<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 筑前町三輪中学校いじめ自殺事件に思う--教育正常化の光を
2006年10月15日 (日) | 編集 |
 福岡県で再び中学生の自殺事件が起きました。こうした事件の度に悔しくて仕方がない。平成7年頃にもいじめによる自殺事件が相次ぎ、問題になりましたが、報道された内容は通り一遍等の無責任なものばかりでした。

 あのときもいじめがなぜ起こったのか、それを教師は分からなかったのかその背景まで立ち入って考えているのは皆無でした。

 私は筑前町に近い地域に生活し、地域性もあまり違わないであろうところに住む者としても、世代も近く、かつていじめを受けた経験もある者としてなんとも言いようがない激しい憤りを感じています。

 折りしも2ちゃんねるで私に執拗につきまとう日教組らしき人物が書いている内容と重なり、学校の教師が言う「人権尊重」は空疎なスローガンでしかないことが明らかになったと思います。

中2いじめ苦に自殺 教委も認識 「生きていけない」 福岡・筑前町

 福岡県筑前町の三輪中学校(合谷智校長、425人)の2年の男子生徒(13)が自宅の倉庫で首つり自殺をしていたことが13日、分かった。遺書とみられるメモ紙が計4通見つかり、「いじめられて、もういきていけない」と学校でのいじめを苦に自殺したことを示唆する記述があった。同町教委は「いじめがあった認識がある」として、男子生徒が自殺にいたった経緯を調査している。

 同町教委などによると、11日午後8時すぎ、隣家に住む祖父(67)が自宅倉庫のかもいにビニールひもをかけて首をつっている学生服姿の男子生徒を発見。救急車で近くの病院に運ばれたが、死亡が確認された。死亡推定時刻は午後5時すぎとみられる。夕食に姿を見せなかったことから辺りを捜していた。

 残された遺書とみられるメモ紙には「いじめられて、もういきていけない」「いじめが原因です」「うざい奴等はとりつきます」などといじめを苦に自殺したことをうかがわせる記述があった。

 同中は、男子生徒が自殺した翌12日朝に緊急の全校集会を開催。合谷校長が事実関係を説明した。その後、全校生徒にいじめの有無などを確認するアンケート用紙を配布し、同日中に回収。11日の放課後の直前に男子生徒を学校のトイレで取り囲んでいた同級生計7人から個別に事情を聴いたという。

 学校側の聴取に対し担任の男性教諭(45)は「いじめは把握していなかった。(自殺した日、男子生徒は)朝から目前に迫っていた中間テストに向けてプリント学習に励んでいた。給食も元気そうに食べていた」と答えたという。

 中原敏隆・筑前町教育長の話 男子生徒が自殺するまで学校内でいじめがあったことは把握していなかった。しかし、遺書にはっきり「いじめられた」と書かれている以上、いじめがあったと認識している。その前提で今後の調査を進めたい。



両親を激怒させた「からかいやすかった」発言
 

 私はこうしたいじめによる自殺事件が起こるたびに繰り返されてきた教育委員会の談話は、あまりに冷たく感じずにはおれません。

 表層的なことだけでなく、これまで40年あまり同和(現在は人権・同和)教育に力を入れながら、なぜこういう悲劇が起こるのか考えるときではないか。

 学校の運営体制にも問題はなかったのかどうか。教育委員会は殆ど学校の実態を知らない。いじめや荒れる学校の多くは組合が強く管理職の権限が制約されているところが少なくない。

 県議会でも取り上げられたことだが、

同じ旧朝倉郡の杷木町(現在は朝倉市)の杷木中学校で、
職員室に「解放の力を」などと大書きしたスローガンが掲げられていたという。

 
 これは運動団体の運動理念を教師間に徹底させることにより、自分たちの影響を及ぼそうという意図がそこにはある。

教育再興 教育再興
産経新聞「教育再興」取材班 (1999/03)
産経新聞ニュースサービス

この商品の詳細を見る


産経新聞社から出ている『教育再興』をぜひお読みください。杷木の件については一番詳しいです。

 福岡県同和教育研究協議会の30年史などを読むと、教職員組合や解放同盟との関係が極めて密接であることが分かります。

 イデオロギー的なものが最初から背景にあるということです。

 
「今日もあの子が机にいない」


 全国の同和教育で必ずいわれる言葉だが、鳥取県の人権行政を追及している鳥取ループさんのブログに同和教育関係者から以前、こんなコメントが寄せられていました。

http://tottoriloop.blog35.fc2.com/blog-entry-44.html#comment

全同教について

 『全同教』という組織は、貧しさゆえに学校に行けない子どもたちを目の前にした教師によって、もう50年以上も前に自主的に立ち上げられた組織で、少しずつその輪を広げていった教育団体です。現在は年1回の全国人権・同和教育研究大会(今年は初めて宮崎県で開催)と分野別の研究会を実施しており、報告は、子どもたち一人ひとりに誠実に関わる教師の実践を中心としています。教育の機会均等といわれながら、今も現実には厳しい生活を強いられている子どもたちが相当数いますし、それは同和地区の子どもたちだけではありません。
 つらい思いをしている一人を大切にできる教師こそ、多くの子どもたちを大切にできるという信念に基づいた、とっても前向きですてきな報告が交流されています。元気になります。たぶん鳥取県や市町村の教育委員会が支持するのも、その一点に尽きると思います。
 決して「癒着」などではなく、真摯な教育実践の交流の場として価値ある大会だと考えています。市町村の教育委員会が派遣してくれることもありがたいことで、同和地区の子どもたちをはじめ、困難な状況にいる子どもたちを何とかしようとする熱意あふれる教員を育てたいという教育行政関係者や議会の思いの表れだと考えており、決して「人権救済制度の設立を推進してきた団体」として位置づけての派遣ではないと考えています。

2006/01/05(木) 02:26:01 | URL | 今日も机に・・・ #-

 
 >つらい思いをしている一人を大切にできる教師こそ、多くの子どもたちを大切にできるという信念に基づいた、とっても前向きですてきな報告が交流されています。


 >市町村の教育委員会が派遣してくれることもありがたいことで、同和地区の子どもたちをはじめ、困難な状況にいる子どもたちを何とかしようとする熱意あふれる教員を育てたいという教育行政関係者や議会の思いの表れ


 というのなら、なんで今回のようにつらい思いをしている一人のシグナルを受け止めることができなかったのかといいたい。

 深刻なのは、こういった建前だけの実態のない発言に教育現場は振り回される土壌がつくられてしまっていることです。

 少し話題が外れるが、愛国心通知表の件が先日も国会で取り上げられていたが、評価の方法や評価自体がなじまないという論議はたしかにある。しかし、福岡市の通知表の問題の根底にあるのは、愛国心を否定したいという勢力の執念であるということを見抜かねば利用されるだけです。

 そういう勢力の「努力」で、道徳教育の副読本「心のノート」の使用もデタラメで、近隣の小郡市や八女市のように活用率がほぼゼロに近いところも少なくないが、この中学校はどうだったのか。

 人権を尊重すべきと教えてきた教師がいじめのきっかけをつくり、「あまおう」とか「とよのか」とか「出荷できない」とか選別し、等級付けるなんて許せないです。

 今回のいじめ事件は福岡県に根強い人権尊重重視という名の“無責任体制”を暴露しており、これまでもいくつかの地域の人権教育のデタラメぶりは取り上げてきましたが、私たち保守勢力が脆弱だった筑前町はじめ朝倉地域にも「教育正常化」を進める運動を広げていきたいと決意しました。

 県教育委員会への要望・陳情活動など再開したいと考えています。



↓県教委や日教組の責任も重いと思う方は
blog

↓にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログへ

↓国民主権を守り、憲法違反の外国人参政権に反対しよう
参政権反対
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
自分勝手な教師
守秘義務という当たり前の事ができない教師などいらんやろ。いじめを助長する言動や本人性格とともに、糾弾されてもしかたない。
2006/10/16(月) 12:58:29 | URL | kane55 #-[ 編集]
太字の文私も小学1年生の母親です。福岡の少年の自殺とても人事と思えません。信用して自分の子供預けて、あげくの果てには、自殺まで追い込まれて誰の事信用すればいいのか?悩みます。先生がいじめの先頭になるなんて断固許せない!学校、教育委員の人たちには、もう一度自分は何で先生になったのか?考えて欲しい。周りに居る生徒も、いじめるんじゃなく、助けてあげる勇気が必要なんじゃないかと思う・・先生方には、自分の子供、孫が同じ立場になった時のこと考えて欲しいです。怒りがおさまりません。
2006/10/16(月) 13:33:27 | URL | 一児の母 #-[ 編集]
「いじめ」と言う言葉ではなく、虐待、犯罪、と言う言葉が適切ではないですか?数十年も教師をやってきて言っていい事と悪いことの区別がつかない教師になぜ現場では再教育等の処置がなされなかったのか、腹立たしい。
償い、って何か聞きたい。
私は朝からニュースを見るたび涙が出ます。
2006/10/16(月) 14:51:12 | URL | 匿名 #-[ 編集]
もみ消してはいけない
学校というところは職員が陰湿で、管理職が教員をいじめていますよ。ただ気に入らないという理由で。今回の事件も、おごり高ぶった教師が、組合に守られているという傲慢さが引き起こした事件です。生活に困らない教師は世間を小ばかにしています。エリート意識が強く、弱者を見くびっています。そういうことするから、今度は自分が苦しむのですよ。
もっと世間は騒いで、徹底的に叩かなきゃ。元教師より
2006/10/16(月) 17:24:30 | URL | kujiranoyamatoni333 #1OdH4gq2[ 編集]
親の責任は?
教育委員会、教師は間違いなく悪い。
今日のテレビではニュースキャスターが涙を流して先生を糾弾していたので引いてしまった。
子供の苦しみに気づかなかった親にはまったく責任がないのだろうか?
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/42536075.html
2006/10/16(月) 21:23:27 | URL | ponko #KNJF9OGc[ 編集]
いじめた子どもの責任をなぜ問わないのですか?
 私も,教育委員会や,教師に責任があると思います。
 が,直接いじめた子どもの責任を問うことは,しないのですか? いじめをした人間こそ,悪だと私は感じます。
 また,この事件から,教員の組合のことを書かれても,単なる論理のすり替えにしか見えません。
2006/10/17(火) 09:19:55 | URL | Phantasien #fVbaXrjk[ 編集]
生徒を守るべき立場の教師が生徒を死に追い込むとは。
こんな人間が教師になっている事自体おかしい。
もう教育基本法を改正するだけではすまないと思う。
2006/10/17(火) 14:02:40 | URL | レツテンリッター #-[ 編集]
これは犯罪だ
いじめは犯罪という自覚がない。
人が死んでいるということ事実。
警察が介入するべきだと思う。
2006/10/17(火) 14:46:01 | URL | ごろう #-[ 編集]
いじめの根本は、いじめる側がいじめだと思っていない、気が付かない、「こんな程度の事たいしたこと無いから大丈夫」だという思考の閉回路に陥っている点にあると思う。
今回のようにいじめられた子が自殺して始めて重大ないじめだったことに気が付いたと言っても過言ではないような気がします。
ほんのお遊び程度でからかいの認識でしかないのだから、この教師や、その児童、その親たちに自ら自制と反省を導き出すなど到底不可能なことだと思い至るはずである。
認識の無い人間に「いじめを防ぐ、起こさせない」などという発想など出るわけも無い。

この問題は、社会全体にうずくまってくすぶっていることで、この先どこで起きてもおかしくは無いと考えています。

しつけや、他人への思いやりは、そうそう身に付くものではなく、形を示しそれに沿って、がんじがらめに指導するのが先では無いのだろうか。
どんな修行も、まず形から入るもので、その中にある精神はおのずから湧き出でるものではないのだろうか。

基本的、基礎的なことをいつからないがしろにし始めたのだろうか。
これ以上、身勝手な人を社会に送り込まないでいただきたいものである。
2006/10/17(火) 15:30:10 | URL | ponpokotanukisan #-[ 編集]
TB有り難うございます。
いじめた側は教師も生徒もノーリスク(責任を問われない)だからいじめ放題ですね。それにしてもこんな酷い話でしたか。ぞっとします。これを機にこういう自分の人権のみが大切な輩に鉄槌が下ることを期待しますが、難しいかなあ…
2006/10/17(火) 19:14:48 | URL | 練馬のんべ #.GslOXVU[ 編集]
これは犯罪です。この教師は罪を償うと言っていましたが、どの様な形で償うのですか
クビにするべきです
絶対にゆるせまさん
2006/10/18(水) 00:17:57 | URL | 眠り姫 #-[ 編集]
私も15年前までいじめにあってました。先生にも相談し、クラス会もそのことについて議題になりました。けど、その場限りでますますいじめはひどくなりました。その後も先生もその場限りで、何のケアもしてくれませんでした。それどころか、避けるように気嫌いし、避けるようになり自分のお気に入りばかりえこひいきするようになりました。自殺も考えました。もう少し先生達の教育をしっかりしてほしいと思います。今回の事件も「からかいやすい」からいじめた、先生が言ったからみんないじめていいんだと思い、マネするんです。いじめがあったらそれをとめるのが、先生だと思います。今度の事件でもう少し先生達も深く受けてとめてほいいです。
2006/10/18(水) 11:37:23 | URL | アーサー #-[ 編集]
昔、甘朝は福岡県、いや、全国的に同和教育のメッカでした。なぜ「メッカ」なのかは、時代背景がそうでしたから、労働運動・安保闘争・民主教育など時代の要請とともに労働者が主体となり体制批判が主流でした。それによって「労使交渉」という権利というものに目覚めた運動があったのです。しかし現場教師はイデオロギーではなく純粋に「教師の差別性を問う」としての「同和教育」でした。その時代の頂点として始まったと言えます。さて当時、甘朝にはカリスマ性を持つ教師がいました。この教師の教育にかける自己犠牲に引かれ、公開授業には大勢の教師が押しかけました。私も「学びたい」と思いで参加しました。そしてそのカリスマ教師の言葉が今でも残っています。それは、子供が起こした事件や事故で「死」を招いた時、それは「教師が殺した」のだと確信を持って言い放ったのです。今回の事件も厳しく言えば同じです。おそらく、すでに定年退職したカリスマ先輩も同じ思いではないかと思います。
人権はキリスト教の思想です。同和教育は日本の人権思想です。しかし、キリスト教の「人権思想」に変容した時点で日本固有の「人権思想」が影をひそめたのです。現場も当時の世代がいなくなってます。ましてや「友よ」を熱く語っても「よけいなおせっかい」と揶揄される始末です。今回の事件を冷静に見た場合、やはり日本人は「農耕民族」で「騎馬・遊牧民族」の自立した民族になれないと確信できます。つまり「村八分」です。
その根拠は昔「モナリザ」が来たら長蛇の列・月の石が来たら長蛇の列・マンモスの頭部が展示したら長蛇の列。もめごとがあったら「責任の所在」を探す。いじめの問題は個別的なものではありません。全体の問題です。あなたにも責任があるのです。広げて「戦争責任」も同じです。
2006/10/18(水) 20:35:24 | URL | 良き日のために #-[ 編集]
今回のいじめ事件がこれだけ大きく報道されたのは、TVの力によるものが大きい。被害少年の両親と学校側のやりとりが逐一TVカメラに収められたあの謝罪場面。あれが報道されたということがまず奇跡に近い。演出とは言わないまでも、ある種のメッセージ性をもってメディアの力を最大限に生かすことに成功した稀な例だ。今までこのようないじめ事件は教師の加害者性などはほとんど隠蔽されてしまうことが多く、それを闇から引きずり出し、現在の日本の教育制度そのものを断罪した。ただ残念なのは"教師のいじめ"という異常性だけがクローズアップされ(だからこそマスコミが飛びついたわけだが)実際にいじめた生徒への"犯罪者"としての追求が全くされていなかったこと。被害者少年を直接死に追いやっておきながら「僕らがいじめたんじゃない。悪いのは先生だ」と言わせているようなものである。それでいいのか甚だ疑問だ。" しがない歩兵"とはいえ、自らの罪を誠実に償う人間となって欲しいと切に願う。いじめ事件の本質にあるものは犯人探しではなく、どれだけ自分の罪として置き換える事が出来るか、にある。
2006/10/19(木) 11:53:42 | URL | 24310130 #-[ 編集]
色付きの文字
先生がわるぃんぢゃなぃですよ。
マスコミが先生が悪いって言ってるだけです。。
本当のことぁなたたちがしってるんですか?
ぁの先生のぃぃところしってるんですか?
ぁたしゎかわぃそぅで仕方ぁりませんよ。。
先生が悪いんじゃない。気がつかなかった親なのに
担任がきずけるわけなぃでしょ。
周りのいじめた子供がわるいんだ!
先生ぢゃなぃ!学校ぢゃなぃんだ!!!
2006/10/19(木) 20:55:34 | URL | 先生や学校のせいぢゃなぃ! #-[ 編集]
上の人がなぜ先生は悪くないと言っているのか?子供をからかって殺したのは元担任じゃないですか?こんな先生即辞めてもらうべき。それが正論。
2006/10/20(金) 00:13:03 | URL | #-[ 編集]
 学校全体で中2の生徒を苛めていたって事実があるのに、教育委員も学校の教師もそれを隠していたのが許せない!!
 第一今朝のニュースで校長が文部科学省の提出した報告書を被害者の両親に唯渡しただけで、逃げるように去っていたのに怒りを覚えた!!
 それならテレビで自殺した少年を苛めた生徒全員、公にしたほうが良いと思う・・ヤッた奴等にのうのうと生きる権利なんて一つもない!!!!
2006/10/20(金) 08:34:27 | URL | 灯 #-[ 編集]
色つきの文字さんへ。先生を良く知っている先生から聞きました。
ここで提案したいのは「生徒会」が動いて欲しい。

もう一度「三輪中」が「友の痛みを知り友と生きる」というスローガンを立ち上げてほしい。

大人なんて「サイテー」です。

2006/10/20(金) 18:28:44 | URL | 良き日のために #-[ 編集]
大人たちへ。
先人の教訓に学べ。
子供は「大人の後ろ姿で育つ」ことを常に肝にめいじよ。
子供の眼は大人の何倍も「スルドイ」のです。
大人の言動や行動の矛盾を的確に「指摘」します。
2006/10/20(金) 18:45:53 | URL | 良き日のために #-[ 編集]
なめ猫さんへ
なめ猫という名称を着けた事から察しますと「荒れの世代」と解釈します。いわゆる「ツッパリ世代」と勝手に想像します。
さて「なめ猫さん」が「教育の正常化」という命題」を持ち奔走されていることに「お疲れ様」と申し上げたい。そこで質問ですが、「教育の正常化」についての「定義」を教えてください。ちなみに、辞書では「正常化」は「普通の状態に戻すこと」となっていますが。
2006/10/20(金) 19:54:36 | URL | 良き日のために #-[ 編集]
 先ほど、不穏当な発言がコメントされていたので管理人権限で削除しました。このブログは犯人探しを目指すものではありません。

良き日のためにさま

 まず教育の正常化は単に日教組を潰すとか先生が真面目に働くとかそういうものではありません。これまで県教委は正常化・活性化と掲げてきましたが、都合の悪いことは隠蔽したり、地教委・現場任せでした。

 まずは落ち着いた教育環境を作ることですが、身内の感覚だけで終わらせようと早くもしているようで、情報開示が必要だし、校長先生の管理能力も問われているように思います。

管理というとすぐアレルギー反応が起こるようですが、経営と言い換えてもいいかもしれません。

 田舎にありがちななあなあの構造は、変えていかなければまた同じような問題が起こります。
2006/10/22(日) 17:39:05 | URL | なめ猫♪ #TAZSivxg[ 編集]
「田舎にありがちななあなあの構造は、変えていかなければまた同じような問題が起こります。」について「同感」です。

イジメは田舎に多く、その起因の一つには「村意識」の因習が根強く残っていると思います。例えば、過去の事件として、佐賀県「バスジャック」とか「長崎のカキコ殺人事件」はとか。昔から「猟奇事件」は田舎に多い。では、現在大都会の危機は何かといえば「麻薬・ドラック」です。義務教育の子供が「売人」です。少し世間が冷静になりつつある。テレビの報道番組がこの問題は「日本社会を反映している」というコメントを出している。
 さて次に、行政と管理職の問題。
 昔の教育行政と校長は十分に管理能力がありました。しかし現在はつながりより「マネージメント能力」を要求されています。そのマネージメント能力から「企業出身者」を校長に採用して生産性の向上を図ったが、その多くは「挫折」して辞めている。その理由は「教育は難しい」と言う事である。

2006/10/22(日) 19:33:56 | URL | 良き日のために #-[ 編集]
補足として、現在の中学校の道徳のテキストは人権です。ましてや「心のノート」は至極一般的内容です。例えば「異性の悩み」とか「進路の悩み」とか「ボランティア」とか「学校生活」とかです。それこそ「偉人伝」とかの内容は全くありません。私の世代は「偉人伝」はありましたが。それより、高校生の時「倫理」がありました。内容はご存じの通り「世界の思想・哲学の基礎学」でしたね。むしろ中学校でこの「倫理」を教える方がいいと思います。その根拠ですが、つい最近、私の授業で「デカルトの省察の懐疑」に関わる発問を生徒に投げかけました。それは「椅子はなぜ椅子なのか」という問いです。子供たちは「唖然としました」と同時に「それもそうだな」という反応でした。では「椅子を椅子と呼ばないで椅子を説明しよう」という難問をぶっけました。子供たちは嬉々として「めぐらし」始めた。木と木が何とか。そこで「木」という名前もおかしいね。意地悪く問いを発した。さて、私がこんなことをいうのは「教育の発祥地」の哲学・思想として「真・善・美」に対して明治以来のわが国の教育思想と哲学は「知・徳・体」であります。簡単に言えば「富国強兵」です。現代に言い直せば「知・金・体」です。「富国」です。
2006/10/22(日) 20:25:15 | URL | 良き日のために #-[ 編集]
私の子供も小学1年の頃、いじめをうけていました。それを担任に知らせると「気付きませんでした」「これからは、注意してみています」との返事・・・その間も、いじめは続いていたけど担任にどうなっているのか?と、聞いても「私が見ているところでは、そのような事は無いです!」と・・・私は、失望しました!
いじめている子は、人が見ているところで「いじめ」をしないのです!!そんな事すら分からないなんて・・・挙句の果て、こちらから、再三「どうなってるのか?」と聞くと、教頭が家にやってきて、「私は、うちの子供がそんなことをされた事が無いのでお母さんの気持ちはわかりません!!」と・・・・・私は、自分の耳を疑いましたが・・・これが、今の小学校・中学校などの教師の現実だと思います!!
子供に教育する立場の人間として、こんな人たちに任せていいんでしょうか??子供のいじめも・・・相手の親に知らせもせず、あたかも、いじめられる方に問題があるとか、内々に処理しようという校長・教頭・担任に、本当に腹立たしくおもいました、担任は、それから半年後に「勉強がたらないので、勉強しなおしてきます」と、辞めたと聞いていたのですが、本当は、隣町の小学校に赴任していたようです!
問題解決も、連絡も無いままに・・・・私は、決してこいつらを許しません!!
筑前町の、今回のこの悲しい事件・・・絶対にうやむやにさせては、いけません!!!
いじめた子供にも、元担任にも、罪の意識なんて本当は無いんです。ただ、こんなに大事になって、どうやって逃げようかと考えているだけなんです。入院したらそれですまされると思うな!亡くなった子は、どれだけ苦しんでいたのか・・・遺書に「うざい奴等はとりつきます」と言うような事が、書かれていたようですが、できる事なら、本当に取り憑いてやりなさい!!と、言いたい!!
あなたが苦しんだ分、あいつらが裏で笑っていた事実、絶対に許してはいけない!!
「いじめ」られる側の本当に苦しい気持ちを、絶対に忘れさせるな!!
2006/10/23(月) 12:05:18 | URL | 子を持つ親 #-[ 編集]
見出しだと
関連の無いようなTBに思われるかも知れませんが、この事件に関連した設問があり、その回答にこちらの記事の参照のリンクを掲載しましたのでTBさせていただきました。m(_ _)m

 "なめ猫♪"さんは特に今回の件、色々とお詳しいと思うので、より勉強させていただきます。

 うちの地元、近畿一円も、組織と行政の馴れ合い体質が悪弊を及ぼしているので、教育の是正に向け、なんとか善き手法を探り、打開していきたいと思います。
 もちろん地道に地元の私塾で、古典を基に原点に帰った寺子屋教育をやり続けながら。f"(^_^;)

P.S.
 先日、伊藤玲子先生をお招きして勉強会を開きました。
2006/10/23(月) 14:08:57 | URL | トーイ #pbncz5zA[ 編集]
先生だけがわるいの?
今回の事件も本当に腹が立つ。何でしんじゃったんだよ~、どこかほかの場所に逃げればよかったのにと。逃げるという言葉がマイナスイメージだけどこの場合仕方がないよね。先生が力になってくれないし、親も分かっていながら何もできなかったんだから。いまさら先生と学校の責任ばかりにするのはおかしいんじゃん。いじめた子達はどうなるの?この先このことを忘れていきてゆくんだよ、きっと。平気な顔して。誤ったらなんでもゆるしてくれるなんておもちゃいけないよ!この悪がき君たちの親こそ教育はどうなってるの?先生攻める前に自分たちのことを反省しろよ。一生親が(被害者)許してはいけないと思う。民事裁判でもして一生かかっても償ってもらうべきだ。
2006/10/23(月) 16:00:36 | URL | ペンタ #WgOu0GUw[ 編集]
子を持つ親様へ
今「お母さん」が一番の被害者です。子育てを誰も教えてくれない。どうしたらいいのと一人で悩む。特に「中学生になったらこどもが私から離れていく夫に相談しても曖昧な返事」です。そこでやっぱり、同じ悩みを持つお母さん同士が集まる事です。学級懇親会などありますが、個別的にお母さんたちが集まって「飲み会」をして、うさを晴らし、うちの子の悩みや夫の不満を話す事です。当方も1学期、学年の役員さんたちと教師との親睦会(飲み会)をしました。最後に私から「やっぱり、親御さんがつながってください」と言いました。学校は保護者の支えが必要です。実例として昨今、過疎化で廃校になる学校が多いです。その地域では、保護者がまず廃校の反対運動を起こします。なぜかって「自分の学校」だからです。自分の学びの場だからです。
2006/10/23(月) 19:49:21 | URL | 良き日のために #-[ 編集]
ペンタ様へ
教師は馬鹿正直です。保護者の追求に対して「からかいやすかった」という発言をしました。現場でも「からかいやすい」の表現は、それ相当の信頼関係が成り立っていないと言えない言葉です。当事者を非難するつもりはもうとうありませんが、彼は「いろんな子」がいることを忘れている。先生を嫌っている子供もいることを。教師の病気は「好かれる先生」になろうとしている事です。その理想像に翻弄されているのが病(これが先生は世間知らずという事の所以)です。現実、担任と共鳴してくれる生徒は一人か二人いれば十分です。そこから「全体に感化」していくのが「教師の仕事」です。
2006/10/23(月) 20:09:44 | URL | 良き日のために #-[ 編集]
ここに投稿されている皆様へ
この度「地方選挙」で自民党が優位になりました。行政批判も結構ですが行政は行政しかありません。総理と私「戦争を知らない世代」です。小学校の給食のミルクは、脱脂粉乳・コッペパン・カンユウドロップ(くじらの脂肪)の世代です。来年の選挙を「戦争しらないこどもたち」に任せていいのですか。
2006/10/23(月) 20:25:29 | URL | 良き日のために #-[ 編集]
 つぶやき
いじめの先生指導力不足を免れようとする駄目教諭の組織団体日教組また校長ヨ、社会・政治の責任にする前に反省し、また当事者の先生は辞職すべしと思うが反省は猿でもする。教育委員会指導目標の指針は立派な論文ですが何か欠けて教育に人間の心がないとおもうね。あの頭を下げる校長たちの醜態を家族や近所の人が見たらどんな気持ちね??
 人が一人死んでいるのお天道様の下大道をしゃしゃと歩けないと思うがね~ 
2006/10/23(月) 22:50:31 | URL | ミト肛門 #-[ 編集]
人の責任ばかり
学校,教育委員会,教員,政治,とにかく組織の責任に
すればいいのかな。
親は,何をしていたの。
親がテレビに出て,しゃべる前に,ここまで家族で
何をしていたのか。
いじめていたのが,一番いけないのであれば,
名前でも公表すればいいじゃないか。
2006/11/03(金) 10:14:05 | URL | ザンジバル #-[ 編集]
教育組織の再構成が必要です。
子供は親に相談はしない。本当に最後までしない。よく自分のことを思い出せばいい。どんなことでもほとんど親に相談したことはない。特にいじめについては最後の最後まで我慢する。自分で克服しないといけないと必ず思う。
 親の責任は、親が一番良く感じている。それをせめても何にもならない。でも、学校はいじめを見つけてそれなりの対処をしないといけない立場だ。それを放棄し、実際にいじめがあったことを保身のために隠蔽するのであればそれは許されない。いじめそのものは無くならないと思う。これはもう社会的動物の宿命だからしようがないが、人間は、それに対してどうしようかと考える力がある。だから、いじめがあれば、原因を考え、苛める側、苛められる側の立場にたって問題をよく観察し、適切な指導をすることが出来るはずだ。そして、その役割を担うのが学校なのだから、その責任をまっとうするべきである。そうでしないのであれば、もはやその存在意義を失う。学校ではなくて、ただの先生の職場である。もうこんな茶番はやめてもらいたい。教育基本法の改正に伴って是非、組織の改正もしてもらいたい。
2006/11/03(金) 18:22:10 | URL | スカリー #GCA3nAmE[ 編集]
私が通っていた私立も日教組が強く、荒れていました。伝統的な道徳意識を否定する左翼団体が支配している学校なんてろくなものではありません。

教育の中央集権化を進め、左翼団体による不当な支配を排除すべきです。
2006/11/21(火) 02:01:52 | URL | 疾風 #JalddpaA[ 編集]
広く考えていきます????
この方の意見は、読んでいて、「広くなくて、狭い感じ」ですが、、、、。というか、暖かみを感じないで、人を批判ばかりしている怒りん坊さんのようですね。
2006/12/05(火) 01:40:58 | URL | アンクルスイカ #-[ 編集]
私は朝倉を故郷にもつものです。
とても悲しくショックな出来事です。
このような事件が起きたとき一番に自分の胸に手を当てない人こそ
罪深いと思います。
責任がどこにあるか、自分にとってそれが本当に一番の問題なのか。
学校という所は自分の中学校時代を振り返ってもとても複雑な所です。
親の怒りや悲しみは当たり前です。
でもマスコミが演出している部分に乗っかり、自分の怒りを助長するのは、意味があるのか、と思います。
それに田舎のいじめが都会に比べて 多い のでは決してありませんよ。
マスコミに取り上げられやすいのです。
私が通っていた中学校も田舎だから、なのかある事件によってかなりの集中攻撃をうけました。
ニュースと現場で起きた本当のことというのは別世界なんです。
色付きの文字さんが言っていること、当時の私も感じていました。
何かが違う!そうじゃない!と。
本当に学校再建=子どもが安心して勉強できる環境を作ることを思っているのなら、違う報道の仕方があるはずです。誰かに責任を押し付けたり、非難したりでは いじめの問題は解決できないんです。
だって大なり小なりいじめをしたことない人なんていないでしょう?
見過ごす人、何も感じない人も同罪です。
いじめなんか見たことない、したことない、それは嘘です。感じる力がないだけです。
人間は何人かがあつまれば力関係をつくっていくものです。
幼稚園の子どもだっていじめをします。
それが過激になって来た時誰かがどこかでストップと言わなければならないんです。ここから先はやめよう、やってはいけないことだ、と。
必至でおしえなくちゃいけないんです。
で、そのやってはいけないとどうやって感じるか、それは幼いころから親や幼稚園や近所の人や自分が教えるのです。

福岡県同和教育のことですが私はあの朝倉で
中学時代、同和教育を学んだことは一生誇りに思っています。
一人の教師と全体の問題をひとまとめにして、人権尊重重視という名の“無責任体制”というのはあまりにも現場を知らない無知な発言だと感じます。大きな思想の中には表の面と裏の面が必ずあります。
裏の面しか見ようとしていませんか?
学校は社会です。だからいろんな先生方がいると思います。
どうか、朝倉のよいところにも目をむけて一緒に何ができるか考えてみてください。
あなたも教育に関わっている方ならば批判や怒りで盲目的にならず、もっと視野を広げてみてください。
自分の批判しているものの中にこそ本当の光や道筋が隠れているものですよ。


2007/09/13(木) 20:59:21 | URL | ニン人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
さんざんテレビ等で取上げられていますが「担任の言動がいじめに」・福岡中2自殺、学校側が謝罪 の事件で福岡の教育関係者に猛省を期待したいのですが・・・・・ 詳しくはまぁ教育正常化への意欲はあるの?--福岡県議会文教委員会を傍聴しての件もありますし う~ん....
2006/10/16(月) 19:38:24 | 人権擁護法案ポータルBlog
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-152.html教師による体罰と言葉によりいじめは別次元の問題だ、と思う。福岡県筑前町の中学2年生がいじめによって自殺した問題で、いじめの発端となったのが担任の教師による言葉によるいじめがあったことを教師本人が認め謝罪し
2006/10/16(月) 21:41:30 | かきなぐりプレス
他生徒にも「豚」「偽善者」=不適切発言の元担任-中2男子自殺問題・福岡 福岡県
2006/10/16(月) 22:51:51 | にゃんこの独り言
形を変えた「学級・学校崩壊」が、ジワジワと広がっているそうな。教師が児童・生徒との微妙な距離感やら緊張感を、教師側が、強いて取り払った為に起きているのだろうか。教師・親・保護者は、子供と友達である・・・と言うのは、幻想ではないのでしょうか?人....
2006/10/17(火) 01:43:53 | 【音静庵】 扉の間
 この教師だけを馬鹿教師といえるほどに他の教師がマトモだとは思わないし、こんな事例が筑前町に限ったことでも今に始まったことでもないと僕は思っています。
2006/10/17(火) 08:37:58 | 佐藤 健の溶解する日本
いじめで自殺、などというニュースがよく流れます。酷いときは教師までもがいじめに加
2006/10/17(火) 19:17:09 | 家族がいちばん
久々に腹立たしいことがあったので、社会問題について真剣に考えてみたい。 いじめ、許さない。 かつて、辰吉丈一郎や前園真聖がこのタイトルでCMに出演していた。 たしか、公共広告機構のCMだったか、辰吉も
2006/10/17(火) 23:28:27 | mogura的「HUMAN ALIVE」。
 福岡県筑前町の町立三輪中2年の男子生徒(13)がいじめを苦に自殺した事件で、1年生の時の担任だった男性教諭(47)の言動と生徒の自殺との因果関係を16日の記者会見で否定した合谷(ごうや)智校長は、16日午前2時前、生徒の両親宅を訪ね、「時間が経過してお
2006/10/20(金) 12:08:49 | 税務の片隅で。
壱.「『核保有、議論していい』との政治家発言どう思う」○特に問題ない とんでもない 世界的に核の削減を目指すところはもちろん大切な事。しかし、現実において抑止論としての議論すらならぬというのでは思考停止もいいところ。某半島国の”親日法”じゃ...
2006/10/23(月) 13:45:44 | 退屈をブッつぶせ!
なめ猫