FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 主任制粉砕闘争に屈した三輪町教委--福岡でもあった部落解放同盟の教育介入
2006年10月28日 (土) | 編集 |
 大阪・京都など各地で同和対策事業において一部幹部の不正行為が明らかとなる中、今度は奈良で奈良市環境清美部収集課の男性職員が病気を理由に5年間で8日しか出勤しなかったという事件が明らかとなりました。

 この職員は、市の現業職員として務める傍ら、部落解放同盟奈良県連・市協議会などの役職を務めていました。

 病気休暇や休職を繰り返しながら、幹部として奈良市との交渉に参加し、この間に支払われた給与はなんと2700万円という驚くべき事実に改めて衝撃を受けました。

 この職員が支部長・統制委員を務めていた部落解放同盟奈良県連合会は「全く知らなかった」といい、「問題の背景に部落解放同盟の圧力があるかのような報道は事実誤認」としていますが、あまりに無責任なのではないでしょうか。

 政府批判や保守派批判ではよくここまで書けるものだと思うくらい罵倒し、拉致問題に関する総務大臣の放送命令をファッショと批判しながら、自分たちの問題になると、知らないと責任回避をするのなら、組織の信用は低下していくだけです。

 今のところ同和行政の不正・乱脈ぶりが明らかになっているのは、関西圏が中心ですが、福岡県の同和行政も極めて特異な状態が続いています。

 福岡市の同和対策事業に関する公文書が続々公開されてきましたので、それについては改めて整理して御紹介したいと思います。

 いろいろ調べていたら、ある一冊の本が目に留まりました。

 昭和51年に部落解放同盟福岡県連が出した『狭山同盟休校の闘い』(解放教育新書20)に三輪町を管轄する甘木・朝倉地区協議会が報告した「主任制粉砕の闘いと結合させて」という一文に、当時、日教組の闘争に部落解放同盟が連帯し、教育介入を行っていた事実が掲載されていたのです。

 先日も主任制の問題を取り上げたばかりで、どういう経緯で主任制が形骸化していったか知るうえでも非常に参考になると思います。

 以下、その一部を御紹介します。

***************************************************************

十時間に及ぶ糾弾、ついに制度化阻止

4月28日、朝倉郡6地教委が“5月1日から主任制を施行する”ためにA旅館で秘密会議をしているところを発見。福教組支部とともに秘密会議阻止の行動を起こした。29日、福教組とわれわれは、教育出張所および6地教委に対して主任制と部落問題についての学習会を開いた。

 われわれはM小学校における部落生徒の学力格差の実態を突きつけ、①どう保障するか②部落の子どもをとりまく差別の実態をどう把握しているか③通学区拡大、指導要領、高校入試5教科の攻勢が、部落の子どもにどんな影響を与えているか④解放の学力とは何か⑤教育行政の責務をどう果たすのか、などを質問した。

 地教委らでは何一つ具体的な回答が出せなかった。

そして(1)主任制度は差別である(2)差別除去は行政の責務である(3)主任制が部落解放につながらない限り、主任制は制度化しないということを確認事項としてとりかわしたのである。

4月30日、郡に続いて市教委に対する福教組の闘いにわれわれも加わり、同様の確認書をとりかわした。この闘いを通して、教育労働者との連帯共闘体制がつくられ、盟休を闘う大きな原動力となった。同時に日共差別者集団の分裂策動に大きな打撃を与えた。

 しかし、日共は「解同朝田派が教育に不当介入し、主任制を暴力的に阻止した」など、盟休をぶっつぶさんと5・22の前日まで破壊策動を行ったのである。

 県教委圧力!!

 6月16日深夜から翌早朝にかけて、一市六町村教委は県教委に圧力に屈して4月の確認事項を一方的に破り、学校管理規則を改悪、主任制度化を公布した。そして、教育長、教育委員長は雲隠れした。

 われわれはこの暴挙に対する闘争戦術を次のように決定した。

①福教組と連帯共闘して各市町村別に撤回闘争を組む②地教委糾弾闘争を組む③応じない場合は業務マヒの実力行使に突入する。

 6月19日、夜須町教委公布撤回。22日杷木町教委撤回(福教組の交渉に連帯)。23日小石原村教委撤回。24日朝倉町教委撤回(福教組とわれわれの連帯を恐れて福教組交渉のなかで撤回)。25日宝珠山村教委撤回。甘木市教委撤回。26日三輪町教委撤回(教育長、教育委員長は雲がくれ中)。

 とりわけ三輪町教委に対しては、24日から業務マヒのすわりこみ闘争を続け、体を張った部落大衆の闘いが勝利に導いた。

 部落大衆は、寝食を忘れて、わが子のために肉体をすりへらし闘い抜いた。教育行政は、子どもの将来などこれぽっちも考えない差別者である。

 今後なおいっそう教育労働者との共闘体制を酌まねばならない。

 反差別共同闘争の意義

 教育労働者との連帯共闘は、狭山差別裁判糾弾闘争の中から必然的に発展したものである。主任制攻撃の本質は、差別排外主義強化を狙ったものであり、狭山にかけられた攻撃と同質であることを見抜かねばならない。

 狭山=主任制粉砕の闘いは、国家権力にむけた差別糾弾闘争であることを再度確認し、差別の根源が日帝とその存在にあるという基本認識にたって差別を強いる者への怒りと同時に、日帝の存在を許している帝国主義国人民としての自己を見つめる作業をしてこそ連帯共闘が行えるのである。

***************************************************************

 今では考えようもない過激な文言が並んでいますが、当時福岡県は社会党王国で、日教組組織率9割の時代でした。部落解放同盟の糾弾闘争が激化した時期でもあり、各地の行政は屈服してきました。

 平成9年に福岡で主任制の確認書などが結ばれているのは、それまでの経緯があったからで、学校経営の鍵である主任制度を骨抜きにしたきっかけは管理を「差別」と否定したこうした圧力であったわけです。

●主任制反対
 社会主義を理想と階級闘争イデオロギーを理想とすれば、教員は皆対等でなければならず、教員間に上下関係があり、指示・服従という関係があるのは許されないことになる。そこで、組合は「主任制」を徹底的に攻撃し、その形骸化に努めてきた。現在でも「主任」という名称は使われず「連絡係」と呼び、事務連絡のみを行っている。
 しかし、学年、分掌、教科に責任者がいないという状態では、組織的かつ計画的な指導は行われず、各教員がばらばらな指導を行うだけでは、学校全体の教育力を高めることはできない。

●職員会議の最高議決機関化
 階級闘争理念に従えば、「上意下達」は徹底的に忌避され、「民主主義」という美名のもとに教員の決定こそが最も大切だということになる。
 したがって、職員会議は最高議決機関となるが、そこで決められるのは「教員にとって都合がいいが、生徒や学校のためにならないこと」が多く「生徒や学校のためになるが教員の負担になること」は否決される傾向となる。

今回のいじめ事件を受けて県教委は各市町村教委に対して「校長を中心とした指導体制の確立」を通知していますが、いまでも学校は「人権」の建前に縛られて毅然とした指導がとりにくい状態にあります。

 何か問題が生じると職員会議で管理職の意見に一部の教員が反対したり、校長の職務権限の足を引っ張る教師たちがいます。

 学校が校長先生を中心に一致協力して対応できる雰囲気をつくっていかなければ、混乱するばかりです。

↓この記事に賛同される方はクリックを
blog

↓にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログへ

↓国民主権を守り、憲法違反の外国人参政権に反対しよう
参政権反対
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
人権と言う名の利権
長年の人権利権(同和や在日利権など)で美味しい時代があったのだろう・・。
法律もなくなった事だし、人権などという利権もなくせ・。
2006/10/30(月) 13:08:34 | URL | kane55 #-[ 編集]
解同による教育介入事件で有名なのは大阪の矢田事件と兵庫県の八鹿事件ですがこのような事件が福岡であったとは初めて知りました。
一団体が差別を理由に教育現場に介入し、教育現場をめちゃくちゃにするなんて恐ろしいことです。
イジメも凶悪少年犯罪、学力低下家庭崩壊も日教組と解同の存在が原因だと思います。
2006/10/30(月) 20:28:16 | URL | レツテンリッター #-[ 編集]
人権と言う名の利権様へ
投稿を止めたのですが「かなり次元の低い」ブログになっているので「指摘」させていただきます。
まずは「人権などという利権もなくせ・」には同感です。その根拠はグロバルスタンダードの「人権思想」は「アングロサクソンの思想」です。わが国は「八百万の神の教義」の元に「和をもって尊し」が「日ノ本の人権思想」です。つまり「一致」が原則です。なぜかって言えば「集団主義」が「日本宗教」だからです。ところが「アングロサクソンは多数を優先する思想」です。もっと身近なことを言えば「古民家」が消えていっています。「わらぶき屋根」を葺き替える「コミュニティー」が消滅し、まるで「博物館」のような信州の白山集落を「保存」。今や、自然災害の対応でハウスメーカーさんは「地震に強い家」を売り出す。しかも「学者の理論」で結論付ける。この発想は「完全とか完璧」という「理想主義者の偏執狂」があるからです。ましてや、ただっ広い実験室を作り、わざわざ「家が壊れる」まで強震テストをして「やっぱり壊れる」というという至極当たり前の結果を出す学者。小学生程度。これじゃこの国の大学生は絶対に「ノーベル賞」はもらえないでしよう。しかし、この島の民は「現実」から教訓を学び「壊れていい家」を作ったのです。今住宅を作る上で「ベタ基礎」を行政が奨励していますが、これはやっぱり「土建屋さんに利益を」をスローガンにしているからです。さて「ベタ基礎」は自然災害が起きたら家もろとも壊れます。ところが「先人の知恵」は「布基礎」は、自然災害時には一部壊れるまたは「基礎石」から「ずれる」だけです。壊れない家なんてありません。むしろ「壊れることを前提で日ノ国の民家」は作られているのです。ではなぜ「ベタ基礎」なのかですが「壊れたら自分で治せ」の発想があるからです。しかし一昔前は「壊れたらみんなで直す」という「日ノ本文化」があったのです。今、この国はそれとは反対に「黄色いアングロサクソン」です。
ここで思い出すのは「南アフリカの人種隔離政策時代」です。当時のわが国の「企業戦略」はそれは「銭」でした。その「銭本位」を露骨に実行したために「黄色い白人」と世界から「ヒンシュク」を買いました。この発想のモデルは「アメリカ」です。
さて、私は、アメリカの思想は「大嫌い」ですが「個人の才能」を認めたらトコトン関るビジネス思想は大好きです。ここの思想が「日ノ本の国」が欠けているのです。
さて「合意制の日ノ本の国」に話しを戻します。私は「日教組」の組合員です。天皇は「農家のリーダー」であり、この国の「人権思想の源流」である「和をもって尊し」は「少数意見を尊重た近代的な思想」と考えています。
いわゆる、アングロサクソンの言う「ガット」の下での「多数」が優先という「契約」より、日ノ本の「合意」という「契約」の方が「近代的」と認識しています。

 さらに宗教に置いても神道も外来宗教としての仏教もキリスト教も包括する寛容性を持つ「日ノ本の文化」を誇りとしていいと考えています。
次に、この島の歴史をたどってみても、古代には「日ノ本の国の民間宗教」としてアイヌ文化と琉球国の文化「八百万の神を尊重する」のが「日ノ本の民」の「文化」です。

 そしてそれはそれに続く「日ノ本の民の歴史」に受け継がれているのです。そこでさて、わが国の「国家神道」ですが「靖国」に関係しますが、その類似としてキリスト教圏も「国家神道」です。ましてや「メッカ巡礼」があつたり「バチカン王国」の存在があったりと「非近代的な存在」が厳然としてあります。不可思議な事につい数年前、キリスト教会は「地動説」をやむなく「宗教上認める」などと平気で見解を出しました。これこそ「アングロサクソンの横暴」ではないですか。ましてや「法王」が君臨しているのです。さてもう一度、わが国の「国家神道の天皇」に話しを戻します。天皇の語源は「北極星」にあります。これは「不動」です。これは原始国家のエゴから発生しています。「まあー月食・日食」におののく狭義な世界観でしたのでカンベンしましよう。
次に、ヨーロッパ・中国など歴史上「ご近所さんのもめごと(戦争)」が物語っています。
つまり、かの国どもの戦争は「文化の優劣を競う」ために「命」をその代価としています。そして、その「シンボル」としての「石造の擬人像」を壊すことで、その国の「文化」を破壊しというたエゴが満たされます。
日ノ本の「靖国」は国家エゴのシンボルなのでしようか。
2006/10/31(火) 20:38:21 | URL | 良き日のために #-[ 編集]
追記

レツテンリッター様へ

解同による教育介入事件で有名なのは大阪の矢田事件と兵庫県の八鹿事件ですがこのような事件が福岡であったとは初めて知りました。
一団体が差別を理由に教育現場に介入し、教育現場をめちゃくちゃにするなんて恐ろしいことです。
イジメも凶悪少年犯罪、学力低下家庭崩壊も日教組と解同の存在が原因だと思います。

失礼ながら「かなり時代遅れの発想」です。あなたの理想が現実化しても、されど「地球は回っている」のです。誰かに「責任」を押し付けるような孤独な見解より「誰かと責任分かち合う」という「日ノ本の民の心」を目覚めさせてください。
2006/10/31(火) 21:30:07 | URL | 良き日のために #-[ 編集]
良き日のために さんへ。
コミニストまるだしでは、まずいのか婉曲に日本文化などとわけのわからん御託を並べなくとも・あなた画一な思想はよくわかる。欧米はキリスト教だけでもないやろし・日本も創価学会をはじめ、新興宗教や仏教もキリスト教なども多数いるのであるから・。コミニストのあなたの原理主義という宗教もあるのだろう・。ただ人権を飯の種にしているのは、あまり褒められたものではないな・。
2006/11/04(土) 22:02:32 | URL | kane55 #-[ 編集]
良き日のためにさん、
過去のエントリーで公務員批判されていた方に「あなたも公務員になって内部批判してください」と反論されていましたがその様子だと例え公務員になっても村八分にされるか精神的リンチにあうのが関の山でしょうね。公務員の世界は閉鎖的なとこですから。
2006/11/08(水) 07:00:07 | URL | レツテンリッター #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
みのさん、朝から吠えてます。
2006/10/28(土) 21:38:38 | フテキセツなブログ
呆れて、もうなにも言う事は、ございませんご覧ください1~8までありますVOICE闇の正体!特別編長期休職の公務員に謎の行動
2006/10/28(土) 22:39:29 | ドキドキしっぱなしだぞwww
06年10月21日に2ちゃんねるに部落地名総鑑に関するカキコミと一覧を入手できるリンクが貼られていたことを三重県内の公務員が発見、三重県人権センターに通報した。2ちゃんねるでは記載されたリンク先に飛んで、パスワード
2006/10/29(日) 00:24:50 | 楯追人.blog
朝日:奈良市の長期病欠の職員、市長が「早期に懲戒免職に」2006年10月23日 奈良市環境清美部収集課の男性職員(42)が病気を理由に休暇・休職を繰り返し、休み中に庁舎内で親族業者の工事受注の口利きをしていたと指摘されている問題で、藤原昭市長は23日、記者会見を
2006/10/29(日) 00:46:37 | Nanyasoreの日記
 行き過ぎた同和行政が今問題になっていて、解放同盟に対する特権的な優遇策にメスが入っています。解放同盟に対する批判がタブーではなくなってきました。 こういう逆差別や特権的な優遇を批判するようになったのは、いい傾向だと思うけど、それに便乗して、差別感をあら
2006/10/29(日) 02:52:42 | Dogma_and_prejudice
最近拙ブログで教育問題がメインになっていまして、「教育ブログ」に変身しつつありますが、この記事をアップしなければいけないほど教育問題は深刻です。私たちが義務教育を受けていた時代はまだ良かったと思いますが、
2006/10/29(日) 12:09:49 | 新・平成徒然草
寄り合い所帯「民主党」の国害  「自公連立」以来8年。この間、公明党との連立を危惧し、本来の「自民支持票」が「自民党」を離れた。その数は1000万票以上といわれ、一部には、1900万票との指摘もあった。  その連立嫌遠票
2006/10/31(火) 19:34:55 | 博士の独り言
新聞記者としての良識と資質が問われる朴鐘珠氏  毎日新聞(Web)は、過去のログを保存しないようだ。この傾向は朝日新聞にみられるが、そのカルトと特アに屈した報道記事の矛盾。その指摘を回避するためかもしれない。  
2006/11/01(水) 08:58:21 | 博士の独り言
「反日」の超克 中国、韓国、北朝鮮とどう対峙するか  西村幸祐 著     出版社名 PHP研究所 発行年月 2006年3月 価格(税込) 1,575円 ページ
2006/11/02(木) 14:18:40 | 博士の独り言
朴鐘珠氏宛に質問状を送付  短稿ながら、毎日新聞の当該記者に対し、下記の1便を送付させていただいたので報告する。----------毎日新聞佐賀支局 朴鐘珠 記者殿  謹啓 貴職と古川 康・佐賀県知事との質疑応答につき、佐賀県知事
2006/11/03(金) 12:32:00 | 博士の独り言
拉致被害者全員の早期無事帰国を  昭和53年(1978年)に発生した曽我ひとみさん(47)と母ミヨシさん(46 失踪当時)の致事件で、新潟県警が、この11月2日、拉致実行に関与したとして、国外移送目的略取と国外移送の容疑で北朝鮮の
2006/11/04(土) 10:08:38 | 博士の独り言
中共は世界第3位の援助国 「心の痛みを知らない」処刑国家でもある 「北京サミット」が今日(11月4日)開幕したそうだ。アフリカ48ヶ国(全53ヶ国)が参加し、中共との関係強化を話し合う「中国アフリカ協力フォーラム」と題され
2006/11/04(土) 12:50:33 | 博士の独り言
なめ猫