先が)行くのです。
私達もこうやって質問していただけるとお答えしますから。(よし、どんどん質問していこう)

○近藤 本日はお忙しい中、有難うございました。今後ともよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫