<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 これから、インターネットとマスコミの戦いになる
2009年09月02日 (水) | 編集 |
自民党が初めて第一党から転落するという歴史的敗北を目の当たりにしてからまだ3日目ですが、今後の展開についてどうなっていくか不安と懸念を持つ方は少なくないと思います。

大阪の良識派教師で、日教組や部落解放同盟大阪府連と大阪府教委の構造的癒着と戦ってこられた南木隆治先生の投開票の翌日に書かれた雑感をご紹介します。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


南木です。

総選挙後の雑感を述べる。

1 行方も知らぬ政策集
2 インターーネットを駆使する者がなすべき事と、経済政策。
3 国際情勢の変化

1 行方も知らぬ政策集

今回の選挙の結果、国民は民主党の何かを知ることなく、白紙委任状を渡してしまった。
当選後の挨拶でも民主党の正体を誰も言わず、当選した本人自身が民主党とは何かを知らずに国会議員になってしまった者も多いのではないかと思われる。
少なくとも教育や、文化伝統に関する考え方については、民主党等は旧社会党であり、マルクスレーニン主義を信じるもの達によって操作される政党である。

これから大動乱の時が来る。
国民は自民党がダメなら民主党にやらせてみようと判断した。与えられる(自分で調べない)情報からはその判断しかあり得なかったであろう。

政権のたらい回しの結果、不況が終わらないようでは、与党が国民から総スカンを食らうのは自明であったが、民主党が自民党よりもっとダメだと国民は半年から1年以内に分かる事になる可能性が極めて高い。

国民にそれが分からなければ歴史の駒を前に進めることは出来ない。
よって、そのあと何が起こるかについての準備を我々は十分にしておこう。

鳩山氏が組閣し、徹底的に一年くらい自重した政権運営をすれば、国民は選択は正しかったと思うかも知れないが、その実現性は低い。民主党は党大会で国旗を掲揚しないどころか、引き裂いているが、閣議の時の国旗はどうするのであろうか。社民党が内閣に入ったとして、国旗を背に大臣として座るのだろうか。

2 インターーネットを駆使する者がなすべき事と、経済政策。

インターネットの世界はすでに保守系の若者であふれかえっている。

その多くの若者が民主党には政策集があることを知っており、そこにはマニフェストに記載されなかった左翼的、売国的政策目標がオンパレードである事を知っている。その若者の多くは今回絶対に民主党には投票していない。

けれど、中年以降の大多数の国民も、勉強ばかりしている将来のエリートを目指す若者も、逆にインターネットを使いこなせないような低学力の若者もインターネットからの情報よりも、マスコミの情報に頼っている。

国民の情報源は、現段階では、まだマスコミのいいなりの方が圧倒的に多い。

そのマスコミは一度として民主党政策集に言及する事はなかった。
また、新しく選ばれた国会議員の誰も、マニフェストのことは言っても、政策集のことは口に出していない。
よって政策集はもはや存在しないと言うくらいでなければ、新しくできる内閣は国民に真実を述べず、だましたことになる。

彼らがどこまで自重して事を進めるかだが、左派色を来年度の参院選が終わるまで全て封印しなければならない事は、マニファストを掲げて選挙を戦った以上、内閣の義務であろう。それが出来るかどうかがまず内閣の試金石である

土屋都議が「偽装」マニフェストと言っておられるとおりであり、長年に渡って、自民党が結党の目標である憲法改正を「現内閣ではしない」などと約束してきたのと同様に、「外国人参政権、もと慰安婦への補償、靖国神社に替わる国立追悼施設の建立」などは現内閣では行わないと約束させなければならない。

けれどもその陰謀自体をマスコミは選挙後も民主党寄りの翼賛体制をつくって報道しない可能性があり、なおかつ自民党がそれを徹底追及できる党になってくれるかどうかには疑問がある。
首相の靖國参拝が出来ないようでは自民党に可能性はない。

今後は、民主党の「偽装」ではなく、政府の「偽装」が問題となるので、インターネットのブロガーや、保守系メルマガの発信者、及びメーリングリスト運営者は、「マスコミと政府の偽装を見破るブロガーズ」、「マスコミが報道しない真実を報道するブロガーズ」と言うような統一した運動を連帯して行い、

どのブログにもそれが載り、「偽装」だとか「マスコミ」と検索すれば、ただちに、マスコミが報道しない重大な真実が大多数の国民にダイレクトに伝わる仕組みを早急に確立する必要がある。

これから、インターネットとマスコミの戦いになる。
そして必ずインターネットが勝つ時代が日に日に近づいている。
インターネット世論が団結すれば日本を動かせる時代をつくらねばならない。
今回の選挙の結果、そのことがますます現実味を帯びてきた。


民主党政権は「偽装」をしている間に、「偽装」が本物になり、次は「偽装」に基づいて党の方針を決定するようになればよい。
民主党の「偽装」は経済政策として究極のばらまき政策だが、「偽装」を続けるためには実は財源がない。

民主党は思い切って政府紙幣の発行特権を行使せよ。
デフレ脱却は自民党であろうと、民主党であろうと、為さねばならないことである。
自民党がしなかったそれを行えば、民主党は「偽装」を継続でき、いくらかはと延命できるであろう。
デフレを解消できずに東アジア共通通貨等と言っていても、誰も支持はしない。

今回当選した民主党議委に中にも国防を真剣に考え、靖國を大切にし、国体を深く理解する方々もいる。
自衛隊を縮小するとはマニフェストに書いていない。自衛隊をこれ以上縮小できるはずはないし、サンダーバード作戦のような夢物語の国連に属する軍隊をつくるのだったら、また新規の莫大な予算は必要だ。

ところで、政府紙幣だが、自民党政権で実施すれば、適度な抑制がきいたかも知れないが、公務員労組が与党となった民主党に於いてこの政策を実施すれば、抑えが効かなくなる可能性は確かにある。

将来の大インフレと弱い円を招く可能性も大きい。
政府紙幣の発行は、円レートを見据えながら、常にやや円高になる基調を維持しながらコントロールしなければならない。
ドルは必ず暴落しアメリカの覇権は終わる。
円が一緒に暴落してはならない。

「偽装」を続け、国家の自立性を保ち、学習指導要領にあるように、今後は国旗国歌を大切に扱い、民主党内外の売国勢力と断固戦う姿勢を鳩山氏や、小沢氏が見せるような所へ、ご自身を「偽装」してゆかねばならない。そうすれば民主党政権は続くであろう。

それには社民党と、党内官公労勢力をどうするかという巨大なジレンマがある。社民党、更にに民主党内のマルクスレーニン主義を温存する左翼プロ活動家が、国民の目に触れれば命取りであると共に、実戦部隊としては強力な戦力である事を、鳩山氏、小沢氏はどう処理してゆくのであろうか。
お手並み拝見と言うしかない。

自民党は臥薪嘗胆する力も人材ももはや払底したのかどうかが試される。真の保守政党にこの際目覚めるべきである。

私は民主党政権が出来ても上記のような自重を徹底できれば延命の可能性はあると思う。けれどそれが出来る可能性は低い。
自民党が臥薪嘗胆出来る可能性も低い。
よって半年から1年後我が国は大動乱の時代に入る可能性が非常にに高くなったと判断している。
本来の国民の願いを実現できる新しい政府はその後に生まれるであろう。

3 国際情勢の変化

ところで、これで、しばらく核武装を我が国自身が行える可能性はなくなった。
せっかく自民党が努力して、米軍の核のボタンを共有できるようにする交渉が始まったばかりだが、これで当分お預けとなるだろう。

民主党は1年間の「偽装」のが出来れば、その間にもう一つきっと企む事がある。
それは北朝鮮との平和条約締結である。

日本に民主党政権が出来たことによって、朝鮮半島は北朝鮮によって統一される可能性が急速に高まった。
少し前まで、自衛隊の急襲による拉致被害者の実力での奪還、北朝鮮核施設の我が国軍事力による破壊は、状況次第で現実にあり得る選択肢であった。けれどもその可能性はなくなった。
朝鮮半島有事の際、民主党が北朝鮮の味方はしても、韓国の味方をする可能性はない。
日米同盟は実質機能しなくなる可能性が高い。
よって自衛隊の縮小など、出来るはずがないことを、すぐに誰もが悟る事になるだろう。

今回の選挙結果は東アジア情勢に巨大な変化をもたらすであろう。

朝鮮半島は現在休戦状態であって、北に言わせれば、敵国のアメリカの同盟国である日本人や、韓国人はいくら拉致してもかまわないと思っているはずである。(戦争中でも非戦闘員の拉致は国際法違反であるが)
よって拉致問題の根本的解決は北朝鮮との平和条約だが、平和上約締結でほんのわずかな拉致被害者を帰せば、その後は追及無しという事になり、しかも、チャイナを範とすれば、北朝鮮はいくらでもその後日本からむしる取る事が出来る。

平和条約を結ぶか、核攻撃を受けるか、この選択を迫られたとき、民主党政権は躊躇する事なく、将来に禍根を残す形で平和条約を結ぶ可能性が高い。

米国は韓国からも、沖縄からも引き上げ、韓国は滅亡する。
それが現実味を帯びてきた。

ただしそれはチャイナの内政が安定していての事である。全てに先立ってチャイナが崩壊するシナリオは常にある。
ところで、北朝鮮による統一朝鮮が出来たとして、その統一国家は必ずチャイナと反目する。
そして半島の繁栄は、日本やアメリカと仲良くする事によってのみ実現すると、もしかして最もよく分かっているのは北朝鮮かも知れない。要するに、統一された半島はベツネムのように、親米、親日政策をとらねば、チャイナに飲み込まれるのである。

金正日とその息子によって統一された北朝鮮と同盟国になるなど、気持ちの悪い話しであるが、現実の国際政治においてはそこまで考えておかねばならない。拉致被害者は、北の責任を追及する事無く、終戦処理の一環として解決される事になるだろう。戦争だったのだから仕方がないという事にしてしまうだろう。

我が国の技術力、円の本当の実力は政策次第で、現段階ではまだ世界を圧倒できる力を持っている。
デフレを解消し、インフレにならないように通貨を調整する努力を民主党は必ず行い、国富を増す努力をせよ。

日本が半島統一戦争にどう関わるかは別として、朝鮮半島有事は日本が民主党政権になる事で急速に現実味を帯びる事になった。
日本国民は朝鮮半島有事という変化を望んだのである。

この有事は、北が戦わずして勝つという方向で終わる可能性もあり、アメリカがその話に乗って、韓国を見捨てた瞬間にそうなる。
今回の選挙で実は日本人はそれと気づかず、韓国を見捨て、我が国も見捨てたのだ。

我が国は必ず立ち直り、今回の左傾化をバネに、国民の自覚を待って、次回は強大な国家になる道がこれで定まったが韓国は終わったかも知れない。

我が国が核武装を放棄し、非核三原則を今後も言うのであれば、早く宇宙にレーザー兵器を持つ國になってくれ。日本を攻撃するミサイルは全て宇宙からねらい撃ちに出来る、大気中でも逓減しないレーザー兵器を総力を挙げて開発すべきだ。民主党はそれをせよ。

以上、選挙後の雑感である。

平成21年8月31日早朝 南木隆治


<活動をご支援ください>

今週5日から大阪・京都を訪問します。我々の活動の同志や地方議員さんに会ってまいります。

また、関西は京都・大阪ともに共産党や旧社会党など左派が強い地域です。民主党政権交代後の状況を見据え、有力支持母体の部落解放同盟や日教組の関西地方における実情を調査し、懸念される教育問題、人権擁護法案などの対策を練ることが目的です。


部落解放同盟のセンターやリバティおおさかなども見学してくる予定です。


7月20日に福岡市で開催されました在日特権を許さない市民の会(在特会)のデモ行進に参加してきました。

私も、予告街宣と、出発前集会で演説をさせていただきましたが、いずれも部落解放同盟の問題について述べさせていただきました。

今回のデモのメインテーマである外国人参政権とはややずれるのですが、福岡において部落解放同盟の問題は非常に深刻で、先日も八女郡立花町で自作自演を行った部落解放同盟所属の嘱託職員が逮捕されています。

その立花の問題を中心に、解同の行政介入が福岡県を歪めているという話をさせていただきました。



偏向報道の批判や人権擁護法案・外国人参政権など亡国法案阻止運動を展開しております。

いよいよ選挙が公示されました。情報公開請求や行政との折衝が中心になると思います。 街頭活動は一部を除いて選挙後になります。街頭活動も必要ですが、着実な教育再生への道は情報の徹底した公開です。

学力テストの公開請求もいずれも拒否で、情報公開審査会への不服審査を行います。文科省の自治体への非公開を求める行政指導は法的根拠はないとされます。

4月27・28日、教育問題や浮上した国連への個人通報を認める女子差別撤廃条約選択議定書批准反対の陳情を行いました。


行政への要望や街頭活動も続けております。

そういった活動の推進にあたり費用がかかります。


皆さまから暖かいご支援を賜りますことが 出来れば誠に幸いです。



何卒、よろしくお願いいたします m(__)m

■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     



<文芸春秋9月号のご一読をお勧めします>

「文芸春秋」9月号。

「誰も知らない民主党研究」

という特集が組まれている

◆花うさぎの「世界は腹黒い」
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/1169415/

ということで、久しぶりに買いました。


非常に面白いです。

文芸春秋9月号目次






拓殖大学の教授である遠藤浩一氏の「右から左まで民主党の人々」

という論文は民主党の主要な議員を取り上げ、政治スタンス、政策から

保守・リベラルの位置づけをしています。


それから政治ジャーナリストの山村明義氏の「次期文科相 輿石東と日教組の蜜月」という論文は、いまや参議院のドンである民主党の輿石東氏の実像に迫っています。

民主党が政権をとったら日教組が影響力を強めるのは間違いないと思います。


あと、直接関係ない論文も面白いのがあります。

婚活のこととか芥川賞の受賞作品とか。
図書館にも置いてあると思いますので、興味がある方はご一読ください。


<活動をご支援ください>

今週5日から大阪・京都を訪問します。我々の活動の同志や地方議員さんに会ってまいります。また、関西は京都・大阪ともに共産党や旧社会党など左派が強い地域です。

部落解放同盟のセンターやリバティおおさかなども見学してくる予定です。

皆さまから暖かいご支援を賜りますことが 出来れば誠に幸いです


何卒、よろしくお願いいたします m(__)m 。


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     



クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫