FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 福岡県人権・同和対策局が部落解放同盟との交渉議事録を公開拒否
2006年09月13日 (水) | 編集 |
 8月22日付けで開示請求をしていた部落解放同盟福岡県連合会と福岡県当局の交渉のやりとりの記録について非開示の決定がありました。

 5月にも請求したものの条例を盾に開示を拒否。大阪などの動きを見て再度開示を求めていましたが、再び拒否してきました。

 その根拠が福岡県情報公開条例(平成13年福岡県条例第5号)の第7条第1項2号及び第4号に該当するというのですが、決定通知書に「当該開示請求に係る公文書(交渉議事録)は、内容の正確性が担保されていません。したがってこれを公にすることにより、県民の誤解や憶測を招き、関係者の事業活動に支障をきたすおそれがありますと説明がなされていました。

 果たしてこの説明は正当性があるのでしょうか。

 通知書には続けて以下のような理由を事業に支障をきたすものとしてあげています。

 「下記の理由により、人権・同和行政の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがあります。
 ・不正確な情報を公開することで、関係者との信頼関係が著しく損なわれること。
 ・公開を前提に作成していない交渉記録を公開することで、関係者との信頼関係が著しく損なわれること。


 ・・・・・・
 最大多数の県民の声より一部の偏向したイデオロギーを掲げる運動団体との信頼が大事だといっているのです。
 
 適正な人権・同和行政遂行には、他の業務同様、県民の監視が必要で、密室で団体と協議して決めるのは、何らかの利権が絡んでいると捉えられても仕方ないということでしょうか。

 人権・同和対策局は「県として部落解放同盟を擁護しているものではない」というのですが、肝心な情報はひた隠しにしておいて「擁護していない」など誰も信じる人はいません。

 毎年、部落解放同盟から出されている基本要求を見ると人権擁護法案に対する県の取り組みを要求しているなど私たちと無関係ではない内容です。

 平成15年に部落解放同盟から出された「部落解放行政を確立するための福岡県に対する基本要求」を以下御紹介します。

 1、2002年3月末に「地対財特法」が失効したが、「法」失効後の「同和行政を重要な柱とする人権行政」を推進するため、福岡県としての今後の方向を明らかにされたい。また、「同和行政を重要な柱とする人権行政」を推進していくための機構が内閣府に設置されるよう、国に対し協力に働きかけられたい。
 
 2、部落差別の撤廃に向けて、行政施策に必要な予算措置を講じられたい。

 3、今後の「同和行政を重要な柱とする人権行政」の推進のために必要な部落差別の実態を的確に把握する部落実態調査を早急に実施されたい。
 
 4、本年度「福岡県人権教育・啓発基本指針」が策定されたが、部落差別撤廃の観点から、基本指針をふまえた実施計画を早急に策定されたい。とくに「人権教育・啓発推進法」第9条を活用し、基本計画の推進にあたって、国に対し補助率を明確にさせ、「財政上の措置を講ずる」よう働きかけをおこなわれたい。

 5、「人権擁護法案」に対する県の見解を明らかにし、法案の抜本修正にむけ、知事を先頭に、国への積極的なとりくみをすすめられたい。また、福岡県における地方人権委員会の設置について考え方を述べられたい。

 6、「福岡県部落差別事象の発生の防止に関する条例」が制定されたが、悪質な差別事件が発生していることをふまえ、あらゆる部落差別事件に対応できるよう「条例」を整備されたい。特に、「人権救済制度の在り方について(答申)」でも問題となっている特定地区の調査や、部落差別を温存・助長・拡大する誹謗中傷については、速やかに対応できるよう諸条件を整備されたい。

 7、「国連人権教育10年」の県内行動計画が2004年に終了するが、終了後の方策を明らかにされたい。

 8、被差別部落として厳然と存在する、いわゆる「未指定地区」に対する差別撤廃の具体的方策を明らかにされたい。

 9、相次ぐ差別事件の実態を把握し、部落差別を撤廃するため抜本的な解決の方策を明らかにされたい。とくにインターネット等の高度情報機器を使った差別情報の横行や人権侵犯事例に対して、どのようにとりくむのか明らかにされたい。

 10、住民基本台帳ネットワークシステムオンライン化されたが、個人情報の漏洩やプライバシーの侵害など、部落差別を助長・拡大することのないよう必要なてだてを講じられたい。

 11、県職員はじめ、公務員研修の実施状況を把握し、その成果と課題を明らかにするとともに、研修の抜本的強化策を明らかにされたい。

 12、部落の環境改善をおこなうにあたっては、周辺地域との一体化をふまえた必要事業量を把握し、多様な年齢層や所得階層が共生できるような「人権のまちづくり」を推進されたい。また周辺地域との連携や環境保護、災害に強い文化的な潤いをもったものにされたい。

 13、部落住民、とりわけ高齢者、母子・父子世帯、障害者、生活保護受給者等の生活実態や、健康実態をふまえ、生活の安定と福祉の向上にむけた支援事業創設など、抜本的方策の確立をはかられたい。また、現在策定中である「地域福祉計画」の中に、人権・部落問題解決の視点を明確にし、隣保館やいこいの家、集会所の活用を位置づけ、市町村にも指導されたい。

 14、部落差別の撤廃にむけて重要な仕事保障、さらに産業の振興等の施策を強化されたい。とくに各方面で活躍する人材育成のための施策を講じられたい。またそのために、一定の専門性をもった各種指導員や相談員の配置等、隣保館活動等の充実・強化をはかられたい。

 15、人権に関する総合的な施設の「人権啓発情報センター」、ならびに、人権問題を総合的に研究する「福岡県人権研究所」の有効活用や充実強化に向けた支援策等、今後の具体的な方策を講じられたい。また各市町村等の「人権啓発センター」設置のために強力な指導と支援をされたい。

 16、「福岡県同和対策雇用促進協議会」の報告をふまえ、雇用の促進、職業の安定、生活基盤の確立を中心とした「同和」対策就労事業制度を創設するとともに、若年層、中高年、女性に対する就労の完全保障をはかること。そのために福岡労働局と連携をはかり、その具体的方策を強化されたい。

 17、部落の子どもたちの学力と進路の実態を把握し、その課題解決のたmけの施策を明らかにされたい。また、経済的理由等で進学を断念することがないよう現行の「福岡県奨学会」の財政措置を確保・拡充し、日本育英会から地方移管される高校奨学金制度や、専修学校等の奨学金制度の抜本的改善をされたい。

 18、福岡県の「同和」教育の深化・充実のために「県同教」がこれまで果たしてきた役割と教育長談話をふまえ、「県同教」をさらに強化・育成するため、その活動や組織の支援はもちろん、財政支援を拡充されたい。

 19、部落における商工業・農業振興の後継者育成をはかること。さらに「同和」地区にかかわる保健衛生施策の拡充をはかられたい。

 20、2002年3月末に石炭諸法が終了したが、炭鉱閉山地域における、部落の厳しい生活実態に鑑み、就労事業の確立、鉱害早期完全総合復旧、ボタ山完全排除対策等の促進と、部落問題解決のための抜本的かつ強力な施策をおこなわれたい。

 21、「法」失効による一般対策事業の実施により、市町村の財政負担が大きくなっている。県として、市町村の超過負担の軽減をはかるとともに、国に対する働きかけを強化されたい。

 22、既存の一般対策事業や新たに創設された制度等について、同和対策としても有効に活用できる制度の情報の提供を積極的に行われたい。また、部落問題解決にむけた既存施策の改革や、あらたな一般対策事業の創設について明らかにされたい。

 23、差別撤廃と人権確立を求めた国際的潮流と連帯するために、「人種差別撤廃条約」の早期完全批准、「子どもの権利条約」の完全具体化をはかるとりくみをおこなうこと。また職員採用時における国籍条項を撤廃されたい。


 皆様、この23項目にもわたる部落解放同盟の福岡県当局への要求をご覧になられてどのような御感想をもたれたでしょうか。

 地対財特法が失効してから根拠法がないため自分たちの既得権益を得られなくなったから、早く法律をつくれといわんばかりの内容です。

 部落差別を禁止する県条例に関連し、「部落差別を温存・助長・拡大する誹謗中傷については、速やかに対応できるよう諸条件を整備されたい。」とあるのは人権擁護法案の問題点の一つ、「温存」とか「助長」といった定義は曖昧なまま、運用を恣意的に行うことが可能だということを自ら「告白」しています。

 誰が部落差別か判断するのかといえば勿論、彼ら解放同盟なのでしょうから。
 
 また、内閣府に「同和行政を重要な柱とする人権行政」を推進していくための機構」を設置されるよう働きかけよとありますが、男女共同参画が省庁横断の内閣府の外局に設置されたため、全国で一気にフェミニズム行政が推進される結果になったことから分かるように人権を盾にとって歯止めが効かなくなることは確実です。

 「事業は手段、解放が目的」と運動体幹部は繰り返し表明していましたが、明らかにこの要求内容と矛盾しています。

 大阪で次々と明らかになる乱脈同和行政の実態を伝えるマスコミや事業の見直しに着手した行政に責任を押し付けるくらいですから、なんとも思っていないのでしょうが、法がなくなっても事業を継続しろという要求は逆差別であり、公正な行政とは到底いえないことは明らかです。

http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20060910p301.htm

 福岡県当局は県民に対して運動団体との関わりについて説明責任があると思います。

 福岡県庁・県民情報公聴課および担当課の人権同和対策局に「なぜ。開示しないのか?」「不透明な同和行政こそが信頼を損ねる」「部落解放同盟はじめ団体との交渉経過を公表せよ」など意見を送っていただきたいと思います。

■福岡県庁ホームページ「県民の声」
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/somu/kensei.htm

 ↓福岡県は部落解放同盟との交渉を公開せよと思う方は
blog

↓にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログへ

↓国民主権を守り、憲法違反の外国人参政権に反対しよう
参政権反対


↓TBSの報道姿勢を問いましょう
TBS放送免許剥奪陳情署名
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
例によって「シーサーとFC2の相性問題(?)」でTBがとばせないのでこちらから。

「救済法」臨時国会で 全国代表者会議で目標確認
http://www.bll.gr.jp/news2006/news20060911-2.html

今度の臨時国会への提出は日程を考えると無理そうですが、地方議会への解放同盟の恫喝攻勢は無視できないものがあります。

鳥取だけではなく、言論の自由のための戦いは全国に飛び火しそうです。
2006/09/13(水) 22:27:51 | URL | 加納綾一郎 #yp3Dv9Uw[ 編集]
私のブログへトラックバックしていただいて有難うございます。
私の地元でも被差別部落が存在しますが、差別されているどころか、部落の周囲に住む人間が被差別部落民から虐められているということを聞いたことがあります。
確かに不当な差別はけしからんことですが、その差別に反対する運動がかなり歪な方向に向かっているようで、現在改めて同和事業に関することを洗い浚いに検証すべきですな。
2006/09/15(金) 00:21:28 | URL | 蘭龍王丸 #sU19TCxI[ 編集]
同感です。
どこでも部落解放同盟は弱腰の行政と癒着して、貴重な税金を食い物にしています。
全く許し難いことです。
差別を絶対的な盾に利権に群がる。
最近のニュースを見ると、彼らは今まで差別されてきたから優遇的に公務員として能力がなくとも採用され、そのあげくにまともに働かない。
言語道断です。
お互いに声を挙げ続けて参りましょう。
ガンバです。
2006/10/26(木) 22:01:33 | URL | yamano_kakeru #-[ 編集]
御来訪有り難うございます
yamano_kakeru さま

はじめまして。御来訪有り難うございます。
共産党系の組合の方のようですね。
当ブログは色々な方歓迎♪です。

私も兵庫県の八鹿事件には驚きました。
差別はいけませんが利権は許すわけにはいきません。

共に頑張りましょう。
2006/10/27(金) 19:31:46 | URL | なめ猫♪ #fmNQPSDM[ 編集]
兵本 達吉著 「日本共産党の戦後秘史」 産経新聞出版 2,000円 の購読をお勧めします。兵本氏は昭和13年生まれ。京都大学法学部を卒業後、東京の日本共産党本部で議員秘書等を歴任された方です。北朝鮮の拉致事件で有本恵子さんや横田めぐみさんの救出に尽力されたために共産党を除名されました。「日本共産党の党員は党の活動資金を得るため金持に目をつけ、その家に強盗に押入り、ある時は家人に瀕死の重傷を負わせた。」との記述があります。この本を読む限り、日本共産党の党員は、北朝鮮の秘密工作員の手先か暴力団の手先のようにみえます。////////////////最近、本屋さんの店頭に、兵庫県の八鹿町(現、養父市)(豊岡市の近く)で、三十数年前に起こった八鹿高校差別事件のことについての本が販売されています。それで一言申し上げたい。私の知人(60歳代前半)に八鹿高校を卒業した者がいます。彼は真面目な人なので、私はこれを書くのです。彼の言うのには「八鹿町から6~7時間もかけて、(その当時、播但高速道路はまだ出来ていなかった)
どうして、ケガで重傷の八鹿高校の先生等を神戸まで連れて来たのか? 近くに病院があるし、豊岡市にも病院があるのに。まして、重傷ならば、近くの病院にすぐ連れていかなければならないのに。----
神戸の共産党の病院の医者がわざと診断書を重く書いたんや。」と。私は現場に居なかったので重傷か軽症かそれとも無傷かわかりません。しかし、重傷の先生達を長時間かけて神戸まで連れて来たのには、不自然で納得がいきません。このことについて、日本共産党がこの理由を釈明出来なければ事件はデッチ上げになります。みなさんはどう思われますか?ほかにこの事件を調査された先生達にも、「この事件はデッチ上げだった。」と言っておられる人が二人おられます。一人は元兵庫県立甲北高校の校長先生だった西田秀秋先生です。もう一人の人は神戸市教育委員会に勤めておられた善本明先生です。この事件の結果もたらされたものは「部落は怖い、部落民は怖い。」////////「日本共産党」筆坂 秀世著 新潮新書 新潮社 714円 を紹介します。筆坂氏は党歴39年の参議院議員でしたが不祥事で離党したとのことです。日本共産党の内部が詳しく報じられており、日本共産党を知るうえで、参考になると思います。//////////30数年前に、神戸市葺合区役所の女性職員が、当時の国鉄(現JR)の六甲道駅で電車に飛び込んだとのことです。なぜ?この亡くなられた職員は、職場の被差別部落の出身者(女性、現在も存命)を指して同僚に「あの人は変な人や、あれ(部落出身者)や。」と言ったとのことです。それを聞いた本人が、自分の属する日本共産党の傀儡組織である全人連(旧 全解連、部落解放同盟正常化連)に言って糾弾になりました。200万円の慰謝料を要求され、連日、職場で執務中も席の横に来て、がなり立てられたようです。私はその当時、その場にいませんでした。が、当時、葺合区役所に居た職員からそのことを聞きました。「あの人は部落解放同盟のおえらさんやから。」とも言ってました。(ほんとうは全人連なのに)。その当時の200万円は大金です。これは、部落差別を利用した恐喝です。そして死に至らしめたのです。殺人事件ではないでしょうか?部落差別は、行政の責任であって個人の責任ではありません。(同和対策審議会答申)。この自殺した方は、
ただ単に運が悪かったのでしょうか?それとも自殺して当然だったのでしょうか?この事件の結果もたらされたもの
は?「部落は怖い。部落民は怖い。」///////////大分以前からインターネット上のホームページにキンピー問題と言うのが掲載されている。日本共産党の査問の様子を録音したものである。これを聴くと、日本共産党員は、まるで暴力団員ではないかと思うほどである。一度聴いてみてください。敬具
2007/03/18(日) 20:34:26 | URL | #-[ 編集]
御来訪有り難うございます。

兵本さんのことは存じ上げてます。救う会・家族会の立ち上げに御尽力された方で、国会で拉致、アベック失踪事件を取り上げるきっかけをつくった方ですね。
「正論」での連載は欠かさず読みましたし、今日もバックナンバーを手にとって別の論文探したら目に付いたので読んでました。

八鹿事件について全面的に一つの立場をとることはしません。いろいろ聞いていますし、食い違いがあります。
この事件に対する双方の本を読み比べてみましたので。「同和利権の真相」に偏ることはしません。

しかし、同盟側が暴力をふるったことは事実で、それは最高裁判決でも確定していることです。
八鹿に限らず、各地で同盟員の暴力行為はありました。福岡でもありました。
糾弾自体が行き過ぎており、そのことを解放同盟がいまだに正当化することに疑問を感じる人は少なくありません。

私が疑問なのは、平和とか人権を言う団体が暴力行為を正当化し、自分の生まれ育った国を必死に否定することです。
2007/03/18(日) 21:01:12 | URL | なめ猫♪ #TAZSivxg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/03/12(水) 16:36:05 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/03/12(水) 16:54:01 | | #[ 編集]
怖いですね(°□°;)
自分達の時代は同和教育とか有りましたがさっぱりワケわからないです。
今思えば逆に差別を煽ってどうするのって感じで糾弾とか吊し上げはかつての中国文化大革命を想像させるほど恐ろしいです。
2010/11/10(水) 21:37:42 | URL | 何でかな? #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ここのところ,ちょっと忙しくなってきまして時事ニュース等の詳細を追い切れてませ...
2006/09/13(水) 02:32:37 | もののふのこころ
飛鳥会事件の信頼回復へ 部解同・大阪連が暴力団排除財団法人「飛鳥会」理事長で元部落解放同盟飛鳥支部長の小西邦彦被告(72)らによる業務上横領・詐欺事件を受け、部落解放同盟大阪府連合会は9日、大阪市内で集会を開き、信頼回復のため暴力団排除や情報公開を徹底す
2006/09/13(水) 08:17:02 | ねこまんま
にメスが入ったから、その次は怪しげな宗教団体の番だな。大阪の飛鳥会や芦原病院などがニュースになって、日本の恥部が少しづつ表に出てくるようになりました。これも野○氏の力が弱まったおかげでしょう。NHKより以下引用パチンコ店巨額脱税 5人逮捕京都のパチンコ店
2006/09/13(水) 23:26:04 | イプサム
人権擁護法案というと、戦前の治安維持法の如く悪法といわれているが、法案を読んでみて幾つかの誤解に気づいた。まず、この法案によって「逮捕」されることはない。罰則といえば、委員会への出頭拒否や物件の提出拒否、立ち入り検査の拒否による過料だけである。これは罰金
2006/09/14(木) 23:51:41 | 愛国・憂国
日本会議首都圏地方議員懇談会 副会長桜井秀三松戸市議 に聞く●プロフィールさくらい しゅうぞう昭和24年千葉県松戸市生まれ。東洋大学経営学部卒。平成10年11月松戸市議選挙初当選。現在、教育経済常任委員長。また
2006/09/15(金) 10:48:42 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
今までは 当ブログでは あまり取上げてきませんでしたが人権擁護法案推進勢力は教育機関にも くい込んで来ていますのでこれから 掲載する事になりました。部落解放同盟の集会に教育委員会指導主事が公費出張こちらの件は 福岡のなめ猫♪さんのブログが詳しくかいてあり
2006/10/02(月) 18:36:14 | 人権擁護法案ポータルBlog
なめ猫