<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 鳥取市での学級委員長の復活と本当の平等とは何か?
2009年02月25日 (水) | 編集 |
たびたびご紹介してきた鳥取県での学級委員長復活のニュース。日経BPネットでも紹介されていました。

当たり前のことですが、みんな差がないことが平等というのはおかしいことですが、20年前と言うとまだ共産主義・社会主義への幻想があった頃で、部落解放運動や日教組運動が盛んでした。

リーダーなしには何事も前へ進まないことくらいわかっているだろうに、人権侵害だの差別だのと言ってきた勢力の人間観・社会観には理解しがたいものがあります。

違いをことさら表面化させたくないということこそ新たな問題を生むことにつながります。低い水準に合わせることを余儀なくされるからです。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090218/132811/?P=1

「学級委員長」の復活と本当の平等

みんな同じで「差がない、違いがない」が平等なのか?
 
鳥取県の公立小学校で20年ぶりに「学級委員長」が復活するらしい。はじめは、正直なところ「20年もぉ?」と「いまどきぃ!」であった(参照 小学校に「学級委員長」不在の鳥取県、20年ぶり復活へ asahi.com 2月8日)。

 ところが、そのasahi.com のニュースから4日後、「鳥取の小学校は『学級委員長』なし 『なれない子供が傷つくから』?(J-CASTニュース 2月12日)」を読んで、新しい疑問がわいてきた。J-CASTニュースで「リーダーを決めれば差別につながる、との抗議を人権団体などから受け自粛した結果なのだそうだ(同)」の「人権団体」に対する「?マーク」に近い。

 あえていえば、「そんな人権団体あり?」である。ホームページがあるならば、実際にナマの主張を知りたいという気もした。

 なにしろ、asahi.com の報道によれば「学校現場の『平等主義』」の例として、徒競走や学芸会が伝えられているし、J-CAST でも「全員が同時にゴールできるように」とあるのだ。

 というわけで、鳥取市教育委員会学校教育課に電話で取材したところ(忙しいなかありがとうございました)、「人権団体とも交渉し『苦情は受け付けない』と突っぱねたのだそうだ(J-CASTニュース 2月12日)」は、少しニュアンスが違うようである。「あくまでも自主的判断で決定したこと(鳥取市教育委員会学校教育課 談)」で「『突っぱねた』とされるのはちょっと(同)」と戸惑い気味であった。

 もちろん、抗議した「団体」に別方面から取材したのかもしれない。また、団体も主張は自由であるし、「順位のつかない徒競走」や「主役は交代で」を支持する意見も、全面的に切りすてるわけではない。

 ただ、「?マーク」になるのは、「順位のつく徒競走」や「主役や脇役」が平等ではないという発想である。徒競走ならば、一定の距離を走るという意味で平等であり、「ぼくイチバン、わたしニバン」は、走るスピードの違いである。演劇は、もっとわかりやすい。「名脇役」という言葉があるように、ひとつの演劇を完成させるためには主役や脇役も平等であり、ともに必要不可欠な存在である。

 そのことを忘れて、「順位」や「主役や脇役」が不平等とするのは、それをヒエラルキーのように固定化して思いこんでいるように感じてしまう。しかも「順位のつかない」とか「主役は交代」としてしまうと、「互いの違い」を認識し「認めあう」という平等の原則を、子ども達に教える機会を失う心配もある。

 それでは「平等」を「違いがない」と勘違いしてしまうのでは──そんな気がしてならない。

やはり学級委員長というリーダーの役割は必要だ
 その視点で考えれば、「学級委員長の復活」は騒ぐようなことではない。「『リーダーを含めてクラス内に多様な役割を置き、個性を生かして支え合う関係づくりを経験すべきだ』と学級委員長を設ける意義(asahi.com 2月8日)」も理解できる。

 さらに、導入する小中一貫校の校長がいうように「『「リーダーがクラスをまとめ、みんなで支え合うことでチームワークを学べる。社会で求められるスキルだ」』(同)」も、スキルかどうかは別として納得できる

 たしかに、近くの公園で遊ぶ子ども達を見ていると、「リーダーが(中略)まとめ、みんなで支え合う」のは、なかなか難しいことが多い。もちろん、小学校の高学年から中学生くらいになると、自然発生的にリーダーが決められる場合もある。また、そのリーダーを支えるために、自発的に協力することもあるが、その確率は低い。

 たしかに、リーダーを先頭に整然と──こういってしまうと抵抗があるが、遊びでもなんでも「まとめ役」は必要だし「協力」や「支えあう」関係は大切だ。そのためには、オトナの一定のサポートが必要である。教育現場では、そのサポートが「役割分担」や「リーダーの選出」となるのだろう。

 それが不平等で差別につながるのだろうか。

 子どもの頃を思い出してみると、学級委員はもちろん文化委員などの委員もあったし、掃除当番や班分けの班長など、さまざまな「リーダー」がいた。その他大勢の一員だったので、候補にすらなったこともないが、それで不平等や差別を経験した記憶はない。

 もっとも、クラス対抗リレーの代表に「スゴイなぁ」と思った覚えはある。学芸会の舞台にあがるクラスメートに、「カッコいい」と感じたこともないわけではない。でも、そのことで劣等感が植えつけられたこともないし、屈辱と感じたこともないような気がする(教師や親の手助けもあったのかもしれません)。

 子どもは、本来おおらかで純朴である。

 たしかに時代も違うし、子どもを取りまく環境も複雑になっている。したがって、一概にいえないにしても、知っている限りの小学校の子ども達は、素直に「あいつは、これがデキル」と認識する。また、オトナの手助けで「認め合い」「支えあう」し、そこに抵抗はない。

 だから、小学校の高学年に「学級委員長」があっても、オトナの「ちょっとした後押し」さえあれば、「彼や彼女ならピッタリ」になるだろう。それは、不平等や差別の入口ではない。

<中略>

しかし、小学校高学年では、個性の違いによる部分も大きい。したがって、相互に「認め合い」「支えあう」積極性も育っていく。その範囲に限定すれば、叱咤激励もあるし、努力して「リーダーの資質」を伸ばす選択もある。

 小学校高学年になれば、小さいときのおおらかで純朴なままではない。評価も気にしはじめるし、競争による優劣関係にも気づく。

 それだからこそ、「みんな同じで、差をつけない」と避けるのではなく、「違いがある」ことを認識させる必要がある。また、逆に、「ガンバレ」と競争による優劣関係だけを肥大化させるのではなく、「認め合い」「支えあう」ことの大切さを教えるべきだろう。

 けっして「学級委員長」の復活は、それで終わりではない。それによって、オトナ、とりわけ親が子どもに、なにを教えていくのかを考えるスタートなのだ。

≪ご支援のお願い≫

私も15日の在日特権を許さない市民の会の

講演会(福岡会場)参加、街頭演説も行いました。


写真は桜井会長
在特街宣活動

2・15街頭活動の動画
私がトップバッターで登場しております 

創価学会・部落解放同盟を痛烈批判


福岡市内にあるソフトバンクドームでCOMIC CITY 福岡19が開催されるということで、国会で審議中の児童ポルノ法案厳罰化の動きに警鐘を鳴らすチラシを配布してきました。

左右関係なく表現の規制、権力の介入は許しません。

また、偏向教育の情報や不正常な教育委員会事務局など情報がございましたらお寄せ下さい。

できるだけ具体的な情報をお寄せいただければ、対応していきたいと思います。

今週は行政の情報公開開示などが控えております。

チラシ印刷代、交通費、宿泊代、図書調査費、情報公開請求の文書代など費用がかかります。活動推進のために、皆さまから暖かいご支援を賜りますことが出来れば誠に 幸いです。

御支援何卒、よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ   



≪中川議員を激励しましょう≫

皆さん、中川昭一議員を激励しましょう。歴史認識、庁舎会見室への国旗の設置、人権擁護法案への反対、拉致問題、東シナ海ガス畑問題などなど、マスコミがバッシングしようとあの方くらい国を憂う政治家はいないんです。


■国会事務所
〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館720号室
TEL 03-3581-5111(代表) 内線5720
■帯広事務所
〒080-0803 帯広市東三条南13丁目19番地
TEL 0155-27-2611
■釧路事務所
〒085-0013 釧路市栄町7丁目2番地 産光ビル3階
TEL 0154-32-2441
■北見事務所
〒090-0064 北見市美芳町9丁目2-8 小池ビル2階
TEL 0157-24-2228
■札幌事務所
〒060-0005 札幌市中央区北五条西6丁目 第二道通ビル905号室
TEL 011-261-2688

メールinfo@nakagawa-shoichi.jp


《広島市で教育再生民間タウンミーティングIN広島参加しませんか 》

是正指導から十年
教育再生民間タウンミーティングIN広島
今こそ、教育現場に「道徳」を!
広島の子供が危ない!「子どもの権利条例制定」反対!

■日 時

2月28日(土)13:30~16:00

■場 所

広島平和記念資料館地下1Fメモリアルホール
広島市中区中島町1-2 [平和公園内] 082-242-7798

■パネルディスカッション

☆義家弘介氏(参議院議員)
◇プロフィール
 元 内閣官房教育再生会議担当室 室長、東北福祉大学 特任准教授。日教組問題を究明し、教育正常化に向け教育現場の実態を把握する議員の会幹事長 他―― 「ヤンキー先生」として著名。
横浜市教育委員を経て内閣官房教育再生会議担当室室長に抜擢され、その提言実現のため、参議院議員へ。教育再生にすべてをかけて戦いを続けている。

☆八木秀次氏(日本教育再生機構理事長)
◇プロフィール
高崎経済大学教授、憲法学者
――広島県尾道市出身。10年前、卒業式を目前にして命を断った世羅高校の石川校長の教え子でもある。戦後教育の問題に取り組み、現在、日本教育再生機構理事長として教育問題への提言を続けている。

☆広島県教育関係者

■会 費

999円(チケットあり) 

■主 催

教育再生民間タウンミーティングIN広島実行委員会
広島市安佐南区川内4-11-18 TEL(082)831-6205 FAX(082)831-6206

■共 催

美しい日本の心を伝える 日本教育再生機構

【人権擁護法案等表現規制法阻止、教育正常化オンブズマン活動のご支援のお願い】

福岡市で開催された部落解放同盟福岡県連合会の新春旗開きで、来賓として出席した麻生渡福岡県知事が、人権擁護法案=救済法案成立を言明し、全国から抗議が県知事に殺到しています。

福岡県は解放同盟中央本部の組坂委員長(小郡市出身)を出しており、かねてから票とカネほしさに自民党までぐるになって癒着を続けてきました。

解放同盟の影響が強まることは、これまで進めてきた教育の正常化にも悪影響を及ぼしかねません。そこで「教育正常化推進ネットワーク」で、抗議街宣と麻生県知事、森山教育長に緊急の申し入れを行いました。

15日の街頭演説の風景です。あとで公安の人に聞いた話では県警本部にがんがん聞こえていたらしく笑、知事や教育長にも届いていたと思います。
街頭演説写真


福岡県知事(人権・同和対策局)、教育長(人権同和教育課)への申し入れの写真です。

1番目の奥が私、手前が伊藤代表です。

要望1


文書を見ているのが同和対策局の甲斐課長補佐です。
要望写真


3番目は人権同和教育課の松井係長です。
要望2




民主党政権交代間近といわれ、運動体や行政の動向を見ているとそれを意識した動きになっています。

福岡の教育を左傾化させ、子供たちを歪めているいるのは、県同教と日教組です。

その県同教に県教委・市町村が補助金を出しています。行政まる抱えで偏向思想教育が行われているのです


かかる状況の下では、福岡ではいろいろあって一時街頭でのビラ配布を停止していましたが、再開再開しました。

<8・14活動の動画>

女子学生さんの演説(^^)♪



行政法や教育関係など書籍や

取材にかかわる交通費など

資金がかかります。

ですが、まだまだ金額が足りず苦慮して

います。


今年は多くの皆様のご支持、バックアップをいただきながら、福岡県外にも対象を拡大し、教育正常化と、新たにネットや創作表現物などの表現規制について関連する問題に取り組んでいきます。

児童ポルノ法問題で、読売新聞に全面記事が掲載されていました。

日本ユニセフ協会の広告まで載っていて、さも人権の守護者のような顔をしていますが、とんでもない。それを読売新聞は昨年からキャンペーンを張って日本ユニセフ教会を持ち上げて厳罰化の旗振りを行っています。


まず新聞の画像をごらんください。

平成21年1月20日読売新聞

平成21年1月20日読売新聞 ユニセフ広告

読みにくいですが、記事中にはっきりとマンガなどの規制をすると書いてあります。

これは、児童の福祉と人権という反対しにくい主張で、表現規制をしていこうという恐ろしい動きなのです。

児童ポルノ法厳罰化反対のチラシです。
児童ポルノ法ビラ12

児童ポルノ法ビラ1


福岡市内にあるソフトバンクドームでCOMIC CITY 福岡19が開催されるということで、国会で審議中の児童ポルノ法案厳罰化の動きに警鐘を鳴らすチラシを配布してきました。

左右関係なく表現の規制、権力の介入は許しません。

また、偏向教育の情報や不正常な教育委員会事務局など情報がございましたらお寄せ下さい。

できるだけ具体的な情報をお寄せいただければ、対応していきたいと思います。

15日の在日特権を許さない市民の会の

講演会(福岡会場)参加し演説も行いました。


今週は行政の情報公開開示などが控えております。

チラシ印刷代、交通費、宿泊代、図書調査費、情報公開請求の文書代など費用がかかります。活動推進のために、皆さまから暖かいご支援を賜りますことが出来れば誠に 幸いです。

御支援何卒、よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     





クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫