<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 27・28日文部科学省要請および国会議員陳情報告1
2009年05月07日 (木) | 編集 |
4月25日から29日まで上京し、3年目を迎える文部科学省への要請、衆参両院国会議員への陳情を行ってまいりました。

準備不足の点など大いに反省すべきところがありますが、評価すべきところは、やはり文部科学省との交渉が今回は大臣官房法令審議室を通じて、日教組などと同様に正式なものになったことです。

初等中等教育局・生涯学習政策局の関係課の担当者が勢ぞろいしました。

そして国会議員との正式な懇談が実現しました。

お会いした国会議員の先生は以下の通りです。(順不同)

山谷えり子参議院議員・自民党女性局長

西田昌司参議院議員

戸井田とおる衆議院議員・厚生労働大臣政務官

赤池まさあき衆議院議員

西川京子衆議院議員

です。


写真は近日、公開します。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

上記の先生方および秘書の方のほか、

民主党の鷲尾英一郎衆議院議員(新潟県)、

自民党の衛藤せいいち参議院議員

同九州比例の広津素子衆議院議員(佐賀県)などの秘書にもお会いして名刺交換

させていただいております。

陳情内容は

教育問題については、教職員団体の不適切活動の是正、

服務の正常化、国旗国歌の指導の徹底

教育振興基本計画の内容チェック、教育の中立性確保について5項目(文科省側の要望に添う形で協議項目を絞っています)。


女子差別撤廃条約、人権法関連は2項目の要望です。



直接お会いしていない議員にも、陳情文は渡しております。

県選出は、自民が太田誠一・山崎拓・原田義昭・山本幸三各議員、民主は松本龍・古賀一成議員。


それから、自民党内女子差別撤廃推進派の南野元法相、猪口邦子元男女共同参画・少子化担当相

阿部俊子衆議院議員(中国比例)にも申し入れました。

なお

教育については、民主党左派の日政連(日本民主教育政治連盟・・日教組関係議員)

議員の、参院会長の輿石東議員、那谷屋正義参議院議員(神奈川)、神本美恵子参議院議員(比例・元福岡県教組女性部長)などにも申し入れております。


各国会議員の先生方、秘書の皆様におかれましては

政務ご多忙の中、貴重なお時間を私どもの陳情のためにいただき、本当に有難うございました。




教育正常化についての要望

謹啓
 貴台におかれましては国政にご尽力いただいておりますことに心より敬意と感謝の念を表明いたします。
 教育基本法改正によって教育理念もこれまでのような「伝統」「国家」否定から、「伝統継承」と「公共の精神尊重」へと大きく変わりました。家庭教育も新設され、教育の第一義的責任は親にあることが明確化されました。教育の質の向上を図るための研修の充実も義務付けられ、法律違反や学習指導要領無視の偏向教育などは厳しく処分することができるようになりました。

念願の法改正によって長く教育現場で繰り広げられてきた日教組・全教等、左翼系教職員団体や連携する部落解放同盟など運動団体の介入によって教育が歪められることも防止することができるようになりました。
 しかし、現実にはまだまだ教育現場を見ると、法的拘束力を持った統一的基準である学習指導要領を反故にした教育内容や文部科学省の指導を換骨奪胎する地教委は各地に存在しています。

教育内容の歪みも依然存在しており、人権・同和教育で、裁判で判示された事案を「差別裁判」「警察・裁判所は差別者」などと批判する狭山学習や児童生徒の発達段階を考えない残虐場面を強調し、沖縄戦などを題材に日本軍や体制批判のためのイデオロギー教育、男女共同参画を男らしさ・女らしさの否定や家族の軽視を促進するようなジェンダーフリー教育、等、各地で明らかになっています。

制定が求められている教育振興基本計画については、日教組などは子どもの権利や人権教育の推進などを盛り込むように働きかけており、すでに制定された都道府県の中には、人権教育が謳われ、新たな形で偏向教育が推進される根拠になりつつあるようです。
 教育基本法、教育再生関連法の改正を受けて、その理念を具現化するべく、全国の教育現場に蔓延している法規違反、不適切な実態にメスを入れ、教育の正常化を実現されるよう強く申し入れます。
 
              要望事項 

1、道徳・徳育の教科化を行い、その際は歴史上の人物の生き方や宗教的感性を育むことに留意し、道徳教育の教材の全国公募などをご検討いただきたい



2、国旗・国歌の指導に関し、地域・学校によって温度差がみられます。音楽の授業で教わったことがないという声も聞かれ、どのような指導を義務教育段階で行っているのか、実態調査が日教組議連等で取り組んでいただきたい



3、福岡県をはじめ全国に配置された児童・生徒支援加配教員(国庫補助)が、同和教育研究団体等の事務局業務等に従事し「同和ヤミ」専従としての目的外使用になっており、厳格に服務を監督し、勤務時間中の政治・社会運動を厳禁し、目的外使用の実態のある都道府県・政令市教育委員会に対しては国庫補助金の返還を求めるなど厳格に是正を進めるよう、教育行政の評価システムを確立していただきたい



4、今後5年間の教育行政の政策目標を定める教育振興基本計画は、全国の地方自治体も地域の実情に応じた計画を策定するよう求められています。日教組などの方針を見ていると、一部教職員団体や民間運動団体の影響力が強い地域では地域の実情として、「人権」「子どもの権利」「男女共同参画」などの言葉が入り、偏向教育や外部勢力の教育介入を許す根拠ともなりかねません。教職員の選挙活動を含む政治活動を厳禁することなど教育の中立性確保に関する網羅的な法整備をしていただきたい



5、日教組の旗開きで、民主党の輿石東参議院会長が、「教育の政治的中立などあり得ない」「政権交代に力を貸すのは当然」だと、公言したと報道されましたが、教育委員会事務局も含め教育は政治的中立が確保されなければならないことはいうまでもありません。先生方におかれましては教育行政は中立であるというこれまでの姿勢を文部科学省が堅持できるよう取り組んでいただきたい


平成21年4月27日

                                           教育正常化推進ネットワーク 代表

【5・2在日特権を許さない市民の会福岡支部動画】

在特会の全国一斉デモに参加し、(上京中に参加した長野動乱1周年のデモで在特会会長、桜井誠氏より福岡をよろしくと声をかけられました)小生が、先導をつとめました。

今回のデモは、福岡支部では初めての試みで、 今後に向けて課題や反省点もしっかり総括したいと思います。


◆当日の動画 (日出る処の天子ブログの管理人さんが撮影)


http:// www.sti ckam.jp /video/ 1788943 20



ユーチューブ 

支部のほうで撮影

※3と4が鮮明だと思います。

5月2日在特会福岡デモ1/4
http://www.youtube.com/watch?v=HzZsVUCKCGg

5月2日在特会福岡デモ2/4
http://www.youtube.com/watch?v=-fZPxhCGXCA

5月2日在特会福岡デモ3/4
http://www.youtube.com/watch?v=WYhJsj50rq0

5月2日在特会福岡デモ4/4
http://www.youtube.com/watch?v=srIHs44bZ48

≪活動ご支援のお願い≫

25日から29日午前まで上京し、27・28日両日で文科省や衆参議員会館を回り

教育問題や浮上した国連への個人通報を認める女子差別撤廃条約選択

議定書批准反対の陳情を行いました。


今後も活動推進をしてまいります。

皆さまから暖かいご支援を賜りますことが 出来れば誠に幸いです。

よろしくお願いいたします m(__)m

■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     



◆中山成彬議員に出馬要請を!(転送メールの抜粋)


 産経新聞に出ていましたが、自民党歴史議連・中山成彬会長は、NHK福

地会長へ質問状を出してくださいました。その中山成彬先生は、次回の衆院

選挙に不出馬と公言しています。ここで、中山先生が国会を去ることになっ

たら、国家的損失です。



 宮崎県では、女性が立ち上がって、中山成彬先生の衆院選挙出馬一万人署

名運動が巻き起こっています。



 東京でも、昨日、「建て直そう日本」女性塾幹事長・伊藤玲子さんが、中

山成彬先生の衆院選挙出馬要請運動を立ち上げました。


 以下は、その要請文です。


////////////////////////////////////////////////////////////


《中山成彬先生の公認要請をお願いします》


 中山成彬先生は、「日教組は教育のガンだ。私は火の玉になって戦う」と、公言してくれました。しかし、次回の衆院選挙に不出馬と報道されました。



 中山先生には、未来の日本を担う子ども達ため、国会で先頭に立って日教組と闘って頂くことは、「天の声」であります。



 そこで、中山成彬先生に衆院選挙に出て頂けるように、下記へ、思い思いの要請書を手紙(ハガキ&FAX)での発送をお願いいたします。



〈一例〉

1、教育の正常化に中山成彬先生は、なくてはならない政治家です。


2、教育の再建は、自民党でやらなければ出来ません。その先頭に立って頂ける政治家は、中山成彬先生です。


3、この日本の危機は、戦後教育に根本的問題がありました。「火の玉にな  って戦う」と公言してくれた中山先生を公認してください。


4、中山成彬先生なくして教育の正常化は出来ない。


5、私達は、中山成彬先生の教育にかける情熱を支持します。


【自民党本部】

 総裁 麻生太郎殿

 選挙対策委員長 古賀誠殿

 〒100-8910

 東京都千代田区永田町1-11-23

 FAX:03-5511-8855


■自民党宮崎県支部連合会会長 緒嶋雅晃殿

 宮崎市橘通東2-9-14睦屋第11ビル5階

 FAX:0985-28-6329


5月2日の在日特権を
許さない市民の会の福岡デモは、先導をつとめさせていただきました。





行政法や教育関係など書籍や

取材にかかわる交通費など

資金がかかります。

ですが、まだまだ金額が足りず苦慮して

います。




活動推進のために、皆さまから暖かいご支援を賜りますことが出来れば誠に 幸いです。

御支援何卒、よろしくお願いしますm(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     





クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫