<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 生かされなかった平成7年の教訓--語られない教育界のタブー
2006年11月05日 (日) | 編集 |
 筑前町のいじめ自殺事件は、岐阜県の事件と比較してもほとんど情報が出てきません。

 しかも加害少年たちはこの事件後もいじめを続けていたということが明らかになりました。学校側は放置していたわけです。

 いつまで経っても真相が明らかにならないし、校長らの発言が二転三転したのか、疑問に感じた方は多いと思います。

 まず、この事件は学校という特殊な閉鎖空間で起きたということが問題の表面化を難しくしています。いまだに学校は人権イデオロギーに呪縛されて毅然とした生徒指導ができない状況にあります。

 いや、あの元担任はひどいじゃないかなどのご意見が出ると思いますが、あのような言動をする教師はハッキリいって論外で、問題は戦後民主主義のなかでつくられた学校に支配的なある種の空気の存在です。

 現在は随分確信犯は減りましたが、いまなおある特定の思想信条をもった教師が教育現場を闊歩しています。

 平成14年3月末まで、同和教育推進教諭という制度がありましたが、入手した福岡県同和教育研究協議会が出している文書で、民主団体や教職員組合と連帯しなどが謳われていたことに驚いたことがあります。
 指導要録の行動の記録欄の記入拒否など同和教育を名目に政治闘争が公然と行われてきました。

 日教組でなければ同和教育はできないと公然といわれ、のちにヤミ専従と暴露された県同教の専従職員は福教組・高教組出身者で占められていました。

 努力した者もそうでない者もおかしな平等意識や男女ごちゃまぜ教育は彼らが旗をふって進めたもので、男女混合名簿は自立した女子教育やらの推進と共に広がってきました。

レッツスタート男女混合名簿①


レッツスタート男女混合名簿②


子供達が日常生活でもっとも多くの時間を過ごす学校で、大人である教師の態度・あり方が与える影響は大きいのですが、子供達は教師の立ち居振る舞いや心のうちをしっかり見ています。

 一時期荒れる中学校が問題になったときも、無免許教師やくわえタバコで机に足を乗せて指導する教師やボンタンズボンをはいた徒党を組む腕力の強い者には甘く、大人しい子達に厳しい矛盾した指導を行う教師などが問題の背景にはあったのです。

 そういう教師に限って人権だの偏差値教育反対だのと叫んでいました。しかし、職員室を見てみると、組合に入らない同僚教師をいじめ抜き、仕事に協力しないとか、飲み会に誘わないとか、陰湿ないじめを自ら実践していました。

 こういう姿の一端を見てきた私は、人権とかを声高に叫ぶ人たちにある種のイデオロギー臭さ、偽善性を感じます。

 今回の筑前町の事件は平成に入ってから初めてのいじめによる自殺ではありませんでした。福岡では平成7年にも2件の事件が起きており、県教委はその対策をいろいろと行っています。

 その一つがいじめ早期発見チェックリストですが、見事に組合管理の強い学校で無視されて使用されなかったのが三輪中学校でした。

 なぜそういうことになるのか、平成8年12月に福岡の教育正常化団体である福岡県民教育協議会の「県民と教育」のコラム筆の目にある現職教師からの投書が紹介されていました。

 今回の事件にも通じる内容なので御紹介します。

***************************************************************

 N新聞が「いじめ問題」で特集を組んだとき、ある先生の投書が掲載された。しかし、その先生が本当に言いたかった部分が削除されていた。

 以下にその部分を掲載します。

 《しかるに、誌面を読む限りにおいては隔靴○痒の念を禁じ得ないのはどうしたことでしょう。何故、様々な問題の背景にあるものを端的に指摘しないのだろうか、不思議な気が致します。マスコミが自ら不合理なタブーを設定することは、マスコミの自殺であると同時に読者への裏切りではないでしょうか。
 それは、①いじめる側の問題、②組合の問題、③同和教育の問題が表に出ていないということです。 
 ①については、その背景に「生きている児童生徒の人権に対する配慮」があるのは承知していますが、この点に踏み込まなければ「いじめ問題」の半分が分からなくなってしまうのです。更に踏み込めば、日常的な生徒指導のあり方が問題になるのです。
 ②と③については、紙面で「教師に問題あり」の指摘をされていますが、もう一歩踏み込んで、なぜそんな教師(教職員)が存在しているのか分析する必要があります。そうすれば、組合の問題と同和教育が教育を呪縛している点に行き着く筈です。
 己の指導力(児童生徒、教師仲間双方に対して)の無さを組合イデオロギーや同和教育でカバーしようとする教師もいますし、県下の義務制では組合に加入しないものに対する「教師間のいじめ」はなくなっていないのです。いや「釈迦に説法」すでに取材班の方々も気づいておられるでしょう。
 また、「いじめ」に大人社会の影響を見るならば、戦後の日本の基本的枠組み、特に社会科教育と深く関連した日教組、戦後の思想というものを総括しなければならないでしょう。
 これは一大評論家をもってしても至難の業かもしれませんが、このあ辺りもまたすでにお気づきの筈です。
 貴社は、かつて昭和40年代に組合問題まで踏み込んで特集記事を書かれ、「引き裂かれた教育」として出版されたこともあると聞いております。今一度、難しい部分に手を突っ込んだ記事を期待致します。》

***************************************************************

 この先生の投書内容はそのまま筑前町の問題に当てはまることに驚かれる方も多いと思います。平成8年当時から10年が経った今も指摘されたことが現場に全く生かされていません。

 マスコミでこのことが一切取り上げられないことが、対処療法に終始し、いじめ問題が解決の方向に向かわない大きな要因になっています。

 いくら犯人探しをしようとも、調査委員会を設置しようとも、そういうことは問題の解決に意味を成さないことだけはハッキリしています。

↓この記事に賛同される方はクリックを
blog

↓にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログへ

↓国民主権を守り、憲法違反の外国人参政権に反対しよう
参政権反対
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
中学時代の教師って乱暴な先生が多いでしょうし
「生意気だからなめられぬよう」と言ってる時点で
特定の弱者をないがしろにしやれ人権だのやれ軍拡だの
と叫び愛国心を骨抜きにします。
左よりの社会科教師でも言葉の暴力で生徒を追い詰め
不良でもない生徒を不良扱いして
運動部を率いては己の私兵の如く扱い暴力支配を
企んでは部員連中と諍いになったようです。
暴力教師の多くは
障害児の人権を梃子に一般の生徒を暴力で脅し
あたかも解放同盟系の人間同様に振舞います。
福岡筑前町事件は解放同盟福岡県連朝倉甘木支部
の仕業だと言う事が良くわかりました。
ちなみに在日朝鮮人も一枚かんでいました。
2006/11/05(日) 13:59:00 | URL | 皇室典範問題研究会兵庫支部 #SNeYSwNk[ 編集]
はじめまして。いじめに関する報道で少し疑問があるので記事にしました。よろしければ目を通して下さい。トラックバックさせていただきましたが、上手くいってなければURLの方からお願いします。
2006/11/06(月) 15:18:57 | URL | 蜻蛉 #bGAlYzQA[ 編集]
私もなめ猫さんの主張に賛成です。
いじめは私は中学生であった十年前から起きてます。
それにも関わらずいじめを減少させるための有効な対策が行かせないのは教訓を活用しない教育に携わる人々の怠慢でしかないと思います。
2006/11/06(月) 17:56:18 | URL | レッテンリッター #-[ 編集]
訳わからん このシャバは
なめ猫さん、今回貴重なコメントをいただき、誠にありがとうございます、そして貴殿のブログを拝見させていただき、貴重な資料となりました、教育は国の対を表すものです、その教育現場が一部の教師によって占拠され、子供達が彼らの持つ思想に蹂躙されている現状を単に事なかれ主義で放任することは絶対許されることではありません、私の母は富山で教師をしておりました、富山県はいたって日教組に所属している教員は少ないほうだと思います、そのような教師の場合、社会的に制裁を受けるのが強い県だと思います、実は私の母は逆に日教組打倒でがんばった教師でした、いつも思うのですが教え子が今でも家に遊びに来ます、よく若い頃は女だてらに教え子を叩いたなんて言っていましたがそのような子供達が逆に遊びに来るんです、その教え子も既に60歳を越しましたが今でも尊敬される母親です、今本当に子供の為に悪いことをしたら愛のむちをふるう教師は少なくなりました、決して叩くことは暴力ではありません、愛とむちは先生と子供達の心の通いで変わるんです、私もよく叩かれましたが今でもその先生と飲みに行きます、昔と比較は出来なくなりましたが自由と言うものをはき違い、自由勝手と教えてきた家庭も悪いことは事実です、しかし競争をすることで自分と言うものを知り、新しい目標を持つことを教えてこなかった教師の怠慢は決して許されることではありません、努力すれば結果に現れることを教えることなく、単に変な意味での平等を教えてきた赤色教師の責任は決して許してはいけませんし、今後も徹底的に批判をし監視していかなければいけないと思います、長々と書きまして大変失礼いたしました。
今後ともご指導、ご鞭撻くださいますようよろしくお願いいたします。
2006/11/07(火) 00:02:58 | URL | kazu4502 #LkZag.iM[ 編集]
はじめまして。
おじゃまします。福岡のくぼたと申します。

IZAブログ阿比留記者のエントリー欄で拝見いたしました。
そして「訳の分からん このシャバは」さんのブログで民主党の日教組議員、神本氏を知りました。
 皆様の貴重な資料で想像はしていましたが、あからさまになった今心底より憤りを覚えています。日教組教師を同じ地域に集めた人事は教育委員会でしょう。そして校長には定年前の優柔不断な事なかれ主義の人間を据えるのでしょう。この結果がこんな悲惨な事件を生じさせたのではないでしょうか?
 日教組の巨大な見えない力が働いてと思っていましたが、貴殿のエントリー拝見し、教育委員会の情けなさ、卑怯な言動に怒りを憶えます。
 今後とも益々のご活躍祈ります。そして勉強させて下さい。

2006/11/07(火) 07:49:52 | URL | くぼた #23zZNNuo[ 編集]
ひどい教師といえば私が中三の時の教師と、担任のいじめヘの対応の仕方がひどかったし、イヤミを言ってきた。
このは教師としても人間としてもおかしいのではないのかと思いました。
まず中学三年の時の教師ですがまだ一学期のときに私が「言ってもわからない生徒に対しては叩くぐらいしてもいいのではないのでしょうか」といったその数日後に私に対して「○○(私と中の悪かった教師)殴ってやろうか」とからかうようにして行ってきました。
普通自分と意見が合わない時や生徒が間違った事を言ったりした時はその発言は間違っているのを生徒に伝えるのが正しいやり方ではないのでしょうか。
それをせず気に食わないからとからかうのは教師がすることではないと思います。
さらにひどいのは夏休みの登校日に私が中の悪い奴から応援団の選挙に落ちた事をからかわれた事を担任に言いました。
担任はその生徒たちを調べました。
その後担任から聞かされた事は「あいつら言っていないぞと言っていたぞ」と言っていました。
私は「それは彼等が嘘をついているから調べ直してください」と言ったらなんと担任の口から出た言葉は「学校は警察じゃないから嘘かどうか調べられんぞ」と言ってきました。
2006/11/08(水) 07:27:06 | URL | レツテンリッター #-[ 編集]
↓の続き
そして「お前、前なんて言ったか教えてやろうか、言ってもわからん奴は殴ってしまえと」と去っていきました。
私はその時怒りに震えました。
教師が警察じゃないから嘘に対してみてみぬ不利してもいいのかと思いました。
この教師は人間として最低な人間だと思いました。
その後も教師は私をからかったり、相手にしたくない時は他の教師に押し付けたりと私を犬や猫が如く扱った。
さらに私は高校でも高一のときにからかわれた事を相談したら、中三の担任が「学校は警察じゃないから嘘どうかは調べられない」という事を担任に言われたました。
たぶん中高連絡会議のときに中三の時の担任が高一の時の担任に「アイツがイジメやからかいで何か言ってきたら、そういってやればいいんですよ」と吹き込んだのでしょう。
本当に腹が立ちます。
ここまで私を苦しめて楽しいかと。
こんな人間が教師免許持っている自体おかしい思います。
2006/11/08(水) 07:45:35 | URL | レツテンリッター #-[ 編集]
不当な仕打ちを受けているいじめ被害者遺族への支援を!
不当な仕打ちを受けているいじめ被害者遺族への支援を!
投稿者---くちべた日本人(2006/12/09 23:56:31)
http://nf.ch-sakura.jp/search.php?action=showallbyuser&mid=4&uid=458


不当な仕打ちを受けているいじめ被害者遺族への支援を!

下記“南京家応仁”様の掲示板でいじめ被害者への支援を訴えていますので南京家応仁様にご了解を頂いた上で転記させていただいております.
なお今回に限り私のリンク先URLは支援署名掲示板です.

【引用元】
http://6216.teacup.com/taniguti/bbs?CID=479

【引用開始】
▼長野県「丸子実業高校生いじめ自殺」戦いページ
http://blog.livedoor.jp/yutatakayama/archives/50932423.html

▼署名掲示板
http://8703.teacup.com/ouninn/bbs?

北海道滝川市内の小学校で首をつって自殺した6年生女児や福岡の男子中学生いじめ自殺のことが大きく取り上げられていますが、高山様のご長男であった長野県立丸子実業高校一年生バレーボール部の男子生徒 高山裕太君が去年の12月6日、自室で首つり自殺しました。
裕太君は中学生の頃から喉の病気で”嗄声”でうまく話すことができず、そのため高校に入ってから、バレー部の先輩からからかわれるなどのいじめを受けていました。中学の時にはからかわれることはありませんでした。
声の物まねなどをされて、嫌だったとノートに書いた手紙や遺書がいくつもあります。先輩からハンガーで殴られる暴力も受けていました。
学校、県教育委員会へは生前裕太君とお母様でいじめをやめさるように訴えましたが、事実を認めず、何も助けてもらえないどころか、担任やバレー部の顧問や部員やその父母や教育委員会、校長らがみんなで嫌がらせをいじめを隠蔽するために3ケ月も行なわれてきました。そんな中裕太君はうつ病になり自殺をしました。
そして裕太君の死後も校長やバレー部員から酷いいやがらせを受けています。
現在、校長を殺人罪と名誉毀損罪で告訴しています。
また事実の調査もせずにいじめも暴力もなかったと教育委員会は認定したのを受け、2006年4月に事実を解明するために教育委員会や、学校、校長らを相手にお母様は民事訴訟を起しました。
この裁判中のなか2006年10月30日にバレー部の顧問とバレー部員のいじめや暴力をしていた生徒を含む30名が、お母様に対して3000万円を要求するといった、加害者が被害者を訴えるという異例な状況になっています。
この不条理は許せません。
どうかみなさんの支援をお願いします。
この事件の詳細は上記のブログをご覧ください。

以上が、裕太君のお母様から応仁に頂いた情報提供です。
http://www.jtg.co.jp/book/
2006/12/10(日) 10:23:29 | URL | くちべた日本人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
麻生外相の罷免求める=共産委員長 共産党の志位和夫委員長は4日午後、都内で開かれた同党主催の赤旗まつりで講演し、麻生太郎外相が核保有論議を容認する発言を行ったことについて「内外から厳しい批判があってもこの発言を
2006/11/05(日) 01:45:34 | The planet earth
例の地名総鑑報道で2ちゃんねるに同和関連のスレが乱立していますので、燃料投下します。ご紹介のデジタルソースは、既にネット上からは完全消滅している筈です。平成8年に起こった事件が平成14年に報道されたローカル報道。ま、昔はここまで過剰反応していた....
2006/11/05(日) 22:31:13 | Birth of Blues
先月から世間を騒がせている福岡のいじめ自殺事件ですが いろいろ情報が出されて来ていますがそれとは逆にマスコミの扱いは小さくなってますね。まぁ時間の流れだけではない暗部が見えてきた所為でもありそうです。詳しくは下に書かれていますが最初この事件を聞いた時には
2006/11/06(月) 15:49:16 | ■□■人権擁護法案反対VIP総司令部日誌■□■
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫