<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 第2回日教組究明議連で元社会党議員の小林正氏が講演
2008年12月26日 (金) | 編集 |
私のライフワークといってよい教育。この教育は人間を育て、国をつくるもので大変重要なのですが、学校の設備とかハード面が強調されがちで肝心な中身はあまり大事にされません。

とくに日教組問題は、組織率低下などがいわれますが、教育委員会と癒着することによって組織の影響力を保持しつづけています。

一部新聞が報じた教職員組合加入率は日教組も低下しているとのことです。朝日新聞は加入率は増えてはいるが、退職者に比べ少なく、やはり減少傾向にあると伝えています。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

加入率が低くても戦闘的な地域はあります。北海道もそうですし、大阪や福岡だって3割ですが、人権教育、平和教育、ジェンダーフリー教育などで組合の考えが教育行政に入り込んでしまっています。

教育の正常化のためには、この日教組という組織体をどうするかという問題はいまも変わっていません。

私は政治と国民運動の関係は一定の距離が必要と考えてはいますが、現実的に国民運動やジャーナリズムの限界も感じてもいます。

政治、選挙に距離を置くという考え方で、保守派国民運動は長くやってきました。そして、自民党の心ある議員に働きかける(もちろん生長の家政治連合などもありましたが)。

それが、保守派の政治への影響力が左派に比べ弱かった大きな理由で、日教組は国民の中で少数派なのに、彼らのほうが国政でも地方議会でも幅を利かせる状況になっています。

私たちの側の議員が、あるいは自分たちの仲間から議員を出せれば・・・

このことについてはもう少し自分自身の中で整理して考えていきたいと思っています。

昨日の日教組究明議連は福岡の原田義昭先生も出席され、発言されたそうです。


http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/081225/stt0812251637005-n1.htm

「消えた30億円」の追及を 日教組究明議連で元神奈川県教組委員長

 自民党有志でつくる日教組問題究明議連(会長・森山真弓元文相)は25日、元神奈川県教職員組合委員長の小林正元社会党参院議員を講師に招き、国会内で第2回会合を開いた。小林氏は、神奈川県教組が教員から徴収した主任手当のプール金約30億円の所在と使途を追及するべきだと主張し、出席した約20人の議員も賛同した。

 小林氏は神奈川県教組委員長時代、自ら主任手当を教育・文化に資する目的で使い、いじめ自殺などの相談業務に当てる制度設計を行ったと表明。その上で「これは公金でありガラス張りでなければならない。だが、現在は公開されず、(日教組議員の)政治資金として流用されている疑いがある」と訴えた。

 また、議員側からは「(地方では)保守系の知事も金も票も運動員も持っている教組と妥協してしまう」(衛藤晟一氏)、「日教組の問題点は、教育委員会と密接につながっている点にある」(義家弘介氏)などの指摘もなされた。

http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/848745/

産経新聞の阿比留記者(福岡出身)のブログ

で、この日は講師として、このブログでも何度か登場してもらった元神奈川県教職員組合委員長で、元社会党参院議員でもありながら、保守派へと路線転換した小林正氏(写真奥左から2番目)が招かれていました。会合が始まる前、少し雑談したのですが、議員会館のエレベーター内で民主党の輿石東参院議員会長とばったり顔を合わせたそうです。元県教組委員長同士、当然のことながら顔見知りなわけですが、きょうは目が合っても口は聞かなかったそうです。まあ、いまや日教組の親玉とその追及者として大きく道が分かれたわけですから、当然なのでしょうが。

さて、会合で小林氏が話した内容は多岐にわたるのですが、この日一番のテーマは、神奈川県教組が所属教員らから26年間にわたって徴収し、2002年の残高が約30億円に上っていたという主任教員手当についてです。これに関しては、私も10月7日のエントリ「主任教員手当・神戸市教組の指令文書」でちょっと取り上げているのですが、最近になって週刊新潮の12月25日号(先週発売)が「神奈川県『日教組』を震撼させる『消えた30億円』告発文書」という記事を掲載したので、読んだ方もいると思います。記事の一部を引用します。()内は私が補足したものです。


《79年、公立学校に主任制度が発足。学年主任や教務主任になると、神奈川県では主任手当として月3000円が支給されることになった。全国屈指の組織率を誇る神教組はそこから2000円を拠出させ、この基金(教育振興基金)を設立したのである。

 06年度に主任手当は廃止されたが、04年までの26年間で、主任手当の総支給額は78億円。その3分の2がこの基金に入った計算となる。

 神教組はこれを教育相談などを行う施設の設置・運営などに充て、02年の残高は約30億円だったという。

 が、問題はここから。(告発)文書は03年度以降、その残高や使途が公開されなくなり、最近になって基金の一部が横浜市教組に移譲されていると指摘。さらに今年4月に就任した公認会計士がこの基金の杜撰な運営を見て監査を断るなどの事態が発生しているとし、「『基金』が政治闘争資金として流用されるのではないかとの疑惑が浮上しています」と警鐘を鳴らすのだ。(中略)

 一方の神教組は、文書の内容については全て事実無根だと言い張り、基金の現在の残高についても「国民、県民に公開する筋合いのものではない」と言い放つ始末。》

…ちょっと引用が長くなりましたが、日教組は主任手当について、教員に格差をつくるものとして反対する一方、天引きするなどして徴収し、組合活動に使ってきた歴史があります。
<在特会が在日同和勢力と結託する西本願寺を糾弾>

あの言論弾圧法「人権擁護法案」の推進の先頭に彼ら西本願寺が立っており、坊さんたちが国会議員の部屋を訪れ、よろしくお願いしますとやっています。その文書もあります。

それを踏まえたうえで、先日の在日特権を許さない市民の会主催の本願寺前での抗議街宣の動画を見ていただきたいです。



【人権擁護法案(同和利権)・教育正常化活動のカンパ支援をお願いします】

ブログ「なめ猫♪」を通じていただいたカンパは福岡~八女間をはじめとする交通費や図書購入や情報公開請求などの調査研究費など活動費に充ててきました。 月々の往復交通費や連日、行事や調査活動があれば宿泊費もかかり、金銭的に厳しい状況です。

先日は南九州、今月初めは大分県へ取材にましたが、他にも解同が強い県は愛媛や高知など四国、鳥取など中国地方など実態は掴めていません。また、福岡県もエリアが広いので、筑豊地区(飯塚や田川)や京築地区(行橋・豊前など大分県境)など、いまだ未調査地域はあります。

いま人権擁護法案などの運動はいろいろな団体などと共闘し、展開していますが、教育をめぐる問題にポイントを絞った運動は、平成18年に福岡県民教育協議会が解散して以降、福岡では行われていません。そこで、私が事務局長をつとめる「教育正常化推進ネットワーク」を本格的な組織にしていく方向性で進めています。

また県教委には毎月、大量の公文書請求を繰り返し、その実情を明らかにすべく取り組んでいます。

<8・14活動の動画>

女子学生さんの演説(^^)♪


今年ももう残すところあと10日ほどになりました。人権擁護法案反対陳情で上京したり、福岡県同和教育研究協議会の研究集会の会場前で街頭活動を行ったり、行動に打って出た1年だったと思います。

来年1月8日午前10時から部落解放同盟福岡県連が、福岡市中央区天神にある「西鉄ソラリアホテル」で新年旗開きを行うとの情報が入っています。

人権擁護法案推進派は、年中動いています。

今年1年を振り返って、前半の活動は順調のように見えましたが、考え方の違いなどが顕在化し、10月末から11月にかけて内部からの攻撃を受ける事態が生じました。
最終的には謝罪もないまま、暖かく彼を見守ってくださいとかうやむやな回答に終始しておりますが、最近では、人の金でさんざん飲み食いした挙句、なめ猫ブログにある教育正常化推進ネットワークの内容を削除修正しろとの要求まであり、不当な妨害を受けております。

私は特定の団体・党派の伸張と国民運動の間にはラインを引くべきと思います。今年に入って何度となく内部と戦うことがありました。

所属団体の考えをネットで国籍法や人権擁護法案などに取り組む人たちに押し付けるのはおかしいと思っています。

このような保守派内部、組織の論理をごり押しする理不尽さと戦いながら、福岡県の教育行政の不正常を変えるべく努力し続けております。

多くの皆様のご支持、バックアップをいただきながら、福岡県外にも対象を拡大し、教育正常化と関連する問題に取り組んでいます。

情報公開請求で大量の文書を入手し、精読しておりますが、新たに福岡県独自事業である地域活動指導員制度が、運動体の活動に活用されているとの情報をキャッチし、12月18日に社会教育課を通じて文書を入手しました。

解放子ども会などにかかわる業務に県費が使われておりますが、指導員は身分上は、非常勤の地方公務員だということで、行政の中立性などの問題があると見ています。


日教組・自治労の公務員労組不正、同和在日特権、男女共同参画に巣食うフェミニストなどとの戦いを展開中です。人権擁護法案・国籍法改正などの動きは彼らの策動と法務官僚とがつながっているから起きていることです。

行政法や教育関係など書籍や

取材にかかわる交通費など

資金がかかります。

ですが、まだまだ金額が足りず苦慮して

います。


情報公開請求の文書費や研究用図書、外部との渉外 交通費も多く、出て行くお金のほうが多い。ギリギリで自転車操業中です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援何卒、よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     



■反日マスコミの真実2ぜひお読みください


<ご支援のお願い>

情報公開請求の文書費や研究用図書、外部との渉外 交通費も多く、出て行くお金のほうが多い。ギリギリで自転車操業中です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

何卒、よろしくお願いしますm(__)m

■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     


■反日マスコミの真実2ぜひお読みください


<ご支援のお願い>

情報公開請求の文書費や研究用図書、外部との渉外 交通費も多く、出て行くお金のほうが多い。ギリギリで自転車操業中です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

何卒、よろしくお願いしますm(__)m

■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     


クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
聞け国会議員の生の声
非正規雇用:雇い止め、失職8万5000人 先月から2.8倍--厚労省調査

愛国を叫ぶ国会議員はいても、売国を叫ぶ国会議員はいない。
聞け国会議員の生の声
1億総中流階級の日本人有権者は皆さんを応援します。
方針や政策を聞く【国政に対する要請】はこちらをクリックして下さい。


【新党勝手連の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr_ind.cgi
2008/12/27(土) 16:59:24 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫