<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 シリアへの軍事介入と自民党本部で開催されたTPP慎重派議員と西部邁氏・中野剛志氏らとの勉強会
2013年08月30日 (金) | 編集 |
昨日、自民党本部で保守政治研究会が開催され、西部邁氏、東谷暁氏、中野剛志氏が講演されています。

主宰は脇雅史参院議員、西田昌司参院議員。

993384_557186200995396_2030412022_n.jpg

研究会には、赤池まさあき議員など有志議員が参加されています。

基本的に自民党の中枢は、新自由主義の影響が強い議員が取り巻いています。

山村明義氏によると、安倍総理自身はそうではないということですが、総理が政治家や経済人との会合で会う人を見ると、新自由主義傾向の人が多い。

もちろん、国家という枠組みで考えようという姿勢はありますが、総理ご自身は、やはり新自由主義に傾斜しているとみるのが妥当ではないでしょうか。

中東情勢が不穏になる中、当然日本もなんらかの対応を迫られると思われますが、そういう情勢の中で、TPPに反対・慎重な自民党議員が、どこまで粘れるか、貫けるか注目しています。

中東では、再び戦争が始まろうとしています。シリアの化学兵器使用疑惑について、日本政府はアメリカに追従し、アサド政権を非難する声明を出しましたが、果たしてシリア政府が使用したものなのか、それとも反体制側なのか、現段階でそれは明らかではないと思います。

小泉政権の時にイラク戦争が勃発したことを考えると、その後継者である安倍政権のときに再び、中東への軍事介入が行われるのは、因縁を感じます。



中東問題は、湾岸戦争・イラク戦争のときもそうでしたが、欧米の思惑、とくに、戦争を欲する軍事産業が必ず絡んできます。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

イラク戦争の口実になった大量破壊兵器も最後まで見つからず、フセイン元大統領は、精神的に明らかにおかしな状態で晒されました。

あのフセインの姿や、リビアのカダフィの末路を見ると、アメリカに逆らうとこうなるぞという一つのメッセージにも感じられるのです。

シリア危機に対するアメリカの政策への批判(音声)

基本的に、国際金融資本が支配する欧米の政府・マスコミが発表・報道することをうのみにするのは危ういです。

宮崎正弘先生の分析が、いまのところ保守系の中では、一番妥当な見方だと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
 平成25(2013)年8月28日(水曜日)貳
       通巻第4007号  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 オバマ政権はシリア内戦になぜ介入するのか
   最終の標的はイランの核兵器、生物化学兵器。
*************************

 あれほど日和見主義を続けてきたオバマ政権は、シリア内戦に「人道的理由」などと訳の分からない理由をくっつけてミサイル攻撃を準備している。シリアの軍事拠点にトマホーク・ミサイルが数十発撃ち込まれるだろう。

あたかもコソボ内戦で、セルビアに空爆(これを5000メートル上空の介入という)を開始したクリントン政権のように、いずれブーメランとなって米国の国益さえも阻害する危険性を孕む。
 あのとき米軍爆撃機はベオグラードの中国大使館を誤爆(本当に誤爆?)、米国は中国からの猛烈な抗議に陳謝する醜態も演じたが、こんどはダマスカスのロシア大使館を「誤爆」するのかな?

 8月27日、ヘーゲル国防長官は「シリアへのミサイル攻撃の準備は整っている」と発言して、俄に中東情勢に緊張がたかまった。
 ケリー国務長官は「シリア政府軍が化学兵器を使った証拠がある」。ゆえに「これは倫理の冒涜だ」と踏み込んで「その責任を取らせる」と一方的な主張を繰り返した。
 化学兵器はシーア派か、あるいはアサドに反旗を翻すスンニ派の反政府勢力が使った可能性は否定できず、なにしろ中東では(いや世界中でも)、やらせの演出をおこなうことが屡々起きてきた。セルビアのバザール爆破も西側の介入の口実となったが、反対勢力の自作自演だったように。

 しかし米国の介入口実としての化学兵器。こうした身勝手な主張は「サダム政権が大量殺戮兵器を造っていた」としてイラク空爆に踏み切り、結果はイラクに大量破壊兵器が発見されず、またイラク戦争の結果は、米国がもっとも懸念したシーア派の台頭をもたらし、とどのつまりはイランに裨益した。

 米国の主張に距離を置きながらも同調するのは英国、フランスである。フランスはイラク戦争のおりには米国に同調せず、またアフタニスタンでは兵力を派遣したドイツはいまのところ冷淡である。
英国はしかしながら「化学兵器をシリア政府軍が使ったという明確な証拠はない」として、攻撃に加わるかどうかは議会を緊急招集してきめるとした。
これらの事情からミサイル攻撃の開始は、29日が予定されている。

ときあたかもエジプトではモシール政権が軍事クーデターで潰え、ムバラクが釈放され、イスラエルでは通貨が下落、反対に低迷していた金価格が上昇気配。チュニジアから始まった「アラブの春」は民主化ではなく、リビアが混沌を極めているように中東地域に無秩序をもたらして終わった。
 
 シリアのアサド政権は、じつに評判の悪い政権だが、シーア派過激派とイランの支援を受けたヒズボラのしかける武装闘争に対抗し、軍事鎮圧を続けてきた。背後で支援するのはロシア、武器は北朝鮮からも来ており、シリア難民はトルコ、ヨルダンへ逃げた。

 シリア攻撃でアサド政権が潰えることは考えにくいものの、最終的にシーア派の跳梁跋扈をゆすることになれば、米国に近いサウジアラビア、クエート、UEAなど湾岸諸国、つまりスンニ派穏健派の国々が失望する。米国のディレンマである。
  ○

引用終わり

オバマ大統領は、これまでどちらかといえば、ブッシュ政権と異なり、イスラエルと距離を置き中東から撤退していく姿勢を見せていました。今年6月、国家安全保障補佐官に任命したライスの後任の国連大使に、イスラエル批判をしているジャーナリスト、サマンサ・パワー女史を任命していました。

この時期に介入するのは、軍事産業の意向があるのでしょう。

英国は野党労働党の反対で、国連調査団の報告までは英米連帯した介入行動にブレーキがっかかっています。

それにしても、ロイターの記者がいい質問してますね~

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

もちろん、原爆投下は、国際法違反で大量無差別虐殺です。

日本のマスコミは、記者クラブ制度があるために、上司からいわれた予定調和な質問、官製発表の横並びに堕しています。

たまには、意表を突くことを質問してみたらどうなのでしょう。

スポンサーサイト

 日本はマハティール元マレーシア首相のTPPに対する警鐘に耳を傾けるべき
2013年08月28日 (水) | 編集 |
あれだけ民主党政権下で騒がれたTPPがほとんど今問題になっていないことが不思議でしょうがない。

つまり反民主党の政局ネタに使われただけではないのかと思われるのです。

山村明義氏によると、今、安倍総理の周囲は、世耕議員や塩崎元官房長官ら新自由主義者に取り巻かれており、保守系は少ない。総理の本心は、新自由主義ではないというのですが、そこはどうなのでしょう。

『表現者』9月号で、中野剛志氏は次のように指摘しています。

「左翼のキレイゴトよりも、僕から見ると保守といわれてる人達の方が、それこそ「主権回復記念日」とかキレイゴトを言っている。主権回復はしていないだろうと(笑)。盗聴をアメリカからされていても抗議の一つの声もあげない。」

たしかに、主権回復どころか依然として、日本は従属国です。

安倍総理が6月に英国・金融街シティーで講演した内容は、明らかに、国際金融資本に日本は貢ぎますよというメッセージそのものでしかありません。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

チャンネル桜の水島社長は、「まさか右翼と呼ばないで」というブログを書いている元チャンネル桜2000人委員会の会員の質問状に対して否定しています。

安倍総理をどう見るかは、立場によって異なりますが、私はかなり懐疑的な立場です。

もともと、新自由主義的傾向があったことは認識していましたが、最近の動きをみると、小泉路線とどう違いがあるのかわからないほどです。国土強靭化だけが唯一の明確な違いです。

一方、保守系に非常に評判の悪い山本太郎参議院議員。
しかし、彼は、ブルネイで開かれているTPP交渉のNGOや業界団体を対象にした意見交換会に参加しています。自分の目で確かめようという姿勢は、少なくとも評価していいのではないでしょうか。

山本批判ばかりする人がいますが、私はそれには同意できません。

そもそも、情報公開がないことに不満を持つ自民党議員は参加しているのだろうか?

それから、マレーシアのマハディール元総理の反対論は、正しいです。

mahadhru.jpg

日本の保守が、内向きな「はだしのゲン」論議をやっている間に、国際金融資本の侵略がどんどん進んでいます。

私も以前は、つまり平成23年の秋までは、日教組や部落解放同盟といった左翼を主に問題にしてきたわけですが、そのほうが保守ウケはいいですが、保守系が語らない米国やグローバリズムに対する問題意識もありました。その後、仕事で経済ニュースを扱うようになって、新自由主義や構造改革論の誤り・危険性を痛烈に感じ、これを是正する論陣を張ってきました。

今、我が国は米国とそれを動かす国際金融資本の魔の手にかかろうとしています。

そしてこの問題でも、統一教会・勝共連合はTPP賛成の立場です。一時期は、「世界日報」でも、亀井静香氏を取り上げ、小泉路線を反省し、TPPには、慎重な立場をとっていたはずですが・・・

kamei sizuka

とかく推進派は、交渉に参加しないとわからないというのですが、牽引どころか、アメリカ主導で、何もできないのが、実態ではないでしょうか。

TPP交渉から即刻脱退すべきです。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


松岡洋右外務大臣が国際連盟脱退の際に「諸君は、いわゆる世界の世論なるものが誤っていないと、果たして保障できようか。」と述べた「十字架上の日本」という有名な演説を思い出しました。

戦後、評判の悪い松岡洋右元外務大臣ですが、当時は、この演説は非常に、国民の称賛を呼びました。

果たして松岡の気概が今の日本人にあるだろうか。

「たとえ世界の世論が、ある人々の断言するように、日本に絶対反対であったとしてもその世界の世論たるや、永久に固執されて変化しないものであると諸君は確信できようか。人類はかつて二千年前、ナザレのイエスを十字架にかけた。しかし、今日、どうであるか。諸君は、いわゆる世界の世論なるものが誤っていないと、果たして保障できようか。我々日本人は、現に試練に遭遇しつつあるのを覚悟している。ヨーロッパやアメリカのある人々は、今20世紀における日本を十字架にかけんと欲しているのではないか。諸君、日本はまさに十字架にかけられんとしているのだ、しかし我々は信ずる。固く固く信ずる。わずか数年ならずして世界の世論は変わるであろう。しかして、ナザレのイエスがついに世界に理解されたごとくわれわれもまた世界によって理解されるであろう、と。」

 正体を隠した統一教会の動きに要注意~勝共運動と朝鮮半島統一の二面性を見抜け
2013年08月27日 (火) | 編集 |
保守系、思想を重視であるなら、2ちゃんねるのお祭りに踊らされるのではなく、保守活動としては、地道な調査や検証、見識を磨く勉強会への参加や、識者に会いに行くとか、そういうのが大事。インターネットばかり見ないで本も読んで。選挙時であれば選挙の手伝いはいい。日常は日常でそれぞれあるからそれに応じてやれる範囲で。やれることはある。

最近、失礼な言い方かもしれませんが、ぱっと出が、ニコニコ生放送で無責任なコメントをもらい、もてはやされて、喜ぶのが増え、質が落ちすぎました。

まず、本を読まないというのは衝撃です。ネットでちゅちゅちゅーんとクリックすれば何でもわかる。じゃないはずです。

政治系だけではなく、ネットユーザー全般に言えることです。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

ネットの掲示板で面白おかしいネタをみつけて、おもしろがったり、他人と自分を比較して一喜一憂することではないはず。

コンビニの冷蔵室に入ったり、大阪の地下鉄の線路に降りた写真をツイッターやフェイスブックに上げた馬鹿者もいます。

「俺たちの麻生」がアイスを食べたとか(アイドル見るような視点で、狡猾な政治家を見てどうする?)政治を自己充足に使うのは、そろそろ卒業していかないといけません。

ロマン主義が受けるのはわかりますが、政治はシビアで、はだしのゲンに踊る間にも、どんどん新自由主義に入り込まれています。

さて、いよいよ、来月の霊感商法被害者集会で、北村経夫議員など自民党政権と統一教会の関係が取り上げられます。

今日、昼前に、東京・新宿の小田急デパート前で、統一教会が街頭活動をやっているとの情報が寄せられました。勝共連合の街宣車を使っていたようです。

統一教会は、調べていくと、正体を隠していろんな団体などに入り込んでいます。

この写真を見てください。どこかでみたような・・・

韓国に入国禁止された呉善花さんと山崎拓元自民党副総裁です。
昨年開催された日韓トンネルの推進大会です。
164.jpg

このように、え、あの人も?という人が関連団体で講演したり、役員になっていたりします。

安倍総理もその一人です。
history15.jpg

世界戦略総合研究所で過去に講演している保守系の識者は、ざっとあげると、田久保忠衛杏林大学名誉教授・八木秀次高崎経済大学教授・小林正元参議院議員・田村秀男産経新聞特別編集委員・竹田恒泰慶応義塾大学講師、明治天皇様の玄孫にあたる方ですね。

それから、救う会会長を務める西岡力国際基督教大学教授、伊藤玲子元鎌倉市議会議員、黄文雄拓殖大学客員教授、高田純札幌医科大学教授、山際澄夫元産経新聞ニューヨーク支局長などなど・・・

世界戦略総合研究所の阿部正寿会長は、統一教会の古参幹部です。

20121231104605554.jpg

同研究所は旧サイトで以下の提言を掲げていました。

提 言 日本再建の国家戦略
・憲法を改正し防衛庁の国防省への昇格を行う
・集団的自衛権の行使の認定
・自衛隊の海外派遣の自由化
・諸外国との軍事協力を推進する
・国際ハイウェイの建設を推進する
・教育全般に宗教道徳教育を導入する
・家庭倫理の確立と青少年の純潔教育を推進する
・宗教間の協力と社会的使命の達成
・浅薄なヒューマニズムを排除し天の思想を確立しょう
・日本は世界の諸国家を助けるという母親のような『母性国家』としての役割がある

国際ハイウエイは日韓トンネル。純潔教育はもうおわかりのとおり。家庭倫理とは、真(まこと)の家庭、すなわち真のお父様・お母様である文鮮明・韓鶴子夫妻を敬慕すること。

「母性国家」というのも統一教会の教義に基づく。

アダムは韓国。
エバは日本。

原理講論に明記されています。

報道特集で報じられた「我は行くんだ、み旨道」のビデオに出てくる「母の国使命完遂決断式」のあれ。使命完遂とは献金、そのための「母の国日本」。



ちょっと関係してますじゃ、済みません。
通常、ある団体で講演するということは、どういう団体か調べていくわけで。
本当に笑い話ではありません。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

ここまで内部から政権および保守系に浸透されて、日本の情報保全、安全保障は
いったいどうなのでしょう。

統一教会と仲良しのアメリカには、どんどん盗聴や政治工作を仕掛けられて文句ひとつ言えません。
産経の阿比留編集委員は、どこの国でもやってんだといったいどこの国の
新聞か疑うことをブログで発表していました。

欧州でも中国でも中南米でも抗議を各国していましたよね。
日本だけです。何もいわないのは。

もうひとつ、その安全保障についてです。

日韓軍事協定を進める「アジアと日本の平和と安全を守る全国フォーラム」という団体があります。

azian touitsu

会長は、英霊にこたえる会の堀江正夫名誉会長、日本会議の代表委員。8月15日の靖国神社境内での式典であいさつし、昼のNHKニュースで顔が出ていた方として知られる。

おお、我々の仲間。。。

いえいえ。とんでもない。違います!

統一教会系のブログにこんな報告があります。

平成23年12月2日。

「アジアと日本の平和と安全を守る全国大会」(主催・同大会実行委員会)が都内で開かれ、与野党の国会議員はじめ各界の有識者ら約1500人が参加しました。

大会冒頭のあいさつで、梶栗玄太郎大会実行委員長は日露戦争時の東郷平八郎元帥の「皇国の興廃この一戦にあり」の言を引き、「強い日本を目指し、皆団結しよう」と呼びかけ、UPF(天宙平和連合)日本リージョンの宋(ソン)ヨンソプ顧問は、先の2度の世界大戦の教訓を指摘した上で「強い日本と強い韓国が連携すれば東アジアの平和と安定を確保できる」と述べました。

この後、文国進(ムン・クッチン)韓国統一グループ会長が登壇し、「強い日本と強い韓国」と題して基調講演をしました。文会長は、「この半世紀、平和が保てたのは強い米国があったからだ。だが、その米国が経済的に疲弊し、国防予算の減少が続いている。一方、中国の国防予算の増加がこのまま続けば、5年以内に中国の国防費は2倍となり、米中の軍事力は逆転してしまう」と中国の脅威を訴えました。

引用終わり

所在地は東京都新宿区。ビルは、統一教会系が所有しています。

歌舞伎町・新宿区役所に近いので、興味のある皆さんぜひ、今度行ってみてください。

じつは、新宿という場所は統一教会の拠点地のひとつです。

写真をご覧いただきたいですが、統一教会系団体がずらり。

touitu sinzyuku

純潔運動を進める真の家庭推進協議会(APTF)
天宙平和連合(この在米組織が焼身自殺を起こした公文敦子さんの夫が幹部を務める)、
平和統一連合(在日韓国・朝鮮人の統一教会組織)、世界平和連合(北村経夫議員を支援した勝共連合とイコール)、東西南北統一国民連合、保守系識者が機関誌に投稿する世界平和教授アカデミー・・・

世界平和連合(´・ω・`)

しかも3階は統一教会の礼拝施設・・・

そもそも、日本が先ではなく、なぜアジアなのでしょう。おかしいですよね。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

一つ一つリストアップを進めていますが、予想以上に広がりが出てきています。もう、冷戦も終わり、大した影響力はないんだ、ではなく、まだまだ要注意対象なのです。

そして、せっせと信者が集めたカネと保守系への浸透を通じて入手した情報は、どんどん韓国ないしアメリカへ流れていく。北朝鮮にだって情報が流れているのではと国会でも過去に指摘されています。

保守系が「反共の同志」と呼ぶ勝共運動と違う在日朝鮮・韓国人の祖国統一運動については、すでに取り上げましたが、再度ご紹介しておきます。

平和統一連合兵庫8周年記念大会

「文鮮明総裁の御遺志である日韓の新しい時代、過去の歴史を理解し在日の和合、半島の統一、世界の平和の運動を展開すべきです」
「フィナーレでは金美淑さんの音頭に従って、全員が手をつないで「アリラン」を合唱した」

これが二面性、両建て戦略なのです。

fpu hyougo

挨拶した平和統一連合京都会長、渡辺久義京大名誉教授は、以前、産経新聞がID論を紹介したあの方。日本会議系の民間教育臨調にも名前がある。

京都大学の原理研究会をバックアップしているのも渡辺教授です。

保守系の皆さん、全く我々と立場も意見も異なることがわかるかと思います。

そのことは、公安当局も分かっているはずです。だからこ そ現在も監視下においています。先日の韓国での焼身自殺事件で余計に警戒度が上がったことでしょう。

今後も続報してまいります。

<取材・調査・陳情など活動のご支援を>

当ブログは、調査・研究活動に力を入れております。取材、情報公開請求などを通じて教育行政の正常化・同和利権、朝鮮学校補助金の是正。

最近では、国会陳情を行うなど、統一教会問題、新自由主義による国民経済の破壊に対する問題提起などに取り組んでいます。自民党支持層として、安倍政権の進める構造改革、TPP交渉参加=加盟を批判しています。私たちはTPPに断固反対です。

http://www.youtube.com/watch?v=ak69XK6v3hA



カンパのご支援をいただければ、幸いです。

西日本シティ銀行筑後支店276  

普通 0927397 コンドウマサカツ
    

 統一教会の聖地で日本人信者が焼身自殺~背景は献金問題か?
2013年08月24日 (土) | 編集 |
8月22日に韓国・京畿道の統一教会本部関連施設内で起きた50代の統一教会女性信者の焼身自殺事件について、韓国の警察は、教団の言い分そのままに「うつ病」で幕引きを図ろうとしています。

8月23日は旧暦で統一教会の教祖、文鮮明氏が亡くなってちょうど丸一年にあたります。
「真のお父様聖和1周年追慕礼拝」が開催され、日本からの参加者も含め2万人が参加しています。

SnapCrab_NoName_2013-8-23_11-38-41_No-00.jpg


統一教会は、オリンピック会場のリゾートの所有者。冬のソナタの撮影会場も所有していることは、日本でもTBS報道特集が報道しましたが、そこには統一教会の聖地、清平があります。天宙清平修錬苑やらワールドセンターなどの施設がある。今回の事件はその聖地で起きました。

今朝の世界日報1面では式典は報じても焼身自殺事件については言及なし。
bunsenmei.jpg

焼身自殺を図った50代の女性とは、公文敦子さんという日本人女性。昭和63年に合同結婚式に参加したいわゆる6500双。公文さんの韓国人夫は、元韓国・家庭党の組織局長で、現在、米国UPF(天宙平和連合、統一教会の組織)副会長という情報があり、公文さん側から離婚申請が出されているという。

火傷を負った男性は、50代の兵庫教区長。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

日本統一教会広報によると、「公文さんは韓国の所属教会にも来ておらず、長期間精神的に不安定な状態にあり、昨年韓国人夫と離婚していた」としている。

今回の事件について、公文さんが小野氏にシンナーをかけ、火を付けたところ、敦子さん自身に燃え移ったということだ。もし、そうだとすれば今回の事件は、公文敦子さんが、兵庫教区長を焼き殺そうとした殺人未遂事件ということになる。

事件報道直後から、信者や元信者の間では、献金地獄の末の抗議ではないかという情報が飛び交っています。

50歳代ですから、献身もして、結婚で韓国へ渡り、せっせと教団に献金してきた人ではないかと思います。

アジア通貨危機で韓国経済が危機に陥った際
韓国人幹部が日本人信者に「文鮮明が危機に瀕している」と訴え、一家族に付き160万円を献金させた・・・


不思議なのは、普段、韓国人けしからん、在日は帰れ、ごみはゴミ箱へ、朝鮮人は朝鮮へなどと威勢よく叫ぶ連中は、統一教会となると途端に口が重くなることです。

「自民党が、それも保守系の○○議員が、慰安婦は日本の戦争犯罪と教える韓国のカルトの支援を受けるのはおかしくない?」と尋ねると

「ううん。。まあ、そうね・・・」と言葉を濁す。

「でもさー ミンスややまもとたろうが極左や日教組など反日勢力の支援を受けることは問題だ」と必死に話題を変えようとします。

ひどいのは、今回の事件を、「在日朝鮮人だから仕方ない」などと書いているネットユーザーの反応です。在日朝鮮・韓国人という事実は確認されていない。

大阪在住で地元で活動をされている保守系の方から次のような話をいただきました。

私は以前知らずに統一教会・勝共連合系の大阪市民大学講座に在籍していて、統一教会の信者になるように、特に若い女性を次々と一本釣りした姿を、それとは知らずに目撃していました。

彼女らは元締めの女性の部屋周辺にアパートを借りて、日曜礼拝でしょうか、統一教会系の教会へ行って「文鮮明お父様!!」と叫んでいたようです。

多くの女性たちが韓国へ行って合同結婚式で韓国人信者と夫婦になって向こうに住んでいる、と聞いていました。
もし目覚めたら、おそらく地獄のような生活と思ったことでしょう。

「戦前に日本は韓国にひどいことをしたので罪滅ぼしだ」と
洗脳されて、多くの男女が日本中歩きまわされて物売りや陶器売りに従事させられていました。
反共という看板を掲げていますが実際は反日組織です。

しかし統一教会・勝共連合に反対する左翼に利用されるのも憂国の士としては歯がゆい思いがする。

以上、引用終わり

たしかに、統一教会問題に熱心に取り組むのは、共産党など左翼が多い。だからといって、「宗教だから・・・」「反共の同志だから」と口をつぐむのなら、日頃、愛国だの日本のどうのこうの言う言葉が怪しく見えます。宗教に名を借りた政治運動、それも表と裏が違いすぎる反日運動です。

統一教会の教典である原理講論には、日本について次のように書かれています。

大戦当時の日本の軍閥は、韓国の各教会に神道の神棚を強制的に設置させ、キリスト教たちを強引に引っ張りだして日本の神社に参拝させ、これに応じない信徒たちを投獄、殺傷した。・・・これらのことを根拠として、当時の独、日、伊は共にサタン側の国家であると規定されるのである。

引用終わり

日本の保守派は、このような歴史観に賛同できますか。これを知ってもなお統一教会も反共の同志だ、仲間だというのは、最早それは倒錯しています。

保守速報というまとめサイトで、ツイッターなどで有名な井上太郎氏のツイートが紹介されていましたが、自民党と統一教会は無関係は明らかな間違いです。

inouetaro.jpg

前半部分の認識は、南朝鮮、韓国では財閥として扱われている、というそれは事実ですが、自民党は、北村経夫参議院議員の選挙などで明らかになったように、依然として統一教会と関係を有しています。

統一教会ファックス

何が事実なのか、主義主張と事実関係の区別ができないといとも簡単に誘導されます。

近年、インターネットの普及で都合の悪い情報を隠ぺいすることが困難になりつつあります。

批判をかわすために、日本の教会で旗日に国旗を揚げたり、世界日報や勝共連合で保守的な論陣を張る。自民党をはじめ保守系政治家を巻き込んで、運動を展開しています。

世界日報での論調は、非常にいいと思う内容も少なくありません。自民党の政治家のインタビュー記事も多く、今年に入ってからも下村博文文部科学大臣のインタビューなどが掲載されています。

保守系活動を行う人々にも統一教会は、勝共連合あるいは世界日報を通じて接近してきます。私も、ジェンダーフリー問題で、現在、統一教会の幹部である世界日報の記者の取材に応じたことがあります。

しかし、信者には徹底した韓国第一主義と自虐史観を教育しています。だからこそ、慰安婦問題での謝罪活動が行えるのです。この二面性、両建て主義を見抜かなければなりません。

erikawa_20130822235347d8e.jpg

統一教会の献金の異常さは他の宗教を圧倒しています。創価学会でそこまでしているという話はない。統一教会は、信者から批判の声が出ても、内部で潰してきた。

信者にするために、街頭で勧誘し、先祖の因縁だの持ち出して、不安を利用して脅迫観念を植え付ける。ビデオセンターと合宿で洗脳。
無題

壺やら、珍味、原価以上のアクセサリー、ボランティアの云々でハンカチなどを売らせる。睡眠時間はわずか。日本人に、慰安婦問題などで贖罪意識を植え付けています。

偽装した勧誘活動は、最高裁判決でも統一教会の使用者責任などが認定されています。

正体を隠した布教活動は、下火になったように見えますが、平成21年に、警察の捜索を契機に出された徳野会長通達後も継続されています。

新宿や渋谷など各地で手相を見せてほしいとか、あなたの運命がどうちゃら、言葉巧みにやっている。
彼らは、それを伝道だという。

統一教会のことを知らない方も多いと思うのでご紹介しておきます。


私の家に、途上国の子供たちのために、ハンカチを買えと、若い幸薄そうな女性が訪問して来たことがあり、追い返したことがあります。「あなた統一教会でしょ」といったら否定していましたが、動揺した様子が見て取れました。それからしばらくして、警視庁公安部によって統一教会系のボランティア団体の摘発が行われた。

自民党政権になって、再び統一教会の活動が活発化しています。今月、渋谷や新宿の街頭で、文鮮明氏は救世主だとして街頭での布教活動が確認されています。

噂された警察の捜査が潰れたというのは、本当だとすれば由々しきことです。

「それが政治だ」なんて言うのなら、下々の国民は犠牲になっても仕方ないというのと同じです。

そして、政治が自己都合でうやむやにせず、断固として反日カルトに対応することを強く求めるものです。

※最新の情報によると、公文さんは存命です。そして脱会・離教はしていないとのことです。

 アベノミクスは新自由主義路線の亡国への道ではないのか
2013年08月22日 (木) | 編集 |
TPP、消費増税、成長戦略とかいっているものの方向性は、東田さんこと本名、中野剛志先生や柴山さん、施先生などの懸念の通りではないだろうか。

それから、厚労省の「今後の労働者派遣制度の在り方に関する研究会」がまとめた素案、保守系はほとんど問題にしていませんが、読売新聞も「常用労働者を派遣労働者に置き換える動きが拡大することは間違いない」と取り上げている。

財界の意向を受けて、カネを支払って自由に解雇できるようにしようとしたら反発を受けたので、今度は雇用の流動化と称して、抜け道を与えようとしているとしか見えません。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

創生日本の勉強会で「竹中先生は愛国者です」と安倍総理が語っています。
竹中氏に、国家はあるのでしょうか。
規制緩和を相変わらず進めるというのは、小泉路線の反省はなかったと一緒のことではないのか。

創生「日本」7月総会 講師:元総務大臣 竹中平蔵氏
http://youtu.be/U2Gxe7jA8iw?t=1h5m28s


安倍政権を、新自由主義路線か、どうか見極めようと思っていましたが、ここにきてその本性?を露わにしています。

竹中氏は、アメリカのエージェントでないのか・・・

アメリカの日本支配は、サンフランシスコ条約後も続いてきました。元公安調査庁第二部長の菅沼光弘氏によれば、NTTの前身、日本電信電話公社は、CIAの資金で設立され、電電公社との契約の形で盗聴を行ってきたという。スノーデン事件について日本では、的外れな反応しかありませんでしたが、ずっと盗聴されっぱなしで我が国は、独自の情報活動を一切禁止されてきたのです。

私が、北村議員を統一教会が支援したことを問題視することには、カルトと政治の関係という枠にとどまらず、政策的な影響、統一教会の政治部門である国際勝共連合がTPPに賛成していることに注目しています。対日工作機関である統一教会・勝共連合が自民党中枢に食い込んでいることは看過できません。

じつは、ほとんど知られていないこういう話があります。

統一教会系の日刊紙「世界日報」が民主党政権途中で、経済政策を新自由主義路線に変えました。

そして、郵政民営化を批判したり小泉構造改革路線に批判的だった記者が、会社と意見が合わずに退職したというのです。同社の記者は、もちろん統一教会の信者で、組織内のエリートです。信仰心が基盤にある記者が、主義主張を理由にして退職するというのは、よほどのことです。

日本と韓国では主張が180度違いますが、本音は韓国にあると思われます。元日本統一教会の会長が、慰安婦について謝罪することが彼らの言う蕩減(罪滅ぼし)になると謝罪運動の先頭に立っています。

見過ごせないのは、統一教会は、北朝鮮、朝鮮半島問題でイニシアティブを取ろうとしていることです。先日、文鮮明氏が亡くなって1年を前に、北朝鮮の金正恩国防委員会第1委員長が追悼の言葉を寄せています。

最大の謎であり、統一教会の最終目的ではないかと思うのは、民族主義を煽る言説を唱えながら、もう一方で同じ人間たちが世界統一政府、すべての宗教の統合を訴えていることです。まさにグローバリズムです。

統一教会の教祖、文鮮明氏がデイビット・ロックフェラーやユダヤ人であるヘンリー・キッシンジャーと親しい関係にあったことは公に知られています。一説には、統一教会は、国際金融資本が進めるグローバリズムを、宗教のタガにはめこむ役割を担っていると指摘する識者もいます。

その国際勝共連合の機関誌「世界思想」の表紙が、安倍総理だということで、ツイッターなどでずいぶん話題になっています。

2013_09.jpg

表紙を飾ったから=信者ではもちろんありませんが、ネット上でお祭りみたいな状態になっています。
先日、朝日新聞の報道(世界平和連合が選挙支援)があったばかりですから、なおさらでしょう。

いずれにしても、安倍政権の経済政策は、宗主国アメリカと国際金融資本の意向が、強く働いているのではないかという疑念を抱かずにおれません。

アベノミクスは、亡国政策ではないのか・・・

保守派が民主党や支那・韓国批判ばかりしている間に、どんどん布石を打たれてしまっています。

では、東田さんこと本名、中野剛志先生が三橋貴明氏のメルマガに投稿されたものを、ご紹介します。

【東田剛】TPP交渉、惨敗中
FROM 東田剛

先週のメルマガで、消費税減税論は、新自由主義の「上げ潮派」だと指摘しましたが、案の定、こんな記事が出てました。安倍ちゃん、まだ悪いお友達と付き合ってるようです。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130814/plc13081423330019-n1.htm

というわけですから、「消費税増税を見送ろうとしてるから、安倍さん絶対支持!」とか、おサルな反応をしていると、また、新自由主義者にやられますよ。

新自由主義者というのは面白くて、経済についてはバカなのに、政治に関しては非常に狡猾です。
実際、反射神経だけで動く自称「保守」のおサルさんたちを、まんまとだまして、新自由主義者にしてしまいました。

愚劣な経済学者は、老獪な政治家です。

————————————————————–

●三橋貴明の無料音声を公開中。
「アメリカ格差社会~グローバル資本主義の悪夢」。

http://www.keieikagakupub.com/sp/38NEWS_SAMPLE/index_usa_mag_sl.php?ts=fb

ボロボロに搾取されるアメリカ国民たちの哀れで悲しい現実。
日本人が今、やるべきこととは・・・・

————————————————————–

だから、新自由主義者はみんな、権力に執着するし、プロパガンダに異様な関心をもっています。
その典型が言うまでもなく、安倍首相の信頼厚い竹中平蔵先生。
例えば、このプロパガンダを見てください。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130819/fnc13081903270000-n3.htm

ここで、竹中先生は、「USTRは、国民医療保険制度の民間ベースへの変更、混合診療の制度変更、単純労働者の受け入れを求めないと言っているから心配するな」と言っています。
それでいて、竹中先生自身は、混合診療の全面解禁や移民の受け入れを主張してるんだから、恐れ入ります。

<TPPの医療関係における真の問題点については、この二冊>
http://amzn.to/10XzXGK

http://amzn.to/1aao2uo

アメリカも、「医療や移民は、わざわざTPP交渉で求めなくとも、イエモンどもが勝手に自分でやるだろう」と踏んだのでしょう。あるいは、イエモンの方から「言われなくても自分でやりますから。ウッキー」とアメリカ様に自己申告した可能性もあります

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130815/plc13081507590007-n1.htm

ちなみに、イエモンというのは、イエロー・モンキーの略です。
腹が立つかもしれませんが、まともな議論もしないでTPP交渉に参加したんだから、イエモンと言われても仕方ないでしょう。
ろくに議論もせずに群れて行動するだけの霊長類は、ヒト科ではありません。
怒るだけなら、サルでもできる。

さて、イエモンは、アフラックと郵政の件も「はい、サービスのカモです。ウッキー」と自分から出だしたのですが、その結果、アメリカ様から「ネギもだせ。シメのうどんもサービスしろ」と言われてます。

http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013080901001897.html

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE97I00H20130819

しかも、「遅らせずに出します。ウッキー」だそうです。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130725/fnc13072511000006-n1.htm

てんで交渉になってませんが、仕方ありません。
だってサルなんですから、交渉は無理なのです。

でも、アメリカは遺伝子組み換え表示義務を容認する方向だそうです。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130616/plc13061602030001-n1.htm

食の安全は守られた!さすが、安倍さんの交渉力!ウッ・・・。

http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324562504579022131484967504.html

「あー、あー、聞こえない、聞こえない」「日米同盟、日米同盟・・・」「中国が、中国が・・・」

じゃあ、はい、中国。

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0GK3HW20130819

というわけで、保守ザルは、TPPについては、今では、すっかり「見ざる、言わざる、聞かざる」状態。
まあ、冷戦時代から進化してないサルなんだから、仕方ないですが。

今後、保守ザルは、すでに死に体と化した左翼勢力でも見つけては、必死こいて叩き続けるんでしょうね。
こんな風に・・・。

http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/5f/38/tuya1951bag/folder/169495/img_169495_9933546_0

PS
新自由主義者の言いなりになって「小さな政府」論を実現した結果、
アメリカ社会はこんなに破壊されてしまいました。
三橋貴明の無料音声を公開中。
「アメリカ格差社会~グローバル資本主義の悪夢」とは?
http://www.keieikagakupub.com/sp/38NEWS_SAMPLE/index_usa_mag_sl.php?ts=fb

PPS
サルじゃない保守とは何か、一緒に考えましょう。
http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=209053&userflg=0

 朝日新聞がスクープ! 自民党内部資料で明らかに~北村経夫参議院議員を支援した統一教会系の世界平和連合
2013年08月18日 (日) | 編集 |
すでに、朝日新聞や、やや日刊カルト新聞などでご覧になられているかと思いますが、参院選で当選した自民党議員のうち、宗教団体票を受けて当選した9名の一人、北村経夫参議院議員が統一教会系の政治団体の支援を受けていた事実が明らかになりました。

自民党の内部資料がすっぱ抜かれた形です。
もちろん自民党本部・執行部が朝日新聞にどうぞどうぞと流したわけではないでしょう。

ある自民党議員の秘書によると「あまり筋がよくない話だが、私設秘書あたりが流したのではないか」との見方を示しています。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

北村議員と統一教会については、やや日刊カルト新聞に告発文をすでに発表しているので、詳細はそちらをご覧いただきたいですが、私は、福岡事務所のスタッフとして選挙運動に取り組んでおり、福岡県内の統一教会施設で、北村候補(当時)が講演していたことや全面的な組織支援を受けていた事実を知りえる立場にいました。

統一教会からのファックスもすでにやや日のサイトに公表されていますが、この内容を最初に見たとき強い衝撃を受けました。このまま黙っていていいのかと思ったのはすでに書いた通りです。

統一教会ファックス

【統一教会福岡教会から北村つねお福岡事務所へ送信されたFAX 2013年7月5日】世界基督教統一神霊協会 福岡教会

北村つねお福岡事務所 〇〇〇〇 様

お世話になります、7/10(木)の集会、よろしくお願い申し上げます。久留米教会は19:30より30分間、福岡教会は21:00より始めます。恐れ入りますが、それぞれ20分ほど前に御到着いただければ幸いです。

                    〇〇拝

(以下略)

参院選当選者と統一教会を結び付けるFAXと元事務所スタッフの告発文を独占掲載!


つい先日発行された「フォーラム21」という創価学会を中心とした宗教・カルト問題を扱うミニコミでも、扱っていただきました。

P1000717.jpg

さて、朝日の記事を見ると、一覧表にあるのは、おなじみの霊友会や曹洞宗、神道政治連盟などですが、教団名ではない団体名がありました。

sekaiheiwarengo.jpg

「世界平和連合」

もちろん、統一教会の関連団体です。国際勝共連合と一体的に行動しています。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


ところで、日本会議に加盟する宗教団体のことは、私は問題視していません。

一覧表にもある、新生仏教教団さんとは、ジェンダー・フリーや同和利権を協力して是正してきた経緯があります。日本時事評論という新聞で紹介していただいたりもありました。宗教界では、部落解放同盟と一体化した同宗連(同和問題を考える宗教団体連絡会議)に加盟しない戦う保守系宗教です。

逆に、靖国参拝にケチをつける仏教系は、部落解放同盟に差別問題で糾弾され、屈服し、反天皇・ノーモアヒロシマ・ナガサキを掲げる運動を進めるなどその手先になっているのです。最近は、その左翼ぶりに内部からも批判が出始めています。

自民党もさすがにストレートに統一教会と書けなかったのでしょう。

勝共連合や世界平和連合の役員は、統一教会員もいますが、そうではない人も会員になっています。

平和連合は、政治家に秘書や選挙スタッフを派遣するなど依然として活動を続けています。その派遣されてくるスタッフは、もちろん統一教会員です。

後半の関係者のコメントに
「業界団体の集票力が減り、宗教票の存在は相対的に大きくなった」と指摘する。支援を受けた議員は各団体の意見に耳を傾けざるを得ない。

とあるのは重要な指摘です。

SnapCrab_NoName_2013-8-16_13-26-18_No-00.jpg


まず、基本認識として保守政党が以前に増して宗教票をあてにしなければならないのは、業界団体の力が弱くなったことは間違いなくあります。

たとえばネット右翼ではインターネットや秋葉原では受けても、集票にはあまりつながらないからです。組織、とくに宗教団体は熱心です。なかでも統一教会や創価学会は選挙運動慣れした信者も多い。

改革を掲げた20年で業界支援を悪としてきたことが、逆に宗教団体に依存することになったのではないでしょうか。

同じ構造は民主党やかつての社会党が、労働組合に依存したことと本質は一緒なのです。それをどうとらえるかは立場立場で異なると思いますが、選挙運動をやってくれる組織は政党や候補者にとっては有難いことは間違いないでしょう。

ただ、建設業界や郵政は、自分たちの利益誘導はあっても、国家体制を内部から浸食しようというような大それた野望は持ちません。そこが問題なのです。

なぜ、民族主義を煽り、共産主義打倒を謳いつつ、各国の保守・右派政党に食い込み、他方では、脱ナショナリズム、超国家・超宗教を掲げ、国連NGOの活動をやるのか。多国籍企業群を有するのか、一宗教団体の利益にとどまらない活動は何が目的なのでしょうか。

非政治的な単なるカルトあるいは宗教団体であれば、そこまで問題視しません。日本においては、皇室観や歴史認識がどうなのかは重要なポイントだと思います。

歴史認識という観点でいえば、いわゆる従軍慰安婦について、統一教会の日本人女性信者が韓国で謝罪しています。

着物を着て謝罪しています。

1分52秒から元日本統一協会会長が出てきます。


日本では保守愛国のようなことを表では言いながら・・・
なぜ謝罪しなければいけないのでしょう。

今回の告発以降、元信者の人たちにも接触をして、その手記も読ませていただきましたが、胸が痛みます。

ある方から、以下のような情報が寄せられました。

統一教会の教組、文鮮明氏が総裁を務めた平和統一連合の北近畿支部は、日本帝国が天皇の名のもとに言語を取り上げたなどと、在日幹部が講演した内容を機関誌に掲載しているというのです。

さらに

「いつかお前たちを踏みつけて、のし上ってやる」
という文氏の発言を掲載しています。

北村事務所は、外部に対して一切関係ないと否定していましたが、後ろめたいからこそ隠し通さなければいけなかった。このような反日思想を本性にもつ組織の支援を受けて当選することに、なんら痛痒を感じないとしたら、それは批判されてしかるべきでしょう。

「アジアに偉大な人現る。文鮮明先生です」などと福田赳夫元首相が、帝国ホテルで開かれた晩餐会で持ち上げて述べたのは、まだ当時は知られていなかったから仕方がないにしても。

自民党支持の人やネット右翼の人たちは、普段は、嫌韓傾向が強いのに、なぜか統一教会は華麗にスルーされる方が多いです。しかも「マスゴミやミンス(民主党)の陰謀だ」「なぜ反日左翼は問題にしない」などと怒り出しますが、統一教会は、韓国ロビイストであり、対日工作機関なのです。

事実を事実として受け止めなければ、公平とはいえません。何より国家安全保障にかかわる問題から目をそらしてはいけないのです。

2012年3月発行
平和統一news(平和統一連合北近畿支部)

『長い歴史の受難の中でも神をつかんできた韓民族』
(文鮮明先生御言選集 80 巻 14P)

皆さんが知っているように、韓国は南北に分かれており、その次には東西の思想的な対決点となってきました。皆さんが韓国に対して更に知らなければならないことは、韓国民族は単一民族であると同時に外国民族によって受難に遭ってきた歴史性を持っている民族であると言うことです。

特別に純潔において韓国の女性たちは、他の国の男たちとは結婚をしないという特徴を誇る民族です。

(そして)韓国人たちは皆、
「今に見ていろ、今に見ていろ」と言う歴史性を持ってきました。
たとえ弱小国家であっても、
「いつかお前たちを踏みつけて、のし上ってやる」と言う民族性を、
そのような精神を持っているのです。


そこが違うと言うのです。

その為、韓国人たちは、
중국놈
(チュングンノム:中国の奴)、
소련놈
(ソリョンノム:ソ連の奴)、
일본놈
(イルボンノム:日本の奴)、
미국놈
(ミグンノム:米国の奴)と言うのです。

また、我々の長い歴史を見てみるとき、ユダヤ民族も勿論苦労しましたが、巨大国の中で、国と国の狭間において苦労した民族として世界の代表ではないでしょうか?!
歴史を通してそのような苦痛を受けてきたのは、(韓国)自体が劣っていたからと言うよりも、巨大国に包囲されていたためです。そのような侵略を受ける立場で苦痛を受けてきた代表的な国家だと言うのです。

引用終わり

일본놈
(イルボンノム:日本の奴)だそうです・・・

完全な反日思想ではありませんか

自民族の事大主義への屈折した反発もあるとは思いますが、このほかにも同様の発言が数多くあります。

日本をサタンとか、罪が多いとして献金でぼろぼろにし、政治的には反共で民族主義を謳いながら、北朝鮮ともつながる勢力に入り込まれていたら、すでに多くの識者の指摘の通り、何かの時に国益に沿わない方向に行くことはおおいにあります。

自民党や保守勢力が反共だからと統一教会・勝共連合とつながってきたことが、霊感商法などを結果的に幇助し、組織の延命をさせてきたのです。もちろん、その責任の一端は私自身にもあります。

被害者の心情はどうなるのでしょう。棄民されたと思われていいのでしょうか。この問題を契機に正常化を進んでいかなければいけません。

 保守系学生運動で学んだこと
2013年08月13日 (火) | 編集 |
ネット右翼をどう思うかと新聞社の記者や議員から尋ねられることがあります。私もブログを書いているので、その範疇に入ると思いますが、政治運動だけではなく、現在は、ひとつの情報発信手段として活用を続けています。

昨年の衆院選で西日本新聞から取材協力要請を受け、「現役」のネット右翼に取材したいということで、後輩の大学生を紹介して、ネット右翼について記事になりました。

25750440_1849685266_74large.jpg


さて、私の言う政治運動は、選挙とか政党の活動ではなく、国民運動のことですが、組織内で外部と闘争をやった人間でないとできないとまではいいませんが、難しいと思います。

よく労働組合は悪くいわれますが、組織作りなどを学ぶには非常にいいと思います。一概に労組が選挙運動をやることをいけないとはいえません。

日教組や自治労が問題になるのは、公務員の政治的中立性との整合性が問題になります。会社員も政治・宗教について職場では中立性が求められるところはありますが、公務員の場合は、より厳格でなければいけないとは思います。

いずれにせよ、選挙運動や政治闘争で鍛えられる側面は、思想の右左問わず間違いなくあります。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ



私は大学時代に学生運動、保守系の組織に数年いました。
組織の先輩には、自民党の国会議員になられた方もいます。

先輩や組織の中央書記局から公私にわたる指導を受け、座学から始まって、不器用ながら、仲間と深夜までアジトで立て看板やビラ作ったり、恥ずかしさを覚えながらチラシを大学構内で配ったりしていました。

学生のオルグ、勧誘もやりました。

街頭演説は、最初は何しゃべっていいかわからない。
大学4年生にもなると度胸もついてきて、うまいとはいえませんが、人前でそれなりの喋りができるようになりました。

合宿研修で、他大学の同世代と寝食共にするのでお互いに仲良くなったり、楽しい思い出もあります。

最初は、どこでもそうですが、人間的な付き合いから始まる。それを、早い段階で人間関係重視から思想へと転化させないといけない。

これは宗教団体も同じだと思います。

昔の先輩からお話を伺うと、学園紛争華やかりし頃は、左翼からいつやられるかわからないという緊張感もあったといいます。

そうすると組織から離れても、社会人になって環境が変化してもずっと体に記憶が残る。意識下にある。

部落解放同盟や統一教会というと、ぴんぴーんと反応します。

学生時代に、広島で教育正常化のビラまきもしました。

九大の学生を応援に行っていたときは、今はURの管理地で、いずれ裁判所などが移転してきますが、平成14、5年ごろは、まだ六本松キャンパス(教養部)があって、左翼や原理研究会(統一教会の学生組織)がビラまいたりしていました。彼らが我々のビラまきに文句つけてきたり、教室で講演会のアピールをしたら、右翼出ていけといわれるなどバトルがありました。

そういう体験があるので、ネットのなんとかとかいうサイトに書いてあるとか、ニュースになった、そういう以前に、直感が働く、敏感に反応します。たとえば公文書や資料を見たとき、これはちょっとおかしいんじゃないか、とか判断がつきます。

戦うためには相手を知らないといけない。
そこで情報の重要性を認識しました。

いろいろな立場の方、その道のプロに会いにでかけました。今思うと汗顔の限りです。世間知らずの20代の若造だからできたことですが、記者になってからもそのつながりは非常に役立ちました。

ところが、ネットから入ってきた人は、いきなりデモ行進や街宣に行きたがる。自分の感覚からすると途中の段階がない。

学習より行動だというのです。
それは半分は正しいのですが、確固たる基礎がないと、うまくいかなくなったときに対応できなくなります。

燃え上がる時は、勢いよく取り組みますが、しばらくして冷めたら、いつの間にかいなくなる。がっかりします。真剣に活動やってる人間は。割り切らないとやっていけませんが。最近では、しょうがないなとしか思わなくなりました。私自身、以前と違い活動に専念しているわけではありません。

国民運動は、給与を支払っているわけではないから、強制力はありません。それぞれの生活があるので、戦いを無理強いできません。だから、継続するのは非常に難しい。

政治家や官僚になったり、それぞれの立場で、舞台を変えても続ける人たちもいるので、国の危機に見舞われても辛うじて守られているのではないでしょうか。

なめ猫