<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 解放同盟による筑紫野市での数時間に及ぶ交渉の実態
2010年11月02日 (火) | 編集 |
部落解放同盟筑紫地区協議会と筑紫野市の不透明な関係について、大阪の老兵さんは数年前の解放同盟中央の自己批判書をもとに、中央の統制がとれていないと批判されていらっしゃいます。

私見ですが、筑紫野市の解放同盟はモデル地区として海外の関係者も訪問するほどであるのに、中央の言う事を聞かないと言うのは違うと思っています。

スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫