<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 共産党は「民主連合政府」の展望開けると統一戦線運動を推進 
2009年11月30日 (月) | 編集 |
日本共産党は従来からの独自の運動方針を貫いていくようです。コミンテルン(国際共産主義運動)指令をいまなお忠実に実行するのが日本共産党です。

共産党が採択した決議案は、その内容を3点にわたって提起しています。

第25回大会決議案はこちらから

http://www.jcp.or.jp/jcp/24th_10chuso/

反動的逆行というのがアメリカや財界、保守勢力による動き、とくに憲法改正などを指すのでしょう。

なぜかアメリカ占領軍が押しつけた憲法を改正するのがなぜ反動か、説明を彼らはしません。共産党に近い9条の会も同様です。

その一方で、保守層に食い込むという方針を一貫して共産党は持っています。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

 第一は、国民要求にこたえて現実政治を前に動かす任務であります。

 第二は、旧来の政治の「二つの異常」をただし、「国民が主人公」の新しい日本への国民的合意をつくる、という任務であります。

 第三は、日本の政治の反動的逆行を許さない、という任務であります。

 そのうえで決議案は、「過渡的な情勢」がはらむ新しい条件をくみつくして、新しい日本をめざす国民的共同、統一戦線を大いに広げようということをよびかけています。

(2009年11月29日(日)「しんぶん赤旗」志位委員長の提起より)


この統一戦線というのが重要で、民主党の躍進には共産党の動きがありましたが、地方議会における共産党議員の動向なども今後注目していく必要はありそうです。

なお、共産党機関紙「しんぶん赤旗」は先日の韓国での射撃場火災で被害者は統一協会系のツアー客であったことを暴露していましたが、カルト・部落解放同盟批判では評価されるところがあります。


http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091126/stt0911261908009-n1.htm

共産・志位氏「民主連合政府の条件開けてくる」統一戦線運動を推進

 共産党の志位和夫委員長は26日、都内の党本部で開いた第10回中央委員会総会(10中総)で、来年1月の第25回党大会で討議する決議案を報告した。

 決議案は、衆院選による自公政権退場を歓迎したうえで、民主党の鳩山政権は「異常な対米従属」と「大企業・財界の横暴な支配」から抜け出していないと指摘。共産党の役割を「国民の不安や批判を代弁する『建設的野党』」と位置づけ、雇用対策推進や普天間飛行場の無条件撤去などを求めていくとした。

 これらを通じ、「(共産党が加わる)民主連合政府を樹立する条件が開けてくるだろう」との展望を示した上で、保守層を含む国民と各層との連携による「統一戦線運動」の前進を目指すとした。

 また、民主党が進める内閣法制局長官を含む国会での官僚答弁禁止について、「真の狙いは、憲法解釈を『政治主導』の名で自由勝手に変え、自衛隊の海外での武力行使を『合憲化』するきわめて危険なものだ」と批判した。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
公明党・社民党・民主党よりも共産党のがマシという真実。
2009/11/30(月) 21:55:11 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫