<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 総務省政策会議で参政権に反対慎重を唱えた2人の民主党議員
2010年01月15日 (金) | 編集 |
外国人参政権問題は小沢幹事長の政治資金問題があってややわきに置かれた感もありますが、連日報道が続いており、注目されていることは間違いありません。

この問題は保守派だけでなくややリベラルな層からも慰問の声があがっています。

民主党サイドの情報では昨日午後1時15分から合同庁舎2号館地下2階にある総務省講堂で開かれた総務省政策会議でも参政権法案について検討しているとの話だったようです。

ちなみに政策会議の中で「空気嫁よ」的な空気の中で堂々と反対だとおっしゃったのは、比例東北の菊池長右ェ門先生です。ニュートラルだけど慎重にとおっしゃったのは群馬1区の宮崎先生だったとのことです。

このお二人の先生のことは拡散させ、全力で応援します。

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


今朝の読売新聞のコラム「編集手帳」は参政権問題を取り上げていました。


叛徒(はんと)を征討する官軍の大将が朝廷から賜った旗を「錦の御旗」という。転じて現在は、自分の主張などを権威づけるもの、の意味で用いられる

◆民主党の山岡賢次・国会対策委員長が在日本大韓民国民団(韓国民団)の新年会であいさつしたなかに、この言葉が出てきた。永住外国人に地方選挙権を与える法案に触れ、「今国会で実現するように錦の御旗として取り組んでいく」と語っている◆意味の取りにくい物言いだが、衆院選で圧勝した事実を「錦の御旗」にたとえたようである。この御旗で反対派を征伐しますので、ご期待くださいませ――ということだろう

◆憲法15条は、公務員の選定・罷免は国民固有の権利と規定している。衆院選に大勝して憲法の条文まで蹴(け)散らせる「錦の御旗」を手に入れたと考えるのは、おごれる者の幻想である。島根県の「竹島」条例を挙げるまでもなく、地方政治が領土や基地など国益に深くかかわる事柄も扱うことを忘れてはなるまい◆他国の人々に「温良」であることと、自国民の利益に鈍感な「能天気」であることの区別がつかないとすれば、困った“官軍”である。

**引用終わり**

昨年の選挙で大勝したからといっておごるのも大概にせよと申し上げたい。昨年、異例のSPをつける騒動になったことをよもやお忘れではあるまい。

昨日も少し紹介しましたが、発売中の週刊新潮には読売コラムでも取り上げられている山岡国対委員長が、革マル派の影響の強いJR総連から候補者を擁立することについて報じています。

また警察トップである国家公安委員長が韓国の民団の集会に出席し、このような挨拶をしているのには唖然とさせられた。26日の陳情活動では議員会館にある中井公安委員長の部屋にも申し入れを届けます。


聞くところでは拉致問題の担当大臣でありながらまったく拉致問題対策の事務局に顔も出さないそうですが・・・

旧民社党の皆さん、最近の貴方方はおかしいのではありませんか。
富士社会教育センターは今こそ声をあげるべきだ。

【民主党の中井洽国家公安委員長(日韓議員連盟を代表してのあいさつ)】

 「鳩山内閣で国家公安委員会委員長、警察の監督でございます。パチンコ業界もこの中に入っております中井洽です(笑)。同時に日韓議連のメンバーで、今、森(喜朗)会長のもとで副会長をしています」

 「きょうは森さんがご出席できないということで急遽(きゅうきょ)、私が代理をしていいかよく分かりませんが、一言お祝いを申し上げます」

 「韓国は本当に皆さんの努力で先進国、そして援助する側に回られる。こういう発展を遂げておられることをわがことのようにうれしく思っております。今年1年の一層のご発展をお祈り申し上げると同時に、鳩山内閣におきまして、この5日の閣議で(鳩山由紀夫)総理から『法案に取り組む、参政権の法案に内閣として取り組む、原口(一博)総務大臣が担当で法案つくりを』といわれたわけでございます」

 「いよいよスタートします。立派な法案を作って今国会で成立をさせてさらに韓日、日韓友好親善を増進させていきたい。そんな思いであります。みなさんのご理解、ご協力をお願いを申し上げます。鳩山総理は就任後、最初に韓国を訪れて李明博大統領と会談をいたしました。ご歓迎いただいたことを閣僚の一人としてお礼申し上げる。私は拉致担当大臣として韓国との情報交換ということでお国を訪ねいたしました。大変お世話になったことをお礼を申し上げます」

 「鳩山さんは韓国へいろんな政治的な判断で行かれると同時に、昨日、韓国の俳優と夫婦でごはんを食べてました。奥さんの趣味かご当人の趣味かよく分かりませんが、大変な韓国びいき、韓国好きでございます」

北朝鮮のスパイは韓国にうようよいることくらいわかっているはずだが、警備公安部門を有する警察を監督する立場としてノー天気もいいとこです。

また、担当である原口総務大臣の姿勢はどちらにも気を使うような態度であり、総務省に申し入れを行う方向で進めています。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
なめ猫