<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 教育はプロに任せればいい?
2009年01月11日 (日) | 編集 |
私はタイトルに挙げたような教育はプロ任せでいいには到底賛成できません。

学力テスト結果の公表についてなんら対応できない言い訳をプロに任せるというごまかしをしているだ
けでしょう。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

教育正常化が進まないのは、教育委員会も学校も組合もぐるになって隠ぺいを図るからなのです。

学力テストの結果の公表を行うと序列が生まれるとか、文部科学省もあほなことをいっているものです。

http://mainichi.jp/area/akita/news/20090110ddlk05100081000c.html

全国学力テスト:公表、知事に強い反発 県町村教育長会、改善はプロに任せて /秋田

 県町村教育長会(会長、鶴飼孝・東成瀬村教育長)は9日、秋田市で臨時の会議を開き、寺田典城知事による全国学力テストの市町村別結果公表について意見交換した。“頭越し”の公表をした寺田知事に対する強い反発に加え、自主公表を促した県教委にも「公表の効果は疑問」「要請は半強制でやめるべきだ」と批判が出た。一方で「テストそのものは有意義だった」との声もあった。【岡田悟】

 鶴飼会長は寺田知事の公表について「首長が情報を知っているのはいいが、教育行政に介入してくるのは問題。序列化や過度の競争による弊害は専門の見知からの指摘だ。改善はプロに任せてほしい」と批判。県教委に対しても「公表要請は『促し』ではなく半強制で、やめた方がいい。序列化で競わせるより、各自治体から集めた情報を一元的に活用できるようにすべきだ」と述べた。

 また羽後町の加藤忠紀教育長は「偏差値や国公立大合格者数を競う高校教育の考え方は、小中学校には当てはまらない」と訴えた。

 須藤幸紀・県教委義務教育課長は「県教委が公表前に知事に(公表しないよう)申し入れた際、『わかったわかった』と言っていた」と明らかにし、「(公表は)誠に遺憾。09年度も知事に対しては同様に対応する」と述べた。

 ただ学力テストそのものについては「良問で学習状況や指導法を見直す機会になり有意義」(小林茂・上小阿仁村教育長)などの意見が出た。

 寺田知事は独自判断で昨年12月25日、全国で初めて07、08年度の全国学力テストの市町村別正答率や学習状況調査の結果を自治体名をすべて明記して公表。「できるだけ早く情報公開をすることが教育の向上につながる」とし、県のホームページにも掲載している。

 ◇知事、藤里町教委に反論「子供にはテスト受ける権利」--09年度不参加
 市町村別結果を公表するなら09年度は学力テストに参加しないという藤里町教委の方針について、寺田知事は「義務教育なので子供にはテストを受ける権利がある。一教委が否定するのはいかがなものか」と反論。さらに「子供を理由にしたダメ論は、市町村教委の責任逃れ。本当に教育のあるべき姿なのか」と述べた。

 文部科学省による実施要領の変更で、09年度は知事による学力テスト結果公表が出来なくなる。

 寺田知事は4月に任期満了となるが「私が来年度も知事なら公表する」と強調した。【岡田悟】

 ◇3市町村は「参加」 公表に配慮を条件に--09年度
 09年度の全国学力テスト参加について、9日までに県内25市町村のうち4市町村の教委が方針を決めた。「市町村別の結果公表をするなら参加しない」とする藤里町教委以外は参加を確認したが、いずれも結果公表には慎重な対応を求めている。

 潟上市教委は9日の委員会で参加を決定。ただ県教委への届け出では「結果公表等に関して、事前に県および、県教委と各市町村教委との十分な共通理解を得られることを前提とする」とし、市教委の合意なしに市町村別結果を公表しないようくぎを刺す。

 三種町と上小阿仁村の教委でも「県を含めた関係者にも実施要領を守ってもらいたい」「公表のあり方を十分配慮して」という意見が出された。

 三種町の大塚強教育長は「市町村別結果の公表には反対だが、全国の中で自分たちの位置づけを知る調査自体の意義はある」と話した。

 一方、上小阿仁村の小林茂教育長は「子供の数が少ないところは、ちょっとした事情で結果が大きく変わってしまう。さまざまな背景抜きで数字だけを横並びに比較されるのは疑問」と指摘した。

 残る自治体については、今月中に教育委員会を開いて態度を決定する。

http://mainichi.jp/area/saitama/news/20090109ddlk11100263000c.html



全国学力テスト:開示、定例会で賛否分かれる 県教委、結論持ち越し /埼玉
 
 全国学力テストの市区町村別と学校別結果について、県情報公開審査会が県教委に「開示すべきだ」と答申した問題で、県教育委員6人が8日、定例会で開示の是非を話し合った。賛否両論が出てまとまらず、結論は持ち越された。

 県教委は開示しない理由に、過度の競争や序列化などを招く「おそれ」を挙げ、答申は「おそれが具体的でない」と指摘した。

 音楽家の松居和委員は「すべてのおそれを具体的に証明するのは不可能。教育現場はグレーゾーンでの対応を強いられていることを(県民に)はっきり説明すべきだ」と主張。一方、元日銀業務局長の樋爪龍太郎委員は「文科省や教委はデータを抱え込もうとする。公費を使って調査した結果を公表しないならその理由をはっきり説明すべきだ」と述べ、意見が割れた。

 開示か不開示かの決定は県教委の規定で教育長の専決事項となっているが、島村和男教育長は「県民の関心も高い案件なので各委員の意見をうかがいたい」としている。

 旧大宮市教育長だった石川正夫委員長は閉会後、報道陣に「市町村教委や学校の意見をしっかり聞いて判断しないと、(開示した場合に)県教委がハシゴをはずしたと思われる」と話し、年度内の意見集約を目指す考えを示した。【和田憲二、稲田佳代】

 ◇初出席の樋爪氏「難問山積を痛感」
 昨年12月末に新しく県教育委員に就任した元日銀局長で武蔵野銀行特別顧問の樋爪龍太郎氏(68)が8日、委員会に初めて出席した。全国学力テストの市町村別結果の公表問題などの議論に加わった後、報道陣に「難しい問題が山積していることを痛感した。改めて緊張感を持って取り組みたい」と語った。

 樋爪氏は今後の取り組みについて「日本では困った問題が起きて解決が難しいと、教育の問題と言われることが多い。教育の問題か社会の問題なのかを分けて議論し、『これ以上は教育では無理だ』と言っていくことも責任ある態度ではないか」と持論を述べた。

 ◇新委員長に石川氏
 また、高橋史朗・前教育委員長の委員退任を受け、石川正夫氏(69)が委員の互選で新委員長に選出された。石川氏は「現場から信頼され、困った時には後ろ盾になれる委員会が必要だ。県教委と、市教委や学校とのきずなをしっかり築きたい」と話した。任期は7月10日まで。

≪日本の自由と民主主義を左翼同和団体に売り渡す麻生福岡県知事に抗議を≫

福岡市で開催された部落解放同盟福岡県連合会の新春旗開きで、来賓として出席した麻生渡福岡県知事が、人権擁護法案=救済法案成立を言明したとのことです。

麻生福岡県知事

ねてより噂はありましたが、いよいよ運動体との癒着関係の正体を現し始めた麻生知事(麻生首相とかは血縁関係なし)。


福岡県は解放同盟中央本部の組坂委員長(小郡市出身)を出しており、かねてから票とカネほしさに自民党までぐるになって癒着を続けてきました。

リップサービスですまされる問題ではありません。

ある方から聞いたのですが、「北朝鮮による拉致被害者を救出する 知事の会」という知事の集まりがありますが、麻生福岡県知事は参加していないそうです。

全国47都道府県のうち、それも3人未加入であとは、あの千葉のフェミサヨク、堂本ですら発足当初から参加しているのです。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

拉致問題よりも、選挙で票になる同和、部落解放同盟にはわざわざスケジュール調整をしてでもご挨拶に出向く。

拉致問題は票にならないとか打算で考えているのだとしたら、とんでもない考えです。
麻生知事に猛抗議をお願いいたします。

昨年の部落解放同盟との交渉に出てきた麻生知事を私は交渉の会場前に待ち構え、マイクで激しく糾弾したことが思い起こされます。

県警察から逮捕するといわれても私はこの問題だけは譲れませんでした。

売国知事会長に日本の自由と民主主義が売り渡されようとしています。

本当に福岡県民として情けないし、悔しいです。

どんどんファックスやメール、はがき、そして知事の秘書室に抗議電話をお願いします。

●福岡県庁
〒812-8577 福岡県福岡市博多区東公園7番7号

■知事室秘書第一係 

     電話 092-643-3007
    ファックス 092-643-3009

県民の声(県政提案メール)
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/somu/kensei.htm


http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20090109ddlk40010325000c.html

部落解放同盟県連:旗開き 大量解雇時代に、人権守る議員を /福岡
 
年始恒例の部落解放同盟県連合会(松本龍委員長)の新春旗開きが8日、中央区のホテルであり、関係者のほか、県選出の国会議員や行政関係者ら約420人が参加した。

 式では、県連副委員長の組坂繁之・中央本部執行委員長が「大量解雇に政情不安はまるで幕末。人権や平和の原点を踏まえ、人権を確立していく議員を多数国政に送り込むことが大事だ」と9月までに実施される衆院選を視野にあいさつした。

 来賓の麻生渡知事は「不況で格差や差別の問題も深刻化する。『人権侵害救済法』成立を図りたい」と訴えた。

〔福岡都市圏版〕

【人権擁護法案(同和利権)・教育正常化活動のカンパ支援をお願いします】

ブログ「なめ猫♪」を通じていただいたカンパは福岡~八女間をはじめとする交通費や図書購入や情報公開請求などの調査研究費など活動費に充ててきました。 月々の往復交通費や連日、行事や調査活動があれば宿泊費もかかり、金銭的に厳しい状況です。

昨年は南九州、大分県へ取材にましたが、他にも解同が強い県は愛媛や高知など四国、鳥取など中国地方など実態は掴めていません。また、福岡県もエリアが広いので、筑豊地区(飯塚や田川)や京築地区(行橋・豊前など大分県境)など、いまだ未調査地域はあります。

いま人権擁護法案などの運動はいろいろな団体などと共闘し、展開していますが、教育をめぐる問題にポイントを絞った運動は、平成18年に福岡県民教育協議会が解散して以降、福岡では行われていません。そこで、私が事務局長をつとめる「教育正常化推進ネットワーク」を本格的な組織にしていく方向性で進めています。

また県教委には毎月、大量の公文書請求を繰り返し、その実情を明らかにすべく取り組んでいます。

<8・14活動の動画>

女子学生さんの演説(^^)♪


昨年は人権擁護法案反対陳情で上京したり、福岡県同和教育研究協議会の研究集会の会場前で街頭活動を行ったり、行動に打って出た1年だったと思います。

1月8日午前10時から


部落解放同盟


福岡県連が、福岡市中央区天神にある


「西鉄ソラリアホテル」で新年旗開<を行いました。


知事はじめ県教委を含む行政関係者、議員、企

業などずらりでした。


このように人権擁護法案推進派は、年中動いています。

新聞、テレビ報道によると、麻生知事は人権侵害救済法を成立させるなどと妄言を吐いたそうです。

このような知事が福岡県民、全国の知事の代表だというのですから、怒りを覚えます。

福岡ではいろいろあって一時街頭でのビラ配布を停止していましたが、再開したいと思います。

来週、県に抗議文を持っていきたいと思います。

情報公開請求で大量の文書を入手し、精読しておりますが、新たに福岡県独自事業である地域活動指導員制度が、運動体の活動に活用されているとの情報をキャッチし、12月18日に社会教育課を通じて文書を入手しました。

解放子ども会などにかかわる業務に県費が使われておりますが、指導員は身分上は、非常勤の地方公務員だということで、行政の中立性などの問題があると見ています。


日教組・自治労の公務員労組不正、同和在日特権、男女共同参画に巣食うフェミニストなどとの戦いを展開中です。人権擁護法案・国籍法改正などの動きは彼らの策動と法務官僚とがつながっているから起きていることです。

今年は街頭活動にも一層、力を入れていきたいと考えております。

もう1台、街頭活動用の

スピーカーを購入し

フルに街頭宣伝が行えるようにしたいです。

行政法や教育関係など書籍や

取材にかかわる交通費など

資金がかかります。

ですが、まだまだ金額が足りず苦慮して

います。


今年は多くの皆様のご支持、バックアップをいただきながら、福岡県外にも対象を拡大し、教育正常化と、新たにネットや創作表現物などの表現規制について関連する問題に取り組んでいきます。

情報公開請求の文書費や研究用図書、外部との渉外 交通費も多く、出て行くお金のほうが多い。ギリギリで自転車操業中です。独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。

御支援何卒、よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     



≪北朝鮮人権侵害問題啓発講演会のご案内≫  

 ※福岡市役所HPより

 本講演会は,国民の間に広く拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題についての関心と認識を深めるため,「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」に基づき,開催するものです。
 拉致問題は,人間の尊厳,人権及び基本的自由の重大かつ明白な侵害であることから,その一刻も早い解決が切に望まれているところです
 今回の講演は,北朝鮮の現状について詳しく,テレビのコメンテーターとしても活躍されている早稲田大学国際教養学部の重村智計教授をお迎えして,お話をうかがいます。
 是非,皆様お誘い合わせのうえ,ご参加ください。

1 日時
   平成21年1月18日(日曜日)
   午後1時30分~午後3時30分(開場 午後1時~)

2 会場
   イムズホール(天神イムズビル9階:福岡市中央区天神1-7-11)

3 講師
   重村 智計 氏(早稲田大学国際教養学部教授)

※「北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会」からの活動報告も予定しております。


4 参加申し込み等
 ・どなたでもご参加いただけます。
 ・事前の申し込みは不要です。
 ・会場の都合により,定員(400名)となり次第締め切らせていただきますので,ご了承願います。
 ・駐車場は準備しておりませんので,公共交通機関をご利用下さい。
 ・手話通訳あり

5 主催  福岡市


<ご支援のお願い>

情報公開請求の文書費や研究用図書、外部との渉外 交通費も多く、出て行くお金のほうが多い。ギリギリで自転車操業中です。

独自性を持った運動、タブーに斬り込む取材活動の推進にかかわり、カンパのご支援を皆様にお願いしたいと思います。



何卒、よろしくお願いしますm(__)m

■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     


クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
お初に書き込みいたします。

以下の王監督の言葉にあるようなプロとしての矜持を持った方ならお任せしてもよいと思いますが、教育界の「自称プロ」にそのような方は少数派でしょう。

「人間だからミスをする、間違えて当たり前だ、とおっしゃいますよね。でもプロなんです、僕たちは。プロっていうのはミスをしちゃーいけない。100回やったら100回、1000回やたら1000回全部成功させるのがプロなんです。それを目指さなきゃ-いけない。いいよ、仕方ない、気にするなよ、大丈夫だ、とうのはほかの人、お客さんとかがいう言葉でしてね、自分で言ってはいけないんです。 」

引用元:
http://blog.goo.ne.jp/kitanotakeshi55/e/823a71fc1ae5795d9c45c196ce60349b
2009/01/11(日) 19:21:42 | URL | かせっち #mQop/nM.[ 編集]
コメントありがとうございました
かせっちさま

教師にもしっかりした方がおられることは認識していますが、教育委員会の隠ぺい体質や自覚に欠けた者がいるなど考えると、やはりどうかと思っています。

ご紹介いただいた王監督のいわれるようなプロ意識をもたずサラリーマン意識の教師が多い以上、外からの圧力をかけていかなければ教育はよくならないと思います。
2009/01/12(月) 22:16:51 | URL | なめ猫♪ #TAZSivxg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫