<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 明日、福岡市で「南京大虐殺」被害者やらの証言を聞く会があります
2009年12月05日 (土) | 編集 |
日曜に福岡市で支那中共のでっちあげ事件をあったという会があるようです。

南京の人口が虐殺後に増えるんですか?
虐殺の写真とやらみんなつくられたプロパガンダばかりだし。

それだけでもありえない。

東中野教授の本とか読むべきです。

主催は極左団体。

ちなみにこの会場は以前、ヘタリアオンリーがあったところです。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


http://mainichi.jp/area/fukuoka/archive/news/2009/12/03/20091203ddlk40040339000c.html


南京大虐殺:事件に遭遇「被害者の証言」聞く会--6日 /福岡
 
 1937年12月の南京大虐殺事件に遭遇した被害者の証言を聞く集会が6日午後1時半から、中央区舞鶴1の全労済モルティ天神ビル9階で開かれる。

 証言するのは、中国・南京市に住む楊翠英さん(84)。事件当時は外国人たちが設けた安全区に避難していたが、やってきた2人の日本兵に父親と1歳の弟、父方の祖父と母方のおじを殺されたという。1週間後、妊娠中だった母親は男児を出産したが、その弟も間もなく餓死している。

 集会では「ザ・レイプ・オブ南京」を書いた中国系アメリカ人女性の生涯を描いた映画「アイリス・チャン」の上映後、楊さんが72年前の忌まわしい記憶と、それに続く苦難の日々を語る。参加自由で資料代1000円が必要。

 主催は九州・沖縄平和教育研究所と南京大虐殺60カ年全国連絡会。

<筑紫野市子ども条例について陳情しました>

各地で12月議会が始まっておりますが、子ども条例の提案を3月議会に行うという筑紫野市の市議会に対して陳情書を提出しました。

筑紫野市ではこの12月議会に永住外国人に地方参政権を付与することに反対する陳情なども提出されており、保守系議員の(当然のごとく左派も)関心も高いようです。

筑紫野市は陳情書でも触れていますが、部落解放同盟が非常に大きな影響力をもっているところです。北朝鮮シンパの市議もおり、市長自体が社民党系という地域です。

保守系議員の中には子ども条例に反対している議員もおり、なんとか制定を阻止しなければなりません。


筑紫野市の子ども条例制定に関する陳情

1、要旨

① 子ども条例は家庭や学校現場に権利の乱用を招き混乱を生みだしかねない。権利条例、人権教育よりも道徳教育の充実を推進していただきたい

② 子ども条例は筑前町や志免町の子どもの権利条例と同一軸にあるが、行政機関が特定のイデオロギーを掲げる団体の影響力拡大に手を貸している疑いが生じる。とくに第3者委員会の設置や苦情処理機関は、「調査」や「勧告」を行う権限を有し、学校教育への介入、家庭でのしつけへの公権力による押しつけを行う危険性が高い。このような付属機関は設置しないでいただきたい

③ 審議会の議事録を見ても批判的な学者・文化人の見解は一切出されていない。これは行政機関による一方的な誘導であり、公平・中立でない審議会の議論を=市民の総意とすることは許されない。条例制定は行わないでいただきたい

2、 理由

私たちはこの条例は、児童の権利に関する条約の曲解・恣意的解釈と考えております。

外務省のホームページに内容が報告されていますが、平成18年5月12日、7月13日に外務省主催で、児童の権利条約第3回政府報告に関する市民と関係省庁との意見交換会でも要旨で挙げた点をはじめ様々な問題点が指摘されています。

先行的に子どもの権利条例が制定された神奈川県川崎市では、条例が足かせとなり、児童生徒への指導ができない中で教育現場が混乱しており、札幌市、広島市などで条例の賛否が議論されています。

筑紫野市はかつて部落解放同盟や福教組筑紫支部、筑紫野市職労などが主任制の撤回をさせた(部落解放同盟福岡県連合会編『狭山同盟休校の闘い』より)ほど、外部団体の影響力が強く、国庫補助を受ける児童生徒支援加配の目的外使用も常態化していました。

平原市長は今年2月の教育長人事について教育の中立性確保は当然だと答弁されておりますが、子ども条例はこうした状況の改善どころかより深刻にさせるものであり、議会答弁と矛盾がないようこのような条例制定は行わないでいただきたいと思います。

平成21年11月19日
筑紫野市議会 議長            松 原 静 雄    様
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんにちわ。
沖縄でも日本軍将兵に殺されたとか、軍命令で自殺させられたとかいう、「当時の証言」をする生き証人が講演会をします。
しかし生き証人様もその当時は10歳前後の幼さであり、事件の全貌より、直面した印象的現象しか覚えていないのではないでしょうか。それを持って短絡的に○○事件があった、と決め付けるのも非論理的ではないでしょうか。この南京「大虐殺」なるものも、いまだに決定的証拠は出ていません。すべて伝聞情報か、裏づけのない証言ばかりです。例の「従軍」慰安婦とまったく同じ実態存在が不明なものです。
こういう証人の背景を見ただけでも、その証言の信憑性は疑われてしかるべきだと思います。
2009/12/06(日) 00:10:11 | URL | トラネコ #gkHLaJRw[ 編集]
こんにちわ。
沖縄でも日本軍将兵に殺されたとか、軍命令で自殺させられたとかいう、「当時の証言」をする生き証人が講演会をします。
しかし生き証人様もその当時は10歳前後の幼さであり、事件の全貌より、直面した印象的現象しか覚えていないのではないでしょうか。それを持って短絡的に○○事件があった、と決め付けるのも非論理的ではないでしょうか。この南京「大虐殺」なるものも、いまだに決定的証拠は出ていません。すべて伝聞情報か、裏づけのない証言ばかりです。例の「従軍」慰安婦とまったく同じ実態存在が不明なものです。
こういう背景をみただけでも「生き証人」様の証言の信憑性そのものは疑問符が大いに着くとおもいます。
2009/12/06(日) 00:14:32 | URL | トラネコ #-[ 編集]
わかりやすい。
2009/12/19(土) 01:15:57 | URL | 勇内山 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫