<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 対馬を視察した超党派国会議員団に水をさす西日本新聞 
2008年12月21日 (日) | 編集 |
今朝の西日本新聞の報道は対馬を訪れた国会議員の活動に水をさす報道でした。

これは同紙の主な読者層である福岡県民をおかしな方向へ誘導しようという意図的な報道です。
対馬と福岡の関係は長崎よりも深いのです。

それに気づかせないよう、地元は経済を求めている。国防はどうでもいいと都合がいいように報じています。

産経、読売新聞(読売はなぜか紙面で大幅カット)と西日本の記事が明らかに違うことは読み比べていただけるとお分かりになられると思います。

これは偏向報道だといってよいでしょう。

まずは西日本新聞。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/66864

対馬の「国防」超党派視察 地元は活性化策要望

超党派の保守系国会議員11人が20日、「国境の島」長崎県対馬市を訪問、海上自衛隊施設に隣接する韓国資本のホテルなどを視察した。「韓国資本の土地買収が、安全保障に影響していないか調べるのが目的」(山谷えり子参院議員)だったが、地元側の要望は円高ウォン安などで冷え込む離島経済の活性化策が中心で、双方の思惑がすれ違った形となった。

 議員団は同日、同市内の海自対馬防備隊や航空自衛隊のレーダー施設などを視察。防備隊隣接地に6月に開業した韓国資本ホテルも訪ね、韓国人支配人から開業の経緯などについて聴いたほか、島民とも意見交換した。

 地元商工会は「島の振興策を優先してほしい」と強調。年間十数億円を見込んでいた韓国人観光客の経済波及効果が円高で落ち込んでいる窮状などを訴えた。視察終了後、記者団に地元との“温度差”を問われた山谷議員は「(海外資本に土地を売らないですむよう)離島を活性化する法整備をし、国土の防衛につなげたい」と述べた。



次は、読売新聞(同紙は福岡でも3割の読者がいる)。なぜか地元西部本社版(13版)でも冒頭の内容のみで、肝心な中身はカット。

http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20081221-OYS1T00196.htm

韓国企業の土地買収進む対馬、超党派議連が視察


 超党派の国会議員でつくる「真・保守政策研究会」(中川昭一会長)と「日本の領土を守るために行動する議員連盟」(山谷えり子会長)のメンバーは20日、長崎・対馬で韓国企業が土地を積極的に買収しているとして、現地を視察した。

 平沼赳夫・元経済産業相ら自民、民主両党と無所属の国会議員計11人が参加した。平沼氏らは、韓国資本が購入した自衛隊施設に隣接するホテルや、韓国人観光客が多数訪れるスーパー、商店街などを見て回った。

 ◆「国防上重要な土地」買収にショック

韓国人による土地購入が進む対馬市の事態を重視している超党派の国会議員11人が視察に訪れた20日、“国境の島”の住民は視察団に共鳴する一方、「本土と格差のない島づくりを」と視察を契機に離島振興への期待を込める声も上がった。視察に同行し、島の声を聞いた。

 視察団は、島の中心地・厳原の商店街や港で、韓国人観光客の動向や街の経済状況などを確認。同市美津島町竹敷では、海上自衛隊施設と、隊の隣地に今年6月、韓国企業がオープンさせた宿泊施設を視察した。

 山谷えり子参院議員は「自衛隊のそばという国防上重要な土地を買われていることにショックを受けた。買い取られないよう法を整備すべき」と驚いていた。

 県対馬地方局と対馬市によると、韓国人による土地の購入実態はわからないという。以前からの所有分を含め、面積は約4万8600平方メートルと推計している。同市美津島町の30歳代の会社員男性は「合法的とはいえ、今後も売る人が増えると、島がどうなるのだろう」と不安を口にした。

 しかし、今の対馬にとっての課題は、雇用をはじめとした経済対策だ。公共工事が減り、建設業が低迷。漁業不振で水揚げも減った。人口の流出も深刻化している。

 そんな中、唯一伸びてきたのが韓国からの観光客だ。昨年は島の人口約3万7000人を上回る約6万5000人が訪れた。年間約17億円の経済効果をもたらしているという。その韓国人観光客が、急激な円高の影響を受け、9月から激減した。市商工会の浦田一朗会長は「3分の1に減った。国には本土と格差のない島づくりをしてもらいたい」と訴えた。

 財部能成市長は「どうしたら島が生き残れるかが重要。島の実情をわかってもらいたい」と視察に期待。対馬空港(美津島町)で、平沼赳夫・元経済産業相に対馬振興を求める要望書を手渡した。

 山谷参院議員は「国境離島は安全保障上の多くの宿題を抱えているところだ。(離島振興と安全保障の)新法制定に向け議論を進めていきたい」と話した。



こちらは産経新聞。この対馬問題を専任で担当している宮本記者の署名記事です。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081220/plc0812202227008-n1.htm

【対馬が危ない!】議員団、現地視察で驚いた! 韓国資本の買収地は旧日本軍港だった

対馬を訪れた山谷議員を歓迎する地元住民

長崎県対馬市で韓国資本が一部不動産を買収などしている問題で、自民、民主両党の国会議員を中心とした超党派の議員グループ11人が20日、同市を公式視察した。視察団は、韓国資本に買収された海上自衛隊対馬防備隊本部(同市美津島町竹敷)の隣接地などを訪問。同本部の隣接地はもとは明治時代に造成された旧日本海軍の軍事施設だったことが分かり、視察団長の平沼赳夫衆院議員(無所属)は「領土意識が希薄になっていることを象徴している」と改めて危機感を表明、新法の制定に強い意欲を見せた。(宮本雅史)

 視察団は午前中、対馬市厳原町の市交流センターや厳原港ターミナルを見学。午後は、海自対馬防備隊本部の施設と隣接するリゾートホテル、上対馬町の韓国展望場や航空自衛隊レーダー施設などを訪問した。

 視察団が最も関心を示したのは韓国資本に買収された同防備隊本部の隣接地。以前は真珠加工場だったが、明治時代に造成された旧日本海軍の軍事施設だったことが、市側の説明で分かったためだ。

 対馬市議会自衛隊増強特別委員会委員長の大浦孝司氏によると、買収された敷地内にある浅茅湾に通じる岸壁は旧日本軍が水雷艇の停泊地として開発、軍港として利用していた。現在も石組みが残され、軍港としての活用が可能という。

 松原仁衆院議員(民主)は「旧海軍施設を韓国資本が買っていることになる。将来的に国防上どうなのか…」と危惧(きぐ)した。

 超党派の議員グループ11人に、対馬市側は、防衛施設の整備や韓国資本による不動産買収の規制、税の減免措置、さらには、国境・離島を管轄する新たな省庁の設置などを盛り込んだ特別措置法の制定を求めた。



皆様、どうでしょうか。

地元紙の長崎新聞でもちゃんと報道しているのに、西日本新聞の偏向がおわかりになられると思います。

<在特会が在日同和勢力と結託する西本願寺を糾弾>

あの言論弾圧法「人権擁護法案」の推進の先頭に彼ら西本願寺が立っており、坊さんたちが国会議員の部屋を訪れ、よろしくお願いしますとやっています。その文書もあります。

それを踏まえたうえで、先日の在日特権を許さない市民の会主催の本願寺前での抗議街宣の動画を見ていただきたいです。



【人権擁護法案(同和利権)・教育正常化活動のカンパ支援をお願いします】

ブログ「なめ猫♪」を通じていただいたカンパは福岡~八女間をはじめとする交通費や図書購入や情報公開請求などの調査研究費など活動費に充ててきました。 月々の往復交通費や連日、行事や調査活動があれば宿泊費もかかり、金銭的に厳しい状況です。

先日は南九州、今月初めは大分県へ取材にましたが、他にも解同が強い県は愛媛や高知など四国、鳥取など中国地方など実態は掴めていません。また、福岡県もエリアが広いので、筑豊地区(飯塚や田川)や京築地区(行橋・豊前など大分県境)など、いまだ未調査地域はあります。

いま人権擁護法案などの運動はいろいろな団体などと共闘し、展開していますが、教育をめぐる問題にポイントを絞った運動は、平成18年に福岡県民教育協議会が解散して以降、福岡では行われていません。そこで、私が事務局長をつとめる「教育正常化推進ネットワーク」を本格的な組織にしていく方向性で進めています。

また県教委には毎月、大量の公文書請求を繰り返し、その実情を明らかにすべく取り組んでいます。

<8・14活動の動画>

女子学生さんの演説(^^)♪


今年ももう残すところあと10日ほどになりました。人権擁護法案反対陳情で上京したり、福岡県同和教育研究協議会の研究集会の会場前で街頭活動を行ったり、行動に打って出た1年だったと思います。

来年1月8日午前10時から部落解放同盟福岡県連が、福岡市中央区天神にある「西鉄ソラリアホテル」で新年旗開きを行うとの情報が入っています。

人権擁護法案推進派は、年中動いています。

今年1年を振り返って、前半の活動は順調のように見えましたが、考え方の違いなどが顕在化し、10月末から11月にかけて内部からの攻撃を受ける事態が生じました。
最終的には謝罪もないまま、暖かく彼を見守ってくださいとかうやむやな回答に終始しておりますが、最近では、人の金でさんざん飲み食いした挙句、なめ猫ブログにある教育正常化推進ネットワークの内容を削除修正しろとの要求まであり、不当な妨害を受けております。

私は特定の団体・党派の伸張と国民運動の間にはラインを引くべきと思います。今年に入って何度となく内部と戦うことがありました。

所属団体の考えをネットで国籍法や人権擁護法案などに取り組む人たちに押し付けるのはおかしいと思っています。

このような保守派内部、組織の論理をごり押しする理不尽さと戦いながら、福岡県の教育行政の不正常を変えるべく努力し続けております。

多くの皆様のご支持、バックアップをいただきながら、福岡県外にも対象を拡大し、教育正常化と関連する問題に取り組んでいます。

情報公開請求で大量の文書を入手し、精読しておりますが、新たに福岡県独自事業である地域活動指導員制度が、運動体の活動に活用されているとの情報をキャッチし、12月18日に社会教育課を通じて文書を入手しました。

解放子ども会などにかかわる業務に県費が使われておりますが、指導員は身分上は、非常勤の地方公務員だということで、行政の中立性などの問題があると見ています。


日教組・自治労の公務員労組不正、同和在日特権、男女共同参画に巣食うフェミニストなどとの戦いを展開中です。人権擁護法案・国籍法改正などの動きは彼らの策動と法務官僚とがつながっているから起きていることです。

行政法や教育関係など書籍や

取材にかかわる交通費など

資金がかかります。

ですが、まだまだ金額が足りず苦慮して

います。


情報公開請求の文書費や研究用図書、外部との渉外 交通費も多く、出て行くお金のほうが多い。ギリギリで自転車操業中です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援何卒、よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     



■反日マスコミの真実2ぜひお読みください


<ご支援のお願い>

情報公開請求の文書費や研究用図書、外部との渉外 交通費も多く、出て行くお金のほうが多い。ギリギリで自転車操業中です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

何卒、よろしくお願いしますm(__)m

■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     


クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
島根県民は、最後まで叫ぶ! 竹島の日は2月22日です。 竹島は日本固有の領土です! 現在、心ある国民のなかの世論は、対馬に向いて...
2009/01/19(月) 22:28:52 | 皇国の興廃、この一文にあり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫