<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 浜武議員の仲介で3者懇談を白紙に戻し、公開で市長との面会を行う事を逆提案
2010年10月29日 (金) | 編集 |
本日、夕方5時を過ぎておりましたが、再度筑紫野市役所内の会議室で、人権政策課長、浜武議員と私の3名で話し合いを行いました。

まず結論からいうと、市側が提案していた3者懇談は白紙に戻すこととなりました。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan

前の日記でも書いておりますが、大阪の老兵さんはじめ「行政の責任を問うのになぜ解放同盟と民民間で会う必要があるのか」といったご意見がほとんどでした。

たしかに行政の姿勢を問題にしてるのに、なぜ運動団体を交えなければならないのか。本来その必要性はありません。

さらに筑紫野市民の方から以下のメールをいただくなど、筑紫野市の状況を懸念される声があがっています。

▼▼▼▼▼▼▼▼

近藤さま

こんにちは。
日々お忙しいことと存じます。

筑紫野市の状況には目も当てられないことばかりで 近藤様からのメールやブログにて近況を知るにつけ、 その醜さを思い知っているところです。

経緯を拝見しておりますと 解同のやりたい放題ぶり、また市長に対し怒りがこみ上げます。

少し話が逸れるのですが、先日小郡に住む友人宅へ行った時のこと。
解放同盟主導により三国小、中学校に加配教員を増やすという運動に協力しなさいという文書を保護者あてに配り、なおかつ 学校のPTA役員にその署名を集めさせるという事をやっていると知り、驚愕しました。
私の友人は割り当てられた地域を2人組で周り、署名を集めるということです。
署名の際の詳細なマニュアルなどあり(説明を求められた時には・・など)悪質でし た。
(ただし、断られた時には強制はしないこと、などもありましたが。当然です!)

とにかくこんな風に解放同盟はやりたい放題にやっているということですね。

息子の話では人権週間での人権教育にはもううんざりと言っております。
息子のように中学にもなると同和教育の胡散臭さに気付いてますので・・・
学校にはキレイな「人権」のノボリが立てられたり、 おそらく市が無駄にお金を費やしていることを実感します。

話が逸れて申し訳ありません。どうか体に気をつけて活動されてください。
浜武市議にも頑張って頂きたい旨、お伝え下さい。
(一度自宅にインターンだよりというチラシが入り、拝見しました。)

では失礼いたします。          

▲▲▲▲▲▲

もし、筑紫野市の人権行政が正しいのであるなら、どうしてこのような意見が来るのか。お隣の小郡市にしてもそうですが、旧態依然としています。このメールを見ると児童生徒支援加配の適正化を求める県教委の通知は相変わらず反古にされているようです。小郡市の文書は他の方からも僕の手元に届いています。

いまだに同和加配と変わらん扱いにされています。

県外からの新住人が多い小郡市の最北部の三国ヶ丘や筑紫野市の原田あたりの方からは、なんで福岡は、この地域はこんな教育をやっているのですかなどのご意見をいただくことが多いです。

今日の話し合いについては、手違いで用意した11項目の条件を付帯した文書が持参出来ず、メールで送付しましたが、添付ファイルが開けないということでした。

条件にはニコニコ生中継を行う事を認めるようにとかいろいろありました。

また市側も市長が不在で回答を用意出来ないと言う事で、浜武議員の方から斡旋案を提示されました。

浜武議員のところにも市民から解放同盟との3者会談を行うのはどうなのかという意見が届いているそうです。

とりあえず、話が白紙に戻されましたので、持ち帰って検討すると言う事で終わっています。
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫