<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 社民党員による女性に対する暴力行為か
2010年06月07日 (月) | 編集 |
マイミクさんで、一度京都でお会いした事がある方のmixiの日記に社民党員から乱暴狼藉を受けたと訴えていらっしゃいました。

これはとんでもないことです。

日記を転載させていただきます。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan


昨日、18:00過ぎ、1人で大阪梅田で買い物が終わり、お仕事に行こうとしていたところ、梅田の歩道橋辺りから、『従軍慰安婦の謝罪と賠償が・・・』との街宣行為をしている声が聞こえ、すぐさま梅田歩道橋に向かいました。

すると、歩道橋の上はもぬけの空。

これにつきましては、Voiceにて『慰安婦デモ、梅田歩道橋にて今やってるよ!』と書いてしまい、情報を撹乱させてしまい申し訳ありませんでした。
とくに浪花の永吉つぁんには、本当に申し訳ないことをした。
この場を借りて謝らせていただきます。
ごめんなさいね。

そして、本題に入ります。

そして、その街宣を行っている声の主を辿ると、どうやらHEP NAVIO(とても人混みの多い場所)でやっている!!

そ~~っと、自転車で近づき、まず党員のおじさんに
『ここは街宣許可取って街宣活動なされてるんですか?』と尋ねると『取ってますよ』とのお返事。

スルーして、信号待ちしていると、大声を張り上げて社民党の政策などをお話している、ちょっとキチガイじみたおじさんが地声で街宣しておられました。

そこで、私が
『誰が社民党なんかに投票するか!社民党は日本から出て行け~!!嘘つき社民党は出て行け~!!』と、信号待ちしている一般人の方に聞いてもらえるよう叫んでいました。

すると、つかつかとその街宣中の小汚い50~60代の白髪交じりの赤いCapを被ったおじさんが私とKissできるかのような至近距離まで近づき、

『なんじゃ!おまえ!ゴラァ』みたいなことを言って詰め寄ってきたので、私も負けじと『何なのよ?』と動じることなく言い返しますと、おじさんはSuitのPoketからすかさずライターを取り出し、私の頬に当てようとしてたみたいですが、なんと!!髪の毛を少し燃やしてきたのです!!!!!!

そして、私はビックリして『これは立派な犯罪行為ですね。今すぐ警察を呼ぶからここで待ってなさい!』とおじさんの肩を掴んでいると今度は私の乗っていた自転車を蹴ったではないですか!!!!!!!!!!!

そして、私は逃げられないようにグッとより強くおじさんの腕を掴み
『ありえないね!!社民党は!!普通きちんとした政党の党員がこんなことしてくる??社民党が暴力的な政党だということが、これで証明されたね』と言いました。

すると、このおじさん逮捕歴があるのか、何か後ろめたいことを今やっているのでしょう。

私の掴んでいた腕を振り切り、逃げ出しました。
しかし、そうはとんやがおろさないです!!
私をそこら辺の、しょうもない女と一緒にしてもらっては困ります。

捕まえようと追い駆けていきました。

たまたま、その日は歩きやすいSandalを履いていましたが、少しSizeが合っていなくて、ドテッと転倒してしまいました(膝に青あざが残りました)

その間に、そのおじさんは逃げ足が速く、そのまま逃げ切ってしまいました。

それでも、まだそのおじさんのお仲間数人がチラシ配りをしていたので、その1人を捕まえ、

『貴方たちのお仲間に怪我をさせられたのよ!ライターで髪を燃やされた。アノ人をここに呼んでください!!』と言いました。

すると、この親父!!

『はい?そんな人誰か知りませんよ』と、ぬけぬけと言うではありませんか!!

J『知らないはずないでしょ?貴方のお仲間でしょ!社民党員じゃないの!よくもまあそんな嘘つけるわね。いいわ、今110番通報しましたから待っていてね』

親父『どうぞどうぞ、嘘ついてるのはそっちじゃないですか。警察呼べば良いですよ』

J『だいたいね、貴方の党首は戦後、散々、火事場泥棒した在日朝鮮人じゃないの!(周りに聞こえるように大声で言いました)』

親父『え?そんなことどうしてわかるんですか?』

J『ネットでも調べればすぐにわかりますよ』

親父『おやおや、ネットに書いていることなら何でも信じるんですね、あんたは』

J『在日帰化韓国朝鮮人・趙春花だということは政治活動をやっている人達ならみんな知ってますよ。石原都知事でも知っているでしょ。福島瑞穂こと趙春花が帰化したのは、1986年2月15日です。嘘だと思うなら、戸籍謄本とか福島オムライスミズポに頼んで見せてもらいなよ。党員なんだったら、福島さんがやましいことなどしてないのなら喜んで見せてくれるでしょう!!』と反論。

親父『あんた、住所と名前教えなさい!嘘ばっかりつくんじゃないよ!!』

J『私はね、嘘はつかないよ!!1人でこんなこと自作自演で狂言するほど暇じゃないしね!しかも、私はお仕事に行く途中だったのよ!!そのお客さんを待たせても、この暴力と恫喝行為が許せないから、ここで警察官を待ってるのよ。敵であれ、味方であれ、嘘をついてまで相手を陥れようなんて私は絶対しないよ!!貴方のお仲間が女である私に何をした?ライターに火をつけて髪を燃やしたんだよ??こんな党員が居る政党が、「従軍慰安婦は存在した!」「生き物多様性を求める」だの、女性を守る為の政治だの、障害者に優しい政治だの言ってること自体、矛盾だね!!!!女性の権利を守るという政策を前面に出していて、この私にやったことはなんですか?女を守るべき男が女の私にこんな暴力行為を働くなんてね。社民党の言ってることはデタラメだらけだね!女だからってナメるなよ!!!私は日本国民を、あんた達から守るから!!!』と、反論。

すると、私のもとから党員が離れ、街宣を中止にして社民党の街宣車の元へ党員たちが10数名集まり、私を挑発し始めました。

弁士のおじさんなどが、

『嘘ばっかりついてるんじゃないよ!』と、まるで私が自作自演しているかのようなことを一般の方々に触れ回りだしたので、私も負けじと、HEP NAVIOで信号待ちしている方々に、ことの成り行きを大声で周知していました。

花壇に座っていた一般人のおじさんが私に拍手をしてくれました(しかし、動画を観ていただければわかりますが、このおじさんが左翼だと勝手に脳内変換してしまい、「何、拍手してんの?工作員か?」と喧嘩売ってしまいましたw)

私は初めに、在特会の荒巻さんに電話をして、それから110番通報をしたのですが、なかなか警察が来ないものだから(私が最初、勘違いして梅田の歩道橋の上で慰安婦デモをしていると荒巻さんに電話していたので、梅田歩道橋のほうに刑事が向かっていたよう)社民党員のおじさん、おばさんに

『いつになったら警察は来るんだ??wwやっぱり嘘ついてんじゃないかww』と、おちょくるように言われました。

J『そんなに慌てなくても、もうすぐ来るから待ってなさいよ!』

すると、私服の刑事2人が駆けつけ、私はすかさず被害届を出すことに。

その時に、目撃者はいたか聞かれ、

『ササッとやったのでいるかどうかわからないけれど、その時、その場に居た方たちは見ていました』と答えました。

すると、先程私が左翼のおじさんと勘違いして拍手してくれたおじさんが刑事に近寄り、

『社民党あれはやりすぎや。刑事さん、僕見てましたけど、彼女の髪をライター取り出して顔に近づけて火つけてましたで。その後、自転車を蹴ってたのも僕は見ました』

刑事が『それでは、証人として警察署まで来て証言してくれませんか?』と言うと、そのおじさんは

『それは無理や』

刑事『では、住所、氏名などは教えていただけませんか?』

おじさん『それはあかんわ。無理、無理。やけど、あそこ人通り多いし、居酒屋のキャッチしてるお兄ちゃんも何人かいてるし、その子らに聞いたら見てたしわかるはずやで』と言ってくださいましたが、証人として出る勇気はなかったようです。

刑事『それでは、彼女がかわいそうです・・・』

おじさん『あかんのや・・・すまん』

これが、日本の現状なんですよね。

私は、そのおじさんの勇気ある擁護にとても感動したのだけれど、もう1歩を踏み込む自信がない。

そりゃそうですよね。

あのおじさんにも、可愛い娘や息子も、愛する奥さんもいるだろうし、こういった政治的なTroubleに巻き込まれでもしたら明日は我が身、だと思う気持ちも十分、理解できます。

しかし、自分勝手な意見だと思われそうですが、そのもう1歩を踏み込まなければ日本は変われないと私は思うのです。
Tabooを突き破る勇気。

結局、何に対しても見て見ぬ振り、何かを言われても意見することなくスルー。
これでは、日本は良く変化するはずなどありません!!

困っている人がいれば助けてあげる。

そのような気甲斐性(経済的な意味ではない)がある人が今の日本人には本当に少ない。
世の中の悪と立ち向かう勇気、これこそが日本を変えていくことができると思います。

よくMomに『貴女は女なのだし、旦那もいるのだからこういった活動はやめなさい!』と言われます。
旦那にも同じ事を言われます。

しかし、誰かが火をつけなくては何も始まらない。
叛乱を起こさなくてはならないと思います。

それは、私ではなく、日本国民が一体となって怯えることなく勝気で真っ向勝負することに意味があると思いますし、私自身そう信じています。

私は馬鹿で、チ○チ○もない女だけど、政府の圧力や誰からも、この先何をされても絶対に負けない自信があります!

絶対に日本を牛耳っている反日ヤクザ共を退治して日本を再建してやる!と思ってます。

女だからってナメるな!!

私は、そこら辺の意気地のないしょうもない屁みたいな女とは違いますから。
反日左翼共も心して私にかかってこい。
私はAmericaで、本当の抗争を経験し何度か殺されかけてきてますから、こんな争いは朝飯前です。

お話は反れましたが、荒巻さんと何度も連絡を交わしていると、なんと!!Suitを着た荒巻さんが多忙な中、わざわざHEP NAVIOに駆けつけてくださいました!!

そしてなんと!!社民党の党員たちを叱咤し、その場で抗議街宣をしてくれました!
刑事さんに取り押さえられながらも必死に私の代弁者となり、拡声器で1人で周知活動してくださったのです。

本当に彼は国士です!!
こんな女が勝手にやった行いでこんな事態になってしまったにも拘わらず、一生懸命街宣してくれていました。

荒巻さんに心からの感謝を申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。
貴方という存在がいてくれて心から神に感謝いたします。

そして私は、そんな荒巻さんの街宣も動画に収めようとCameraを回していたのですが(後で確認すると誤作動だったのか映っていなくてガッカリ・・・)刑事に促され荒巻さんを置いて社民党の党員と曽根崎警察署に。

そして、被害届を無事提出いたしました。

しかし、皆さんこれで政治家というものが、どれだけの嘘をつき、綺麗事を並べ立てているかが、お分かりいただけたと思います。

この一件で『社民党の偽善性』というものも暴露されましたね。

本来、どの政党であれ、野次を飛ばされても普通なら、
『ご声援ありがとうございます』と返してくるか、『邪魔しないでください』と言って、スルーするのが普通なんですよ。

いつ、どんな時も、どんなことが起こっても冷静に対処する。
それが、一国を担う政党に課せられた常識でしょう?

それが、女性の野次に激怒し、耳元で大声で罵声を浴びせかけ、しまいにライターで女性の髪を焼き、自転車を蹴る。
まるで暴力団じゃないですか。ヤクザですよ!ヤクザ。
というか、筋の通っているヤクザのほうがタチが良いかもしれません。
女なんて相手にしませんからね。

裏ではか弱い女性に暴力を振り、表面では偽善も甚だしい政策の数々を打ち出す政党信じられますか?
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫