<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 中国人船長釈放の理由を政府に求める緊急集会のご案内
2010年09月25日 (土) | 編集 |
今回の「超法規的」釈放に韓国はじめアジア諸国も落胆と嘲りの声があがっています。欧米やアフリカ等も同様だと思います。

日本が屈した。もはや日本はダメだ。そういう情報が全世界にばらまかれたのです。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan

いろいろな対抗措置をうつ事は想定出来た事。ハイジャックがおきたら乗客を引き換えに犯人グループを釈放する。あの赤軍派の事件を想起しました。

このような弱腰、戦略無し屈服外交を展開する日本政府は糾弾されなければなりません。

もっとも国論の分裂も諸外国や左派勢力に撮ってはウハウハでしょうけど。日本が国家として一致団結されるのが困るわけですから。

自民党政権でも屈辱的な対中対応をしていましたが、辛うじて一部の良識派が食い止めていました。しかし妥協の上に妥協を重ねた結果はこの有様です。

こういう自民党議員の意見もあります。

世耕議員のツイート。
おはようございます。和歌山で活動中です。民主党議員は船長釈放問題についてほとんど呟いてませんね。こういう時こそ国会議員としての見解を明らかにすべきでしょう。「おはよう」とか「なう」とか脳天気に呟いている場合ではない。

さて、以下の街頭演説会および緊急集会のご案内をいただきました。演説会は本日、平日午前中ですが、ぜひご参加下さい。

***

日本創新党メールマガジン(号外)
編集・発行:日本創新党広報局

※中国人船長釈放に関して、山田党首のコメントを緊急リリースを、以下の内容にてマスコミ向けに発表しましたのでお知らせいたします。

---------------------------------------
「中国人船長釈放に関する山田党首コメント」

 中国人漁船船長の不法不当な釈放に激烈に抗議する!

 私たちは、この度の中国漁船の拿捕、逮捕事件にあたっては、国内法で厳正に対処すると共に、国際法に従って対処すべきと主張してきた。にも関わらず、政府は今回突然に中国人船長を処分保留のまま釈放することを決定した。これは、まさに中国政府による不法不当な圧力に屈して、法治国家である我が国の主権を放棄したことにも等しく、私たちは今回の政府の対応を断じて認めることはできない。

 これは、民主党政権の反日・媚中体質を明確に示す外交姿勢であり、菅民主党政権の一日も早い退陣を強く要求する。

 なお、私たちは近々抗議の街頭集会を催す予定である。

日本創新党メールマガジン(号外)
編集・発行:日本創新党広報局

---------------------------------------
中国人船長釈放に抗議する街頭演説会のお知らせ

下記の通り街頭演説会を行いますので、お知らせいたします。
皆様お誘いあわせの上、是非ご参加ください。

        記

日時:平成22年9月25日(土)16:00から1時間程度
場所:有楽町周辺(マリオン前、交通会館前、または数寄屋橋交差点付近)
参加者:山田宏党首、山本へるみ港区議


日本政府は、24日、尖閣諸島海域で違法操業の疑いのある中国漁船を臨検しようとした海上保安庁巡視船に追突してきたため逮捕、拘留していた船長を、中国現地邦人不当拘束やレアアース輸出停止などの経済制裁等の中国政府の言語道断の対日報復措置に屈し、無条件釈放しました。
 これまで尖閣海域では、尖閣諸島を中国領と主張する中国漁船団が意図的にわが国領海を侵犯してきた経緯があり、今回の事件を超放棄的措置で不問に付せば、中国漁船団の不法侵入は今後ますますエスカレートして恒常化し、尖閣列島の中国の実効支配を許すことに発展することは明白です。
 更には、招来尖閣諸島のみならず、石垣島、与邦国島などの国境離島も中国の支配下に入ることに道を開くことにもなりかねません。これは、わが国の独立主権に関わる実に由々しき事態です。
 そこで、この度急遽、この度の船長釈放の理由を政府に求める緊急集会を下記の通り開催致します。

 急なご案内ですが、諸事情ご賢察の上、万障お繰り合わせの上ご参集下さいますよう、お願い申し上げます。

       記

日 時  9月30日午前11時~12時
  ※10時20分受付開始
会 場  衆議院第2議員会館1階、多目的会議室
     ※衆議院第2議員会館1階ロビーにて、入館カードを配布します。
午前      10時15分~50分までに、ロビーにて、日本会議の係のもの
        より入館票をお受け取り下さい。(先着150名)
提 言  青山繁晴氏(安全保障専門家・独立総合研究所代表)
     各党代表挨拶(交渉中)

■第2弾-街頭宣伝実施要項

日程:平成22年9月27日(月) 午後5時~

テーマ:「尖閣」を中国の侵略から守ろう

場所:有楽町・交通会館前

主催:日本会議地方議員連盟
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 日本に大量のスパイが浸透している実態を思い知らされた。尖閣諸島付近の日本領海で海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した事件で、那覇地検が中国漁船の船長を処分保留で釈放すると発表した。  これが間違った判断であることは言うまでもないだろう。一番正しい対応…
2010/09/25(土) 19:12:02 | 愛国を考えるブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫