<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 NHK経営委員会現在の委員の紹介
2010年02月10日 (水) | 編集 |
NHK経営委員会というものがあるのを、皆さまはご存知のことと思います。
12人の委員が居るのですが、その発言は、なかなか影響力があるとのことです。
現在の委員の紹介を、下記に掲載しました。

今後、NHKに抗議する際には、下記のメンバー宛にも、意見を述べて行くのも、一
つの手段かと思いますので、ご紹介します。

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

皆様、宜しくお願い致します!
岡本明子拝

http://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/index.html
NHK経営委員会の仕事
NHKには、経営に関する基本方針、内部統制に関する体制の整備をはじめ、毎年度
の予算・事業計画、番組編集の基本計画などを決定し、役員の職務の執行を監督する
機関として、経営委員会が設置されています。経営委員会は、放送法により、その設
置および権限、組織、委員の任免、運営、議決の方法、議事録の公表義務等が規定さ
れており、公共の福祉に関し公正な判断をすることができる、広い経験と知識を持つ
12人の委員で構成されています。委員は、国民の代表である衆・参両議院の同意を得
て、内閣総理大臣により任命されます。
 経営委員会は、会長以下の役員に対する目標管理・業績評価を行い、評価結果を処
遇に反映させるなど、執行部に対するガバナンスを強化し、監督を行っています。
 平成20年4月にはNHKのガバナンス強化を盛り込んだ改正放送法が施行され、経
営委員会の権限がよりいっそう明確化されました。新たな取り組みとして、権限の適
正な行使に資するため、経営委員会が視聴者の皆さまから直接ご意見をうかがう会合
を各地で開催します。

●小丸成洋
現 職 福山通運社長
就 任 平成16年6月19日 (委員長就任は平成20年12月22日)
経営委員として心がけていること
公共放送の大切さ重要性を、視聴者の皆様にご理解をいただけるよう努力していきた
い。
好きな言葉、モットー
「耐えて、和して、前進」
「驕らず、謙虚に」
心に残った番組
NHKでは「ETV特集」。社会・文化・科学・芸術など、様々な分野からテーマが
取り上げられており、特定の利益や視聴率に左右されることのない公共放送だからこ
そできる番組。
民放では「サザエさん」。現代の日本が見失っている家庭教育・親子関係のあるべき
姿があらわれている番組。

●岩崎芳史
現 職 三井不動産販売(株)相談役
就 任 平成19年6月20日 (委員長職務代行者就任は平成20年4月1日)
経営委員として目指すもの
視聴者の皆さまから見てもわかりやすい公共放送としての高い理念のもとに、新たに
作成された3か年計画を着実に実現することです。そのための具体策を作り、経営陣
と職員とNHKにかかわるすべての人が共有し、働きがいを感じながら透明度の高い運
営を行うことによって、視聴者の皆さまに信頼され、感動を与え、心豊かになってい
ただけるNHKに変革することが大切です。
以上のことに少しでも貢献できたらと思います。
好きな言葉、モットー
常に前向きに考え、行動すること
有言実行
心に残った番組
「シリーズ世界遺産100」
NHK特集「シルクロード」
NHKスペシャル「プラネットアース」

●石島辰太郎
現 職 産業技術大学院大学学長
就 任 平成21年3月1日
経営委員として目指すもの
放送の形態はアナログからデジタルへ、さらには多様なメディアへと急激に変化して
おります。また、高齢社会を迎え、放送が占める個人の生活時間のなかでの割合も増
加し、その社会的意義も質的に変化していくのではないかと考えます。NHKが公共
放送として、こうした技術的、社会的課題に適切に対応し、視聴者にとっての価値を
高めていけるよう微力を尽くしていきたいと考えております。
好きな言葉、モットー
“Such is a life, well once more!”: いろいろな場面で頭に浮かびます。
「私は嫌いな人に出会ったことがない。」:そのような心境になれるよう“懸命に”
努力しています。(なかなかなれません)
心に残った番組
「プロジェクトX」の初期の番組には感動の涙を流しました。最近ではNHKスペ
シャル「揺れる大国 プーチンのロシア」が印象的でした。基本的には、報道・ド
キュメンタリー番組をよく見ます。
その他
学生時代は趣味の欄に“テレビ観賞”と書くほどテレビが好きでした。NHK経営委
員になり、堂々とテレビが見られると喜んでいます

●井原理代
現 職 NHK経営委員会委員(常勤)
前 職 香川大学大学院 地域マネジメント研究科長
就 任 平成19年12月11日 (平成21年4月1日から常勤)
経営委員として目指すもの
公共放送としてのNHKは、全ての視聴者、国民と「共」に、また全ての地域と「共」
にあるものと認識しています。その視座で、いわばNHKは我が国の貴重な共有財産と
願いながら、精一杯努めてまいります。
好きな言葉
「人生は現実なり、人生は熱意なり」
 詩人ロングフェローのこの言葉を励まされる思いで、大切にしています。
心に残った番組
心に残り続ける番組として、人間と自然の営みの悠久のすばらしさを伝える「シリー
ズ世界遺産100」があり、日常の折々に心に残る番組として、現代社会の課題を鋭く
問う「クローズアップ現代」があります 

●大滝精一
現 職 東北大学大学院 経済学研究科 教授
就 任 平成19年12月11日
経営委員として目指すもの
私は、日頃からNHKの制作する番組の内容や質に大いに関心を持ち、そのレベルの
高さに敬意を抱いてきた人間のひとりです。今後とも公共放送の果たす役割は、一層
高まっていくものと考え、その向上に尽力する覚悟です。他方でNHKも時代の変化
に柔軟に対応し、経営体としてさまざまな改革にチャレンジしていく必要に迫られて
いるように思います。幅広い国民と視聴者から愛され信頼され、また現在わが国や世
界が直面する課題に真正面から取り組んでいく公共放送を共に築いてゆきたいと考え
ています。
好きな言葉
Life is creation
心に残った番組
「クローズアップ現代」「プロフェッショナル 仕事の流儀」「NHKスペシャル」
などは特に充実しており、印象に強く残っています。他に好きな番組には「さわやか
自然百景」「新日曜美術館」「芸術劇場」「鶴瓶の家族に乾杯」などがあります。

●勝又英子
現 職 財団法人日本国際交流センター常務理事・事務局長
就 任 平成21年3月1日
経営委員として目指すもの
多様化が進む社会において情報は私たちの生活に大きな影響を与えています。メディ
ア、特に公共放送の役割はこれまで以上に重要なものになっているということに思い
をいたし、日本が世界に誇れる、そして一人一人の心に豊かさを与える公共放送をめ
ざし、視聴者の皆様、NHKに関わるすべての皆様とともに支え、経営委員としての務
めを果たしていく所存です。
好きな言葉
「一期一会」
心に残った番組
「プラネット・アース」

●桑野和泉
現 職 (株)玉の湯 代表取締役社長
就 任 平成20年12月22日
経営委員として目指すもの
「良質な番組」が人を育て、地域を育て、またこの国の本質を世界に伝えていけると
思っております。公共放送の果たす役割がますます高まっていくなか、視聴者の皆さ
まに愛され、信頼されるNHKでなくてはなりません。そのためにもまず3か年計画
が着実に実現できるように、視聴者の目線を忘れることなく、私も経営委員の一員と
してしっかり取り組んでいきたいと思っております。
好きな言葉
雪月花時最思友
心に残った番組
ETV特集 きょうの料理 探検ロマン世界遺産

●小林英明
現 職 小林総合法律事務所代表・弁護士
就 任 平成19年6月20日
経営委員として心がけていること
NHKは国民、視聴者の皆さまにとってかけがえのない財産です。国民、視聴者の皆
さまからの期待も高いものがあります。
NHKはその期待に応えるべく、早急にガバナンスを確立するとともに、コンプライ
アンス体制を強化し、山積する多くの難問を解決する必要があります。その一助とな
るべく、経営委員の職に全力を尽くしたいと思います。
好きな言葉、モットー
至誠
心に残った番組
よく見る番組は、ニュース、報道番組です。

●飛田稔章
現 職 北海道農業協同組合中央会会長
就 任 平成19年6月20日
経営委員として目指すもの
NHKが国民の皆様に愛され、多くの信頼を築く為の橋渡しが出来れば良いと考えま
す。
好きな言葉、モットー
一生懸命
心に残った番組
NHK放送80周年記念橋田壽賀子ドラマ 「ハルとナツ」
その他
公共放送の良さ、そして公共放送だから成し得るNHKであり、国民の皆様にとって
一番身近な組織でありたい。

●野間光輪子
現 職 (有)望月代表取締役、一級建築士
就 任 平成19年6月20日
経営委員として目指すもの
今、NHKが局面している数々の問題を、一視聴者として、一般的な日常生活に基軸
をおいて取り組んでまいる所存です。
視聴者がNHKを対自として見るのではなく、自分のものとして生活の中に受け入れ
られるような公共放送であってほしいと、求められるNHKをめざし、その環境づく
りに努力したいと思います。
好きな言葉
「明珠在掌」
「五十にして天命を知る」
心に残った番組
「プロジェクトX」
数本しか見れませんでしたが、どれも人間って素晴らしい!と感動しました。
一つのことに真摯に生命を燃やし、立ち向かう姿は尊いと思いました。見ている
だけで自分がひとまわり大きくなったような気がして、勇気を与えられました。

●深谷紘一
現 職 (株)デンソー会長
就 任 平成16年12月11日
経営委員として目指すもの(視聴者の皆様へのメッセージ)
厳しさが増し、素早い時代の変化の中で、各組織体の存在感は絶えず問い直され、
タイムリーに手が打たれねば、その存在は危ういものとなる。このことは、放送文化
の高揚に大きな役割を果たしてきたNHKとて例外ではない。視聴者・国民が信頼を寄
せ、誇りに思う公共放送のあり方を共に追求し、変革してゆきたい。
好きな言葉
「努力と克己」
心に残った番組
「NHKスペシャル」、「シルクロード」、「地球・ふしぎ大自然」などのドキュメン
タリー番組や、「ハルとナツ」など、日本・日本人を考え直させる番組

●安田喜憲
現 職 国際日本文化研究センター 教授
就 任 平成21年3月1日
経営委員として目指すもの
21世紀は地球環境問題と市場原理主義によるグローバル化の荒波によって、すばらし
い伝統的な日本文化や日本人の心が危機に瀕するばかりでなく、日本人を日本人たら
しめている日本の風土の存立の基盤さえも侵されかねない時代になると予測されま
す。その日本人と日本文化の危機の時代に日本のメデイアの代表としてのNHKが、
日本人に未来の希望と夢そして生きる勇気を与えるような役割を果たせるように努力
したいと思います。
好きな言葉
真摯(しんし)
心に残った番組
「NHK特集 地球大紀行」
「世界遺産」
「NHKスペシャル 失われた文明」
「新日本紀行」


【人権侵害救済法案・夫婦別姓・外国人参政権など阻止、教育正常化運動へのご理解とご支援のお願い】

1月25・26日に4年目、第5回の国会陳情、政府要請行動を行ってまいりました。

1月26日に実施した法務省・総務省に対する要請行動、申し入れの際に総務省が入居する合同庁舎の玄関で撮影した写真です。

1・26政府要請行動1

こちらは総務省と同じ庁舎に入居する警察庁・国家公安委員会(参政権を推進するあの人が国家公安委員長を務める)
1・26政府要請行動2


参加者は、村田先生、私のほか、SNS「Free JAPAN」の管理人 小坪慎也氏、など若手のメンバーです。

またお子さんを連れて参加された主婦の方もいらっしゃいました。

皆さまにはご多忙の合間を縫ってご参加いただいており大変感謝しております。

陳情はおもに民主党の閣僚、党幹部、1回生を含む保守派、旧民社系に重点を置きました。

2日間で私の班だけで100名近い与野党議員に陳情し、直接民主党議員や秘書の方からお話しを伺いすることもできました。

その中で民主党の議員秘書も参政権や夫婦別姓に反対、慎重なスタンスの方が少なからずいらっしゃることが確認されました。
陳情活動は非常にアクティブかつセンシティブなセンスが必要な行動だと実感しています。


単なるアンチではない、自らの思いを直接議員やその秘書に届けるのです。

まずは自らが動かなければという思いで九州の田舎から上京しております。
なにより継続して実施できているのは、ご参加、ご支援いただく皆様のおかげでございます。

政府要請行動も4年目を迎え、行政交渉のノウハウも多くの方に共有していただきたいと思っています。

今回は、参議院まで手が回らなかったのが残念ではありました。

**

夫婦別姓・非嫡出子の相続差別撤廃に反対する申し入れ

貴殿におかれましては益々御健勝のこととお喜び申し上げます。日頃より国政に御尽力いただきまして厚くお礼申し上げます。
 私共「教育正常化推進ネットワーク」及びSNS「free Japan」
(http://www.sns-freejapan.jp/)は、前者は、主に福岡県を中心に日教組などに支配された教育の正常化を目指して活動しており、地方議会への働きかけ、毎年、文部科学省への要請行動も行っています。後者は、永住外国人に地方参政権を付与する法案や夫婦別姓、人権侵害救済法など国家の根幹を揺るがしかねない法案に反対し、都道府県ごとに与野党国会議員に対してロビイスト活動を行っております。

さて、一部報道によると、法務省は14日に夫婦別姓や非嫡出子の相続差別撤廃に関する民法改正案の概要をまとめ民主党に提示したと伝えられます。 

昨年、10月27日にも夫婦別姓および人権侵害救済法案の国会提出に反対する申し入れを行いましたが、その後、全国の議会のなかには夫婦別姓に反対あるいは慎重な意見書を採択する自治体も出ています。福岡県太宰府市議会では住民の請願を受けて「国民全体の声に耳を傾け、慎重な対応をしていただくとともに、拙速を避けるよう」求めるとした意見書が採択されています。賛否が分かれるこのような問題を強引に推し進めようとするのか理解できません。また、いわゆる婚外子差別といわれている非嫡出子の相続差別撤廃についてはあまり注目されていませんが重大な問題を含んでいます。

この問題に熱心な『朝日新聞』は平成16年3月7日付社説「婚外子差別はやめよう」で、非嫡出子区別は「いわれなき差別を生む原因」だとした上で、こう述べています。
「だが、両親の結びつきがどんな形であろうと、生まれた子どもに責任はない。本人がいくら努力しても非嫡出子であることを変えることはできない。明治以来の相続の差別が、非嫡出子への差別を温存してきたとも言える。」
 
 たしかに子供には責任も罪もなく、本人がいくら努力しても非嫡出子であることを変えることができないことは同情されるべきことでしょう。しかし、制度は社会のあるべき姿を体現します。だから、相続に区別を設けているのも、正規の法律婚による子を優遇するという意味からです。もし、夫婦別姓、非嫡出子に対する相続差別撤廃が導入されれば伝統的に守ってきた家族の絆、家族の在り方を破壊しかねないものです。
貴殿におかれては、国民世論を無視して拙速な法案提出を行われないよう反対していただくことを申し入れます。

平成22年1月26日

教育正常化推進ネットワーク代表 
SNS「Free JAPAN」管理人 

衆議院議員 殿
参議院議員 殿

鳩山首相が外国人参政権、選択的夫婦別姓

人権侵害救済法案を

通常国会に提出、成立させると言明した以上、

全力を挙げて阻止していかなければなりません。



また、福岡県においても日教組系組織の影響の強い義務制、一部高校教育の正常化、一部運動体の行政介入を是正させる取り組みを継続しています。


大変申し訳ありませんが、状況をご理解いただき、 皆さまから暖かいご支援を賜りますことが 出来れば誠に幸いです。


何卒、よろしくお願いいたします m(__)m

■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ    



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/10(水) 21:01:53 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫