<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 共産党への若年者入党増は、共産主義を理解してのものか 
2009年01月05日 (月) | 編集 |
昨年も何度かこのニュースを取り上げましたが、地方ではそんなに共産党の増加を肌で実感していません。

雇用・経済問題での党員増加がいわれていますが、彼らは共産主義をどこまで理解しているのかというとほとんど知らない人が多いようです。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

ただ、自民党の政策の誤りは共通認識するもので、大分キャノンの派遣問題を国会で志位委員長自ら取り上げた際の動画が爆発的なヒット数になったというように、雇用保障、生活保障を訴える公党という認識で入党している人を悪くいうつもりはないけれど、党が前衛を指導するという上意下達の政党であり、異論を許さないということは知っておくべきではないかと思います。

一方、派遣村について、厚生労働省の講堂を解放したというニュースが大きく報じられましたが、セキュリティーなどの面を考えると緊急避難が目的とはいえ、危ういものを感じました。

2009年1月5日(月)「しんぶん赤旗」

衣食住・雇用確保を
派遣村で「村民」集会
緊急特別立法など要望

----------------------------------------------

 「派遣切り」「期間工切り」などで仕事も住まいも奪われた労働者らを支援するため、市民団体や労組が実行委員会をつ
くり、東京・日比谷公園に開設した「年越し派遣村」は四日、「村民」集会を開きました。労働者や支援のボランティアら約千 人が参加し、国などに、「衣食住」と雇用の確保を強く求めていくことを確認しました。
 神奈川県藤沢市のいすゞ自動車で派遣労働者として働いてきた男性(39)は「日研総業の派遣として一年働いた。次の 仕事探しをしないと不安だったので大みそかに寮を出ました。寮費や光熱水費を口座から引かれると、蓄えなどできず、 テレビで『派遣村』のことを知って来ました」と話しました。
 「派遣村」実行委員会は厚労省に対し、▽衣食住の確保▽相談窓口の設置▽「派遣切り」「期間工切り」を認めない緊 急特別立法―などの六項目を要望してきました。
 昨年十二月三十一日からはじまった「派遣村」は、当初の予想を大きく上回る人たちが「村民」登録したため、二日夜か
らは実行委員会の要請で、厚労省が講堂を開放。講堂と公園内のテントには計約五百人が宿泊していました。
 実行委員会によると、二百人近い人が五日に生活保護の申請を行います。同日には、厚労省要請や国会へのデモ、院 内集会を予定しています。


http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20081231-OYT8T00063.htm

共産入党 都内で1000人
他党は減少・横ばい
 
派遣労働者の解雇問題などで政治に関心を持ち、共産党(本部・渋谷区千駄ヶ谷)に入党する若者らが増えている。都内だけでも今年1年間で約1000人が入党し、対前年比1・5倍の伸びとなった。党員が減少した自民と社民、横ばいの公明、民主に比べ、共産の党員増が目立っている。

 共産党によると、新たに入党者数を数え始めた2007年9月以降、08年12月末までの新規党員数は全国で約1万4000人だった。月平均約1000人で、その2~3割を18~29歳の若者が占めているという。07年8月までは月平均約500人で、若者は1~2割だった。

 同党中央委員会常任幹部会の中井作太郎委員は、「日雇い派遣や期間工の若者らがインターネットで共産党の活動に関心を持ち、『もっと知りたい』と自ら訪ねてくるケースが増えている」と話す。

 杉並区在住の男性(20)は運送会社に勤務していたが、ある日突然、運転手から倉庫整理に配置転換となり、給料も手取り20万円から14万円に激減。08年6月に退職し寮を出たが、次の就職先が決まらず、サウナやネットカフェに寝泊まりするまで追い詰められた。

 共産党の区議に相談に行った際、「自分なんて生まれてこなければ良かった」と泣き崩れた。この後、同党に入党、現在は宣伝カー運転などのアルバイトで生活をしのぎ、「若者が働きやすい環境整備を」と求めている。

 一方、自民党は91年、約347万人の新規党員を獲得、党員数が約546万人に上ったのをピークに、98年から年々、党員が減り続け、07年は約110万人。党員減少の理由について、同党では「参院比例選が(01年から個人票を獲得するほど名簿順位が上がる)非拘束名簿方式に変わり、党員集めの必要性が薄まった」(組織本部)としている。

 社民党の党員は97年に6万人以上いたが、支援する労働組合の減少や、党員の高齢化で、07年には約3万3000人と半減。公明党は04~07年、40万人で横ばい。民主党も04~08年、3万~4万人台(サポーター除く)で推移している。

<在特会が在日同和勢力と結託する西本願寺を糾弾>

あの言論弾圧法「人権擁護法案」の推進の先頭に彼ら西本願寺が立っており、坊さんたちが国会議員の部屋を訪れ、よろしくお願いしますとやっています。その文書もあります。

それを踏まえたうえで、先日の在日特権を許さない市民の会主催の本願寺前での抗議街宣の動画を見ていただきたいです。




【人権擁護法案(同和利権)・教育正常化活動のカンパ支援をお願いします】

ブログ「なめ猫♪」を通じていただいたカンパは福岡~八女間をはじめとする交通費や図書購入や情報公開請求などの調査研究費など活動費に充ててきました。 月々の往復交通費や連日、行事や調査活動があれば宿泊費もかかり、金銭的に厳しい状況です。

昨年は南九州、大分県へ取材にましたが、他にも解同が強い県は愛媛や高知など四国、鳥取など中国地方など実態は掴めていません。また、福岡県もエリアが広いので、筑豊地区(飯塚や田川)や京築地区(行橋・豊前など大分県境)など、いまだ未調査地域はあります。

いま人権擁護法案などの運動はいろいろな団体などと共闘し、展開していますが、教育をめぐる問題にポイントを絞った運動は、平成18年に福岡県民教育協議会が解散して以降、福岡では行われていません。そこで、私が事務局長をつとめる「教育正常化推進ネットワーク」を本格的な組織にしていく方向性で進めています。

また県教委には毎月、大量の公文書請求を繰り返し、その実情を明らかにすべく取り組んでいます。

<8・14活動の動画>

女子学生さんの演説(^^)♪


昨年は人権擁護法案反対陳情で上京したり、福岡県同和教育研究協議会の研究集会の会場前で街頭活動を行ったり、行動に打って出た1年だったと思います。

1月8日午前10時から部落解放同盟福岡県連が、福岡市中央区天神にある「西鉄ソラリアホテル」で新年旗開きを行うとの情報が入っています。

麻生知事なども挨拶で旗開きには出席するとのことですが、会場でどういう方々がくるかしかと見たいと思っています。


人権擁護法案推進派は、年中動いています。

情報公開請求で大量の文書を入手し、精読しておりますが、新たに福岡県独自事業である地域活動指導員制度が、運動体の活動に活用されているとの情報をキャッチし、12月18日に社会教育課を通じて文書を入手しました。

解放子ども会などにかかわる業務に県費が使われておりますが、指導員は身分上は、非常勤の地方公務員だということで、行政の中立性などの問題があると見ています。


日教組・自治労の公務員労組不正、同和在日特権、男女共同参画に巣食うフェミニストなどとの戦いを展開中です。人権擁護法案・国籍法改正などの動きは彼らの策動と法務官僚とがつながっているから起きていることです。

今年は街頭活動にも一層、力を入れていきたいと考えております。

もう1台、街頭活動用の

スピーカーを購入し

フルに街頭宣伝が行えるようにしたいです。

行政法や教育関係など書籍や

取材にかかわる交通費など

資金がかかります。

ですが、まだまだ金額が足りず苦慮して

います。


今年は多くの皆様のご支持、バックアップをいただきながら、福岡県外にも対象を拡大し、教育正常化と、新たにネットや創作表現物などの表現規制について関連する問題に取り組んでいきます。

情報公開請求の文書費や研究用図書、外部との渉外 交通費も多く、出て行くお金のほうが多い。ギリギリで自転車操業中です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援何卒、よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     



クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 嗚呼、せっかく「良い話だなー」と思っていたのに。
2009/01/06(火) 00:41:18 | 徒然なるままに@甲斐田新町
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫