FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 既定路線と化した福岡県教委と日教組の癒着構造
2006年06月16日 (金) | 編集 |
  以前取り上げた平成10年9月30日に森山良一福岡県教育委員会教育企画部長と中村元気福岡県教組書記長とのあいだで取り交わされた主任制に関する確認書ですが、文部科学省も主任制に関する書面協定は不当だと考えているようです。

平成10年12月10日福岡県教職員月報


http://maeminajimu.pro.tok2.com/jimujoho/geppou/geppou.htm

■問題の確認書↓
確認書


■福岡県教委と福岡県教組が交わした確認書
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-84.html

 広島県などでこの種の覚書や協定書が山ほど発覚し、平成14年に文部科学省から全国の都道府県政令都市の教育委員会に対して破棄するよう通知も出されています。

 現在も福岡県教育委員会はこの件にたいして問題はなかったと強弁しており、自分たちを正当化するしか頭にないようです。

 今回改めて過去にも書いた同じ問題を扱うのかというとここにこそ、福岡の闇の一端が隠されていると思うからです。

 同和タブーやジェンダー利権、半島勢力の跋扈など常に見え隠れする人権を隠れ蓑にした動きに対して検証する必要があると思います。

↓県教委の官僚体質こそ問題と思う方は
blog

↓にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログへ

↓国民主権を守り、憲法違反の外国人参政権に反対しよう
参政権反対
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
~サッカーW杯、選手が国歌を口ずさむ光景から考える~サッカーワールドカップもいよいよ開会し、現地ドイツのみならず、日本列島もにわかサポーターも入り混じって大変な盛り上が
2006/06/16(金) 10:24:05 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫