<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 今日の産経抄のコラムニストはセンス抜群
2010年09月26日 (日) | 編集 |
今朝の産経新聞のコラムは面白かった。大爆笑でした。

石井英夫さんが退社されて、現在中堅の編集委員が交代で執筆されていると聞いていますが、センス抜群です。

それにしても、社説を比較してどこも政府に厳しい論調でしたね。微妙に社によって度合いが違いましたが。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan



http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100926/plc1009260307003-n1.htm

【産経抄】9月26日

 平成生まれのみなさんへ。長かったいくさが終わって、中国がぼくたちの「ともだち」だった時期がほんのひとときあったんです。つきあい始めたころには、白黒の珍獣を友情の印に贈ってくれ、上野動物園には長蛇の列ができました。

 ▼こんな愛くるしい動物のいる国はきっと、やさしい人たちが住んでいるんだろうな、とぼくたちは信じました。もちろん、いくさで死んだ兵隊さんを祭った神社に偉い人が参っても文句ひとついいませんでした。

 ▼しばらくして、「ともだち」は、神社へのお参りに難癖をつけ、ぼくたちが持っている島を「オレのものだ」と言い出しました。びっくりしましたが、トウ小平というおじさんが「次の世代は我々よりもっと知恵があるだろう」と言ってくれました。

 ▼でも小平おじさんは、本当は怖い人だったんです。「自由が欲しい」と広場に座り込んでいた若者たちが目障りになり、兵隊さんに鉄砲を撃たせ、多くの人を殺してしまいました。みんなはびっくりして「こんな野蛮人とはつきあえない」と村八分にしました。

 ▼それでもぼくたちは、みんなに「こいつは本当はいい奴(やつ)なんだよ」と口をきいてあげ、貧しかった彼には、いっぱいお金をあげたり、貸してあげたりしました。おかげで「ともだち」は、みるみるお金持ちになりました。

 ▼そのお金で「ともだち」は軍艦や戦闘機をいっぱい買い、今度はもっと大きな声で「この島はオレのものだ」と叫びました。「次の世代の知恵」とは、腕ずくで島を奪うことだったんです。パンダにだまされたぼくたちは浅はかでした。「次の世代」のみなさんは、もっともっと力をつけて真の友人をつくってください。お願いします。


**

尖閣諸島沖領海侵犯事件の真相究明を求める緊急集会


 那覇地検は、昨日、尖閣諸島沖で逮捕した中国漁船の船長を処分保留で釈放すると 表明しました。
 会見では、「日中関係に配慮し」との発言がありました。事実とするならば、あま りに異常な出来事です。例えるならば泥棒を逮捕した警察官が、個人の状況判断で釈 放するなど考えられないことですので、何らかの政治的な判断、上層部からの指示が あったことが疑われます。
 今後は、国会などで、意思決定のプロセスを明らかにしていく必要があるでしょ う。


 中国民衆の対日強硬論は沈静化するどころか、ますます昂揚しているとも報道され ています。その一方、国境最前線に立つ海上保安庁の人々は、歯軋りしていると聞 きます。
 くしくも「海猿」最新作が公開されていますが、映画の中ではなく現実世界で命が けで体をはっている隊員の士気への影響が心配です。
 今後、同海域で中国漁船の活動が活発化するおそれがありますし、現場は今回同 様、警告・追跡・逮捕といった一連の行動が果たして取れるのか心配です。
 また、今回の政治判断が韓国の竹島での活動の強化、北朝鮮の不審船活動などに波 及することも考えられます。
 今回の問題が投げかけたものは、鳩山政権誕生以降の一連の普天の問題での日・米 間、本土・沖縄間の不協和音、竹島問題や拉致問題、ガス田交渉等で国益をおろそか にしてきたことの帰結であるとともに、尖閣諸島がいよいよ竹島化する端緒となるも ので、日本外交が大きな転換点に立ったことを示していると思われます。

 さて、日本会議では、この問題に対する緊急の院内集会を開催することと致しまし
た。

 人数が限定150名ですが、皆様お誘い合わせの上ご参加くだされば幸いです。

……………………………………………………………………………………………

尖閣諸島沖領海侵犯事件の真相究明を求める緊急集会

 我が国固有の領土である尖閣諸島周辺海域で生じた中国漁船の領海侵犯事件につい て、政府は中国政府の強硬姿勢に配慮し、逮捕した中国人船長を処分保留のまま釈放 することとしました。
 この判断は、我が国が一貫して保持してきた尖閣諸島の領有権について、中国政府 に誤ったメッセージを送るものであり、今後周辺海域での中国船舶の違法な活動を助 長しかねず、かえって日中間の緊張を高めるおそれがあります。
 そこで、今回の事件が我が国に投げかけた問題を明らかにするとともに、事件の真 相究明を求めて我が国政府の姿勢をただす「緊急集会」を開催することに致しまし た。
 集会では、各党代表からご発言をいただきますとともに、講師として青山繁晴氏に ご提言をいただきます。お誘い合わせの上ご参加お願いいたします。



□日 時  平成22年9月30日(木)11時00分〜(約60分)

□場 所 衆議院第2議員会館  1階 多目的会議室(先着150名)

■事前申し込み受付方法のご案内(訂正)■
     議員会館が新しくなり、入館方法が複雑になりました。会場座席分以上の
ID発行ができません。
  このメール情報を見て参加される方は、事前にファックス(03−5157−5
657)か、
     または本メールアドレスまで、「集会参加希望」と明記の上、
     お名前、連絡先住所、電話番号をご記入され、お申し込みください。
     会館入口にてお名前を確認の上、IDカードをお渡しいたします。   
      

□講 師 青山 繁晴氏(独立総合研究所代表取締役社長)
     各党会派所属の国会議員より、意見表明をいただきます。

□主 催 日本会議(三好達会長)・日本会議国会議員懇談会(平沼赳夫会長)
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫