<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 夫婦別姓についての西日本新聞社説を読んで
2010年02月25日 (木) | 編集 |
今朝の産経新聞の記事と西日本新聞の社説を読む比べると、産経新聞のほうは家族のきずなを守りたいという国民の声に耳を傾けるスタンスをとっています。一方、西日本新聞は反対派の意見に配慮しながらも個人の選択の自由を強調しています。

しかし、現状でさえ精神的に未熟な親、義理の父やら内縁の夫やら継母やらによる折檻、虐待による幼児の死亡がどれだけ多いことか。

夫婦別姓は、親の責任を自覚する手だてをするどころか、無責任に手を貸すようなものです。

仕事上の不便であれば部分改正で済む話です。

問題は夫婦別姓はその狙いがもっと違うところにあることなのです。産経新聞で阿比留記者がいっておられるように、家族の解体、戸籍の解体、日本の国家そのものの解体にあるのです。

しかし、最近の西日本新聞は以前に比べて露骨な左派的な論調は影を潜めたように思うのは私だけでしょうか。

やはり産経新聞の本格的な九州進出に危機感を持っているのかもしれません。

九州人は結構、産経の論調に共感する人は多いですから。

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ



http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/154694


夫婦別姓 選択の自由あっていいが

 希望すれば結婚後も夫婦がそれぞれ結婚前の姓を名乗ることができる「選択的夫婦別姓制度」。その導入に向けて、法務省が民法改正案の概要を示した。

 自民党政権時代は与党内に反対論が強く、法案提出は見送られてきたが、鳩山政権は今国会への提出を検討している。千葉景子法相は3月中に改正案を閣議決定したい意向だという。

 女性の社会進出が進み、ライフスタイルの変化に伴って家族観、結婚観も多様化している。そうした観点に立てば、他人や社会に迷惑をかけない限り、個人の「選択の自由」を尊重する夫婦別姓制度の導入は時代の流れでもあろう。

 時代や社会の変化に対応した、夫婦や家族の多様な生き方があってもいい、と私たちも思う。

 しかし、夫婦別姓は家族の在り方だけでなく、社会のありようや枠組みにかかわる問題でもある。国民の間に賛成、反対の立場から多様な意見が出るのは当然だ。日本世論調査会が昨年行った調査でも賛成49%、反対48%と国民の意見は真っ二つに分かれている。

 反対論の根拠の一つは「夫婦別姓では家族の一体感が失われ、地域社会を構成する一つの基礎である家族制度が崩壊する」というものだ。

 1996年に法制審議会が法相に夫婦別姓制度の導入を盛り込んだ民法改正要綱を答申したにもかかわらず、自民党内の反対で改正法案がとりまとめられず、政府案の国会提出が見送られてきた主な理由も、そこにある。

 規範意識の希薄化や帰属意識の低下が指摘される近年、家族のきずなを、より強く求めたい気持ちは分かる。

 その一方で、女性の社会進出が進んだいま、結婚による改姓で「仕事上などで不便や不利益」を感じている女性は少なくない。「結婚や離婚といった私生活がさらされる」というプライバシー保護上の問題を指摘する意見もある。

 夫婦同姓を義務づけている現行民法の下で、不便や不利益を感じている人を救済するために「別姓も可能」という選択肢を加えるかどうか。国民世論も二分しており、法案が提出されても妥協点を見つけるのは容易ではないだろう。

 しかし、別姓問題は本来、個人の生き方や価値観にかかわるものだ。党議拘束を外し、議員個人の価値観の問題として議論してもいいのではないか。

 別姓によって家族が崩壊するとの心配を持つのであれば同姓にすればいいし、別々が自分たちの価値観に合うと思うのであれば、別姓を選べばいい。

 何より大切なのは、選択する夫婦がそれぞれ自分たちの責任で自らの生き方を決め、子どもを持ったときには親としての責任をしっかりと果たすことだ。

 むろん、個人の多様な生き方は尊重されるべきだが、その心構えと前提がなければ、夫婦別姓を選択する自由を法的に保証する意味は失われる。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
西日本新聞、外人参政権も、夫婦別姓も、大きくは賛成のようですが若干冷静ですよね。
特にこの社説の最後の一文は意外でした。
2010/02/25(木) 18:29:47 | URL | こっぽうもん #4B33lOYw[ 編集]
私には、政府提出法案としては成立が見通せないので、党議拘束をはずして成立させてしまえという意図に思えます。
2010/02/25(木) 22:12:02 | URL | りゅう #-[ 編集]
賛成でも反対でもないが、この法案はもっと慎重な議論が必要



まぁそれよりも、もっとやるべき事があるだろうよ政府は
2010/02/25(木) 23:29:46 | URL | ジャック #/pdu0RA.[ 編集]
夫婦別姓の真の目的
◆夫婦別姓の目的◆
たとえば中国人の女性がお金を払い日本人の男性と形式的に結婚す る。女性は中国の姓は変えず日本国籍を取 得する、取得後離婚をすれば元の姓のままでいられる、その後中国 から本来の目的の家族を日本に呼び寄せ日本国籍を取らせる。これ が夫婦別姓の目的です。民主党は必死で中国、韓国に日本を売ろう としてます。
2010/02/26(金) 08:43:56 | URL | 田代照夫 #-[ 編集]
新聞報道
久留米市の高校教諭による差別発言について、スポーツ新聞は「脅迫」などと書いて「部落差別」のことを全く書かず、歪曲して報道していました。
大分県庁の水産職員に対する誹謗中傷は2ちゃんねるなどでさんざん書いている人間が、マスコミでは事実をきちんと伝えられない報道姿勢に大きな問題があります。
2010/02/26(金) 14:34:52 | URL | 安井義徳 #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫