<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 筑前町三輪中への運動団体の介入が明らかに--差別事象を作り出すシステムの存在
2006年11月28日 (火) | 編集 |
 福岡県筑前町三輪中でのいじめ自殺事件について報道が減りましたが、その後いろいろな事実が判明してまいりました。

 25日の読売新聞に筑前町の調査委員会が三輪中校長や現担任などから聞き取り調査を行ったとの報道がありました。

**************************
九州発>週間ニュース(読売新聞)
生徒自殺問題で三輪中校長らから聞き取り…筑前町教委調査委
 福岡県筑前町の三輪中2年の男子生徒(13)がいじめを苦に自殺した問題で、 同町教委が設置した調査委員会(委員長=高田清・福岡教育大教授)の 第4回会合が24日、町内で開かれた。
合谷智校長や2年時の担任ら同校の教職員4人から初めて聞き取り調査を行った。 終了後、高田委員長は「既に報道されているいじめの内容について、 事実かどうかを確認したり、より詳細な状況を聞いたりした」と説明したが、 具体的な内容は明らかにしなかった。
****************

 ところが、この調査委員会の委員長である高田清教授は共産党系の教育基本法改正反対運動に名前を連ねる左派系教育学者であることが判明しました。

 共産党系の教育出版社「高文研」とも深いつながりがあり、共産党系の大学教職員組合である全大教九州傘下の福岡教育大学教職員組合の委員長もつとめていました。

<教育基本法改悪反対意見広告・呼 び か け 人 サイトより>
ttp://www5.ocn.ne.jp/~peace082/yobikakeninn.htm#呼%20び%20か%20け%20人アンカー
個人:高田清 福岡教育大学教授
団体:福岡教育大学教職員組合

■全大教九州が九州地区学長会議に申し入れ
http://ac-net.org/dgh/01/524-kyushu.html

 石根せいいちろうさんのブログ「きち@石根」によると

 高田氏は「広島及び福岡の「高生研(全国高校生活指導研究協議会)」の会合へ度々出席しているので単純に全大教とイコールではなく日高教との共闘指向が強いのでは」という見方を示しておられます。

■「高生研」の実態は左翼
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H14/1406/140640agent.html

(國民新聞)

(*福岡・兵庫・広島・大阪の高生研は日教組との結びつきが強い)

 それから、三輪中学校が地域に同和地区があるいわゆる「同和校」であることは既報ですが,11月7日の福岡県議会決算委員会において、日本共産党の議員が同校の同和教育について質問を行っています。

■部落解放同盟による教育介入を立証――党県議団
決算特別委員会 2006年11月7日 <三輪中学校いじめ自殺問題>
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/hidesato/jimu/tayori0611071.html

 山口議員の質問から引用します。

 次に、三輪中学校における、人権同和教育について伺います。 「三輪中学校 学校経営要綱」の中の、「人権・『同和』教育推進計画」を資料として要求していますので、提出をお願いします。<別紙資料参照>
 はじめの3行目に狭山の教育課題を土台にすえ、部落差別の現実に深く学びながら部落差別をはじめとするあらゆる差別をゆるさない学級集団づくり、教師集団づくりを進めました」と書かれています。
 5.23など狭山裁判の節目の取り組みが学校全体に位置づけられていますが、県は、このような人権同和教育を推進しているのですか、お尋ねします。

〔人権同和教育課長〕
 県教育委員会といたしましては、「人権教育及び人権啓発の推進に関する法律」を踏まえ、「福岡県人権教育・啓発基本方針」に基づきまして、人権・同和教育を推進しております。
 また、人権・同和教育を進めるに当たっては「教育の中立性」が守られるべきことは言うまでもないことでございますので、従来から、各学校に対しては、人権・同和教育の推進と政治運動や社会運動とを区別し、主体性をもって教育に当たるよう指導しておるところでございます。
 今後とも、この基本的な考えに基づきまして指導してまいる所存です。

【山口】 解放子ども会活動の項の③には、「支部教育対策部、支部青年、解放子ども会指導員と連携しながらすすめていく」と書かれています。「支部」とありますが、何の支部ですか。

〔人権同和教育課長〕
 解放子ども会の活動の項に書かれています「支部」とは、部落解放同盟の支部を指すものと考えられます。

【山口】 部落解放同盟の支部のことですね。解放同盟と連携して解放同盟の活動である「解放子ども会」に取り組むことが教育推進計画の重要な柱として、位置づけられている。
 これらは、解放同盟の運動そのものであり、これでは、解放同盟と一体の教育
といわれても仕方がありません。
 また、廃止になったはずの「同和教育関係定数」について、「定数配置にこめられた思いや願いを自覚し、」などと書かれています。これは、県の方針とも国の方針とも異なっているではありませんか。
 県の方針とも国の方針とも異なる認識、異なる人権同和教育がこの学校ではまかり通っている。なぜか。解放同盟の教育介入が今でも行われているということにほかならないではありませんか。お答えください。


 三輪中学の学校運営が、一にも二にも同和教育を機軸に据えて行われてきたことが明らかであり、このような特定の団体の理論そのままの偏向した同和教育は直ちに是正しなければいけません。

 拙ブログで昭和50年代の解放同盟からの教育介入を取り上げましたが、現在も連携を謳うなどその状況は変わっていないようです。

■主任制粉砕闘争に屈した三輪町教委--福岡でもあった部落解放同盟の教育介入
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-158.html

 しかし、これは三輪中学に限らず福岡県下、どこも同じような状態の学校が多く、政治運動や社会運動との区別がされていない指導案に基づいた教育がまかりとおっています。

 今年6月県議会に提出した陳情にも書いたのですが、昨年、筑後市のある小学校では、被差別の立場におかれたおばあちゃんが学校に通えず文字を書けない現実を知るという趣旨で、小学6年生の児童にハングル文字の問診表を配布し、記入させるなどという実践が行われていたことが情報公開によって明らかになっています。

 そうした学校では屋外の国旗掲揚台に日章旗が掲げられていません。三輪中学でも町旗と校旗しかありませんでした。

 しかし、県教委がこれを是正するとは思えません。なぜならば、昨年の勤務評定の件でもマスコミで大きく報じられたにも関わらず「法律には違反しておりません」などと虚偽を県民の声で届いたメールに公文書として回答をしていることなどがあるからです。

 地方教育行政法で市町村立学校は各市町村の監督・指導下にあることが定められており、国や都道府県の権限が及ばない仕組みになっています。

 また、福岡県教育委員会が今年の管理職研修会で示した「差別事象を教育に生かすために(案)」で差別問題を学校としてどのように対応するかなどについてマニュアルが存在していることが判明しましたが、これなど運動団体の理論をシステム化しているとしか思えない内容でした。

■差別事象対策マニュアル
 県教委【取扱い注意】差別事象対策マニュアル


■差別事象マニュアル2
県教委【取扱い注意】差別事象対策マニュアル2


 ここで注目したいのは差別事象を教材化する、家庭・地域及び関係機関等との日常的な連携を進めるという箇所です。

 差別事象といいますが、かつて頻発した差別落書きについて誰がやっかハッキリしないにもかかわらず運動団体の糾弾闘争を学校に持ち込む理由に利用されたという指摘もあり、単純に差別事象として捉えるのは疑問があります。

 教材化するというのですが、どういう形で活用するのでしょうか。

 「地域及び関係機関等との日常的な連携」というのは差別問題で謳う意味は、地域の方々と称する運動団体を指すと解釈される可能性があり、これまでの経緯をみても何を意味するかは言わずものがなだと思います。

 このマニュアルは旧文部省が平成6年7月に出した「学校における同和教育指導資料」をもとに作成されているようですが、文部科学省に問い合わせて、国立国会図書館に照会してみたいと思います。

↓最近ランク下がりすぎ泣、ぜひクリック♪してね
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

↓国民主権を守り、憲法違反の外国人参政権に反対しよう
参政権反対
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
2006/11/28(火) 22:49:04 | URL | myuuta #r6D7sOkg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/29(水) 00:30:34 | | #[ 編集]
同和は何故 特権の世界を作ったのか?
なぜ、本来は“差別の解消”が目的だった同和対策が、このような“特権の世界”になってしまったのか?
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/cat5186823/index.html(依存症の独り言)さんに詳細掲載。

その最大の原因は“窓口一本化”にある。
何処にもある労働組合と同じ。職場にも組合があるが、組合のメンバーは毎月会費を給料から差し引かれ、給料の交渉などは個々で出来ず組合が一括してまとめて行う。だが個々の能力はそれぞれ異なるのであり能力のない職員も能力のある職員も一律の給料というのは不公平だ。私はこういう全体主義は非常に嫌いだ。嫌いな人を好きになれと無理やり法律で
くくるから 、彼らは特権階級になった。差別など40年もしていたら無くなってる。それども有ると主張するのはそれは当然だ。証拠はある!
◎動画 元公安の菅沼光弘氏「ヤクザの6割が同和、3割が在日」http://ameblo.jp/worldwalker2/
ユーチューブの映像で見れます。
 同和は怖いから 差別では無くて 嫌いでも無くて 恐怖の一事に尽きる」だって、在日と同じ 治外法権を主張する 疎開地が同和部落だからです。



2006/11/29(水) 14:39:26 | URL | ようちゃん #VmV1yANw[ 編集]
おはようございます。
なめ猫様
 いつも貴重な情報を有難うございます。最近三輪中学問題は報道でほとんど取り上げられなくなりました。
まもなく、アアそんなことがあったな・・くらいで終わるのは許せません、絶対に風化させれません。

> 同町教委が設置した調査委員会(委員長=高田清・福岡教育大教授)  委員長である高田清教授は共産党系の教育基本法改正反対運動に名前を連ねる左派系教育学者であることが判明しました。

 どうしてこのような偏った人物が選ばれるのでしょう。
こうゆう思想を持った偏向教師の集団がわが国の教育をおかしくしてしまった主因と思いますが。そして三輪町自体が毅然とした自治体になることでしょう。また町民、有権者の自覚も必要です、他人事で無いのですから。

また、日教組議員、朝倉出身の神本のHPでは
>参議院「教育基本法に関する特別委員会」の民主党・新緑風会委員が本日発表され、私もそのメンバーとして入ることになりました。    さっそく質疑に立つ予定にしています。緊急の課題となっている「いじめ問題」を主に取りあげて質問したいと思っています。学校、家庭、地域など教育の現場からの実態、生の声と、ここを明らかにせよ!というご意見、ご要望をぜひお寄せ下さい。

などと、平然と言っています。この事件があったときそしてその以降各地の日教組集会に出向いたり、国会前の座り込みの応援パフォーマンスを繰り返した人物がよくぬけぬけと言えるもんだと・・怒り心頭です。お前こそが地元に張り付いて犠牲者の家族を励まし、二度とこのような事件が再発しないように行動せねばならないのに己の保身ばかりのパフォーマンスは絶対に許せませんね。殴る蹴るは法律違反ですから、選挙で落とすことしか有りません。この事件を風化させないためにもまた情報をお願い致します。日増しに寒くなりますご自愛の上ご活躍祈念申します。
2006/11/30(木) 08:38:44 | URL | くぼた #23zZNNuo[ 編集]
いろいろな問題は文部科学省に言ってもだめだ。どうせ身内だ。ここへ行け。 www.jbaudit.go.jp 会計検査院。国および法律で定められた機関の財政を監督する機関。
2006/12/13(水) 11:41:07 | URL | CCC #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/07/16(月) 18:16:59 | | #[ 編集]
はっきり言って
まだいぢめありよる
やん.

まぢ三輪中いかん
ばい

不登校とか結構おるし

うちがいぢめられ
よったのに

話合いも何もないし
2010/03/14(日) 20:06:35 | URL | 三輪中の人. #SFo5/nok[ 編集]
何も三輪中に限ったことではありません。久留米市(旧)でも、東部の学校では、公然と教育に介入してきます。質問教室への半強制的参加。ビビル校長、挙句の果てには、学級担任決めにまで介入してきます。
 一般保護者が、こんなことをしてきたら何とこの教師達は言うのでしょうか?これが、教育?これこそ差別・癒着ではにか。どんどん公にする方がいい。おぼろげに、一般の保護者は知っていても、この実態はほとんど知らないと思う。
2010/03/16(火) 22:47:33 | URL | 教育は中立 #-[ 編集]
現役教師は声を上げよう!
2010/03/16(火) 22:48:24 | URL | #-[ 編集]
 佐賀市議会で部落解放同盟への補助金問題が取り上げられている。当該議員さん、がんばれ!
久留米市には、隣保館と5つの教育集会所があります。この施設には、久留米市立・・・と掲げてあります。にもかかわらず(暗黙の了解?)使用しているのは、部落解放同盟と、ゴマすり教師集団のみです。彼らの言う、節目の日?と週二回の質問教室(教師が特定の子に教えている、なら、部落外の子にもっと教えなさい。)にのみ使用している。築上町の件ではないけれど、私物化(部落の施設?)きっと、施設は税金でまかなわれているのでしょ。
 集会所に出入りする教師・部落の支部長ヘコヘコする教師・・・これら、解放同盟にかかわる教師の排除をし、解放同盟の教育現場への介入ルートを一刻も早く絶たなければ、教育はいつまでたってもおかしいままです。
2010/03/19(金) 00:41:57 | URL | 教育は中立 #-[ 編集]
頑張れ!佐賀市市議会の保守系議員さん!
2010/03/19(金) 00:43:06 | URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/26(木) 09:54:49 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ちょっと前に左翼団体やジャーナリストが「おかしいぞ!警察・検察・裁判所」というキャンペーンをやっていました。共謀罪反対運動と抱き合わせだったようです。その後、ビラ配り名目の住居侵入無罪とか教師への国旗国歌強制違法とか住基ネット違憲(*1)とか、彼らの意向に..
2006/12/09(土) 14:22:51 | マスコミ不信日記
なめ猫