<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 福岡県議会に子宮頸がんワクチン被害者救済を求める陳情書を提出
2015年12月28日 (月) | 編集 |
福岡県議会に提出した陳情全文です。先日閉会した12月定例会において所管委員会にて配布されています。

11月から私が事務局長を務める福岡の教育を考える会でも取り組み始め、マスコミの報道もありました。詳細は後日掲載予定です。

12249728_699737650162947_8112079077690009945_n_convert_20151228093938.jpg

1468562_711527595650619_335075542378321803_n.jpg


クリックお願いします♪

政治 ブログランキングへ

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


平成27年12月9日
福岡県議会議長 井上 忠敏 殿

福岡の教育を考える会
事務局長   近藤 将勝
子宮頸がんワクチン被害の独自救済を求める陳情

陳情事項
1、 過重な負担が強いられている医療費を、県予算で助成していただくことを求めます
2、 副反応被害により、通学できず就学機会を奪われた子供たちに対して、地教委や福岡労働局など関係機関とも連携して就学援助および、就職支援を行うことを求めます
3、 副作用の問題を、県の広報番組や福岡県だより、ホームページその他、県民に周知されることを求めます
4、 被害者へのヒアリングを県独自で行い、接種の実態調査を行うことを求めます
5、 県議会として過去の経緯を総括し、執行部に県独自の救済を求めるとともに、子宮頸がんワクチン被害救済を行う決議を出すことを求めます

陳情理由
本会は保守系の市民団体で、教育問題、とくに教職員組合や一部運動体と、県教委との癒着の是正をはじめとして、最近は、子宮頸がんワクチン問題、子供の貧困、日本学生支援機構の奨学金問題など民生分野にも取り組んでいます。
さて、ご存知かと思いますが、子宮頸がんワクチン接種後に全国各地で副反応被害が明らかとなりましたが、医療業界や販売製造元の外資系製薬企業とわが国政治の関係性もあり、ようやく国も救済や学校就学に対する取り組みなどを始めました。

12月1日、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会と、塩崎厚生労働大臣の面会が行われ、厚生労働省記者クラブでの記者会見のなかで、塩崎大臣は「ちゃんと寄り添っていくからね」と被害女子生徒に声をかけたことも明らかにされました。
平成25年6月に国が接種推奨を中止して2年半が経過しましたが、今も接種した10代、20代の女性を中心に頭痛やけいれん、激しい生理痛、歩行障害、睡眠障害、さらには記憶消失など深刻な症状が続いています。全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会が発足(福岡県支部は今年1月31日、福岡県教育会館で発足)し、被害者とその家族、支援者の懸命の訴えを受けて、国に先駆けて横浜市を始め各地において、独自救済が行われるようになり、県内では県南の大川市において始まっています。

11月10日に北九州市長・北橋健治氏と市議会議長­・戸町武弘氏に子宮頸がんワクチン被害救済の独自救済を求める申し入れを行いました。県や県教委に対しても11月25日付けで申し入れを行い、報道(RKB毎日、読売・西日本など)されております。北橋健治北九州市長は、6月議会において自民・公明両会派からの質問に対し、救済について検討を表明し、9月議会では、公明党からの質問で、福岡市議会においても高島宗一郎市長が同様の答弁を行いました。
遡及すると、福岡県議会においては、国に子宮頸がんワクチンを含む国の補助継続を要請する意見書(「安心社会構築のため基金事業の存続を求める意見書」 平成23年10月)も賛成多数で提出されていますし、県議会でたびたびワクチン接種を推進する質問を行う与党会派もございました。執行部および議会の責任は重大です。
本会では、6月に全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会福岡県支部の梅本邦子さんからお子さんの経過や連絡会に登録されている被害者の状況などをお伺いしました。
「娘は北九州市内にある普通科の県立高校に通っていたのですが、朝の課外授業なども出席できない状況などがあるなかで、単位の関係もあり、中退して私立の単位制の高校に編入しました。夢だった大学進学も諦めざるを得なくなりました」

11月25日の申し入れに際して、県教委体育スポーツ健康課にも申し上げましたが、梅本さんのお子さんばかりでなく、県が管轄する県立高校に在籍する被害者女性は複数います。中途退学を余儀なくされ大学に通う夢も断念せざるをえない状況を伺いましたが、国や学校を通じた自治体の勧めで、信頼してワクチンを打ちながら、学校に通えないほどの苦しみを理解してもらえないことの辛さは、当事者でなければ理解できないものです。膨れ上がる高額医療費で、まともな生活を営めない家庭も出ています。
今回、子宮頸がんワクチンで国の定期接種と任意接種で救済に差がないように配慮されたとはいえ、任意接種の人たちはPMDA(医薬品医療機器総合機構)に申請を行い、その後、幾段階の審査が行われて、薬事食品衛生審議会に医学的見地に基づいた判定が行われ、支給するかどうか判断し、厚生労働大臣まで報告がされてようやく結果が被害者に送付される運びです。つまり、かなりの時間を要することになります。

現時点で重篤な副作用被害が生じ、高額な医療費支出に苦労されている方々に、北九州市が独自の救済を検討としたことは、かすかな光明が見えたものだったと思いますが、同市の判断は、見事に裏切られた格好で、まさに棄民政策です。
しかし、本県でも大川市において医療費補助が行われており、神奈川県がそうであるように県レベルでも実施可能です。1点誤解なきようお願いする次第ですが、薬害に党派はありません。赤旗や公明新聞でもこの問題は報じられています。速やかな県独自の救済の実施を強く求めると共に、就学・就職援助など国任せにせず、地方公共団体としてできうること行うことを願う次第です。
スポンサーサイト

 次世代の党が党名変更と遠藤宣彦元衆議院議員の離党について
2015年12月22日 (火) | 編集 |
次世代の党が党名を変更するそうだ。選挙前のこの時期にと思う人も多いだろう。実際多いようで、フェイスブックやブログなどで党内外反発の声も出ている。

とくに東京の大田区議会議員の犬伏秀一区議が、フェイスブックやツイッターでかなり批判している。

それに対しても、支持者から賛否が出ている。なんて表現したらよいか、ネットを支持基盤とする同党の脆弱さ、脆さが露呈したといえよう。

クリックお願いします♪

政治 ブログランキングへ

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


そもそも、旧次世代、日本の心を伝える党といってたところで、結局、自民党に入れてもらえない人たちの集まりではないか。
平沼先生などは、勝てるからお呼びがかかった。
そろそろ戻っておいでと。
はい!と戻っていかれた。

経営者や業界団体などを巻き込んで分厚い層で、総力戦やらないと選挙は勝てない。思想運動とは違う。
私は、新自由主義政策に批判的ですが、財界の後押しなしには難しい。これが現実だ。

しかも、経済政策もリフレ派で、先の大阪ダブル選挙では維新を応援した。これでは、自民党のほうがまだよい。

遠藤氏 離党


そういうなかで自民党時代は、福岡1区で部落解放同盟の幹部、松本龍元復興担当大臣と選挙で対峙した遠藤先生が、ついに次世代の党を離党されました。素晴らしかです。

先生の今後益々のご活躍に期待しております。



 古川忠福岡県議と県行政や教育などについて懇談しました
2015年12月18日 (金) | 編集 |
本日、前筑紫野市議会議員の浜武しんいちさんと一緒に、自民党時代、文教委員長も務められた古川忠福岡県議会議員とお会いして参りました。古川先生とはまだ先生が自民党会派におられるときから、教育の正常化でお親しくさせていただいておりました。

ちょうど12月定例会閉会直後で、県職員が次々挨拶に来訪していました。


政治 ブログランキングへ

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

報道もありました緊急雇用対策基金事業の不正事件について、古川先生は先般の議会において「九州電力ならば同じ対応をするか」と中小企業いじめに等しい県の対応を厳しく批判されました。今日も、その問題から与党会派と執行部の馴れ合いなどにも話題が及びました。

また、教育問題についても県立高校の早朝課外授業の問題点などについて懇談いたしました。

記念撮影。
1古川先生と



 夫婦同姓は憲法に反しないと最高裁判断
2015年12月16日 (水) | 編集 |
本日の最高裁判決において、夫婦同姓は、合憲判決。

広く旧姓使用が認められるようになった今日、あえて別姓を法制化するリスクのほうが大きい。家族の絆とかそのあたりです。


政治 ブログランキングへ

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

至極当たり前といえ、変えようという人達は、これからも出てくるでしょう。

裁判長も「夫婦別姓については国会で論じられるべきである」としており、今後もこの問題は続くと思います。

 「訃報」小柳陽太郎先生がご逝去されました
2015年12月01日 (火) | 編集 |
11月28日に、国民文化研究会の合宿教室などでご指導いただいておりました元福岡県立修猷館高校教諭で、九州造形短期大学教授、国民文化研究会副理事長などを務められた小柳陽太郎先生がご逝去されました。

ご入院されておられたことは人づてに聞いていましたが、あまりにショックでしばらく呆然としました。

御通夜に参列させていただき、昨日の告別式には参加できませんでしたが、日曜の夜にもかかわらず、全国から駆けつけた多くの方が列席されておられ、改めて先生のご親交の深さ、広がりを感じさせていただきました。

学生時代、国民文化研究会などでご指導いただいた日々を思い出しています。


政治 ブログランキングへ

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


学生時代に、阿蘇や江田島などで開催された国民文化研究会の合宿教室では、学生班の班別討論に、小柳先生がお見えになると緊張して言葉が発せないそういうこともたびたびでした。拙い和歌の添削もしていただき、「こう直してはどうですか?」と、先生が私が詠んだ気持ちに沿った歌に直していただくこともしばしばありました。

また、軽々に政治の批判などを口にすると厳しいおしかりの言葉もいただきました。

私も、先輩の薦めで合宿教室に参加させていただき、社会人も含めた国民文化懇話会の例会にも顔を出しておりました。しばらく会もご無沙汰しており、保守がおかしくなりつつあることに危機感を感じて学びを再開しようと考えていました。今年の夏に合宿教室に参加していたメンバーで、博多駅前の福岡事務所近くに集まり、学習会をやろうと話し合った矢先でした。

小柳先生は、戦時中、学徒出陣で出征し、多くの友を亡くされ、戦後は九州帝国大学において、国文学を学ばれ、長く、修猷館高校の国語科教師として多くの学生を各界に送り出されました。退職後も、国民文化研究会の合宿などを通じて多くの若者を育ててこられました。

また、福岡県の教育正常化は、小柳先生のご存在ぬきにはありませんでした。昭和30年代に日教組の勤務評定反対闘争に端を発して、福岡県教職員連盟、福岡県教師会、そして福岡県民教育協議会と、福岡県高等学校新教職員組合(新高教組、現在の福岡教育連盟)と継承されましたが、そのなかで小柳先生は、あくまで労働者ではなく教育者としての道を求道されました。

私たちが、県民運動、国民運動として教育正常化を掲げ続けるのは、おこがましいことながら、小柳先生の道統に連なりたいという思いからでもあります。それは日教組批判にとどまらないものです。

ただ、いまもって悔いるのは、福岡市に就職を機に転居して4年。先生を囲んでの勉強会が行われていることを知りながら、とうとう一度も参加することがなかったことです。悔やまれてならない。

ある方がいわれたが、小柳先生のご逝去は、福岡の、いや日本の保守にとって大きな分岐点になると思う。
厳しく真心をもって指導される師を失うとは、そういうことではないでしょうか。

私が、新自由主義的な政策に疑問を感じるのは、人の和合を大事にしてきたわが国の国柄とあまりにも矛盾した人間否定の論理がそこにはあるからです。もし、学生時代に、小柳先生から、学問姿勢や人とのつながりなどについて、学ばせていただいていなければ、人を人と見ない思想に染まっていたかもしれません。

心からご冥福をお祈りし、私もその立場、責任において先生のお志を継承する営みをしてまいります。

なめ猫