<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 麻生渉全国知事会長(福岡県知事)は外国勢力に日本が乗っ取られてもいいのか
2010年01月22日 (金) | 編集 |
本日開催された全国知事会議で外国人参政権に反対、慎重論が出たのに対し、渡辺総務副大臣も「「(地方の意見を)反映させる機会をつくらなければならない」と
語ったようです。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010012100698

もともと渡辺副大臣は参政権に反対の立場の党内保守派です。

一方、全国知事会長の麻生渉福岡県知事は、会議終了後の記者会見で、「国を挙げての 検討でやっていくのが適当」と語り、法案は政府提案が望ましいという見解を示したようです。

この報道の通りだとすると、福岡県知事は政府提案がいいというならば、結果的に地方自治体が、外国勢力に支配されてもいいということなのでしょうか。

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


これまでも問題にしてきましたが、麻生知事は、いわゆる教育3法の改正に際しての地方公聴会でも文部科学省の是正指導はないほうがいいという発言をしたり、部落解放同盟の集会に出席して人権侵害救済法案を制定させようというような人です。

昨年、自民党県議団から地方主権について質問され、国家観がないリベラル派だという正体を暴露しています。

麻生知事に限らずマニフェストやら地方分権やらを好む人たちは地方になんでも任せれば大丈夫と錯覚しています。

麻生知事は、福岡県副知事が官官接待で辞任したことをどう考えているのでしょう。安易な地方任せは癒着の構図になることを自覚しているとは思えません。


<1・26夫婦別姓・外国人参政権反対政府要請行動のお知らせとご支援のお願い>

来週1月25日、26日、永住外国人参政権と夫婦別姓反対の政府要請行動を実施します。今年で政府要請行動は4年目を迎えます。

夫婦別姓について法務省民事局参事官室に申し入れを行っていましたが、19日午後電話で回答がきました。

申し入れを受けるということで、26日午後1時から法務省内で申し入れを行います。

省側は2~3名。我々は5~6名に絞ることで法務省と合意しました。

永住外国人参政権反対の政府要請行動についても、総務省に申し入れを行っていましたが、21日午後電話で回答があり、26日午後1時半から総務省内で担当者と会うこととなりました。

省側は2~3名。こちらも部屋の関係で5~6名に絞ることで合意しました。


今回はSNS「FREEJAPAN」と共同で実施するので、人数が多い場合、議員会館回りと分けて、終了後、議員会館で再度合流することにします。

人数次第ですが、私が法務省に行っている間、議員会館回りの責任者をSNS「FREEJAPAN」の小坪慎也氏にお願いします。

国会陳情活動に参加希望の方は事前に事務局の私、近藤のほうに連絡先などメールをいただきたいと思います。

服装は男性は原則、ネクタイを絞めて上着も着て下さい。

場にふさわしい恰好は重要です。

女性は、とくに服装は問いませんが、スーツ姿がよいと思います。

また、歩き回るのでヒールの高い靴は避けたほうが

無難だと思います。

時間は貴重なので遅刻はされないようお願いいたします。

簡単な朝礼、昼食時にミーティングを行います。

日時:(追加)※日本会議主催の集会後、1月25日午後4時からも陳情活動を行います。

平成22年1月26日午前9時半集合 午前10時には受付を行い、入館します。

主催:教育正常化推進ネットワーク SNS「FREE・JAPAN」

集合場所:衆議院第1議員会館ロビー
国会周辺図

最寄り駅
東京メトロ 丸ノ内線 千代田線 国会議事堂前駅
有楽町線 半蔵門線 南北線 永田町駅


※午後1時から私(近藤)ほか5名で法務省、総務省に行きます。

警視庁側の赤レンガから入省します。

現場責任者:近藤将勝 小坪慎也

*【ご支援のお願いの趣旨】*

鳩山首相が外国人参政権法案と選択的夫婦別姓法案を

通常国会に提出、成立させると言明した以上、

国会議員に要望することは重要なことです。


国会議員は、民主党の保守系、推進派、どちらも、国民新党、自民党、など時間の許す限り陳情して回ります。

今回は議員の先生に面会する事よりも一人でも多くの議員事務所に声を届ける事に重点を置きます。

九州からの上京は、交通費、宿泊費、資料代など費用がかかります。

大変申し訳ありませんが、状況をご理解いただき、 皆さまから暖かいご支援を賜りますことが
出来れば誠に幸いです。


何卒、よろしくお願いいたします m(__)m

■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ    
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫