<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 本日発売の『正論』(産経新聞社)に拙稿が掲載されました
2010年04月01日 (木) | 編集 |
新年度が始まりましたが、本日1日(九州等は3日)発売の『正論』5月号に 「人権侵害救済法案が国民にもたらす新たな人権侵害」と題して論文を寄稿させて頂きました。前回平成20年5月号ですので、ちょうど2年ぶりとなります。

正論22年5月号


広告


今回は、特集の1つでございます。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan


人権侵害救済法案の概要、問題点、国連人種差別撤廃委員会の勧告、反差別国際運動、国連ロビイストの暗躍福岡県での2つの差別はがき事件、日教組による人権侵害救済法案、女性差別撤廃条約選択議定書の批准を求める署名活動などを取り上げております。

福岡の問題は4年前から追いかけておりますが、地元マスコミの提灯持ち報道や保守系議員の取り組みの弱さもあって部落解放同盟は、地域主権を掲げる民主党政権下で息を吹き返しつつあります。

先月、部落解放同盟の立花町事件の見解に何らかの形で反論・筆誅を加えると宣言していましたが、
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-1664.html

限られた紙数の中で試みております。


高市早苗先生、八木秀次先生、長尾たかし先生など著名な諸先生方のなかで小生の文章が載るのはおこがましくもありますが、皆さま、ご購入いただき、御笑覧くださいますと幸いです。

※mixiやブログなどで拡散いただけたら幸いです。

「正論」平成22(2010)年5月号目次

★ホームページ http://www.sankei.co.jp/seiron/
編集部ブログ http://seiron.iza.ne.jp/blog


【巻頭言】
何度でも言おう!
夫婦別姓は誰もしあわせにしない
衆議院議員(自民党)●高市早苗


推進派の理論的支柱が自説を撤回
外国人参政権は「明らかに違憲」
まさか二十二年前の「許容説」が民主党に�悪用�されるとは…自説を撤回し、民主党案の危険性を徹底批判する
中央大学教授●長尾一紘


民主党議員だって黙っていられない
夫婦別姓法案ごり押しの裏舞台を暴く
衆議院議員(民主党)●長尾敬


人権侵害救済法が国民にもたらす新たな人権侵害
教育オンブズマン●近藤将勝

日本国より「民団」への友愛が第一なのか
昨夏の衆院選圧勝は民団のおかげ…。政権与党を揺さぶる大韓民国民団のロビー活動の実態に迫る
産経新聞社会部記者●菅原慎太郎

国民を誑(たぶら)かす「新しい公共」という論理
「地球市民」による国と家族の否定。「市民自治」に名をかりた専制政治が始まる
高崎経済大学教授●八木秀次



折節の記 朝青龍の「品格崩し」(スポーツキャスター・舞の海秀平)/『源氏物語』そぞろごと(作家・近藤富枝)/三浦和義を見習え(ジャーナリスト・高山正之)/お遍路のご利益(詩人・高橋順子)


民主も自民も国家観、歴史観なきリベラルが日本を潰す
「保守」の正念場に我らが闘いの決意
今夏の参院選で民主党に単独過半数を取らせてはならない。原点に戻り捨身になろう
衆議院議員(無所属)●平沼赳夫/衆議院議員(自民党)●古屋圭司


馬英九政権二周年――寄せられた批判と疑念に答えよう
台湾は共産中国の膝下には屈しない
台北駐日経済文化代表処代表(駐日大使)●馮寄台


デフレ・ギャップの正しい計測こそわが国再興の端緒だ
騙されてはいけない。日本経済混迷の原因は内閣府の「知的トリック」にある
大阪学院大学名誉教授●丹羽春喜


迷走か、産みの苦しみか――
新党結成をめぐる点と線
政治ジャーナリスト●花岡信昭


北教組問題は氷山の一角!
改めて問う輿石東氏と山梨県教組の異様な関係
フリーライター●三品純

国民が知らない北教組事件に潜む本当の「闇」
元参議院議員・元神奈川県教組委員長●小林正



バッシング衝撃の真相
トヨタは本当に過ちを犯したのか
国際ジャーナリスト●大野和基


国民は何をわきまえておくべきか
政治家が「大御心」を語る危うさ
慶応義塾大学講師●竹田恒泰


拝啓 日本男児様(第二信)
届くあてのないラヴレター
ジャーナリスト●笹幸恵


「源氏物語」と添い寝する二年間
――全五十四帖の現代語訳に挑むリンボウ先生かく語りき
古典学者・作家●林望


【短期集中連載】
全国紙が書かないアイヌ利権の腐臭
第一回 税金にたかるプロ・アイヌの実態
アトリエビッキ代表●砂澤陣


知られざるニーチェの予言から読み解く日本政治
民族の神を葬った�小沢教徒�の大罪
哲学者●適菜収


【連続対談】歴史精神復活のために――第1回 序論
悲劇への感受性を喪失した日本人
文芸評論家●桶谷秀昭/文芸批評家●新保祐司


続・革新幻想の戦後史
第3回 鬱と躁をかけめぐった小田実
関西大学教授●竹内洋


日本よ! 日本よ!
歌人●福島泰樹

連作短編小説――坂物語 第7回 やりくり坂
作家●佐藤洋二郎

くよくよするなよ―Don’t think twice,it’s all right
第7回 文身
コラムニスト●上原隆

ふたたび戦跡を歩く
ガダルカナルからインパールへ 第10回 バターンからコレヒドールへ
戦史作家●牧野弘道


世はこともなし? コラムニスト・元産経新聞論説委員 石井英夫
第59回 ディベート大学の提言


cross line
保守を自任する議員たちへ 高崎経済大学教授 八木秀次
「いただきます」という文化 シナリオライター 武田樹里
リベラル派の二枚舌 評論家 潮 匡人
エネルギー自立の切り札 軍学者 兵頭二十八


●好評連載●
寸鉄一閃 東谷 暁
マスコミ走査線 第24回 石川水穂
映画「南京の真実」製作日誌 水島 総


コラム「宮嶋の現場」
セイコの「朝ナマ」を見た朝は
本日は仰天なり 第193回 西村晃一
主婦の眼・ママの声
悲しき原子力 長辻象平
BOOK・LESSON
読書の時間
嘆息書房 清洲橋三郎
西村宗のステージ108
読者のプロムナード
編集者へ・編集者から
ハイ、正論調査室です
「正論」懇話会掲示板
操舵室から

●グラビア●
Eye Love Japan「暁の大正池」大西正純
「私の写真館」丘みつ子(女優)
「フォトギャラリー」魅惑の大衆演劇� 旅から旅へ一座という家族の絆
「不肖・宮嶋の現場」 「友愛」って何や?
秋山庄太郎〈女優の肖像〉かとうかず子/文・内海陽子
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫