<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 浄土真宗は選挙より、基幹運動という左派人権運動路線の転換こそ必要だ 
2009年10月07日 (水) | 編集 |
東西本願寺の左派偏向はひどいものがあります。とくに西はひどい。

部落解放同盟にのっとられたに等しく、僧侶や門徒からも疑問の声があがるなか、そのことについての総括は一切できていない。

袈裟をきたお坊さんが左翼のような発言をすることに違和感を覚える人は少なくないはずです。

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009100600036&genre=J1&area=K00

浄土真宗本願寺派 参院選へ僧侶候補公募
比例代表で擁立検討
 
浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺、京都市下京区)は来年夏の参院選で「宗門特別推薦」を行うことを決め、宗門が擁立する候補者の公募を始めた。候補者公募は今回が初めてで、全国の32教区に適任者がいないか調査を依頼した。

 本願寺派は2007年の前回参院選で新たに宗門特別推薦の規約を設けた。宗門代表として民主党公認(比例代表)の藤谷光信氏、自民党公認(大阪選挙区)の谷川秀善氏の僧侶2人を推薦、ともに当選した。

 2人は公益法人制度改革など宗門が関連する問題の国会審議を報告し、国政と宗門をつなぐ役割を果たしているといい、来年の参院選でも引き続き、国政と宗門のパイプ役となる人材を送り込みたい意向だ。

 公募は本願寺派の僧侶(教師)であることが条件で自薦、他薦は問わない。所属政党も問わないが、宗門を挙げて全国組織で支援することから、比例代表での擁立を検討している。

 本願寺派は「国政の課題に宗教的な考えを伝えるためにも国会へ人材を送りたい。選挙も迫っており、なるべく早い時期に候補者を決めたい」としている。


【27日の法務省・文科省、議員要請へのご参加を】

9月、民主党政権が発足し、千葉景子法務大臣は就任の会見で

人権侵害救済法案、国連への個人通報制度を進めると言及し、その後。福島瑞穂男女共同参画担当大臣と会談し、夫婦別姓の推進も言い出しています。

この問題は大変な問題で、これが通れば日本解体の動きが急加速します。


部落解放同盟の案と極めて近い人権侵害救済

法案を法務大臣が成立させると言明した以上、

法務省に要望することは重要なことです。



首都圏の皆様におかれましては (首都圏以外の方も大歓迎します!)

ぜひ、27日の 法務省、文部科学省要請、国会議員への陳情活動にご参加いただきますよう お願いいたします。


夕方からは保守系有識者による国民集会、デモも開催されます。ご都合のつく方はそのまま集会に合流したいと思います。

集合場所は

法務省赤レンガ建物前

(東京都千代田区霞が関1-1-1)

午前9時45分までに集合したいと思います。

申し入れは10時からです。


法務省赤レンガ棟玄関


法務省地図


法務省への最寄り駅
 東京メトロ霞ヶ関駅(丸の内線・日比谷線・千代田線)A1またはB1a出口が最寄出口です。
 東京メトロ日比谷駅(日比谷線・千代田線)及び都営三田線日比谷駅はA10出口が最寄出口です。
 東京メトロ有楽町線は桜田門駅5番出口が最寄出口です。


参加希望の方は事前に事務局の私、近藤のほうに連絡先などメールをいただきたいと思います。

服装は男性は原則、ネクタイを絞めて上着も着て下さい。

場にふさわしい恰好は重要です。

女性は、とくに服装は問いませんが、スーツ姿がよいと思います。

また、歩き回るのでヒールの高い靴は避けたほうが

無難だと思います。


時間は貴重なので遅刻はされないようお願いいたします。

簡単な朝礼、昼食時にミーティングを行います。




《10・27「日本解体法案」反対請願受付国民集会&デモ》〈中川昭一先生への追
悼〉

 貴方は、日本の国柄が突然ガラッと変わってしまうことが信じられますか。それは、「家族の絆」「地域社会」「国の安全保障」を、次々に崩壊させてしまう法案が、国会で成立することが目前に迫って来たからです。

 民主党は、国民の同意を得ることなしに、国の根幹を損ねる「靖国神社代替施設」「外国人参政権」「偽・人権擁護法案」「二重・三重国籍」「戸籍制度廃止」「夫婦別姓(選択制別姓)」「女性差別撤廃条約選択議定書」「1000万移民推進」「日教組教育の復活」「国立国会図書館恒久平和調査局」「地方主権」「CO2 25%削減」「東アジア共同体構想」などを、数の論理だけで通そうとしています。これらの

法案の殆どは、都議選で一議席も確保できなかった社民党や、民主党に巣くっている旧社会党の千葉景子法務大臣などが推進して来た法案です。

 マスコミは、これら日本解体につながる危険な法案を詳しく報道していません。インターネットで危機的情報を確認している多くの国民の総力を結集して、「日本解体法案」を阻止する為に「請願受付国民集会&デモ」を実施することになりました。


【開催日】:平成21年10月27日

【国民集会&請願受付場所】:憲政記念館講堂
17時~19時45分(16時30分開場)
 請願受付デモに参加しない方と年輩者の方は、直接、憲政記念館講堂に御参集ください。〈尚:当日請願書を持参出来なかった方の用紙と筆記用具は受付に用意してあります〉

〔請願仲介国会議員〕
 稲田朋美衆議院議員、北村茂男衆議院議員、西田昌司参議院議員、義家弘介参議院議員

〔司会〕:西川京子先生

【請願デモ】:日比谷公園大噴水前を10月27日16時30分にスタートして、17時30分を目標に参議院議員会館前歩道を目指して行進することになります。

 国会議事堂周辺からは、道路でのデモが規制されますので、歩道を通行人の邪魔にならないように半分を空けての行進になります。〈プラカード等は各自持参して下さい〉
 
 そして、持参した請願書は、17時30分から国立国会図書館と国会議事堂の間の歩道を進み、憲政記念館講堂受付に提出して頂くことになります。請願書提出後は、請願受付デモの後列に復帰することを含め、各自に判断して頂くことになります。

〈尚、直接参加する方は、地下鉄「国会議事堂前」か「永田町」の駅をご利用ください〉
 ※奇しくも10月27日は吉田松陰の150回忌でもあります。

【当日までの請願書受付先】:〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町3-17
FAX:03-3269-5873
パシフィックレジデンス市ヶ谷904号室

中山成彬東京事務所

〈10月27日以降の情報は、メールで直接配信する準備もしていますので、御希望の方は請願書と別紙に、メール・アドレスを記載して発送してください。〉

【請願書宛名:鳩山由紀夫内閣総理大臣殿┃記載事項:反対理由:住所:氏名:年齢┃用
紙:A4サイズに一項目一枚に記入】

【反対請願書受付け項目】

1、靖国神社代替施設
2、外国人参政権
3、重国籍(二重・三重)
4、偽装人権擁護法案
5、国立国会図書館恒久平和局
6、1000万移民推進
7、女性差別撤廃選択議定書
8、夫婦別姓(選択制別姓)
9、日教組教育復活
10、地方主権
11、CO2 25%削減
以上、11項目です。

【発起人】(敬称略):中山成彬(元文科大臣)、前衆議院議員:戸井田徹、萩生田光一、赤池誠章、大塚拓、岡部英明、小川友一、鍵田忠兵衛、木原誠二、木原稔、近江屋信広、木挽司、坂井学、薗浦健太郎、高鳥修一、林潤、牧原秀樹、松本洋平、馬渡龍治、武藤容治┃板垣正(元参議院議員)、佐藤博志(英霊にこたえる会中央本部広報委員長)、

小堀桂一郎(東大名誉教授)、小田村四郎(元拓殖大学総長)、西尾幹二(評論家)、佐藤守(元空蒋)、高橋宏(首都大学東京理事長)、松島悠佐(元陸将・中部方面総監)、田母神俊雄(前航空幕僚長)、阿部正寿(世界戦略総合研究所会長)、伊藤玲子(「建て直そう日本」女性塾幹事長)、奥山篤信(平河総合戦略研究所代表)、中村粲(獨協大学名誉教授)、加瀬英明(外交評論家)、村松英子(女優)、小林正(元参議院議員)、藤岡信勝(拓殖大学教授)、遠藤留治(日新報道社長)、高池勝彦(弁護士)、阿羅
健一(近現代史研究家)、酒井信彦(元・東大教授)、宮崎正弘(評論家)、伊藤哲夫(日本政策研究センター代表)、山田惠久(国民新聞主幹)、水島総(日本文化チャンネル桜社長)、小山和伸(神奈川大学教授)、関岡英之(拓殖大学客員教授)、八木秀次(高崎経済大学教授)、三輪和雄(日本世論の会会長)、西村幸祐(評論家)、永山英樹(台湾研究フォーラム会長)、岡本明子(ジャーナリスト・家族の絆を守る会事務局長)、水間政憲(ジャーナリスト)

賛同人:荒木和博(拓殖大学海外事情研究所教授)

【主催】:「請願受付国民集会&デモ」実行委員会
 佐藤博志、伊藤玲子、山田惠久、岡本明子、水間政憲

賛同団体:新しい歴史教科書をつくる会、全国教育問題協議会、新日本協議会、美しい日本をつくる会、新教育者連盟、草莽全国地方議員の会、漁火会、東京都教師会、戸塚ヨットスクール、安岡教学研究会、外国人参政権に反対する会東京、湘南やまゆり学園、史実を世界に発信する会、二宮報徳会、河内国民文化研究会、教科書をよくする神奈川県民の会、神奈川教育正常化連絡協議会、兵庫ビジョンの会

【転載フリー】「請願受付国民集会&デモ」
 実行委員会事務局長 水間政憲

【10・27法務省など要請、国会陳情活動にご支援をお願いします】


街頭活動も必要ですが、着実な教育再生への道は情報の徹底した公開です。

動画を撮影していただいている同志が、8月の福岡県庁での同和対策局、人権同和教育課への申し入れ、義務教育課への開示請求の際の動画をアップしてくださいました。

カメラを入れたのはおそらく初めてでしょう。

毎月、こういうやり方で情報公開請求や行政との折衝、申し入れを行っています。民主主義社会ではしかるべきところに声を届けたほうが強いです。


福岡県教育委員会との交渉#1



■福岡県同和対策局に立花町差別自演事件について開示請求

教育委員会に続いて、福岡県庁1階の県民相談室で人権同和対策局課長補佐に7月に福岡県警に自作自演の疑いで逮捕された部落解放同盟メンバーである立花町嘱託職員が起こし た、いわゆる立花町差別はがき(自作自演)事件の福岡県としての会議資料を請求しまし た。




学力テストの公開請求もいずれも拒否で、福岡県などに対して情報公開審査会への不服審査を行います。文科省の自治体への非公開を求める行政指導は法的根拠はないとされます。


10月27日、独自の文科省への中央交渉、国会要請行動と、ジャーナリストの水間さん、同じくジャーナリストで同志である岡本さんの呼びかけに賛同し、東京での請願集会、デモに参加します。

交通費、宿泊費、資料代、簡単な手土産など費用がかかります。

大変申し訳ありませんが、状況をご理解いただき、 皆さまから暖かいご支援を賜りますことが
出来れば誠に幸いです。



何卒、よろしくお願いいたします m(__)m

■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫