<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ロビイスト活動の重要性は左派の動きをみるとわかる
2009年09月24日 (木) | 編集 |
来月、中央集会・デモにあわせて中央省庁への要請活動を展開したいと考えています。

教育や人権政策の左傾化は避けられないとは思いますが、悲憤慷慨しても仕方がありません。参院で民主党・左派連合が過半数制した時にきたる衆院選の状況はある程度わかってはいました。

そのために今年4月末に中央要請行動を実施しました。

文科省とは義務教育費国庫負担による、児童生徒支援加配の服務指導の徹底など継続協議にした内容もあります。

情報では左派は内閣が発足する前にロビー活動を展開し、「女性差別撤廃へ議定書の批准を」と要望書提出の行動を開始しました。

もちろん民主党内にもフェミニズムなどに疑問を感じる議員はいますが、執行部体制、連合との選挙支援関係を考えると声を上げる議員は少ないと思います。


民主党が多数を形成した今、決戦の舞台は中央政治の場です。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


以下情報本文~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


9月15日、要望書の提出に行ってきました       

 樋口恵子さん(女性と健康ネットワーク)、原ひろ子さん(日本女性監視機構)を加え、参加者19名にて、選択議定書要望書の批准に関するを新政権に提出しました。就任直後に新首相が、ニューヨークの国連総会で演説なさる際に、批准に向けての努力に言及していただきたいものです。

 
まず、入閣が決まっていた福島みずほ社民党党首は、「どのポジションになろうとも、みなさんの要望の実現のため頑張ります」と話され、大きな拍手が起こりました。次の予定の場所に向かわれたしばらく後に、「消費者・少子化・男女共同参画担当」という報道が流れました(夕刻の報道では、「食品担当」が加わっていました)。

 次に民主党のネクスト大臣の神本みえ子議員、副大臣の西村ちなみ議員に、要望書を提出。9月16日の首班指名を前に、少しでも早く鳩山氏に、私たちの要望を伝えるべく、最大限努力することを約束してくださいました。

 樋口恵子さんと原ひろ子さんからは、「男女共同参画」担当大臣の設置を要望、政策推進にNGO、NPOの参画を要請されたほか、臨時国会で予定される所信表明演説への強い期待が伝えられました。

 このあと、全党・各議員を訪問し、選択議定書批准への、ご協力をお願いしました。


 9月16日の『東京新聞』朝刊29面に、「女性差別撤廃へ議定書の批准を」とする記事が掲載されています。その中に樋口恵子さんの談話が掲載されていますので紹介します。

「少子化が止まらないのは、男性の労働時間が長く、女性が働きにくい状況が解消されていないことが根本原因。新政権は、男女平等を行き届かせてこそ少子化対策だ、と認識してほしい。」

<以下省略>

【その後】
 16日には首班指名が行われ、ご存じの通り、閣僚人事も行われましたが、福島瑞穂社会民主党党首と、千葉景子参議院議員が入閣され、記者会見にて抱負を述べられました。その中で、福島大臣は、女性差別撤廃委員会から出された勧告についてふれ(選択議定書の批准も勧告の項目です)、千葉大臣は、選択議定書の批准について明確に発言しました。動画、テキストを、それぞれ下でご覧いただけます。

[動画]
鳩山内閣閣僚記者会見「福島瑞穂大臣」@政府インターネットテレビ(9分30秒)
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg2755.html

鳩山内閣閣僚記者会見「千葉景子大臣」@政府インターネットテレビ(7分11秒)
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg2757.html

[テキスト]
千葉景子法相
http://www.nikkei.co.jp/senkyo/2009shuin/elecnews/20090916AS3K1602B16092009.html

福島瑞穂消費者・少子化相
http://www.nikkei.co.jp/senkyo/2009shuin/elecnews/20090916AS3K1602D16092009.html


【日教組の教育支配復活を許すな】

鳥取県が学校別結果を公開しました。

http://sankei.jp.msn.com/life/education/090907/edc0909071641009-n1.htm

全国学力テストで学校別成績を初めて開示 鳥取県

 鳥取県教育委員会は7日、今年度実施した全国学力テストについて、県内の市町村別・学校別の成績を、情報公開請求者に一部を除いて開示した。都道府県教委が学校別の成績を開示するのは初めて。

 文部科学省は「県が開示すると判断をされたのは残念。国会での議論を踏まえた実施要領を守るのが本筋」としている。

 開示されたのは県内19市町村すべてと、テストを実施した196校の小中・特別支援学校のうち、児童・生徒が10人以下の学校を除いた国語と算数・数学の平均正答数と平均正答率。

 鳥取県では市町村別・学校別成績をめぐり、住民が県に開示を請求。県教委は昨年、市町村教委などの反発を受けて平成19、20年度分の非開示を決定したが、その後、21年度分以降の開示を決めた。



福岡では市町村別、学校別はなしです。

数人で分担していくつかの自治体に請求しましたが いずれも非開示判断でした。

行政不服審査法に基づいた異議申し立てを行おうと考えます。 近々、福岡市に請求していた部落解放同盟の研修会に関する復命書や大会資料などが公開されてきます。

社団法人部落問題研究所(共産党系)の「人権と部落問題」に共産党福岡市議団による福岡市の同和行政に関するレポートが掲載されていて、目を引いたので請求してみたら、分厚いファイル2冊に、大量の復命書などに驚きました。

昨年と今年度の2年でだから、保存年限の5年となれば数千枚になるではないでしょうか。

部落解放同盟の案と極めて近い人権侵害救済

法案を法務大臣が成立させると言明した以上、

彼らの動向を知ることは重要なことです。



政権交代後も文部科学省や国会議員への働きかけなどにより取り組みは継続していきたいと思いますが、すでに日教組よりの方向性が見え始めています。これまで3回文部科学省とは交渉を行ってきました。

そのころから民主党が政権を奪取した場合、教育行政を所管するところとしてどうするのかというのは関心事でした。

今回、文部科学大臣に就任された川端達夫氏は、旧民社系で左翼ではない。しかし、連合の推薦を受けており、その有力産別である日教組の意向を無視することは難しいと思われます。

副大臣人事で、その懸念はさらに深まりました。

文部科学副大臣2名のうち、お一人が鳩山由紀夫首相の側近の鈴木寛氏。この方は教育基本法改正にも意欲的で、保守系。

もう一人が三重県選出で、「次の内閣」で財務大臣でした中川正春氏。この方はもともとは自民党所属の県議会議員から出発し、新進党などを経て、民主党入りしています。

問題は、中川氏は、選挙の際に日教組系の三重県教職員組合から支援を受けてきたということです。

これについて皇学館大学の松浦光修教授が著書「いいかげんにしろ日教組」(PHP研究所)のなかで言及しておられます。




《『三重県・教組新聞』は、

「参議院比例区は、社民党」

「高橋千秋さんを参議院へ、岡田克也さん、中川正春さん、山村健さんをそれぞれ衆議院へ」

などと選挙一色であった。

しかも、御丁寧なことに、候補者本人の署名入りの「衆議院選挙に際しての同意事項」という書類が写真版で収められている (『三重県・教組新聞』2000年6月15日) 》

三重県は独特な地域性があり、伊勢神宮のおひざ元でありながら、政治的には民主党=旧社会党系が強く、三重県教組の加入率も100%近いところです。


民主への政権交代は左派が支配するということです。日教組による教育支配が再び起こります。

http://sankei.jp.msn.com/life/education/090913/edc0909130047000-n1.htm



ある情報では文部科学省は安倍内閣時の教育再生路線を放棄するようです。

皆さん、それでいいでしょうか?

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


<活動をご支援ください>

5日より大阪・京都を訪問し、我々の活動の同志や地方議員さんに会ってまいりました。

また、関西は京都・大阪ともに共産党や旧社会党など左派が強い地域です。民主党政権交代後の状況を見据え、有力支持母体の部落解放同盟や日教組の関西地方における実情を調査し、懸念される教育問題、人権擁護法案などの対策を練ることが目的です。

京都部落解放センター2

京都部落解放センター


7月20日に福岡市で開催されました在日特権を許さない市民の会(在特会)のデモ行進に参加し,
私も、予告街宣と、出発前集会で演説をさせていただきましたが、いずれも部落解放同盟の問題について述べさせていただきました。

今回のデモのメインテーマである外国人参政権とはややずれるのですが、福岡において部落解放同盟の問題は非常に深刻で、先日も八女郡立花町で自作自演を行った部落解放同盟所属の嘱託職員が逮捕されています。

その立花の問題を中心に、解同の行政介入が福岡県を歪めているという話をさせていただきました。



偏向報道の批判や人権擁護法案・外国人参政権など亡国法案阻止運動を展開しております。

街頭活動も必要ですが、着実な教育再生への道は情報の徹底した公開です。

学力テストの公開請求もいずれも拒否で、福岡県などに対して情報公開審査会への不服審査を行います。文科省の自治体への非公開を求める行政指導は法的根拠はないとされます。

行政への要望も続けております。また各種勉強会にも県外も含め参加しています。

ジャーナリストの水間さん、同じくジャーナリストで同志である岡本氏の集会の呼びかけに賛同し、10月27日の東京での請願集会、デモに参加します。

そういった活動の推進にあたり費用がかかります。

大変申し訳ありませんが、状況をご理解いただき、
少額でも大丈夫ですので、皆さまから暖かいご支援を賜りますことが 出来れば誠に幸いです。



何卒、よろしくお願いいたします m(__)m

■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
なめ猫さん、お疲れ様です。
 なめ猫さん、日夜実際運動での闘い、頭が下がる思いです。
 現在の部落解放運動体には、かつての水平社の理念とは全く関係のない勢力(旧社会党~総評等のライン)が強い影響力を持ち、それらはじわじわと市民運動へと侵食し、学校教育の場で「ジェンダー・フリー教」の布教を続けている、いわばカルトであると思います。

 鳥取県での実話として、「平等」のお題目のため、最近まで学級委員長を永年置かなかった小学校。
 南京大虐殺副読本を社会科に使っていた日教組教諭。
 卒業制作に、原爆投下のマスゲームで「平和」を訴えた小学校教諭。
 …狂っている!!と怒らねば恐らく「日本人」ではないでしょう。

 「平等」は理念であって、現実社会は「不平等」であると教えることこそが、まことの教育だと信じています。
 悠久の歴史の中での私たちの存在そのものに目を向けること。愛国心の何が悪い!と叫び続けたいと思います。
2009/09/24(木) 20:51:21 | URL | くまがわ直貴 #./qA1Ad6[ 編集]
平等を説く場合には現実社会は不平等だと説くと、わかりにくくなります。
努力と勤勉と行動を伴う人と、怠慢な人とでは差がでる。これが民主主義でもあり、資本主義でもあります。 才能や実績を評価されない変な平等こそが不平等なのです。競い合う原理を否定すると日教組教育となります。
2009/09/24(木) 22:07:56 | URL | #-[ 編集]
2009/09/26(土) 06:29:52 | URL | #mQop/nM.[ 編集]
大分県は解同と決別するべし
私は大川市の会社員です。

私の同級生が大分県の水産職員でしたが、3年前に自主
退職しました。


被差別部落だったために主任たちから「いつまでも有給休暇
をとるな。」などとパワハラを受けて体調が悪くなったからだ
そうです。

その上には、当時の大分県水産試験場長から「退職すれ
ばすっかり元気になるさ。」と退職を勧められたそうです。


組織ぐるみで部落差別を続ける大分県の水産職員は、
解同と絶縁するべきでしょう。


2009/09/26(土) 20:08:35 | URL | 高野弘子 #GHYvW2h6[ 編集]
大分県の同和対策
大分県の水産職員の間で部落問題が頻発していたことは昔から聞いていました。今でも続いているならば、早く税金による同和対策は中止する必要があると私も思います。
2009/09/27(日) 16:52:05 | URL | 佐藤 恵 #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫