<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 山梨1区の赤池まさあき衆議院議員も反対声明
2009年04月20日 (月) | 編集 |
徐々に議員も動き始めています。

山梨1区の赤池まさあき衆議院議員も反対声明を出してくださいました。

山梨1区の選挙民の方には、ご自分の政治的信念の許容範囲で

赤池まさあき議員を応援していただけますよう、お願いいたします。

また、以下の議員の方々もご出席いただけるようです。

以下の議員の先生方も応援していただければ幸甚です。

 戸井田とおる 衆議院議員(兵庫11区)
 稲田朋美 衆議院議員(福井1区)
 衛藤晟一 参議院議員(比例区 大分)
 西田昌司 参議院議員(京都府選挙区)

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

==================================================
イケイケあかいけ!赤池まさあき (山梨1区)の国政日記
http://blogs.yahoo.co.jp/masaaki_akaike/58518600.html
4月21日(火) 女子差別撤廃条約選択議定書に反対

傑作(0)

* 2009/4/19(日) 午後 11:53
* 最新版
* 国会

* Yahoo!ブックマークに登録

 いつもお世話になっております。赤池まさあきです。「国づくり、地域づくりは、人づくりから」をモットーに、地元山梨と東京を往復しながら、全身全霊で国政の課題に取り組んでいます。

 「女子差別撤廃条約選択議定書」について、4月21日(火)午前8時から、自民党の外交部会で議論されることになりました。同志からの指摘があり、遅まきながら調査を開始しました。ブログへのコメントも多数寄せられており、ご指摘に感謝いたします。
 この問題は、自民党政務調査会女性に関する特別委員会が、2月からNGOや外務省・法務省を呼んで、3回会議を開き検討してきました。この存在について、私は迂闊にも知りませんでした。21日(火)の党外交部会では、批准承認まではしないとのことですが、しっかり議論し反対の声をあげていきたいと思います。そもそもこの問題の経緯は、日本共産党機関紙「しんぶん赤旗」がその事情を教えてくれています。以下引用します。

●2009年3月31日(火)「しんぶん赤旗」引用

「女性差別撤廃条約 選択議定書批准促す 婦団連が森法相に要望」
 日本婦人団体連合会(婦団連)の堀江ゆり会長、榎本よう子事務局長ら加入団体の代表十一人は三十日、女性差別撤廃条約選択議定書のすみやかな批准を、森英介法務大臣に要望しました。日本共産党の仁比聡平参院議員が同席しました。
 同条約選択議定書は、同条約を批准した国の個人または集団が、条約が定める権利が侵害されたとして、国連の女性差別撤廃委員会に対し直接、通報ができるというもの。選択議定書は九十六カ国が批准しており、日本は未批准です。
 堀江会長は、今年七月に女性差別撤廃委員会による日本の第六回条約実施報告書の審査が行われることにふれ、「日本が選択議定書を批准するかどうか、国際社会も女性差別撤廃委員会委員も注目している。男女平等実現へ、一歩を踏み出してほしい」とのべました。
 森法相は、日本の三審制と(国際人権諸条約の下での)個人通報制度との関係について懸念を示し、「裁判と違った判例が出た場合にどうするのかなど、検討することがたくさんある」とのべました。
 参加者は、「所得税法五六条によって農民女性の働き分が必要経費と認められない。選択議定書の批准と、五六条の廃止を」、「批准によって司法の独立性が侵されないことは、すでに批准しているヨーロッパ諸国をみても明らかだ」などと話しました。(引用終わり)

●誰が何のために推進するのか

 (赤池コメント)「しんぶん赤旗」を読めば分かる通り、日本共産党とそのシンパ女性団体が推進しています。当然法務大臣は、司法権の独立を侵す危険性を指摘しています。言ってみれば、憲法違反ということです。護憲を声高にいう方々が、率先して憲法違反をすべきだという皮肉な主張となっています。彼女らにとっては、所詮護憲というのは、自分たちの主張を通すための方便に過ぎない、二重規範の典型でしょう。その上、法的拘束力がないから、司法権の独立が侵されるおされはないといっているのには、笑ってしまいます。それでは、批准する意味がないではありませんか。自己撞着ということです。語るにおちています。何のための個人通報制度の導入なのかといえば、日本は女性差別の国であるということを国際的にPRして、国連のお墨付きを得て、共産党の伸長に利用しようというだけでしょう。日本の伝統文化こそが女性差別の原因、共産党政権こそが男女平等の理想郷が実現するとでもいいたいのでしょう。

 調べてみると、社民党の福島党首のブログにも同様の記載がありました。民主党も以下のような政策を掲げています。

●2008年10月10日「民主党政策INDEX2008」より

 「人権侵害の救済へ向け国際機関への個人通報を制度化します」
 人権侵害の救済機会を広げるため、国際機関に対し個人が直接に人権侵害の救済を求める制度(個人通報制度)が適用されるよう、政権獲得後速やかに関係条約の選択議定書の批准等の措置をとります。
 個人通報制度を規定する人権条約には、女子差別撤廃条約選択議定書、自由権規約選択議定書、拷問禁止条約22条、人種差別撤廃条約14条があります。(引用終わり)

 (赤池コメント)共産党、社民党、民主党の野党連合の求める政策を、解散総選挙前になぜ自民党が率先して実現しなければならないのでしょうか。利敵行為以外何者でもありません。民主党はこれを突破口にして、次々に個人通報制度を広げようとしています。このような政党に政権を任せることはできません。

●日本は女性差別の国!? 

 そもそも、日本には条約の選択議定書を批准して個人通報制度を導入しなければならないような深刻な女性差別が存在するのでしょうか。人権擁護法の審議の時に、有識者を招いて相当議論しました。法案に対して賛成する識者も、日本が世界の中で人権が守られている国の一つであるとはっきりいっていました。現状制度を変えるほどの深刻な問題が存在しないということです。
 仮に、問題があったとしても、解決策としては、法的拘束力のない女子差別撤廃条約選択議定書が定める個人通報制度を導入しても無意味です。拘束力のある具体的な差別撤廃個別法を制定すべきでしょう。
 
 4月20日(月)は早目に上京して、外務省と法務省から現状の説明を受けようと思います。その上で、21日(火)午前8時からの外交部会に出席して、反対論を述べたいと思います。週末でしたが、戸井田とおる、稲田朋美両代議士、衛藤晟一、西田昌司両参議院議員と連絡が取れ、出席を確認しました。

 それにしても、保守党たる自民党が、なぜ社会主義、共産主義の野党のようなことをするのか唖然とするばかりです。国籍法、入管法、そして今回と、モグラたたきのようです。解散総選挙に向けて、地元山梨で腰を据えて活動しなければと思いながら、これも使命かと諦観しています!

【27日・28日の議員要請へのご参加を】

来週21日火曜日、自民党が女子差別撤廃条約の選択議定書批准を 話し合います。

この問題は大変な問題で、これが通れば国連への告発が容易に なるだけでなく人権擁護法案成立への動きが急加速します。


臓器移植も大事ですが、国の根幹が揺らぎかねない問題が 危ないと議員に反対意見と、部会への出席をお願いしていきましょう。


★また、追って詳細はお知らせいたしますが、

首都圏の皆様におかれましては (首都圏以外の方も大歓迎します!)

ぜひ、27・28日の

国会議員への陳情活動にご参加いただきますよう お願いいたします。


◆注意点

国連通報制度反対・人権擁護法案反対のお気持ちのある方は年齢・性別など問わず、 一人でも多くご参加いただきたいですが、

 なんらかの団体や政党に所属の方には、個人としてのご参加をお願い申し上げます。
 
 具体的に政党などの名前が挙がることがあるでしょうが、
 
 直接団体や政党などへの勧誘はご遠慮願います。


以下、水間政憲さんの呼びかけを再紹介します。

◆◇◆ 緊急「女性差別撤廃条約」が危険(水間政憲) ◆◇◆

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

4月21日午前8時、自民党本部701で、政調、外交等合同部会で「女性差別 撤廃条約議定書批准審議」が行われます。

そこで反対発言が複数なければ、国籍法の二の舞になってしまいます。

選挙モードになっているので、国会議員の殆どは、日本解体に直結する重要法案 の審議をすることを知りません。

また、当日同時開催される「臓器移植」関係部会は、国会対策委員長から出席指 令が出てますので、1回2回当選組は出欠が採られることで、皆「臓器移植」関 係部会に行く流れになっているようです。

この日本解体法の支援団体は、

VAWW-NETジャパン、部落解放同盟、新日本婦人の会(共産党)、朝鮮総連女性局

など、

名うての左翼団体です。

このような 団体が支援している法案を自民党が通すことが、皆さん信じられないでしょう。

知り合いの民主党議員秘書は、資料をお見せしたところ「自民党は狂ったのかね……」
と、一目みての発言です。

皆様、国籍法で動いて頂けた国会議員にFAXでお願いしてください。

時間は、20日(月曜日)までしかありません。

以下は、ジャーナリスト・岡本明子さんが「女性差別撤廃条約」の危険性を纏め てくれました。


《女子差別撤廃条約議定書の批准問題について》

1.女子差別撤廃条約選択議定書とは?

個人や団体が国連女子差別撤廃委員会に訴えることのできる個人通報制度である。但 し国内での救済を経てからではないと通報できない。

2.議定書を批准すれば確実に起こってくる問題

①非嫡出子の相続、夫婦別姓制度が差別であると、国が、国連女子差別撤廃委員会に 訴えられる

②独立した人権擁護委員会設立が必要であると、国が委員会に訴えられる

③その他の人権条約、例えば、児童の権利条約等の議定書を批准する障害がなくな り、全ての人権条約の議定書が批准されてしまう

3.上記の問題の国内への影響

①非嫡出子、夫婦別姓の民法改正問題が再び起こり、わが国家族制度に大きな弊害を もたらす事態になる

②監視社会となるとして国民の中でも反対の多い人権擁護法案が再び浮上する

③その他の人権条約の議定書が批准されれば、例えば現在論議になっている不法滞在 親子の問題は、「父母と共に生活する権利侵害」として国連に通報される。

不法滞在 者に在留特別許可を与えるか否かという国家の主権行使の問題が、児童の権利の問題 にすり替えられてしまい、国家主権が侵害される。

④最高裁で敗訴しても、国連にその事柄について訴えることが可能となるため、わが 国の司法制度は軽んじられ司法権の独立を侵すこととなる。

又、わが国の法律や制度を訴える訴訟が次々に起こされることが予想される。

緊急拡散してください。

・国籍法で動いて頂けた国会議員  http:// www.fre ejapan. info/?F AX

ネットだけ転載フリー


ジャーナリスト・水間政憲

有村治子 ( 参議院・ 比例区)
FAX: 03-5512-2229
HP: http://www.arimura.tv/
-------

飯島夕雁 ( 衆議院・ 比例北海道)
FAX: 03-3508-3886
HP: http://www.yukarichan.com/
-------

岩城光英 ( 参議院・ 福島)
FAX: 03-3593-2030
HP:
-------

衛藤晟一 ( 参議院・ 比例区)
FAX: 03-5512-2233
HP: http://www.eto-seiichi.jp/
-------

岸宏一 ( 参議院・ 山形)
FAX: 03-3502-8827
HP: http://www.kishikouichi.org/
-------

木挽司 ( 衆議院・ 兵庫6区)
FAX: 03-3508-3305
HP: http://www.kobiki.info/
-------

島尻安伊子 ( 参議院・ 沖縄)
FAX: 03-5512-2336
HP: http://shimajiriaiko.ti-da.net/
-------

松田岩夫 ( 参議院・ 岐阜)
FAX: 03-3508-0588
HP: http://www.imatsuda.com/
-------

平将明 ( 衆議院・ 東京4区)
FAX: 03-3739-2581
HP: http://www.taira-m.jp/
-------

戸井田とおる ( 衆議院・ 兵庫11区)
FAX: 03-3508-3325
http://www.toidatoru.com/
-------

西川京子 ( 衆議院・ 福岡10区)
FAX: 03-3508-3640
HP: http://www.nishikawa-kyoko.jp/
-------

林潤 ( 衆議院・ 神奈川4区)
FAX: 03-3508-3960
HP: http://www.hayashi-jun.com/
-------

古川禎久 ( 衆議院・ 宮崎3区)
FAX: 03-3506-2503
HP: http://www.furukawa-yoshihisa.com/
-------

馬渡龍治 ( 衆議院・ 比例東海)
FAX: 03-3508-3837
HP: http://www.mawatari.info/
-------

牧原ひでき ( 衆議院・ 埼玉5区)
FAX: 048-642-6689
HP: http://www.hmacky.net/
-------

松本洋平 ( 衆議院・ 東京19区)
FAX: 0424-61-6643
HP: http://www012.upp.so-net.ne.jp/yohei/
-------

≪25日からの国への陳情に際しご支援のお願い≫


すでに告知は出していますが、今月25日夜から29日にかけて3回目の国への陳情のため上京いたします。

27日から28日にかけて文部科学省への申し入れ、衆参両院の国会議員への陳情を行います。


写真は昨年の陳情の模様
大田誠一秘書との懇談

戸井田議員との写真


その間に、首都圏在住の仲間と会ったり、情報収集を行うことになります。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

今回は、従来からの教育問題に加え、現在、自民党内で密かに進められている女子差別撤廃条約の選択議定書問題(国連への個人通報)、児童ポルノ法厳罰化と3本柱からなります。

人権擁護法案はいずれにも関係しており、それらの内容の中で言及していくことになると思います。

上京に際しては、交通費・宿泊費と費用がかかります。

何卒、ご趣旨をご理解いただき、ご支援いただきますようお願い申し上げます。

■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     



【1月16日付福岡県教育委員会への申し入れの回答内容】

県教委より回答書を3月25日に受け取ってきまし

た。



人権同和教育課の松井係長です。
要望2


今年1月16日付で教育正常化推進ネットワーク(伊藤伉代表)として福岡県教育委員会へ申し入れていた申し入れ書に対する回答が先週、県教委よりありました。

引き続き、国、県教委、市町村教委との折衝を継続し、教育基本法改正の理念・趣旨が

現場に行き届くよう実態を捉えた問題提起を行い、正常化の実現に努めてまいりたいと

考えております。

以下、申し入れ内容ごとにご紹介します。


① 小中学校の道徳の時間が人権教育にすり替えられている実態があるが、規範意識を身につけさせる道徳教育の推進を県下市町村教委、学校に指導を行われたい

→各学校は特別活動や総合的な学習の時間等の中で、人や社会と関わる多様な体験活動などを計画し、規範意識の重要性を児童生徒自らに実感させた上で、その重要性を道徳の時間で考えさせる等の指導をしている。

今後も具体的な体験活動と道徳の時間等との関連を図った指導を行い、規範意識の育成や道徳教育が充実するよう指導する。(義務教育課)

② 高等学校においても現在、文部科学省が求めている学習指導要領改訂の中でも高校での道徳の推進が謳われている。各学校に対して教材研究を求めると共に、県教委として教育センターとも連携し、効果的な道徳教育の推進を図られたい

→いわゆる新学習指導要領については、平成20年12月に高等学校学習指導要領改定(案)が示され、現在文部科学省で改定に向けた作業が行われているところである。

高校においては、学習指導要領の改訂を受け、今後の取り組みを検討していく所存である。(高校教育課)

③ 道徳教育の教材には、地域の優れた偉人の生き方に触れさせ、我が国と郷土に誇りを持たせる内容を、県教委として一般公募し、副読本を作成されたい

→高校における道徳教育は、公民科や特別活動のホームルーム活動を中心に、人間としての在り方生き方に関する教育を学校の教育活動全体を通じて行うこととされている。したがって教科として「道徳」が位置づけされていないこともあり、現時点で副読本の作成は考えていない(高校教育課)

郷土の偉人や伝記を取り上げた道徳教材については、これまで「福岡県道徳教育用郷土資料」(小学校用)(中学校用)を県教委において作成し、各学校に配布している。また、平成11年度に中学校用として「未来を拓く」、13年度に小学校用として「こころを拓ひらく」を作成・配布している。現段階で教材用の題材を一般公募する予定はない(義務教育課)

④ 人権教育あるいは家庭科、保健体育のなかで、ジェンダーフリー、リプロ・ヘルス・ライツ(性と生殖の権利)、セクシュアリティ(性的指向)などの概念が理解されないまま、教えられ、健全な男女観が破壊されている。国の方針でも使用していないジェンダーフリーを高校の人権教育副読本「かがやき」で扱うこと自体、県教委の姿勢が問われる重大問題である。速やかな改善を図り、現場への徹底を求めたい

→県立学校の人権教育については、文部科学省の平成18年2月14日付文書及び県教育委員会の平成19年3月28日付文書により、各学校において適切な人権教育及び学習指導がなされるよう周知徹底を図っている。(人権同和教育課)

⑤ 部落解放同盟と県教委とのセクション交渉の内容を議事録化し、公開されたい

→関係団体との話し合いの記録に関しては、課題等の整理を行っている。公文書の開示については、福岡県情報公開条例に則り適切に対応している。

⑥ 国旗・国歌の指導に関し、各学校によって温度差がみられる。音楽の授業で教わったことがないという声も聞かれ、どのような指導を義務教育段階で行っているのか、実態調査を行うことを求めたい

→国旗および国歌の尊重については、学習指導要領に「我が国の国旗と国歌の意義を理解させ、これを尊重する態度を育てるとともに、諸外国の国旗と国歌も同様に尊重する態度を育てるよう配慮すること」(小学校社会科)、「国家間の相互の主権の尊重と協力」との関連で、国旗及び国歌の意義並びにそれらを相互に尊重することが国際的な儀礼であることを理解させ、それらを尊重する態度を育てるよう配慮すること」(中学校社会科)とある。

県教育委員会としては、各学校が学習指導要領に基づき適切な指導を行うように指導している。(義務教育課)

⑦ 日教組の旗開きで、民主党の輿石東参議院会長が、「教育の政治的中立などあり得ない」「政権交代に力を貸すのは当然」だと、公言したと報道されていますが、教育委員会事務局も含め教育は政治的中立が確保されなければならないことはいうまでもない。仮に与野党逆転により政権が交代したり、県政も知事の交代などがあっても、教育行政は中立であるというこれまでの姿勢を貫いていただきたい

→県教育委員会としては、教育基本法及び関係法令に則り、教育の政治的中立の確保に努めている。(人権同和教育課)


2月15日の在日特権を許さない市民の会の

講演会(福岡会場)参加し演説も行いました。





5月2日は在日特権を許さない市民の会の全国一斉デモがあります。

<全国一斉抗議デモ福岡会場予定>

日時   平成21年5月2日(土)  13:00~15:00 
場所   福岡市天神界隈(コースは当日配布予定)
メインテーマ  外国人参政権反対
集合場所  天神警固公園(西鉄天神駅裏)
デモコース 天神警固公園~エルガーラ~福岡市役所~天神四つ角~天神警固公園(予定)

尚、道路使用許可等の関係で変更となることもありますので、詳細は決定次第お知らせいたします。


行政法や教育関係など書籍や

取材にかかわる交通費など

資金がかかります。

ですが、まだまだ金額が足りず苦慮して

います。


とくに今月は、25日より上京して3度目の国への陳情を予定しておりますが、交通費など費用がかかります。


活動推進のために、皆さまから暖かいご支援を賜りますことが出来れば誠に 幸いです。

御支援何卒、よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     





クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
「女性差別撤廃条約議定書批准の【支持団体】
「女性差別撤廃条約議定書批准の【支持団体】VAWW-NETジャパン

部落解放同盟
新日本婦人の会(共産党)
朝鮮総連女性局
日本女性差別撤廃条約NGOネットワーク
代表世話人:山下泰子(国際女性の地位協会)福島瑞穂事務所
反差別国際運動日本委員会(解放同盟)
北京JAC
「婚外子」差別に謝罪と賠償を求める裁判を支援する会
mネット・民法改正情報ネットワーク
均等待遇アクション21
国際女性の地位協会
日本婦人団体連合会
男女平等をすすめる教育全国ネットワーク
ワーキング・ウィメンズ・ネットワーク
大谷美紀子(弁護士で創価学会)
日本共産党女性委員会
アジア女性資料センター
女性の家HELP
自由人権協会:上野さとし、宋恵淑、女性同盟:趙英淑、


【重要緊急報告】「女性差別撤廃条約議定書批准審議」

反日売国派のあの奇襲攻撃、先般の国籍法改悪の手口が再び登場。
4月21日は「臓器移植関係部会」が開かれ、国会対策委員長から出席指令が出ており、多くの議員の方が
そちらに参加しなければならないと・・・

このために同日の「女性差別撤廃条約議定書批准審議」は少数の議員により強行突破作戦が進行している。


【国政に対する要請書】

「女性差別撤廃条約議定書批准反対する意志表示を急ぎましょう。本日4月20日限り。

みんなの声【国政に対する要請書】コメント一覧はこちらをクリックして下さい。
http://www.aixin.jp/ysksh.cgi

【人権擁護法案反対の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj5.cgi
2009/04/20(月) 16:02:00 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
皆さん、申し訳ありませんが、緊急拡散お願いします。

2009/04/18 ブレない(笑)鳩山由紀夫議員

ところで、同志のサイトにおいて非常に危険な条約批准の恐れが指摘されています。
緊急「女性差別撤廃条約」が危険
時間がありません。どうにか自民党内で阻止したいです。
当会からも皆さんのご協力を切にお願いします。
ただ、こちらに挙げられている議員リストは西川京子議員以外、 その部会の時間には別の「臓器移植」関係部会に行か
されることになる、という1回2回当選組ばかりです。
★反対意見を封じようとしているのか知りませんが、リスト以外の議員にも広範囲に渡って意見を送るべきだと思います。★

http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/

2009/04/20(月) 23:19:17 | URL | マルチポストすいません。 #-[ 編集]
女性差別撤廃条約は天下の悪法です、人権擁護法案の再来となります!断固として反対致します!
拝啓 管理人様

女性差別撤廃条約は天下の悪法です、人権擁護法案の再来となります!断固として反対致します!
赤池代議士のブログにコメントを既に書き込みました、
首相官邸 自民党民主党本部 電子政府の総合窓口 法務省

平沼たけ夫 戸井田とおる 赤池 馬渡 原田 早川代議士諸氏に批准反対メッセージを送りました!

尚も続行致します!(`´)m(__)m
乱文にて 敬具
2009/04/21(火) 03:02:40 | URL | (^O^)風顛老人爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫