<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 民主・安住議員「右寄りの一部の人が多数を装って異容な抗議行動をやっていたなどと誹謗中傷
2008年12月06日 (土) | 編集 |
産経新聞と読売新聞が国籍法について問題点を指摘していますね。遅いと思いますが、必要なことです。

その一方で、民主党の安住議員。テレビタックルに出る方ですが、ブログでこんなことをいっていますね。

私も世間一般で言うところの右ですね。異様な抗議行動とは不適切・不穏当な発言です。

こういうのは週刊誌あたりで書いてくれないものですかね?

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

ちなみに、今朝の読売新聞にも反対意見が殺到したことは書いてありますが、こんな雑な表現ではありませんでした。(紙面では地域によってネット版と違う)

***読売新聞***

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kyousei_news/20081205-OYT8T00452.htm

[解説]国籍法改正 審査厳格化の徹底を
 成立した改正国籍法の施行にあたっては、偽装認知の横行をどうやって防ぐかが最大の課題となる。


 与野党の一部から改正案への慎重論が噴き出した背景には、偽装認知を懸念する声がメールやファクスで、相次いで国会議員の元に寄せられたことがある。慎重派議員らは「父子のDNA鑑定を義務づけるべきだ」などと訴えた。

***引用終了***

わが国は間接民主主義。だからとって議員に黙っていたらよくないと思います。

反対意見に耳も傾けないような国会議員はいりません。

抗議を呼びかけます。

***

http://junazumi.blog70.fc2.com/

国籍法の改正というのが、本日ようやく成立した。 
この法律は、日本人男性とフィリピン女性との間に生まれた子供達の日本国籍の取得について、 最高裁判決をうけて、改正されたものだ。内容は、これまで国籍取得には、父母の婚姻を必要としてい
たが、 この要件を満たさなくても国籍を取れるようにするものだ。 
これは、日本人の父がフィリピン人など外国人に生ませた子供が
日本国籍を取れないまま就学などに大きな影響が出ていて、 実態としては放置できないと最高裁が判決を下し、立法府がその意向をうけて改正を行った。 

ところが、この改正が、地味だが大きな問題となった。 
それは、こうした外国人との間に生まれた子供の認知を安易にやれば
日本の社会秩序がおかしくなるという主張だ。特に右系の人たちの組織的な反対運動が起きた。
この運動は凄まじく各議員の事務所にファックスが連日山積みになるほど寄せられた。 
またネット上でも反対運動が起き、連日数百ものメールが寄せられた。 
まさに意図的、組織的な運動だった。 

これに呼応して自民党や野党の一部の議員も改正案の反対にまわり参議院での採決が長引いてしまった。 
確かに虚偽の認知の防止をどうするかなど、まだまだ完璧ではないかもしれない。 

しかし、この世に生まれた子供達には、親たちの身勝手な行動による
不利益を背負わせるわけにはいかないと私は思っている。 
それに最高裁での判決が出ているのに立法の不作為は許されないのだ。 
実は何よりもこの問題で私が心配したのは、前記したネットやファックスでの抗議行動である。 
一部の人が多数を装って異容な抗議行動をやる。 
今回はネット社会の負の部分をまざまざと見た思いだった。 
こうしたことで法案の審議や議員の自由な政治活動に支障があっては、国会がおかしくなる。
とにもかくにも、各議員ともその抗議の凄さに驚きを隠せなかった一週間だった。


抗議先

〒100-0014 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館503号室
TEL:03(3581)5111(代表) FAX:03(3508)3503
E-Mail:g00017@shugiin.go.jp

**

昨日の参議院議員の投票結果を載せておきます。

このなかで賛成している方も内心忸怩たる思いの方がおられることは承知していますが、結果はしっかり認識しておかなけれならない。


国籍法 参議院本会議 投票結果
投票総数 229   賛成票 220   反対票 9   欠席 11 

反対票 9      
国民新党 亀井亜紀子 亀井郁夫 自見庄三郎 長谷川憲正 森田高     
新党日本 田中康夫    
民主党 外山斎     
無所属 川田龍平 田中直紀     
          
欠席 11
民主党 石井一 木俣佳丈 輿石東 藤原正司 前田武志
自民党 有村治子 岩城光英 衛藤晟一 岸宏一 島尻安伊子 松田岩夫

国籍法 に賛成した自民党参議院議員

愛知治郎 青木幹雄 秋元司 浅野勝人 石井準一 石井みどり 礒崎陽輔 
泉信也 市川一朗 岩永浩美 岡田直樹 岡田広 荻原健司 尾辻秀久 
加治屋義人 川口順子 加納時男 河合常則 神取忍 岸信夫 北川イッセイ 
木村仁 小池正勝 小泉昭男 鴻池祥肇 坂本由紀子 佐藤昭郎 佐藤信秋 
佐藤正久 椎名一保 末松信介 鈴木政二 関口昌一 世耕弘成 谷川秀善 
伊達忠一 田村耕太郎 塚田一郎 中山恭子 鶴保庸介 中川雅治 中川義雄 
中曽根弘文 中村博彦 西島英利 西田昌司 二之湯智 南野知惠子 野村哲郎 
橋本聖子 長谷川大紋 林芳正 藤井孝男 古川俊治 牧野たかお 舛添要一 
松村祥史 松村龍二 松山政司 水落敏栄 丸川珠代 丸山和也 溝手顕正 
森まさこ 矢野哲朗 山内俊夫 山崎正昭 山谷えり子 山田俊男 山本一太 
山本順三 義家弘介 吉田博美 吉村剛太郎 若林正俊 脇雅史
それから森法務大臣の事務所にもファックスはがきやメール、電話をして、怒りを現しましょう。

売国奴を糾弾しなければなりません。





【人権擁護法案(同和利権)・教育正常化活動のカンパ支援をお願いします】

ブログ「なめ猫♪」を通じていただいたカンパは福岡~八女間をはじめとする交通費や図書購入や情報公開請求などの調査研究費など活動費に充ててきました。 月々の往復交通費や連日、行事や調査活動があれば宿泊費もかかり、金銭的に厳しい状況です。

某雑誌への寄稿が決まり、年末に入るので資料などバタバタ準備しています。

新書や文庫はともかく、行政法とか文書・法制など行政関係、教育行政や人権教育などの専門書は高いものが多く、手がまわらないのが難点です。一般の人はこんな本は読みません。興味さえないでしょう。個人的には別のジャンル、たとえば歴史の本などが好きです。

単なる活動にも関わっている程度でない勉強量も当然問われます。

また、福岡県もエリアが広いので、筑豊地区(飯塚や田川)や京築地区(行橋・豊前など大分県境)など、いまだ未調査地域はあります。

先日は南九州、今月初めは大分県へ取材に行きますが、他にも解同が強い県は愛媛や高知など四国、鳥取など中国地方など実態は掴めていません。三重県もひどいですね。

いま人権擁護法案などの運動はいろいろな団体などと共闘し、展開していますが、教育をめぐる問題にポイントを絞った運動は、平成18年に福岡県民教育協議会が解散して以降、福岡では行われていません。そこで、私が事務局長をつとめる「教育正常化推進ネットワーク」を本格的な組織にしていく方向性で進めています。

教育正常化の運動は、タブーである人権(同和)教育の是正にあると考えており、小冊子の作成と福岡県同和教育研究協議会の補助金全廃、公的な位置づけを見直させる、住民監査→訴訟の取り組みが必要です。

その前哨戦として、8月7日のアクロス福岡での県同教講座、14日、9月23日、29日と連続で道路使用許可をとり人権擁護法案反対の街頭宣伝活動を行いました。 10月末福岡県教育委員会は正式に8月14日に提出した質問状への回答を出してきましたが、おざなりの回答でした。

また県教委には毎月、大量の公文書請求を繰り返し、その実情を明らかにすべく取り組んでいます。

<8・14活動の動画>

女子学生さんの演説(^^)♪



ネットワークは若い人だけでなく、また首都圏など福岡県外の方も所属組織の枠を超えて個人でご協力いただくなど多くいらっしゃいます。

福岡の教育を左傾化させ、子供たちを歪めているのは、県同教と日教組です。この構図は福岡に限らず、大阪の某議員が仰るように「解放同盟が日教組の用心棒」です。

11月26日、福岡県教育委員会にいくつか開示請求をしてきました。ご参考まで一覧をあげます。

■平成18~20年度

県立高校人権教育指導案(同和・在日・ジェンダー)
生徒配布プリントなど(参考文献含む)

○小倉西
○東筑
○中間
○大宰府
○筑紫
○三井
○八女工業
○朝倉光陽
○田川科学技術
○嘉穂総合

○南筑後教育事務所開催学校関係者に対しての立花町
差別はがき事件に関する研修会資料

○北・南筑後教育事務所作成の差別事象の取り扱いに関する文書

(以上 人権同和教育課)

○最新日本史採択に関する外部からの意見(メール・FAX・要望書)

(以上 高校教育課)



某雑誌への寄稿が決まり、こういう公文書をもとに調査を行い、関係者にも取材して原稿にまとめることになりますが、今回は高校の実態を明らかにしようと考えていて、県教委にはそのことを伝えてありますが、驚いたのは高校教育課で、非協力的な態度を示していました。

市民に真実を知らせる必要があります。

同和・人権の看板に逆らえない現場の先生たちを守るのは、私たち民間レベルの運動だと思っています。

福岡県八女市議会に教育の正常化に関する陳情を提出
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-1030.html

日教組・自治労の公務員労組不正、同和在日特権、男女共同参画に巣食うフェミニストなどとの戦いを展開中です。人権擁護法案・国籍法改正などの動きは彼らの策動と法務官僚とがつながっているから起きていることです。

行政法や教育関係など書籍や

のぼりや印鑑など備品の購入、

取材にかかわる交通費など

資金がかかります。

ですが、まだまだ金額が足りず苦慮して

います。


情報公開請求の文書費や研究用図書、外部との渉外 交通費も多く、出て行くお金のほうが多い。ギリギリで自転車操業中です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援何卒、よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     



<中山成彬はなぜ日教組と戦うのか出版>

日教組がいかに日本の教育、さらには日本社会を歪めてきたか、なぜ中山議員が国交大臣のポストを辞してまで日教組を潰すべきだと主張するのかよく理解できます。



<イベントのご案内>

【大分】大分県公立高等学校教職員組合主催「第38回教育研究大会」
【日時】平成20年12月7日(日)10:00~15:10
【テーマ】「求める心 応える教育―今、教育が果たすべきこと―」

大分県公高教からの文書・名刺

【プログラム】
〈講演〉「国際貢献におけるリーダーシップ」―イラク復興支援活動を回想して―
 ○岡崎勝司氏(陸上自衛隊中部方面総監部調査部長)
〈教育シンポジウム〉「今後の道徳教育の在り方について」
 ○基調提言 加藤十八氏(中京女子大学名誉教授、元愛知県立高等学校長)
 ○シンポジスト
  三浦啓亨氏(大分県高等学校PTA連合会会長代行)
  後藤靖宏氏(大分大学名誉教授)
  猪部敬彦氏(玖珠町立春日小学校校長)
  山口英明氏(福岡教育連盟執行委員長)
 ○コーディネーター
  金山靖道氏(大分上野丘高校教諭)
【会場】ビーコンプラザ中会議室 別府市山の手町12-1 電話:0977(26)7111
【後援】日本教育再生機構、道徳教育をすすめる有識者の会
【お問合せ】大分県公立高等学校教職員組合 電話:097(536)2511



安東幹さんからの呼び掛けです。
中国大使館前での直接行動です。
―――――――

【12月6日】中国大使館前抗議行動のお知らせ

12月6日(土)
午前9時大阪 大阪領事館前
午後3時東京 中国大使館前
(午後2時半麻布消防署前集合)

これまで行われてきたアメリカに本部のある
北朝鮮自由連合の呼びかけによる
国際統一行動の延長線上にあるものです。

中国共産党政府の野蛮な北朝鮮難民強制送還や
強制収容所などを乱立させる独裁金正日体制の支持に抗議します。
その他、中国共産党政府批判大歓迎です。
台湾問題、チベット問題、なんでもけっこうです。
中国政府に抗議しましょう。
そして、中国共産党政府を崩壊させましょう。

安東幹が大阪、東京と参加し、取りまとめ役を行います。
事前に、警察、中国大使館(領事館)、日本政府、各国大使館、マスコミなどに連絡します。
ぜひ、ご参加ください。

連絡先 安東 幹 080-3396-2993


■反日マスコミの真実2ぜひお読みください


<ご支援のお願い>

情報公開請求の文書費や研究用図書、外部との渉外 交通費も多く、出て行くお金のほうが多い。ギリギリで自転車操業中です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

何卒、よろしくお願いしますm(__)m

■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     


クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
>今回はネット社会の負の部分をまざまざと見た思いだった。 
>こうしたことで法案の審議や議員の自由な政治活動に支障があっては、国会がおかしくなる。

誰のための代表かをまったくわかってない。
このような国会議員がいるから日本がおかしくなるのだと思います。
思い上がりもはなはだしいです。
2008/12/06(土) 17:04:43 | URL | bunshiro #-[ 編集]
異様な抗議活動だなんて,FAXの内容を本当に見てくれたのか?
見ていないからそういう発言なんでしょうね。
異様なのは国籍法改正案をとりまくすべての出来事。
採決には党議拘束がかかったんでしょうけれど,この結果は非常に残念です。
だからこそ,反対表明してくれた議員の勇気に敬意を表します。
悲しいけれど,これからも活動は続けていきます。

海外のこの法案に対する反応も気になるところです。
入管や警察にはこれまで以上に目を光らせて欲しいところです。
ただ,警察にもちょっと不信感があるものですから・・・ 大丈夫かな??
2008/12/06(土) 21:28:12 | URL | OldCrow #CyLrfnwo[ 編集]
それどころか業務妨害だといって麹町署に被害届を出した議員もいるそうですよ。週刊金曜日ネタではありますが。
2008/12/06(土) 21:32:44 | URL | nanas #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫