<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 尖閣諸島問題での街頭活動のご報告と共産党赤旗まつりに行く
2010年10月06日 (水) | 編集 |
3日の尖閣諸島問題での街頭活動は、日本会議福岡、日本再生ネットワークのメンバー20名が集まりました。

尖閣諸島問題街頭活動


午前10時の開始前後はあいにくの雨模様でしたが、途中からやみました。

用意された1500枚のビラとチャンネル桜の新聞のほとんどを配布する事が出来、反響の大きさを実感しました。

チラシにも記載されていましたが、尖閣諸島を開拓した古賀辰四郎は、福岡県八女市出身の方です。

演説は管政権の対中姿勢の弱腰ぶりを糾弾する意見が相次ぎました。大学生の方がかなりヒートアップされて圧倒されました。僕ら常連の方が大人しいくらいでした。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan


終了後、昼食をとり、私ともう一人で、大濠公園に出かけ、すぐ隣の福岡城跡で、共産党が「赤旗まつり」を開催していたのでぶらりと見物して来ました。

バザーのテントが立ち並び、もり上がっていました。民主商工会等、共産党系の関係者がずらり。年齢的には高齢化が進んでいるのではないでしょうか。

ちゃんと共産党入党コーナーのテントがありました。

共産党所属の福岡市議の中山郁美議員がたすきをかけて支持者と語らっておられました。中山議員は部落解放同盟福岡市協議会への専従職員給与を含めた異常な補助金支出を批判されてますね(社団法人部落問題研究所「人権と部落問題」2009年6月号 福岡市における同和偏重行政の実態 (特集 同和行政・同和教育の終結--福岡県の場合))。

私達は共産党、社民党、極左、日教組、自治労など左翼勢力とは対峙していかなければならない立場ですが、共産党には引き続き部落解放同盟の横暴ぶりを追及していっていただきたいです。

出店を見て回ると、八女茶も販売されていました。どことはいいませんが共産党の支持者のお店なのでしょう。

もう一人と話したのですが、保守系は固い講演会ばかりで、たまにはこういうイベントを開催したらもっと広範な支持理解を得やすいと思いました。学校のPTAなどが主催するバザーは老若男女もり上がりますからね。女性の参加を得やすいでしょう。

会場内、入り口周辺には明らかに公安関係者とわかる人達がいました。舞鶴公園、裁判所側に機動隊のバスがとまっていました。通常警備と対共産党の監視活動両方が目的だと思われます。

警備、監視する福岡県警機動隊の警備車両
機動隊バス

入り口付近で共産党のおじさんから唐揚げをもらいました。ちょうど小腹がすいたときで、味はまあまあおいしかったです。

共産党の人達は、各地にバスで帰っていきました。

大濠公園のバス停、地下鉄駅前ののぼり。
赤旗まつり

会場内にある共産党県議の宣伝コーナー
共産党県議
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫