<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 地方議会の良識が発揮されるか 筑紫野市議会の動向
2010年03月09日 (火) | 編集 |
福岡県内においても昨年12月の直方市議会、1月の筑後市議会に続き、先日は柳川市議会でも可決しており、他の議会でもそれに続こうとしています。

福岡市都市圏にある筑紫野市(人口10万人)でも、保守的な女性グループの方が紹介議員を通じて請願を提出されました。

ところが、「このままでは請願も否決。子どもの権利条例も通過しかねない」ようです。

昨年来、問題にしてきた子ども条例は保守系議員のご努力で、付託された市民福祉委員会とともに総務文教委員会でも議論がされています。

昨日・今日と委員会内で議論されています。

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


筑紫野市議会はこれまでも繰り返し取り上げてきましたが、市長は社民党系。

筑紫野市職員労働組合(自治労)、福岡県教職員組合筑紫支部(日教組)
部落解放同盟筑紫地区協議会の支持を背景に2度の市長選を勝利しています。


議会は、自民系も含む市長派会派の「市民会議」が5人、公明党3人、共産党2名。

対する保守系が、自民党系の会派「ちくしの」は、暴力団がらみの事件で逮捕されたため1名欠員し、現在8名。

濱武市議を含め保守系無所属議員が2名で10名ですが、議長は裁決に加わらないため1票差で否決の公算が高いということです。

ということは、子ども条例も可決の可能性が高いということです。

しかし、地方議会は党がどうのこうのではないとはいえ、自民党でありながら旧社会党とつながるとは何たることでしょう。

問題になっている子ども条例の一部を以下ご紹介します。

筑紫野市子ども条例(案)

目次
前文
第1章 総則(第1条―4条)
第2章 人間として大切な子どもの権利(第5条―9条)
第3章 子どもにやさしいまちづくりの推進(第10条―16条)
第4章 子どもの権利侵害に関する相談、救済及び回復支援(第17条―22条)
第5章 子どもの権利の保障状況の検証(第23条)
第6章 雑則(第24条)
附則

子どもは、今を生きる一人の人間として、かけがえのない存在です。
子どもには、人間として健やかに生きていくための当然の権利があります。
また、子どもたちには、筑紫野市を引き継ぎ、未来へとつないでいく役割を担う存在でもあります。
自立し、互いを尊重し合い、責任ある社会の一員となることができるように、子どもが成長・発達をしていくためには、子どもの最善の利益が保障されることによって、未来を切り開いていく生きる力を高めることが保障されなければなりません。

子どもは、子どもが持つ権利を学び感じたこと、考えたことを自由に表明し、自分に関わることに参加することができるように支援されることで、自分が大切にされていることを実感し、自分と同じように他の人も大切にしなければならないことを学びます。そのことは、子どもが自分の育った市や地域に親しみを持つことになり、持続するまちづくりにもつながります。

大人は、子どもの気持ちを十分に受け止め、子どもの最善の利益のために子どもが直面することについて一緒に考え、適切な指導や助言を行う等子どもの個々の状況に応じた支援をしていかなければなりません。
虐待、いじめ、不登校等子どもを取り巻く多くの問題は、個人や家族の努力のみで解決することは非常に難しくなっています。子どもを支援する大人への支援も必要です。
家庭や施設での子育てを支援する仕組み、子どもの権利が侵害されたときの相談及び救済の仕組み、状況の変化に対応することができるように具体的な施策と実践を検証し、修正する仕組みも必要です。

筑紫野市は人権と平和を尊重するまちであり、児童の権利に関する条約に示された子どもの権利も尊重されるまちでなければなりません。
私たちは、子どもの権利を尊重することが、未来を担う子どもの生きる力を育み、子どもと大人が共につくる豊かで平和な地域社会の形成につながるという考えを基に、この条例を制定します。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫