<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 夫婦別姓などフェミニズム政策は、エンゲルスの『家族・私有財産・及び国家の起源』に淵源があり
2010年03月04日 (木) | 編集 |
昨日、永田町で夫婦別姓賛成派・反対派双方の集会が開催されました。

参院選を控え、推進派は夫婦別姓含む民法改定をごり押ししようと躍起です。

しかし、夫婦別姓は選択だからいいじゃないという声も結構聞かれる。

では、その向かう方向性は何なのか。それが問題なのだ。

もともとエンゲルスの『家族・私有財産・及び国家の起源』に淵源があり、旧ソ連で失敗したような家族を分断し、個人単位にして管理しやすい社会をつくるという発想がもとになっている。

日本政策研究センターの小坂氏の論考にあるように、じつは戸籍制度を解体しようという動きとつながっているのです。

***

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ



夫婦別姓は戸籍制度解体への一里塚

http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?p=678



 選択的夫婦別姓制度の導入を柱とする民法改正案(以下、別姓法案)が今通常国会に提出される可能性が強まってきた。千葉景子法相は就任以来、今国会に別姓法案を提出する強い意向を示してきたが、年が明けて、法務省が今国会に別姓法案を提出予定であることが判明、そして去る二月十九日の法務省政策会議には別姓法案の概要が示された。



 しかし別姓法案には、「通称使用派」も加えると国民の六割以上が反対している事実を忘れてはならない(平成十八年の内閣府調査)。何より夫婦別姓は親子別姓でもある。児童虐待の激増が雄弁に物語るように、今でさえおかしくなっているわが国の親子関係がますます脆弱になるのではないかとの懸念は大きい。

また、欧米キリスト教国とは異なり、もともと夫婦の関係性が脆弱な日本では、「別姓が導入されれば、夫婦の紐帯がますます細くなってしまう」(宮崎哲弥氏)との懸念もある。

 さらに記者が危惧しているのは、民主党政権下での別姓導入が引き起こしかねない新たな問題だ。

結論から言えば、別姓導入が戸籍制度解体への一里塚となる可能性である。

 日常生活で余り意識されることはないが、日本の社会で家族という共同体とその絆を縁の下の力持ちのように支えているのが戸籍である。戸籍は、国民の出生・結婚・死亡などの身分の変動を「夫婦と未婚の子」を単位として登録するシステムである。後ほど詳しく述べるつもりだが、戸籍制度は結婚や相続など家族生活を営む上で極めて重要な役割を担うと同時に、実は家族の一体感を維持する機能も有している。
 ところが、別姓推進派の中には、別姓導入を戸籍制度改廃への一里塚だとする考え方が根強く存在する。

そうした人々は、今の戸籍制度が家族単位である点を戦前の家制度の残滓と捉え、戸籍を個人単位の「個籍」や、欧米諸国を模した個人登録制に改めることを求めている。
この意味では、別姓導入によって「家族の絆」が弱まる恐れがあるだけではなく、別姓導入は初めから家族制度の解体を意図した策動とも言えるのだ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
外国人住民基本法が、出されたようです。―反対意見を!!
博士の独り言さんの桜花の集い 政治プログに

[1068] 情報・外国人住民基本法の制定に関する請願 Name:銀時 さんの投稿が載っています。

http://sakurayamato.webspace.ne.jp/bbs/sakurayamato_topic_pr_1068.html

皆さま、反対意見をお願いいたします。
拡散もできたらお願いします。

度々御邪魔して、すみません。


2010/03/06(土) 20:54:12 | URL | a #-[ 編集]
頭がパニックです(^_^;)
2010/03/08(月) 05:24:33 | URL | yukki #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫