<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 中川昭一議員大臣辞任は第三国の謀略の可能性あり
2009年02月18日 (水) | 編集 |
西村眞悟議員のメルマガでも中川大臣の飲み物に薬物が盛られたのでは、という指摘をしておられた。

酒好きだからとおもしろおかしく報道するマスコミと踊らされる国民。

そしてこの辞任を権力闘争に利用する構造改革派。

ロイターやBBCの報道の背後には中川大臣を煙たく思う勢力がいるのではないか。そういう観点からの報道は全くない。目くらましにあっているのが日本のいまの状況である。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ



事実を見つめれば本質が見える
                         No.409 平成21年 2月17日(火)
                              西 村 眞 悟

 十五日には、八尾の盟友、三宅博市会議員の議員活動十周年の祝賀会が盛大に行われた。そして、会の発起人の一人として挨拶する機会を与えられた。
 また、十六日の昨日も、十七日の今日も、朝街頭に立った。
 そこで、これらの機会に私は短く何を語ったのかを順位不動で述べておきたい。

1、ヒラリー・クリントン氏が国務長官として来日する。夫は、ビル・クリントン元大統領。彼は今、ヒラリーにぴったりと付き添う「内助」役。よって、ヒラリーとビルとを併せて、
「ビラリー・クリントン」の来日となる。さらに、オバマ氏当選で、かつて北朝鮮で巨大なマスゲームと人文字を見せてもらって喜んでいたオバチャンいや国務長官オルブライトの国務省への影響力が復活している。
 そこで、日本として言っておかねばならないことがあるだろう。それは、
「現在、日本に突き付けられている北朝鮮の現実的な核の脅威は、貴方の夫である「ビル」の時代に北朝鮮の核開発を容認する「米朝合意」を行ったからだ。このことを忘れてもらっては困る。」ということ。
 それというのも、この新国務長官は、十三日のニューヨークで、「北朝鮮が核開発を放棄する用意があるならば、アメリカは経済援助を開始する」というような演説をしているからである。
 つまり、新国務長官は、北朝鮮が「核開発を放棄する」のではなく「放棄する用意をする」だけで、援助再開・米朝国交樹立をすると言っている。これは、ブッシュ時代のヒルよりも、さらに北朝鮮べったりの路線ではないか。というよりも、ビル・クリントン大統領時代の米朝合意の失敗の上乗せをしようとしているとしか考えられない。
 まさに、我が国と東アジアにとって最悪のシナリオをもったビラリー・クリントンの来日ではないか。

2、ヒラリー・クリントン氏は、拉致被害者家族と会うことになった。そこで彼女は、
「私は母として、女として、娘として、会う」
というような一見情に訴えているようでその実「訳の分からん」ことを言っている。
 これは、アメリカの「国務長官としては会わない」ということではないか。従って、国務省内の会見反対論に配慮した発言とも言える。
 そうであれば、国務長官ではない一人のアメリカの派手なオバチャンの宣伝のために、横田さん夫妻が使われることはない。

3、前回の時事通信にも書いたが、オバマ大統領がアメリカの戦略核弾頭を八十パーセント削減するとはどういう意味か。東アジアに於けるアメリカの核の傘を放棄するのか。これは、是非、国務長官に質すべきである。

4、中川大臣が、ローマで酒に酔って記者会見をしたか否かが、国政最大の課題のように騒いでいる政界は結局平和ぼけの国の政界である。
 
 彼は言った。アメリカは、平素は自由化を強引に社会正義のように要求してくるが、自分が不況になれば、平気でバイ・アメリカンという、これはけしからん、と。これは、アメリカには痛いが世界経済を破滅から救う正論ではないか。そしてここに、アメリカのメディアが、執拗に中川氏の表情を世界に配信した動機がある。
 
 ひょっとして、昼食時のグラスに、睡眠薬を一滴入れられたのかも知れない、という説もあるくらいだ。こういうことも考えられる、各国の国益が懸かった会議だ、ということくらいの認識が必要だ。


5、国政最大の課題は、「生活第一」ではない、「国防第一」である。
 北朝鮮に拉致された被害者を救出できない「生活」、日本は悪い侵略国家ですというような村山談話を信奉する誇りをなくした「生活」など、力も誇りもなくただ腹一杯餌をもらえれば満足する「猿の生活」だ。
 今こそ、「強い日本」を造り、北朝鮮に拉致された同胞を救出しなければならない。同時に、中国や北朝鮮の核の脅威を克服するために、核抑止力を保持しなければならない。

6、憲法九条があるから平和であるというのは、最も悪質な偽装宣伝である。
 憲法九条の元で北朝鮮は日本人を拉致できたのである。
 憲法九条の信奉者には、北朝鮮のシンパが多い。従って、彼らは拉致被害者救出に取り組まないどころか、金正日が拉致を認めるまで、拉致は「でっち上げ」と言っていた。
 これが、戦後体制の欺瞞である。

 予定と予定の合間にキーボードをたたいているので、本日はここまでとさせていただきます。
                                   (了)

≪中川議員を激励しましょう≫

皆さん、中川昭一議員を激励しましょう。歴史認識、庁舎会見室への国旗の設置、人権擁護法案への反対、拉致問題、東シナ海ガス畑問題などなど、マスコミがバッシングしようとあの方くらい国を憂う政治家はいないんです。


■国会事務所
〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館720号室
TEL 03-3581-5111(代表) 内線5720
■帯広事務所
〒080-0803 帯広市東三条南13丁目19番地
TEL 0155-27-2611
■釧路事務所
〒085-0013 釧路市栄町7丁目2番地 産光ビル3階
TEL 0154-32-2441
■北見事務所
〒090-0064 北見市美芳町9丁目2-8 小池ビル2階
TEL 0157-24-2228
■札幌事務所
〒060-0005 札幌市中央区北五条西6丁目 第二道通ビル905号室
TEL 011-261-2688

メールinfo@nakagawa-shoichi.jp


≪ご支援のお願い≫

私も15日の在日特権を許さない市民の会の

講演会(福岡会場)参加、街頭演説も行いました。


写真は桜井会長
在特街宣活動

福岡市内にあるソフトバンクドームでCOMIC CITY 福岡19が開催されるということで、国会で審議中の児童ポルノ法案厳罰化の動きに警鐘を鳴らすチラシを配布してきました。

左右関係なく表現の規制、権力の介入は許しません。

また、偏向教育の情報や不正常な教育委員会事務局など情報がございましたらお寄せ下さい。

できるだけ具体的な情報をお寄せいただければ、対応していきたいと思います。

今週は行政の情報公開開示などが控えております。

チラシ印刷代、交通費、宿泊代、図書調査費、情報公開請求の文書代など費用がかかります。活動推進のために、皆さまから暖かいご支援を賜りますことが出来れば誠に 幸いです。

御支援何卒、よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     


≪大阪で「二二八記念台湾問題講演会」を初開催≫

   講師は西村眞悟・衆議院議員と2・28事件犠牲者を父とする台湾の阮美[女朱]さん


 戦後、台湾に来た中国の国民党政権は1947年に「二二八大量虐殺事件」を起こし、多く
の台湾人の尊い血を流しました。しかし台湾人の自由と民主主義を願う気持ちは引き継が
れ、20世紀最後の10年に、無血で自由と民主主義を獲得しました。しかし対岸の中国は現
在、1000発以上のミサイルを台湾に向けています。そして台湾自身が国民党政権によって

再び独裁政権下に転落しかねない懸念があります。

 2月28日、この特別な日に、台湾と日本の今後を考えていただくべく、台湾問題にも造
詣が深い衆議院議員の西村眞悟(にしむら・しんご)先生と、尊父を二二八事件で喪い、

日本でも李登輝元総統の序文を付して『二二八事件の真実』を出版している阮美[女朱]

(げん・みす)さんを台湾からお招きして、大阪の地において初の講演会を開催いたし

ます。

 ここに謹んでご案内申し上げます。ふるってご参加ください。

 平成21年(2009年)1月吉日

                                日本李登輝友の会

                  記

■日 時:平成21年2月28日(土) 18:15~20:45(開場17:45)

■会 場:大阪市立阿倍野市民学習センター
     〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋3-10-1-300 あべのベルタ3階
     TEL:06-6634-7951
     http://osakademanabu.com/abeno/

     【交通】地下鉄谷町線 「阿倍野」駅7号出口より あべのベルタ地下2階通路
         を通りエスカレーターで3階へ
         地下鉄御堂筋線 「天王寺」駅より徒歩8分
         JR「天王寺」駅より徒歩8分
         近鉄 「あべの橋」駅より徒歩8分
         阪堺電軌 「阿倍野」駅すぐ

■参加費:1,000円

■講演1:テーマ 「台湾は日本の生命線」
     講 師 西村 眞悟 衆議院議員

     [にしむら・しんご]昭和23年、大阪府堺市生まれ。平成5年、大阪府第17選
     挙区(堺市)衆院選初当選(現在5期目)。台湾問題にも造詣が深く、「台湾

     問題の真の元凶は中国である。我が国が中国の恫喝に屈する訳にはいかないの
     と同様、台湾も屈する訳にはいかない。独裁政権に屈する道に国家の安泰も国
     民の幸せもないからである」と訴える。主な著書に『海洋アジアの日出づる国』
     (展転社)『眞悟の憂國』(高木書房)など、共著に『国益会議』(PHP)

     などがある。

■講演2:テーマ「台湾二二八の真実」
     講 師 阮 美[女朱] 台湾神学院(台湾キリスト大学)名誉講師

     [げん・みす]1928年、屏東県生まれ。1947年の二二八事件で父・阮朝日氏が
     拉致・惨殺される。その後、二二八事件及び阮朝日氏に関係する資料の収集や
     事件の真相究明に務め、2002年、故郷に「阮朝日二二八記念館」を設立(2007

     年閉館)。二二八事件の真実を歴史にとどめるため、また広く知らせるため講
     演やマスメディアを通じて発言している。二二八事件に関連する著書に『台湾

     二二八の真実』(まどか出版)、『孤寂煎熬四十五年』(前衛出版社)などが
     ある。

■お申込:申し込みフォームか、お名前、電話番号を明記の上、メールかFAXで。
     申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0038.reg
     E-mail:info@ritouki.jp
     FAX:03-5211-8810

■後 援:台湾研究フォーラム関西講演会事務局、在日台湾同郷会関西支部、台湾問題座
     談会、日本と台湾の未来を考える会、日本台湾学集会、念法眞教教団、台北駐
     大阪経済文化弁事処、メールマガジン「台湾の声」



【人権擁護法案等表現規制法阻止、教育正常化オンブズマン活動のご支援のお願い】

福岡市で開催された部落解放同盟福岡県連合会の新春旗開きで、来賓として出席した麻生渡福岡県知事が、人権擁護法案=救済法案成立を言明し、全国から抗議が県知事に殺到しています。

福岡県は解放同盟中央本部の組坂委員長(小郡市出身)を出しており、かねてから票とカネほしさに自民党までぐるになって癒着を続けてきました。

解放同盟の影響が強まることは、これまで進めてきた教育の正常化にも悪影響を及ぼしかねません。そこで「教育正常化推進ネットワーク」で、抗議街宣と麻生県知事、森山教育長に緊急の申し入れを行いました。

15日の街頭演説の風景です。あとで公安の人に聞いた話では県警本部にがんがん聞こえていたらしく笑、知事や教育長にも届いていたと思います。
街頭演説写真


福岡県知事(人権・同和対策局)、教育長(人権同和教育課)への申し入れの写真です。

1番目の奥が私、手前が伊藤代表です。

要望1

文書を見ているのが同和対策局の甲斐課長補佐です。

youbou2


3番目は人権同和教育課の松井係長です。

要望3



民主党政権交代間近といわれ、運動体や行政の動向を見ているとそれを意識した動きになっています。

福岡の教育を左傾化させ、子供たちを歪めているいるのは、県同教と日教組です。

その県同教に県教委・市町村が補助金を出しています。行政まる抱えで偏向思想教育が行われているのです


かかる状況の下では、福岡ではいろいろあって一時街頭でのビラ配布を停止していましたが、再開再開しました。

<8・14活動の動画>

女子学生さんの演説(^^)♪



行政法や教育関係など書籍や

取材にかかわる交通費など

資金がかかります。

ですが、まだまだ金額が足りず苦慮して

います。


今年は多くの皆様のご支持、バックアップをいただきながら、福岡県外にも対象を拡大し、教育正常化と、新たにネットや創作表現物などの表現規制について関連する問題に取り組んでいきます。

児童ポルノ法問題で、読売新聞に全面記事が掲載されていました。

日本ユニセフ協会の広告まで載っていて、さも人権の守護者のような顔をしていますが、とんでもない。それを読売新聞は昨年からキャンペーンを張って日本ユニセフ教会を持ち上げて厳罰化の旗振りを行っています。


まず新聞の画像をごらんください。

平成21年1月20日読売新聞

平成21年1月20日読売新聞 ユニセフ広告

読みにくいですが、記事中にはっきりとマンガなどの規制をすると書いてあります。

これは、児童の福祉と人権という反対しにくい主張で、表現規制をしていこうという恐ろしい動きなのです。

児童ポルノ法厳罰化反対のチラシです。
児童ポルノ法ビラ12

児童ポルノ法ビラ1


福岡市内にあるソフトバンクドームでCOMIC CITY 福岡19が開催されるということで、国会で審議中の児童ポルノ法案厳罰化の動きに警鐘を鳴らすチラシを配布してきました。

左右関係なく表現の規制、権力の介入は許しません。

また、偏向教育の情報や不正常な教育委員会事務局など情報がございましたらお寄せ下さい。

できるだけ具体的な情報をお寄せいただければ、対応していきたいと思います。

15日の在日特権を許さない市民の会の

講演会(福岡会場)参加し演説も行いました。


今週は行政の情報公開開示などが控えております。

チラシ印刷代、交通費、宿泊代、図書調査費、情報公開請求の文書代など費用がかかります。活動推進のために、皆さまから暖かいご支援を賜りますことが出来れば誠に 幸いです。

御支援何卒、よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     





クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/18(水) 23:53:14 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 「朦朧会見」で引責辞任に追い込まれた中川昭一財務相、更に批判の矛先は麻生首相に向けられ、野党は活気付いている。反日勢力の高笑いが聞こえてきそうだ。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090218-00000031-yom-pol  G7(先進7カ国財務相・中央銀行総裁会
2009/02/19(木) 16:46:23 | 社会の荒廃 研究室(蜻蛉の眼鏡)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫