<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 外国人参政権について日本海沿岸地域の反応
2010年01月14日 (木) | 編集 |
外国人参政権は国民の猛烈な反対を受けても推進しようと民主党や社民、共産、そして公明党がしています。

国民新党は反対、肝心な自民党は慎重と態度を明らかをしていません。多くは反対派ですが、河村元官房長官など一部に推進派がいるためです。

全国の地方議会で反対の意見書を採択していますが、紹介している議会以外でも反対決議、意見書採択を進める動きが進行しています。

御参考までに以前ご紹介した熊本県議会で採択された意見書を掲載します。


保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


永住外国人への地方参政権付与の法制化に反対する意見書
 
 民主党の小沢幹事長は、9月19日、韓国の国会議員代表等と会談し、在日韓国人ら永住外国人への地方参政権付与について賛成し、党内の意見集約を図りたいとの考え方を示したとされ、懸念するところである。
 参政権付与をめぐっては、民主党は2009年の政策集に「結党時の基本政策に「早期に実現する」と掲げており方針は引き続き維持する」と掲載しているが、党内には一部の反対者もあり、衆議院選挙マニフェストでは見送っている。
 我が国には、永住権を持つ外国人が約91万人生活しており、地域に密接な関係を持つに至っていることから、これら外国人に対し地方公共団体の意思決定に参加させるべきであるとして、これまでもしばしば、永住外国人に対する地方参政権付与について議論がなされてきたところである。

 しかし、日本国憲法は、第15条において、「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」と規定し、また、第93条第2項において、「地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する」と規定しており、さらに、同項中の「住民」の解釈として、平成7年2月28日の最高裁判所判例は、「住民とは地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味する者と解するのが相当である」としていることから、日本国民ではない永住外国人に対し、地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権等を付与することは、憲法上問題があると言わざるを得ない。
 また、先進8カ国(G8)を見ても、ロシアを除く7カ国は、国として永住外国人に地方参政権を付与していない。
一方、国籍法は、第4条において、「外国人は、帰化によって、日本の国籍を取得することができる」と規定しており、永住外国人が、憲法に基づく参政権を取得するためには、この国籍法に定める帰化によるべきものと考える。
 よって、国におかれては、永住外国人への地方参政権付与に関する法律を制定することのないよう強く要望する。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成21年10月8日

   熊 本 県 議 会 議 長  早 川 英 明

衆議院議長        横 路 孝 弘 様
参議院議長         江 田  五 月 様
内閣総理大臣  鳩 山 由紀夫 様
総務大臣        原 口 一 博 様
法務大臣         千 葉 景 子 様
外務大臣        岡 田 克 也 様

(以上)


昨年末時点での各地方における反対決議の推進状況です。

(以下)

1、地方議会反対決議の推進状況について(平成21年12月23日現在)
(1)意見書可決 
 ①熊本県(10月8日) ②茨城県(12月9日) ③香川県(12月14日) ④石川県(12月14日)⑤島根県(12月15日) ⑥埼玉県(12月16日)
 ⑦佐賀県(12月17日)⑧長崎県(12月17日) ⑨秋田県(12月17日) ⑩新潟県(12月18日)⑪富山県(12月18日) ⑫山形県(12月18日)
 ⑬千葉県(12月22日)
 1愛媛県今治市(12月10日) 2福岡県直方市(12月10日)
 3茨城県常総市(12月14日) 4埼玉県吉川市(12月16日)
 5神奈川県綾瀬市(12月16日) 6愛知県岡崎市(12月17日) 
7富山県富山市(12月18日) 8新潟県長岡市(12月21日) 
9愛媛県松山市(12月22日)
(2)ほか12月議会で取り組んでいる議会
 東京都 
(3)3月議会で取り組む議会
 宮城県 神奈川県 和歌山県 兵庫県 岡山県 愛媛県 山口県 宮崎県 鹿児島県
2、全首長への慎重な対応を求める署名について
 ①呼びかけ人承諾 石原慎太郎東京都知事、上田清司埼玉県知事
          山田宏杉並区長
 ②依頼中 千葉県・福岡県・ 長崎県・宮崎県 
※名古屋市・大阪市・堺市
③来年1月早々に全首長に封書にて署名のお願いを行う。
(以上)

山陰地方の地方紙、日本海新聞が島根、鳥取の動向を報じています。島根や鳥取は竹島問題があります。

わが福岡もそうですが北朝鮮や韓国に近い地域にとって参政権は脅威を内部から感じることになります。

拉致事件は主に日本海沿岸で起きました。

以下ご紹介します。

http://www.nnn.co.jp/news/100114/20100114033.html

永住外国人に地方参政権 県内に波紋

 鳩山内閣が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案を通常国会に提出する方針を決めたことで、鳥取県内に波紋が広がっている。在日韓国人や民主系議員は「当然の権利」と主張する半面、憲法違反の疑いを指摘する市民団体は反発を強め、自民系議員は慎重な議論を求めている。

 在日本大韓民国民団県地方本部は参政権付与を目指してシンポジウムなどの活動を展開。薛幸夫(ソルヘンブ)団長は「日本は半分『鎖国』のような状態。門戸を広げることで国際化にも大きな意義がある」と述べ、政府の対応について「長年の夢がかなう。画期的一歩だ」と期待を膨らませた。

 民主党県連の福間裕隆幹事長は「地域で暮らす構成員が住民であり、税金を納めている住民みんながまちづくりに参加する意味でも必要な対応だ」と評価する。

 「党利党略だ」。痛烈に批判するのは「あすの日本を考える会」の仲山一成会長。「日本の文化や伝統を守るのであれば、国土の問題を他国の人に委ねるわけにはいかない。領土・安全保障問題が危惧(きぐ)される」と続け、今後は反対活動を展開する考えを示した。

 参政権問題をめぐっては、憲法の解釈が議論となってきた。仲山会長は「住民は日本国民を意味し、外国人に選挙権を付与することは憲法上問題がある」と強調する。

 これに対し、鳥取大学地域学部の相沢直子講師(憲法学)は「違憲ではない」と主張。「憲法は永住外国人に地方選挙の選挙権を与えることを禁じているとはいえない」との1995年の最高裁判決に触れ、「参政権については憲法上の問題をクリアしているが、被選挙権まで認めるかどうかは深く議論しなければならない今後の課題」との見方だ。

 一方、昨年の政権交代以降、自民議員が多数を占める地方議会では、法制化に反対する意見書の可決が相次いだ。島根県議会は95年に賛成の意見書を可決したが、昨年12月には一転して反対の意見書を可決している。

 鳥取県議会は94年、参政権を求める意見書を可決しているが、最大会派「県議会自民党」の山根英明顧問は「当時とは状況が違う」と説明。法制化については「まだ機が早く、国民世論を喚起する必要がある。政府の長期展望もまだできていない」と議論を尽くすよう訴える。


※昨年末、二階堂ドットコムにタレこまれた情報として紹介しましたが。今秋発売の週刊新潮に民主党が次の参院選で公安当局が極左暴力集団として警戒している革マル派の候補者を擁立することについて記事が載るようです。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
YAHOO! JAPAN のネット選挙解禁に断固NOを
YAHOO! JAPAN のネット選挙解禁に断固NOを
できましたら、反対意見を送って下さい。

YAHOO! JAPAN が下記のように、ネット選挙解禁の運動を行っていますが、

●YAHOO! JAPAN 選挙に関する情報源の拡大を求める署名にご協力ください。
https://event.yahoo.co.jp/election/index.html

私は、ネット選挙解禁は、まだまだ国民としての審議が十二分になされておらず、時期尚早だと思います。

また、提案したヤフーも当然この件に関与すると思われますが、
私は、反日企業で有名なヤフーの関与は、非常に危険なことだと思い憂慮しています。
●Yahoo(ヤフー)の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/448.html

なので、できましたら、断固阻止すべく反対意見を送っていただきたいのです。
下記だけではなく、首相官邸や政党などにもお願いいたします。

みなさまから寄せられたご意見 ×反対意見
https://event.yahoo.co.jp/election/voice/index2_1.html

ご意見やご感想はこちらからお寄せ下さい。
http://event.yahoo.co.jp/forms/election_2009_opinion/index.html

拡散もできたらお願いいたします。

話題に関係ないことですみません。


なめ猫さん
東京神社庁の件、拡散していただけるのですね。
有難うございます。
一括してこちらに書かせていただきました。

2010/01/14(木) 17:21:36 | URL | a #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
なぜ外国人に参政権? なぜ外国人に参政権?外国人に参政権を与えるということはすなわち、日本の政治の一部を外国人に託すということですよね。なんで、こういう発想が浮かぶんですかね。。。外国人に参政権を与えることの利点(・欠点)を教えてください/なぜ外国人に
2010/01/14(木) 14:50:12 | 話題になったニュース集めました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫